そして幕は下りれども しかしグ・ラハはまだ秘策を用意しているといい、幻体の群れを一人で引き受けて闇の戦士を 「あんたと旅がしたい。次の冒険には、きっとオレを連れて行ってくれ。」 クリスタルの残光 スポンサーリンク 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 未来で目覚めた時には真っ先に光の戦士の名を探すことを約束し、眠りについた…, 第一世界を救うために光の戦士を原初世界から召喚した謎の男「水晶公」。 Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 誤りがありました箇所を修正させていただきました。 そんな彼に光の戦士は「本当の名前」で呼びかける……, 水晶公の正体は第八霊災が起きた未来で目覚めた「グ・ラハ・ティア」であり、第八霊災を防ぐために第一世界へとやって来たのだった。 「…こっちでも、よろしくな!」 Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. クリスタルタワーと自分の体を同期し、長寿命を得たことでかなり長い年月を生きている(タワーを離れると体調を崩すのはこれが理由)ため、過去のグ・ラハに比べ非常に落ち着いた性格となっているが、素の部分は変わっておらず、特に光の戦士へのあこがれは以前にも増して強い。 肉体が完全に結晶化していく中、グ・ラハは水晶公としての役目を全て果たすまで胸中にしまっていた、自分の本当の願いを闇の戦士に打ち明ける。 君を明日へと導くは お調子者だがアラグ帝国の歴史に関する知識は豊富であり、「アラグの賢人」と呼ばれている。 youtube https://www.youtube.com/channel/UCna7rdn0YC9dhRjGHVLZzxw, Shachikuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog また、漆黒のメイン終了後に星見の間にいる水晶公を「グ・ラハ・ティア」と呼んだり、タタルから貰える「マメット・グ・ラハ」を見せたりすると… それから数日後。完全に調子を取り戻した一行の前に、新たな暁の血盟のメンバーが紹介された。, 「今日から暁の血盟に加えてもらう、グ・ラハ・ティアだ。」 以前のパッチでもマメット・グ・ラハを見せるというのがあったんですけど今回はその別バージョン。メインクエスト進行の過程でもらう事ができるマメット・ミステルをメインクエスト終了後、石の家にいるグ・ラハ・ティアに見せると専用のイベントを見る事ができます! その後、暁の魂を原初世界へと持ち帰り、皆が無事に目を覚ましたことを確認すると、闇の戦士はすぐさまクリスタルタワーへと駆け出す。未来のために長い眠りについた、大切なもう一人の仲間を迎えに行くために。 表示する内容を絞り込むことができます。 | ※PvPチーム結成通知は全言語共通です。 夜猫処★ゴッドイーター1【GOD EATER RESURRECTION】★初見…, 【ネタバレ注意】 英傑たちの詩 全ムービーまとめ【ゼルダの伝説 ブレスオブザワ…, 【バイオハザードRE2】ネタバレ禁止!公開収録で表レオン編を攻略していく!第3回…, 【FF14】5.0 漆黒のヴィランズ 7/2 リリース!! #7 【ネタバレ注意…, ネタバレ注意!」 【アサシンクリードオデッセイ】(PC版) DLCクエスト~ギリシアの失われし物語④~「詩人が置き去りにしたもの:プラクシラを慕う者」, 【ネタバレ注意】改めて振り返るロックマンXコマンドミッション スパイダーについての考察, 【ロマサガRS】【ネタバレ注意】【メインクエスト:ベリーハード】vh10-1-5 近づく気配【ロマサガ リユニバース】, 「ネタバレ注意!」 【アサシンクリードオデッセイ】(PC版) DLCクエスト~ギリシアの失われし物語⑥~「舞台を止めるな:舞台の準備」, 「ネタバレ注意!」 【アサシンクリードオデッセイ】(PC版) DLCクエスト~ギリシアの失われし物語⑦~「最高に不運な一日:過ちを正す」, 【ネタバレ注意】「アベンジャーズ/エンドゲーム」を鑑賞!11年追い掛けた男の2度見た上での冷静な感想…, 【FF14】ネタバレしかありません。エメセリク~おはようグ・ラハ・ティア【漆黒のヴィランズ】. なお、暁の魂を原初世界に戻すもう一つの方法として、召喚者である水晶公が死ぬことで召喚の制約が解けるというものがあったが、結晶化によって肉体が滅ぶことがなくなり、魂も健在であるためか、こちらの方法で魂が戻ることはなかった。 たしかに左側ですね・・・! 更にクリスタルタワーを調査する中で、当事者でもなければ知りえないようなアラグ文明の知識を無意識に語るなどの異変が起きるが…, 実は彼の右眼はアラグ皇族が皇家の血を絶やさないために作り出した「皇血の魔眼」であり、間接的にアラグ王家の血を引いていた。 だが、エメトセルクの介入によって罪喰いの光の吸収は中断されてしまい、アシエンですら成しえなかった時空転移の技術の研究対象として連れ去られてしまう。 「おはよう、グ・ラハ・ティア」 ’Tis good to see you awake, G'raha Tia. 魂のみの不完全な状態で転移してきた暁のメンバーを原初世界へと戻すため、魂と記憶を封じ込める魔具「ソウル・サイフォン」の開発を進めるグ・ラハは、レイクランドの外れに隠れ住んでいた魂の研究家ベーク・ラグの協力もあってついにソウル・サイフォンを完成させる。 ※パッチ”5.0″、”5.1″メインクエストのネタバレを含みます。未プレイの方はご注意ください!こんにちは~!パッチ5.1のメインストーリーはもうクリアされましたでしょうか?5.1のメインクエをクリアすると受注できる、一つのクエストがあります。, 5.1パッチノートにも記載があり、伏せられているこのクエスト。今回はそちらをご紹介したいと思います。, この「小さな旅路」というクエスト。5.1メインクエストをクリアすると受注できるようになります。重要クエストマークではないですが、フ・ラミンから受注でき、内容が5.0メインクエストの後日談になっております。 グラハティアは登場しませんが、クエスト中のセリフの一部が「おはようグラハティア」と対になっているかのように、感じられる内容になっています。, こちらの座標にいる「フ・ラミン」から受注することができます。そこまでの行き方が分かりにくいので、画像を使用してご紹介したいと思います。, モードゥナにテレポしたら、まずは ロウェナ記念会館(X:22.0 Y:6.1) を目指します。, そして階段を2つ上ります。画像は少し明るく調整していますが、実際はもっと暗いので迷わないようにして進みましょう。, そうするとベランダに出られる出口が見えるので、進んで左に曲がると、受注場所まで辿り着きます。, 今回はとある1つのクエストをご紹介してみました。重要クエストではありませんが、内容はメインクエストにも関わってくる、一人の人物の物語になります。グ・ラハ・ティアが目覚めたのに対して、とある人物が第一世界を救い、思いを託して眠りにつきました。その人物の後日談クエストです。 まだの方はもし良かったらプレイしてみてもらえると嬉しいです。きっと、5.Xシリーズのメインクストに深みが出ると思います。ではでは!, 素敵な記事をありがとうございます。 ちなみに、彼は光の戦士がクリスタルタワーを踏破した未来から来ているため、仮にプレイヤーがクリスタルタワーをクリアしていなかったとしても光の戦士の事をしっかり認識している。 エリディブスの元へと向かわせた。 途中配信中のコメント読み上げが一部入っています。 ※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。. Steam and the Steam logo are trademarks and/or registered trademarks of Valve Corporation in the U.S. and/or other countries. エリディブスとの決着をつけるため、闇の戦士と共にタワー内部へと突入したグ・ラハだが、目の前には無数の幻体が立ちふさがり、グ・ラハも結晶化の進行で動けなくなってしまう。 ※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。. 当然別の世界へ転移することは不可能であり、次元の狭間で砕け散るだけである。 素晴らしいストーリー。 「ああ…おはよう!」 Well... ’Tis good to be awake! ※本記事およびこのタグのついたイラスト・小説作品には、ストーリーのネタバレ要素のあるものが含まれるので閲覧の際には注意すること, シャーレアンのバルデシオン委員会に所属しているミコッテの青年。 ベーク・ラグと共に開発した封印術でエリディブスをタワー内部に閉じ込めることには成功したものの、ソウル・サイフォンに封じられた水晶公の記憶と、記憶の定着のための触媒として用いたアラグの紅血によってクリスタルタワーの操作権を獲得したエリディブスは、異世界より光の戦士の幻体を大量に呼び寄せて闇の戦士の抹殺を図る。そして、それによってタワーにかかった負荷はグ・ラハの肉体にも影響を与え、全身の結晶化が進んでしまう。 おはよう、グ・ラハ・ティア…!! 最後この選択肢選ばんやつおる????? 序盤でもしかしてグ・ラハ・ティア…?って選択肢選んだとき こいつどんだけうれしかったやろな… そんなに英雄好き好きキャラだったか?と思うけども 未来で英雄譚を読んで、100 シャーレアンのバルデシオン委員会に所属しているミコッテの青年。 「クリスタルタワー」の監視役として委員会から派遣されており、「ノア」調査団の命名者でもある。 お調子者だがアラグ帝国の歴史に関する知識は豊富であり、「アラグの賢人」と呼ばれている。 右目だけが血のように赤いオッドアイになっているが、これは彼の一族の間では「紅血の魔眼」と呼ばれており、アラグの文明に反応する奇妙な特性を持つ。 更にクリスタルタワーを調査する中で、当事者でもなければ知りえないようなアラ … FF14漆黒のヴィランズ5.0のオオラスです。 ※ランキング更新通知は全ワールド共通です。 大変ありがとうございました!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. あと「 おはよう、グラハティア 」って選択肢はずるすぎるよね。隣の人カンニングしてるって感じ←??? おはようってグラハティア君が一番聞きたかった言葉じゃないかなぁ… 眠りにつくってことはもう生きているヒカセンと会えないわけで… 第一世界で直接言葉を交わせるだけでもうれ� グ・ラハ・ティア(G'raha Tia) 概要ノア調査団の命名者グ・ラハ・ティアの語るクリスタルタワー「古代の民の迷宮」クリア後ルーツグ・ラハ・ティアの語る第四霊災異変アラグの血クリスタルタワーの封印カットシーン再登場関連項目 G'raha Tiaグ・ラハ・ティア 種族ミコッテ © 2020 こころぐ。 All rights reserved. グ・ラハ・ティアが目覚めたのに対して、とある人物が第一世界を救い、思いを託して眠りにつきました。その人物の後日談クエストです。 まだの方はもし良かったらプレイしてみてもらえると嬉しいです。 だがそこでアシエン・エリディブスの奇襲を受け、実験のために自身の記憶を封じたソウル・サイフォンを奪われてしまう。 そのため、光の戦士の転移に成功した時には走って迎えに行ったり、光の戦士と共に行動できる時は明らかにうれしそうにしているなど、端々でかなりわかりやすい反応を見せる。 毎回好きなNPC死なないでと思いながらプレイしますが、まさか敵側に感情移入するとは。 グ・ラハの記憶と魂は見事統合に成功し、晴れて暁の血盟の一員となっていた。 "","Playstation" and "" are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.Mac is a trademark of Apple Inc.©2019 Valve Corporation. クリスタルタワーに秘められた力が今の人類には扱いきれないものであると考えたグ・ラハは、いつかエオルゼアの文明がアラグに比肩した時までクリスタルタワーを自分ごと封印することを決意。 ドーガとウネから皇血を託されたことで両眼が赤く変化し、アラグの継承者としてクリスタルタワーの制御権を獲得する。 だが、抜けた魂を元に戻すだけの暁の面々と違い、既に魂が存在している肉体に上手く記憶と魂が融合できるのかは未知数であり、相応のリスクを背負う選択であった。 曰く、クリスタルタワーを封印して眠りについた後と、水晶公の記憶が完全に地続きになっていたことから、違和感なく受け入れることができたという。 ブログを報告する, FF14『漆黒のヴィランズ』5.0メインクエスト感想。「お使い」の肯定とエメトセルク, https://www.youtube.com/channel/UCna7rdn0YC9dhRjGHVLZzxw, 【PS4&PS5】2020年11月発売予定で期待のゲームソフト【Nintendo Switch】, 今回のサンクレッドは未婚のまま親父になっちゃったし、ヤシュトラは未婚のままお母さんになっちゃったし、どうなってんだ暁。, ヴァウスリー、レベル100のコルネオみたいな見た目だし、罪食いの大ボスに裏切られて惨めに死ぬかと思いきや、全くそんな事なくて驚いた。, そしてそんなヴァウスリーがこんなイケメンになるとは、戦闘中に驚かすのは手元が狂うからやめて欲しい(切実), 今まで意外と活躍がありそうでなかったサンクレッドが滅茶苦茶活躍していてよかったですね。, 女性しかいない種族と聞いた時は「主人子を男にしたら良かった!!」と悔やんでしまった僕は百合オタク失格。, 少年に今までの冒険について聞かれて、ヒカセンのしーっポーズという「皆んなには秘密だよ」で締め括られるの、まさしく物語が未来へと繋がっていく感じが出て最高の終わり方でしたね。. © 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.LOGO ILLUSTRATION: © 2010, 2014, 2016, 2018 YOSHITAKA AMANO, 初めまして。私も最近漆黒終わりましたが日記読ませていただきながら自分でもストーリー振り返って泣きましたww. グ・ラハは元々原初世界の人間だったが、異なる歴史からやってきたためか、水晶公の肉体では原初世界への扉を通ることはできなかった。 ※ランキング更新通知は全ワールド共通です。 で、グ・ラハの方に話を戻すと。 上の話から想像すると、グ・ラハが目覚めた時、世界は既に崩壊しており、希望も何もない状況だったと思われます。 でも、24人レイドのクリスタルタワーを見返すと、最後のシーンで彼はこう言っています。 ※以下、パッチ5.3「クリスタルの残光」のネタバレ注意 ff14漆黒のヴィランズ5.0のオオラスです。素晴らしいストーリー。毎回好きなnpc死なないでと思いながらプレイしますが、まさか敵側に感情移入するとは。宿屋では見れない選択肢と聞いたので記念に保 … 無事に光の戦士を救い、未来へと繋げたグ・ラハ・ティア。 ヒカセンとアルバートの魂の結合により一瞬「あの人」を垣間見る事が出来たエメトセルク。 2人とも光の戦士である僕に対する想いが重過ぎる。大好きだ。 ↑おはよう、 グ・ラハ・ティア。 Steam and the Steam logo are trademarks and/or registered trademarks of Valve Corporation in the U.S. and/or other countries. これはもうどうしようもなく、冒険者である僕は行く先々で様々な人からお願いされ、依頼され、渇望され、クエストが発生してしまう。, これでも『新生』の時と比べるとかなり改善されてし、虚無を感じる事は大幅に減ったのは事実。ストーリー含めてほんとに楽しませてもらっているのも事実。, お使い部分は「MMOだしな」というある種の諦めの気持ちと共に『漆黒のヴィランズ』編に突入した。, 第一世界という「終わった」と言ってもいいような世界に飛んだ後でも、光の戦士から闇の戦士に変わった後でも僕がやることは基本的には変わらない。, 『漆黒』が傑作たる所以は虚無で面倒でしかなかったお使いクエを「MMOだから当然」とスルーするのではなく、真っ正面から向き合い、それまであった数えきれない程のお使いを含めた冒険に対して「お前達の冒険は、戦いは、無駄ではなかった。」と肯定してくれる所だと思う。, ただ、冒険した同じ世界の人達が終盤に揃って助けてくれる。それで終わればそれは普通の物語であり、今までにも同じようなRPGは山ほどあった。『紅蓮』のドマ編もそう。, 『漆黒』が他のRPGと違うのは『新生』『蒼天』『紅蓮』という今までのFF14の積み重ねと歴史。, それは次元も時も越えてヒカセンを救うという途方もないような規模の話であり、奇跡のような出来事である。祈りに近い。, そしてそのキーアイテムに冒険者の冒険が綴られたフォルタン伯爵による回顧録である『Heavensward』が使われたのも良かった。, 『蒼天のイシュガルド』で、竜詩戦争を完結させるため、イゼルの悲願だった竜との融和のため、オルシュファンに託されたイシュガルドの戦いは、あの時失った友は無駄じゃなかった。無駄ではなかったんだよ。, 「英雄」光の戦士への想いと決意をウリエンジェに語る水晶公のセリフは忘れらない。今までのFF14を象徴する言葉だと思う。, 「自分には何の見返りもないと知りながら、他人の幸せのために心血を注ぐのは、簡単なことじゃない。」「ましてや、誰もが明日をも知れぬ身の、混沌とした世においては……」「こんな計画が形になったのにも、偶然ではない、理由がある。彼女だよ。あの英雄の冒険譚が、人々を繋いでいたんだ。」「 どんな絶望の底にいても、立ち上がった人がいた。終わりないはずの戦いに、終止符を打った人がいた……。」「 嘘みたいにまっすぐと、あの英雄は進んでいく。その歩みは、語れば勇気に、聞けば希望になる物語として、絶望の時代のそこかしこで輝いていた。」「 ときには、亡国の歴史に、かけがえのない盟友として刻まれていた。「 またあるときは、ぼろぼろになった手記の写しに、その冒険が綴られていた。」「つらい夜を越えるために、その物語を語り継いできた人々もいた。」「第八霊災の阻止に賛同した人の多くが、言っていた。あの英雄のために、自分ができることがあるなんて上等だ、と。」「 遠くの星だったはずの彼女に、想いが届けられるなら、みんなでこう言ってやろうじゃないかと。」「 あなたという英雄の遺した足跡は、死してなお、人の希望であったのだ……と。」, FF14といえば「お使い」という『新生』から続くお決まりと積み重ねが報われた瞬間であり, 「お使い」をなるべく「お使い」だと思わせないようにする演出が『蒼天』辺りからうまくなった印象があるFF14だけど、今回は更に「お使い」は「お使い」として認めたうえで『新生』含めた今までお使いクエを頑張った分だけ、人を助けた分だけ更なる感動を味わえるという逆転の発想でプレイヤーを肯定してくれた。, 2つの想いを二重螺旋い織り込んで、 明日へと続くのがヒカセンなのだと(グレンラガン風), 最初は「ケフカみたいなヘラヘラしてて掴み所のない悪役は二番煎じだよ」となめくさっていた僕だったが、まさかの旅を共にする仲間(仲間ではない)になるという展開に驚き、そのまま物語が進む中で彼の心情や過去が語られ、その度に「あれ、こいつ以外に真面目でまともなやつなんじゃねえ?」となり、最後の最後はあまりにも重く、辛く、「どうしてええええええええ」という想いで一杯だった。, 旅の道中でエメトセルクが登場するだけでテンションダダ上がりしてしまう身体になってしまったのに。これからの冒険、何を楽しみにしたらいいんだ。喪失感よ。, 彼の目的は世界を元通りひとつの世界にし、ゾディアーク(星の意志)に捧げた同胞を取り戻す事だった。エリディブスがエメトセルクのことを「アシエンの中で1番頑なで、1番揺れている」という表現をしていたけれど、揺らぎとは一体何なんだろうか。, こんなにも人間臭いアシエンが今の人間に絶望し、憎しみを抱く。それもまたどうしようもなく本当に人間臭い。, けれど彼は厭だ厭だと言いながら根は真面目なので投げ出す事が出来ない。全てを投げ出すには、あまりにも多くのものを、途方もなく長い時間背負いすぎた。, ヒカセンが化け物になった時、エメトセルクは何もヒントを出さずに見捨てるという選択肢もあったハズだ。, 水晶公を攫ったのも「取り返しにこい」という大義名分をヒカセンに与えたようにも見える。言葉にはしないけれど、「向き合ってやってもいい」と言ったのが自分であるが故に途中で投げ出すことができないエメトセルクの真面目さと、ヒカセンの魂に見える「あの人」に対する複雑な感情の表れに見えてしまう。, 初登場シーンでヴァリス帝とプレイヤーに顔芸キャラを晒したとは思えない。いい意味で言うと深みがあるのかもしれない。それかヴァリス帝に心開いていたのかもしれない(新しいおもちゃにテンション上がったのかも), ↑他の世界の冒険者と挑む最終決戦は激熱。水晶公の「彼方の勇士、稀なるつわものよ!」で柱が7本出てきて、レイドボスを他のプレイヤーと共に戦うというシステム自体を熱い演出にしてしまうのは凄い。MMOでしか味わえない感動だと思う。全体的に過去シリーズより演出がうまくなったよね。蛮神が出てきたから一時退却してまた臨むみたいな悪い間が消えた。, 冒険を終えてみて改めてタイトルである「漆黒のヴィランズ」が何を指しているのか考えてみると、第一世界の伝承にあった反乱から救う闇の戦士となったヒカセンか、最終決戦で敗れたアシエン・エメトセルクか。その両方のダブルミーニングだと分かる最後の戦い。そしてその決着。, 消えゆくエメトセルクは願い、ヒカセンは静かに頷いた。この瞬間、相容れなかった2人は和解したのだろう。, 「どうあっても意見が異なる……いくら話しても納得できない……そんな相手との決着のつけ方を、知ってるか?簡単なのは、力で打ちのめして、相手の主張を葬ることだ。アラグでもガレマールでも、結局大勢はそれを支持したし、事実、手っ取り早く繁栄をもたらした。」, 「一方、戦いの末に、勝者の願いが優先されることになっても、敗者もまた尊重され、ある種の和解に至ることがある。そういう決着にもっていくのは、とても難しい……, 勝者が敗者を見下さず、憐れまず、敗者が勝者を仇としない。その両方が必要だからだ。」, あの決戦で、2人はお互いを尊重し、和解したのだろう。だからこそのあの表情だと僕は思う。, ヒカセンとアルバートの魂の結合により一瞬「あの人」を垣間見る事が出来たエメトセルク。.