この素晴らしい世界に祝福を【このすば】が17巻で完結しました。ネタバレを少し含みつつ17巻の感想と、「この素晴らしい世界に祝福を」1巻~17巻までをお得に読む方法をご紹介します。 ©Copyright2020 人生、心躍ってなんぼですよ.All Rights Reserved. ブログを報告する, アリシゼーション編の集大成となった「SAO アリシゼーション-After War-」:感想レビュー, 全短編10作品を凝縮!面白さも!「この素晴らしい世界に祝福を!よりみち 2回目!」:感想レビュー, 佐藤さんはアルバイトに奮闘する!!「塩対応の佐藤さんが俺だけに甘い3」:感想レビュー. 国民的人気の異世界コメディ「このすば」、堂々完結! 『この素晴らしい世界に祝福を!3巻』感想。アニメ1期後に突入…オモシロイ!!2期が待ち遠しいぜ!! 1つ前の16巻の最後の最後は「アクアが家出して魔王城に行ってしまい、なんだかんだで追いかけに行くカズマ」…ってところで終わっていました。, 上記のあらすじにある通り、魔王城にて再度集結するカズマたちが何をしでかしてくれるのか…!!というところが一番気になるところでしたね(笑), では、冒頭部分から最後のシーンまで、気になったシーンを取り上げて感想をまとめていきます!!, 魔力の塊”マナタイト”を持っためぐみんは、ほぼ回数制限なしに爆裂魔法を放つことができるために…最大火力の魔法がポンポンと放たれます。, マジで、今までの小説で書かれてきた量と同じぐらいの「エクスプロージョン」がこの数ページに書かれており、「エクスプロージョン」してました。, そんな2人の前には、圧倒的に強い魔王軍の手下が現れるのですが…そんな敵の前で笑うアクアとカズマ。, このシーンで三嶋くろね先生の神イラスト(挿絵)が入っているのですが、イラストに映る笑顔の2人が本当に…すきぃ。, このシーンにも三嶋くろね先生の神イラストがあるのですが、屈託のない笑顔を浮かべたアクアが可愛いんです。, と…見出しを書いたものの、あとがきにて暁なつめ先生から本編はコチラで完結とあったので…。, 1つ目は「アイリスからもらった指輪をなくしてないか何度も確認した理由」、2つ目は「ミツルギか、カズマ以外が魔王を倒すように」です。, どちらも、ダクネスの思い・考えが入った発言だと思うので、婿とか結婚関係だと感じているのですが…完全な理解には至っていません。, 本当の最後の最後の最後、カズマがエリス様にブレッシングを掛けてもらって終わるのですが。, 振り返ってみても、やはりずっと読んできて、このすばを最後まで読めて良かったなぁって感じました。, このすばが、これからどうなるかは全然分かりませんが、アニメ化や…もしかしたら映画化!?, この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アニメとゲーム、プラモ、小説が大好物の基本オタクな人です。 感想を書かずにはいられない小説を読んだ時には、感想という名の怪文書をこちらで公開します。 『この素晴らしい世界に祝福を!14巻』感想。ゆんゆんとめぐみんのライバル関係は続く…!! 以下はネタバレ盛りだくさんな読んだ人向きの内容なので、まだ読んでない人は撤退しよう!. カズマ・アクア・めぐみん・ダクネス―――アクセルが誇る問題児が愉快な仲間と共に魔王城に集結!! このブログで好きなことやお得情報を発信しています。. 『この素晴らしい世界に祝福を!2巻』感想。アニメ版がかなりカットされていることが明らかに…!, 『この素晴らしい世界に祝福を!1巻』感想。1巻にはアニメでカットされたウィズとの出会いのエピソードが読めるぞ!. 「何の力も無かった最弱職の少年がたった一人で魔王を倒す。……そっちの方が格好良いじゃないですか!」大量のマナタイトを使用し、めぐみんの爆裂魔法で魔王城の結界を破ったカズマ一行。アクア達とも合流し、目的を果たしたとばかりに引き返そうする面々に対してカズマは――「魔王に掛かった賞金って、いくらぐらいなんだろうな?」根性なしのニートは、遂に魔王との最終決戦へ挑む!! 2020.11.01 この記事では『この素晴らしい世界に祝福を!17』についての感想を書いてきました。 このすばらしい終わり方で、繰り返しになりますが僕は大満足です。 | 「お前、毎度自虐から前置き始まるよな?」 から始まり、何かネタを仕込んでいたのですが、いざ書き始めるとスッカリ頭の中から消えていました。 さて、始まりました第2回の感想はこちらの作品。 角川スニーカー文庫から発売の。 この素晴らしい世界に祝福を! ミスターカカオ, 家出してミツルギ達やゆんゆんと魔王を倒しに行ったアクアを追ってカズマ達も魔王城の近くまでやってきていた。, 城の結界を破壊するため、大量のマナタイトを使用しながらめぐみんは爆裂魔法を連射する。, 読了。これにて本編完結!最後まで鬼畜で卑怯で畜生な戦いぶりを見せながらも感動させてくれたカズマさんにアッパレ!アクア、めぐみん、ダクネスも最高でしたっ!特にアクアはすごーく良かった!!, この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を!https://t.co/m1cXvaXcYQ, カズマ、アクア、めぐみん、ダクネスの主要キャラ4人それぞれに見所が用意されていました。, ……という感じも多少はありましたけど、たとえラスボス相手だろうといつものこのすば的なノリで安心しました。, 残された謎についてはスピンオフとかでやるかも、みたいなことがあとがきに書かれてましたがどうなることやら。, 魔王城の結界を壊してからミツルギ達と合流したがアクアだけが迷子になっていないという展開でまず笑いました。, そこからカズマが一人でアクアを見つけ、二人で魔王軍の精鋭達を相手にしょうもない戦いを展開。, 待っていてもめぐみん達と合流できないため、カズマは魔王軍になりすましアクアを人質にして合流することに。, そこでカズマはダクネスの鎧を脱がせたりと好き放題かます。なお、この工程は作戦上必要はなさそうw, 魔王がいる部屋の扉を守っていた部隊を倒して、もう帰ることも考え始めたカズマやアクア。, それを思い出したカズマは、魔王に掛かった賞金の話を持ち出して魔王討伐をすることに…。, 魔王の部屋に突入後、潜伏スキルでこそこそ動いていたカズマだったがサクッとやられてエリスの元へ。さすがですw, 屋内での爆裂魔法の使用はご法度だというのにめぐみんは撃つ気満々。相打ちも辞さない構えを見せる。, いつもは止めそうなダクネスもやってしまえ自分が盾になってお前らを守るみたいな態勢で吠える。当たらないけど剣を振りまくる。, ミツルギパーティーの仲間意識も強いけど、カズマパーティーの結束もいざとなると凄い。そして泣ける。, 魔王を連れて別のダンジョンへテレポートし、タイマンで勝負をつけることにしたカズマ。, とはいえカズマを瞬殺できるぐらいの力はあるため、例によって卑怯極まりない作戦を展開するカズマ。, けれどここでこのすばでは見られなかった流血、そして本当に追い込まれていくカズマ…。, 何せカズマの亡骸はダンジョンの奥深くにあってしかも崩れているだろうから蘇生のしようがなかった。, 自分が天界に戻って来れたところでカズマはもうあの世界へは戻れない。カズマには日本で生まれ変わるなどの選択肢しかない。, アクアも直後に後を追ってきたりとなんかもうハチャメチャでしたけど、笑えたんで良しです。, 明かされていない謎や「え、そこどうなってんの?」って思わずにはいられない点が多々あったのが微妙でした。, このすばって外伝も出てるので、もしかするとそこで何か描かれているのかもしれません。, 僕はめぐみんが主役の爆焔シリーズは読んでるんですけど、それ以外はまだ読んでないんですよね…。, ただあとがきを読む限りでは、これらの謎についてはスピンオフでいずれ……みたいなニュアンスで書かれていました。, 記事に書いた以外でも笑えるシーンがたくさんあったので、気になる方は是非読んでみてください。, 原作ではアニメでは描かれなかったシーンもあって、1巻から読んでも楽しめたのを今でも記憶しています。, 17巻って聞くと結構な冊数ですけど、このすばはサクサク読めるぐらいに読みやすいです。, しかも完結したんで「いつまで待っても最新刊が出ない…」なんてこともありませんので安心して読み進められますよ。. から始まり、何かネタを仕込んでいたのですが、いざ書き始めるとスッカリ頭の中から消えていました。, 前回の記事を書いた後、寝れないからとそのまま読んでいたら、読み終わってしまったので、やる気という勢いをなくさない内に書いてしまおうと思った次第。, ダクネスとめぐみん(強い)に圧されてちょっと影が薄い……いや、正確に言えばキャラはみんな濃いから薄いわけじゃないんだけど、この場合は『ヒロイン』という枠ではもうターンアンデットで消滅したんじゃないかな? ぐらいには影が薄いメインヒロインだったはずの宴会芸駄女神がついにメインヒロインに晴れて復活されたのだ。, 何と言ってもカズマさんが魔王を倒して神界へ死に戻りシーンでエリスの胸元に顔を埋める所、その後のテレポートを抵抗した所で屈託のない笑顔は卑怯。, カズマも読者もドキッとしたのは間違いなく、流石看板メインヒロインの貫禄だな! と手のひらをクルッとさせずにはいられなかった。, 癖がありすぎて、よくこのキャラクター達をコントロールしているな……と称賛せざるを得ないのだ。, 自分が書いたと仮定しても、プロット作るまではいいが、実際に本文書き出した所で暴れだすのは間違いない。, この癖のあるキャラクター達、癖がありすぎると難ありな場合が多いのだが、『嫌』感情に行きすぎない丁度良い塩梅なのだ。, 主人公である柴田源蔵は獣愛が強すぎる癖100%みたいなキャラだし、カーミラはアクアを彷彿させる残念感。アクアから僅かな可愛さを取り除いて馬鹿さを小さじ一杯追加して馬鹿に拍車がかかっている。, シグレはツッコミ役と思いきや、お金周りに限ってはクズマさんの欲望部分を大さじ一杯追加して、最後の最後に持っていく所がまたいい。, 花子は食い気に全振りしていると思いきや、正直に言うと他3人に比べてマシなので、最後の良心的な所がある(花子可愛いよ)。, ちょっと『けものみち』に話がそれてしまったが、暁 なつめ先生の描くキャラクター達は魅力満点なのだ。, 最終巻だから何やっても許されるだろ感が凄いくて興奮していたのだが、そういえば魔王城の中にアクアやミツルギ達がいたのは正直私もこの時点では忘れていたよね。, 戦闘でアクアを盾にする所や相手の声真似をして同士討ちさせる所は、流石俺達のカズマさんや! っと姑息な手段で応対するカズマに称賛せざるを得ない。, 戦闘時にペインとドレインタッチで泥沼の戦いを繰り広げる最中に友情が芽生えかけた所は、こいつら早く何とかしたほうがいいと感じた。, アクアと合流できたカズマさん、やっぱりカズマと再開した時のアクアは生き生きしているなと読んでて感じた。, 正確に言えば、アクアはギャグ漫画のキャラクターで、ミツルギはファンタジー漫画のキャラクター。この両者が噛み合わないのは当然なのだ。, お互い背中合わせで戦闘開始する所は本当にいいシーンで、ここを挿絵にした三嶋 くろね先生には頭が下がる。, アクシズ教徒……というよりも実際はアクシズ教の女神なのだが、エンガチョされる所は盛大に笑った。, その報復なのか、お茶をお湯に変えて何度も嫌がらせするのは流石アクシズ教の女神だな。, ノスに変装してるカズマがダクネスに「魔王城に乗り込んだ女騎士は、敵に捕らえられればどうなるか……。仮にも女騎士などをやっているのなら常識として分かるだろう!」は笑ったけど、そんな常識は(ない)です。, めぐみんはシラケた顔で見てた時に『……勘の良いめぐみんとはいえ、いくらなんでもバレてないよな?』は絶対にバレてたと思う。, にしても、「……分かった。どの道私は攻撃など当たらん。……ほら、これでいいか?」は最初から攻撃諦めてて笑った。, 隣の芝生は青く見えるって言うじゃない? カズマからしたらミツルギは羨ましいんだと思うんだけど、ミツルギもカズマと同じ感覚を持ってるんじゃないかな。, カズマPTとミツルギPTの差ってさ、言ってしまえば真面目でシリアス世界のキャラクターがこち亀時空に迷い込んだみたいなもんだよ。, だからミツルギがカズマPTの誰かと一緒に居ても絶対に上手く噛み合うことはないんだよな。, 最後の方に作者がチラッって書いてたけど、魔王を倒した場合の報奨として王族との婚約も入ってくるんだよね。, カズマが余計マズイのが、アイリスからパクッた指輪がその関係でかなり重要になるんだと思うんだよ。, しかも持ってるのがカズマで、アイリス自身もお兄様! って慕っているから非常にマズくて、他の大貴族が横槍入れたとしても覆す事ができなくなるんだよ。, ひたすらエリスがカズマにバフを掛けつつ語りかけるが、当の本人は中半諦めのように独白をするのだが。, このセリフの『キミ』は「女神エリス」としての言葉ではなく、地上に降り立った時の「盗賊クリス」という一個人として心の籠もった言葉なんだよね。, いつもの情けなくて、肝心な所でヘタれるカズマではなく、胸張れる主人公をしていたよね。, 魔王を煽って逃げないように口上述べたり、小手先の手を使ってキチンとダメージを蓄積させる。, だって使えば死ぬの分かってて、怖いし本当はやりたくないんだけど、それでもやるのはみんながいたからだし、それにアクアに適当な口上だけど言っちゃってたからね。, 魔王軍が人類を滅ぼそうとする本当の理由も魔王の名前の秘密も語られないまま最終巻が終わってしまったからさ。, 2つ目は体を得て、日本に帰る。その際に一生を掛けても使い切れない金銭と理想の相方。, この記事の冒頭辺りでも書いた所なんだけど、みんな『テレポート』でアクセスの街に既刊する際、アクアが抵抗してカズマと2人きりの状況を作るわけよ。, こうして最終巻を迎えたこのすばワールドは終わりとなりましたが、他にもアニメ化済みの『けものみち』やアニメ化が決定している『戦闘員、派遣します』という作品もあります。, マークアップとフロントエンドの間で彷徨いながらも、深夜アニメの視聴とライトノベルをこよなく愛するオタク。 (このすば)』最新刊17巻 について発売日やネタバレ感想、お得に読む方法をまとめました。 16巻で完結なのか!?16巻が発売される前はハラハラしていましたが、17巻へ続きましたね〜!嬉しいです。 魔王を一人で倒しに行くアクア。 (角川スニーカー文庫), この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ あの愚か者にも脚光を!7 竜に愛されし愚者 (角川スニーカー文庫), 読んだライトノベルや見たアニメなどの感想を自由気ままにつぶやいたり...つぶやかなかったりします!, matcha-rabitさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 『この素晴らしい世界に祝福を!13巻』感想。魔王軍の動きだけ見ると終盤感はあるけれど…。, 『この素晴らしい世界に祝福を!11巻』感想。初心を思い出したようなこのすばでした。, 『この素晴らしい世界に祝福を!9巻』感想。めぐみん全開な巻なんだけどアクアの煽り芸も冴えていたかとw, 『この素晴らしい世界に祝福を!9巻』特典の感想。カスマと呼ばれても仕方のない所業ですなw, 『この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ この仮面の悪魔に相談を!』感想。アクセルの街には「女神のだし汁」が売っているそうです。, 『この素晴らしい世界に祝福を!8巻』感想。この奥ゆかしい女神様に祝福を!(注:アクアじゃないですw), 『この素晴らしい世界に祝福を!7巻』感想。僕の知ってるカズマさんはこんなにカッコよくないんだけどw, 『この素晴らしい世界に祝福を!5巻』感想。第2次めぐみんトイレの危機勃発からの紅魔族誕生秘話までとにかく内容が濃いw, 『この素晴らしい世界に祝福を!4巻』感想。アクシズ教徒がいっぱい登場していっぱい困った話でしたw. この素晴らしい世界に祝福を!2020.05.01 このすば17巻の感想|まとめ. 『この素晴らしい世界に祝福を!17巻』感想。これにて完結!素晴らしい物語をありがとう! twitter:. このすばが、これからどうなるかは全然分かりませんが、アニメ化や…もしかしたら映画化!? いろんな形で、まだまだ触れることができると思いますし、そう願っています! では、このすばに祝福を!ってことで、今回はこの辺で~! 17巻 この素晴らしい世界に祝福を!17 この冒険者たちに祝福を! (角川スニーカー文庫), Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー, 『この素晴らしい世界に祝福を! よりみち!』感想。アニメ1期と2期見てればついて行けるぞ!, 『この素晴らしい世界に祝福を!15巻』感想。アクアが本気の落ち込みっぷりを見せて可愛かった。.