オーストラリアは日本からも人気の観光地です。大自然の壮大さと都会の華やかさも満喫できる、都市によって様々な側面があるところが魅力です。今回はオーストラリアへの旅行をお考えの方へ、より身近になるように、日本との文化の違いなど覚えておきたいことをまとめてみます。, 店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。, 世界中にある観光地の中でもオーストラリアは常に人気の国です。特に日本からは、毎年多くの観光客訪れていて、身近な観光地と言える場所の一つです。広大な国土には、様々な見たい景色、そして体験したアクティビティーが揃い、旅を満喫できる内容が揃っています。, オーストラリアには訪れたい都市がたくさんあり、それぞれに個性豊かな側面があるというのが人気のポイントです。大都市のシドニーをはじめ、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズなど、どの季節に訪れても観光客を満足させる魅了が詰まっています。, 日本からオーストラリアを旅行先に選ぶ理由として、温暖な気候も挙げられます。オーストラリアには四季がありますが年間を通じて快適で、開放的な気分にさせてくれます。, 南半球にあるので、気候は日本とちょうど反対になりますが、夏でも日本のような蒸し暑さは全くなくカラッとした爽やかさが続きます。日差しの強さは気になりますが、日本の夏のぐったりくるような暑さに比べると過ごしやすさを感じます。, また、環境的には時差がほとんどないというところも人気です。オーストラリアと日本の時差は、1時間で、サマータイムん期間中でも2時間になっています。そのため旅行先での時差に苦しむということもほとんどありませんし移動も快適です。, そしてもちろん外せない観光地がたくさんあるところもオーストラリアの魅力です。特に広大な自然の迫力を感じる数々の観光地は、日本とは違ったスケールの大きさを感じるものばかりです。訪れる明けで特別な気持ちにさせてくれるのがオーストラリアです。, 注目したい観光スポットとしてご紹介したいのがエアーズロックです。オーストラリアへ行った事がないという方でも誰もが目にしたことのあるものと言えます。オーストラリアを象徴する大きな岩で、日本からの多くの観光客も訪れています。, ウルル(エアーズロック)は、世界で2番目に大きな一枚岩で、赤く輝く壮大な眺めは圧巻です。世界遺産に登録されているアーズロックの岩肌は、時間によって7色に変化すると言われており、エアーウズロックが夕日に染まる様や、サンライズの暗闇から赤く変わっていく様は必見です。, 他ではどこでも見る事ができない美しさを放つ岩は、やはり特別なものと感じさせてくれます。エアーズロックは、約5億年の歴史があるとされていて、地理学的にも大変貴重な存在であると同時に、オーストラリアの先住民、アボリジニにとって生地となっている場所です。, 2019年10月から、残念ながらエアーズロックを登山する事が禁止になっています。その理由は、安全面や環境面の問題、そして聖地としての重要性を考慮してのことです。, いずれにしても、日本はもとより世界中からの観光客が減少することはなく、やはり特別な空間を体験できるということで多くの観光客を魅了しています。オーストラリアを訪れる理由の一つとしてあげられる場所です。, オーストラリアと日本の友好関係を象徴するものの一つとしてオーストラリアは日本からの留学先として大変人気という事があります。, 大都市のシドニーをはじめ、サーファーの聖地とも言われている都市ゴールドコースト、アート的要素にも触れられる都市メルボルン、グレートバリアリーフで有名な都市ケアンズなど、観光地同様、留学先として選ばれている都市がたくさんあります。, 住みやすい環境は長く滞在するのにぴったりで、語学学校や大学への進学とともに、ワーキングホリデーでの留学が特に多くなっています。, ワーキングホリデーは、生活をしながら英語を学んでいくカリキュラムで、現地で働く機会を与えられることにより語学の学習とともにオーストラリアの文化や習慣も学ぶ事ができます。, 旅行では得られない体験ができるという事で人気です。かけがえのない経験として、留学先にもおすすめしたい国がオーストラリアです。, オーストラリアはどんな国なのでしょうか?面積としては広大な国というのはわかるところですが、実際に比較してみると、オーストラリアは約770万km2で、世界第6位の広さです。一方日本は約38万km2で、その大きさは世界第62位になっています。, また、人口を比較してみると、オーストラリアは、約2227万人で世界第52位になっているのに対して、日本は、約1億2654万人で世界第10位となっており、日本の人口が圧倒的に多くなっています。オーストラリアの5倍以上の人が日本に住んでいるという事がわかります。, 改めてみると本当にオーストラリアは大きな国だという事がわかると思います。そしてオーストラリアを訪れるなら、その国について事前に知っておいた方が、旅をより充実したものにする事ができます。, 特に文化や習慣そして日本とオーストラリアの違いや共通点も知ることで、旅も安全にそして快適な滞在が可能になります。, オーストラリアと日本はもともと文化や習慣の違いがありますが、その違いがより一層興味や好奇心を懐かせるものにもなっていると言えます。オーストラリアには、日本に関心、興味を持っている人も多く、オーストラリアから日本へ旅行へ訪れる人も年々増えています。, また、小学校では、第二外国語として日本語を教えているスクールも数多くありそれが日本への関心が高まっている要因になっていると言えます。その国の文化を知る上で最も身近なものが、食文化です。オーストラリアでも日本食の人気も高まり定着しています。, その興味のレベルは高まってきており、オーストラリア国内でも日本食が健康食として紹介されたり、寿司、ラーメンなどの日本食を食する人が増え続けています。, この高まりをはじめとして日本独特のポップカルチャーや歴史的、文化的要素も含まれ、オーストラリア人は、日本が大好きということへつながっています。そして好きという要素も様々で、日本食、アニメ、歴史的建造物から、日本のアートまで、多岐にわたっています。, 日本人が知らないようなことまで知っている日本通のオーストラリア人もいます。いずれにしても、全部がそうということではないにしても、訪れる国の人々が日本に興味を持っていてくれているというのは嬉しいことです。, こちらも訪れる前に文化や習慣をよく知っておく事が大事です。そうすることで、コミュニケーションも図れそうです。, せっかくのオーストラリアへの旅行なので、もっとオーストラリアについて知っておきましょう。ここではオーストラリアと日本の文化や習慣の違いについてご紹介いたします。共通点と違いを知る事で旅をより楽しめるはずです。, まず一つ目のオーストラリアと日本の共通点が、チップの習慣がないという事です。チップは海外に行くと欧米のほとんどの国で採用している習慣で、レストランやバー、ホテル、タクシーや空港など、サービスを受けたときに払うお金の事です。, 通常サービスの15%、そしてホテルのベットメイクなどのチップとして2ドルが一般的です。チップの習慣のない日本にとって、海外に来ると煩わしく思ってしまう習慣の一つと言えます。この習慣がオーストラリアにもありません。, チップを気にして小銭をとっておいたり、いくらチップにすればいいのか計算する必要がありません。これは嬉しい共通点です。, 次の共通点は、オーストラリアも日本も左側通行という事です。これはオーストラリアで車を運転する予定の方にとっても嬉しい習慣で共通点です。, 世界的に左側通行の習慣がある国は、イギリス、ニュージーランド、インド、マレーシア、シンガポール、インドネシアなどで、欧米のほとんどの国は右側通行になっています。, また、オーストラリアの道路では信号の代わりにランドアバウト、というロータリーを設置しているところが多く交差点での行き来をスムーズにしています。, オーストラリアが比較的安全だと言われる要素ともいえる日本との共通点が銃規制が厳しいという事です。オーストラリアの銃の歴史は、タスマニアで1996年に起きた銃撃事件を受けて以来銃規制が行われました。以来、銃器によった犯罪は激減しています。, その点では安心できますが、海外ではどこの国でも身の回りや、行動には十分に気をつけるように心がけておきましょう。, 日本はファッションやトレンドに敏感な人が多く、常に自分に合ったスタイルの物を身につける習慣があります。オーストラリア人もファッションに興味がある人は多いですが、その着こなしはより個性的と言えます。, トレンドを追いかけるというよりも、自分のスタイルを貫くという感じです。日本では着こなせない服や体系的に不釣り合いなものを着るのを避けますが、オーストラリアでは、あまりそのことは気にしていないようです。, ビーチでも、ぽっちゃり体型でも堂々とビキニを身につけたり、街でも露出度の高いタンクトップに短パン姿をよく見かけます。オーストラリアの気候と、おおらかなオーストラリア人の気質も関係しているのかもしれません。, 周りを気にせず好きなものを身につけるのは自分らしくいれる原点になります。体系という意味以外でも、都市部でもかなりラフなスタイルの人をよく見かけます。楽なオージースタイルを旅行中は参考にしてみてもいいですね。, 日本でも近年自転車の事故により自転車走行による規制はいくつか見られますが、オーストラリアの自転車の走行に関しては厳しい規制があります。その一つが、自転車に乗る際には、必ずヘルメットを着用する事が法律で義務付けられていることです。, そして着用するヘルメットも、オーストラリアの標準規格に沿った物でなければなりません。違反すると100オーストラリアドルの罰金となっていまいます。自転車に乗る際はその点を注意して楽しみましょう。, こちらは日本と大きく違う点としてあげられる物でオーストラリアでは移民が多いと言う事です。オーストラリアの政府では、1970年代から移民を受け入れてきました。現在ではオーストラリアの人口のおよそ29%が国外生まれという統計が出ています。, 出生国として多いのはイギリスが4%、続いて中国が、2.6%、そしてやインドが2.4%と続いています。そのためオーストラリアでは、多様な文化の違いを見る事ができます。様々な人種と文化が共存して一つの国を作り上げているオーストラリアの側面を感じられます。, 海外に旅に出ると生活習慣の違いに驚いてしまうこともあります。日本では当たり前と思っている事が全くちがっていたり、また意外なことに同じだったことに別の意味で驚いたりする物です。その発見も旅の楽しみでもあります。, ここでは、日本とオーストラリアの生活習慣の違いと共通点をまとめてみます。既に知っていたこと、また新たに知ったことをチェックしてみてください。, 海外で距離や重さの単位の違いに煩わしさを感じた事がある方も多いかともいます。でもオーストラリアと日本の間では、温度や距離の単位が同じなのです。気温は℃、そして距離はkm、cmです。天気予報を見ても、道路標識を見ても計算したり、確認する必要がありません。, 日本では無制限に、そして無意識に使っている水ですが、オーストラリアでは違います。オーストラリアの水に対する意識は日本とは比べ物にならないほど高く、それは、オーストラリアの風土に関係しています。オーストラリアでは国土のおよそ18%が砂漠でできています。, そして降水量の低さと砂漠気候の地域が多く存在することにより、水不足を引き起こしやすくなっています。そのため、家庭では、シャワー時間をできるだけ短くするというのが習慣になっており、5分が平均的と言われています。, ホームステイなどで、一般家庭に滞在する場合は注意が必要です。水に対する感覚が違うということを覚えておきましょう。, オーストラリアのレストランではとてもお得な食事を楽しむ方法があり、それが「BYO」です。BYOとは、Bring Your Ownのことで、好きなドリンクをレストランに持ち込む事ができるというシステムです。, 高級レストランには酒類取り扱いのライセンスを取得しているところが多いのですが、料理も手頃な値段で提供している多くのレストランではこのシステムを採用しています。, オーストラリアならではの食事の楽しみ方を堪能してみましょう。好きなドリンクを持ち込めれば料理もますます美味しく感じるはずです。, 食事の席などでマナーに気をつけたいこともチェックしておきましょう。オーストラリアをはじめ欧米では、「ゲップ」はマナー違反です。生理現象なので防ぐのは難しいことになるかもしれませんが、ゲップはとても失礼と思われるマナーになるので気を付けましょう。, また、これもよく聞くことですが、スープなどを飲むときに音を立てることはタブーです。日本ではラーメンや蕎麦を啜るときは当たり前に音を立てますが、海外では行儀が悪いことになってしまうのでこちらも気を付けましょう。, カラッとした気候が日本と違い心地よさを感じるオーストラリアですが、太陽の日差しは大変強いので注意が必要です。そのため紫外線対策はしっかりとしましょう。UVローションはもちろんのこと、サングラスや帽子で肌だけでなく、目も守る必要があります。, オーストラリアには訪れたい都市がたくさんあります。それぞれ特徴的で個性あふれる都市は、旅の楽しみを広げてくれます。ここでは観光におすすめしたいオーストラリアを代表する都市をご紹介いたします。旅のプランの参考にしてみましょう。, おすすめの観光地の一つケアンズは、アクティビティを楽しみたい方へおすすめの都市です。こちらの魅力は、世界遺産に選ばれたグレートバリアリーフや、熱帯雨林を持つ場所として世界中から注目されている都市と言えます。, マリンスポーツを満喫したい方におすすめなのがグリーン島です。世界遺産のグレートバリアリーフに浮かぶ、緑の宝石と呼ばれているグリーン島は、エメラルドグリーンの絵に描いたような美しい景色が続く海は感動を与えてくれます。ダイビングやシュノーケリングを堪能しましょう。, また、キュランダ高原列車に乗って、ケアンズの大自然を堪能するのおすすめです。レトロな列車に揺られながら目にする熱帯雨林の景色は圧巻です。自然の醍醐味を満喫できる都市がケアンズと言えます。, ゴールドコーストは街の目の前に広がる美しいビーチ、おしゃれでグルメも堪能できるレストランやナイトライフまで充実した都市として世界の人気リゾートとして君臨しています。サーファーズパラダイスビーチは、人気のスポットで世界中のサーファーにとって聖地と言われているところです。, サーフィン以外にもBBQやビーチバレーなど様々なアクティビティーも楽しめる、観光客からローカルまで愛されているビーチです。リゾート感を満喫できる美しい場所は楽しめる要素がたくさんあります。ゴールドコーストで外せない観光地です。, また、スプリングブルック国立公園では、星空を眺めているかのような美しさを放つ、土ボタルを見る事ができます。世界的にもとても珍しいもので、世界自然遺産にも登録されています。この土ボタルは、ラピュタの飛行石のモデルにもなったとも言われています。, オーストラリア最大の都市シドニーは、オーストラリアを代表する観光地としても人気の都市です。シドニー湾に面したオペラハウスは、ユニークな形状が印象的で、シドニーを象徴する建造物です。シドニーの美しい景色にぴったりマッチしているこの建物は、世界遺産にも登録されています。, こちらはガイドツアーもあります。ツアーに参加すれば館内も入る事ができ、オペラハウスの建築の歴史や建物について学べます。建築に興味がある方も必見です。, 美しい景色ブレックファス望みながらショッピングを楽しむならロックスがおすすめです。こちらは街並みが古く、その情景が美しい場所で、写真映えするスポットです。ハーバーブリッジにあり、オペラハウス、ハーバーブリッジを目の前に見る事ができます。, こちらは夜景もおすすめで、圧巻の景色を堪能できます。思い出に残るショットを撮る事ができるはずです。, いかがでしたか?オーストラリアへの旅の前に知っておきたい文化や習慣の違いや共通点についてご紹介しました。文化や習慣の違いを理解することによって、よりその国を深く知る事ができ、親しみも湧いてきます。楽しい旅の準備の一つとして確認しておきましょう。, 癒しは甘いもの、そして猫。カフェ巡りをしたり美味しいお酒を求めて食べ歩くのも大好きです。モットーは、いつまでもおしゃれ心を忘れずにいることです。気になる情報、話題について楽しく読んでいただけるような記事をご紹介していきます。よろしくお願いいたします。, 自然の恵み豊かな沖縄には、南国ならではの食材を使った食べ物や、本土では珍しい食べ物がたくさんあります。この記事では、沖縄のおすすめ食べ物ランキングははじめ、おやつやお土産でも親しまれる名物スイーツなどをご紹介します。沖縄にお出かけの際の参考にしてみてください。, 沖縄のお土産といっても、お菓子や食材、人気の雑貨など色々な種類があり迷います。さらにお土産をあげる相手が女子か男子か?ばらまき用か?によっても違います。この記事では数ある人気の沖縄土産の中からおすすめの沖縄お土産を種類別、あげる相手別にご紹介します。, 沖縄の国際通りには、食べ歩きが楽しいお店が軒を連ねています。また国際通りは、沖縄のスイーツや民芸品を扱う店が多いので、お土産ショッピングにもとても便利です。この記事では、国際通り近くにある居酒屋に食べ歩きスポット、イベントなどを、テーマごとにご紹介しています。, 暖かい気候の沖縄ですが、もちろん夏と冬では気温が異なります。特に冬は行ってみたら意外と寒かったといこともあるくらい体感温度が低いなんて日もあります。服装で辛い思いをしないようにこの記事では、沖縄の気温を1月から12月まで、年間を通した特徴を踏まえて解説します。, 沖縄の離島には、沖縄本島にない魅力が溢れています。ぜひおすすめしたい沖縄の離島TOP17をランキング形式でご紹介します。さらに離島ならではのホテルや、とっておきの日帰りツアー情報も満載しました。沖縄観光の計画を立てる際にお役立てください。, 沖縄でおすすめのレンタルバイクショップをご紹介します。那覇市内の格安店から人気のハーレーを借りられるレンタルバイク店まで、用途に合わせて最適なお店をさがせます。沖縄の青い空の下、レンタルバイクで風になる感動を味わいながら沖縄を楽しみ尽くしませんか。, 沖縄に数多くあるリゾートホテル。一度は泊まりたい高級ヴィラや大型のリゾートホテル、手軽に泊まれる格安の宿をランキング形式でご紹介します。ランキング以外にも特にファミリーにおすすめのリゾートホテルなどもご紹介しています。沖縄旅行を検討中の方は必見です!, 有馬温泉では今数え切れないほど多くのお土産が並んでいます。今回は有馬温泉で絶対に外せない人気のお土産を厳選して詳しくご紹介していきます。定番の名物お菓子のほかにも入浴剤やおしゃれな雑貨など、ほかにはないユニークなお土産も続々登場します。, 北海道帯広市にはかつて中世ドイツをモチーフにしたテーマパーク「グリュック王国」がありました。現在では道内屈指の心霊スポットという不名誉な噂までありますが、開園当初は多くの観光客が訪れる、人気の観光地でした。数奇な運命を辿ったグリュック王国についてご紹介します。, 倉敷・児島には、デニム好きにはたまらない「デニムストリート」があります。ジーンズや小物や有名店などデニムに関するものが数多くのお店が立ち並んでおり、倉敷は今話題の観光地です。男性も女性も楽しめる、いま話題の2つの「デニムストリート」についてご紹介します。, 熊本県は九州のほぼ中央部です。鹿児島県が南部に接する熊本弁は、鹿児島弁とも共通点があります。熊本弁と聞くと、ごつい印象がありますが、意味を知ると意外にかわいい方言です。阿蘇山でも有名な熊本弁のかわいい特徴を知ると、熊本への旅行がより充実することでしょう。, 東海道の真ん中にある静岡駅は、全国各地から観光客やビジネスパーソンが訪れる駅です。静岡駅は静岡名物のお土産がたくさん販売されており、観光帰りや出張帰りのお土産選びにとても便利な駅です。静岡駅のお土産をランキング形式でご紹介します。, 北アルプスを始めとする雄大な自然が広がる安曇野は、芸術と自然の両方を楽しむことができる人気の観光スポットです。今回は安曇野観光でおすすめしたい定番スポットや穴場の名所をまとめてご紹介していきます。観光の後は美味しいグルメと温泉で癒されましょう!, 北海道と言えば、何を思い浮かべますか。広大に広がった緑色の牧場や、身がプリプリの美味しい蟹などさまざまなものが思い浮かぶことでしょう。その中でも有名なのが、北海道の動物園です。自然に囲まれた土地にある動物園は、スケールが大きいことで注目を浴びています。, 長崎から福岡へは、バス・電車・車で移動することができます。長崎から福岡までのルート上には九州を代表する観光スポットも多く、旅行の目的に合わせて移動手段を選ぶのも賢い利用法です。そこで長崎から福岡への移動手段としておすすめの方法を徹底調査しました。, 静岡のアンテナショップが注目を集めています。東京に居ながらにして手に入る静岡の名産品の数々には注目です。こっこについても取り上げています。静岡のグルメに注目している方や、アンテナショップ巡りが好きな方、近場で地方のグルメが味わいたい方におすすめの記事です。, 東北地方最大級の都市、仙台を有する宮城県に複数ある心霊スポットのうち、最恐と恐れられ、もっとも有名なスポットが「八木山橋」です。たくさんの不穏な噂が散見され、街中にも関わらず自殺の名所ともなっている八木山橋はいったいどのようなスポットなのでしょうか。, 岡山県にはカップルで行きたいデートスポットが数多くあります。特に自然や歴史を感じられるデートスポットが多いのが特徴です。昼から夜まで1日中、カップルで楽しめる岡山のおすすめデートスポットを厳選して21か所まとめて紹介します。, 豊かな自然や絶景が見られる場所や美味しいグルメスポット、アクティブデートにおすすめな施設など、山形の魅力がつまったデートスポットを集めました。定番デートはもちろん、穴場的場所まで、デートプランに役立つ情報をご紹介します。山形デートの参考にしてみてください。, 日本有数のテーマパークとして大人気の「USJ」には、お菓子のお土産がたくさん販売されています。アトラクションにちなんだお菓子や、人気キャラクターのお菓子など、USJならではのお土産が満載です。USJのお菓子のお土産の中でおすすめの商品をご紹介します。, USJには、便利な公式アプリがあります。事前に登録しておけば、今よりもっとパーク内で楽しく過ごすことができるでしょう。気になる公式アプリの魅力やおすすめの非公式アプリを合わせて紹介していきます。USJに行く前に、ダウンロードしておきましょう。, 冷涼な別荘地として人気の高い軽井沢には、あらゆるショッピングを楽しむことのできるアウトレットモールがあります。今回は軽井沢でおすすめしたいアウトレット「プリンスショッピングプラザ」のおすすめ店やアクセス情報をまとめてご紹介していきます!, 秋田の絶対に外さない定番のお土産から、知る人ぞ知るご当地グルメをご紹介します。秋田名物がお土産になったお得なセットや、秋田銘菓として古くから親しまれているお菓子など、魅力的な商品がたくさんあります。季節限定販売のお菓子にも注目です。, 南米・アマゾン川流域には世界最大級の古代魚として知られる「ピラルク」が住んでいます。「ピラルク」は日本各地の水族館で展示され人気者となっています。本記事では「ピラルク」を鑑賞する前に知っておきたい基本情報と飼育している水族館の情報をまとめました。, 沖縄といえば、多くのアクティビティが思い浮かびますが、広々としたホテルを存分に楽しむのも魅力的だと思いませんか?名護にあるブセナテラスには、誰もが楽しめるサービスがたくさんあります。沖縄でゆっくりと過ごしたい方にぴったりなこのブセナテラスの魅力をお伝えします。, 六花亭の「マルセイバターサンド」は大人気の北海道スイーツとしてお馴染みです。虜にしてしまうおいしさは、北海道土産だけにしたくない、東京でも手に入れていつでも食べたくなります。そこで、東京でも六花亭の「マルセイバターサンド」販売しているお店を調査しました。, 鹿児島には、日帰り温泉がたくさんあります。ここでは、ランチもゆっくり楽しめる日帰り温泉や、露天風呂にサウナも楽しめる日帰り温泉まで鹿児島の人気温泉をたっぷりとまとめています。ぜひ、鹿児島を訪れる際の参考にしてみてください。, オーストラリアはどんな国なのでしょうか?面積としては広大な国というのはわかるところですが、実際に比較してみると、オーストラリアは, また、人口を比較してみると、オーストラリアは、約2227万人で世界第52位になっているのに対して、日本は、, 約1億2654万人で世界第10位となっており、日本の人口が圧倒的に多くなっています。オーストラリアの5倍以上の人が日本に住んでいるという事がわかります。, Surfers Paradise, Gold Coast, Queensland 4217, Australia, Bennelong Point, Sydney, New South Wales 2000, Australia.