このファンのガチャは当選確率がおかしいとよく言われています。設定されている排出率以上に高レアリティが当選せず、所謂「爆死」してしまう人が多いのです。そのため、ガチャは確率が操作されているのではないかと推測されているようです。 ソーシャルゲームに含まれる、くじ引き形式でキャラカードを引くという「ガチャ商法」は、何が怖くて何が問題なのか? ガチャ商法の問題点について調査したので、分かったことを報告します。 ガチャ商法の4つの問題点 ... 「9万円が上限」「排出確率をしっかりと表記する」というルールは、本事件後に他のソシャゲ群にも波及していった, 「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」で、虚偽の画面演出の疑惑が浮上して炎上, 『ガチャ画面でのビジュアル』と『抽選で金の地図が当たる確率』がいちじるしく違っているとして、, 金の地図ふくびきのガチャ画面では見た目上は「金の地図」がたくさん在って、当たりやすいように見えるのに、, 運営側が「金の地図ふくびきのガチャ画面のビジュアルをちょこっと修正しただけ」という適当な対応を返したことが、, ネット上で有名な資産家トレーダーが約130万円分のガチャを回しても、目当てのレアキャラクター「ゾーマ」が当たらなかったことをtwitterで報告し、, 『ガチャの結果を操作するプログラム』がゲーム内に組み込まれていたことを運営側が公式に認め、炎上した, 「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」で、各アカウントごとにガチャの確率操作をしていた疑惑, 「アカウントごとに、ガチャの結果を別々にしているのでは?」という疑惑が濃厚になり、運営が炎上した, ゲーム開発者側のメモ用テキストとおぼしき「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章」という文章がゲーム画面上に表示されてしまう、, カオスサーガの登場キャラクター達の外見が、大作オンラインゲーム・FF11のキャラクター達とあまりにも似すぎていることから、, リニューアル前のディバインゲートとは悪い意味でかけ離れた、世界観やゲームシステムの一新のせいで、昔からディバインゲートを愛好しているプレイヤー達から批判が殺到して、, ついには3ヶ月以上の長期メンテナンスへと入ってしまい、プレイヤー達から非難の声が相次いで炎上した, ゲームのサービス開始と同時に、相次ぐエラーのせいで緊急メンテナンスに突入し、その後も毎日のように臨時メンテナンスが行われ、, 「きららファンタジアのサービス開始当初の、バグとメンテナンスだらけでカオスな状況」を祭りとして楽しんでいたプレイヤー達も多く、, もしもスマフォのキャッシュデータを削除してしまうと、本ゲームの進行データまで消えてしまう, 非常に魅力的なリーダースキルを持っていたため、良くも悪くもプレイヤー達の注目を集め、そのせいで運営が炎上することにつながった, 「外野の人間が、パズドラを荒らすな!」とパズドラユーザー達の反感を買う結果になった, 千年戦争アイギスにもともと登場するキャラクター達に愛着を抱いているプレイヤー達が、ぽっと出の超強力コラボキャラに怒りをあらわにし、, 「グランブルーファンタジー」で、ハレゼナの性能があまりにも高すぎて、即刻下方修正される, 実装直後に、運営によるハレゼナの性能の大幅な下方修正がなされ、大して使えないキャラクターへ弱体化してしまった, コルワの性能があまりにも高すぎる→実装翌日にコルワに大幅な下方修正が加わって弱体化→使用分の宝晶石を払い戻す, 女性だけで構成されたゲーム世界・女性キャラ同士の百合展開を期待していたプレイヤー達が激怒し、運営が炎上した, 某ニコニコ生放送主が「新規実装されたアンチラを当てるまでひたすらガチャを引き続ける」という趣旨のネット放送をしたが、, 他のグランブルーファンタジーのプレイヤー達の確率の検証の結果、「やはり、アンチラだけ不自然に排出確率が低いように思われる」と結論づけられ、, 「1度につき300回ガチャを回した(9万円分ガチャを回した)ユーザーには、その期間中に排出される全装備から好きなものを1つ獲得できる」という新ルールが敷かれる, 「全武器・召喚石の、それぞれの排出確率を個別にゲーム上に表記する」という新ルールが敷かれる, 訴訟を起こした原告達の中には、93万円分以上のガチャを引いても期間限定のレア装備が当選しなかった, このことは景品表示法の「有利誤認」に相当する不法行為だとして、多数のプレイヤー達が返金を求めた, 10連ガチャにおいて、「10連ガチャをした結果、同一キャラが4体以上当たっている」あるいは「10連ガチャをした結果、☆5キャラが4体以上当たっている」の2つの場合のいずれかの結果になった場合、, ガチャの結果が「もともと設定してある排出確率にもとずいたランダムの抽選」ではなく、「特定の抽選結果を避けるタイプの抽選方式」だったので問題になった, アカウントによっては、「ガチャの目玉キャラが、10連で1枚確定のピックアップキャラ達の中に含まれていない」という状況のアカウントが存在していた, 運営側は「ソシャゲアプリ上での『端末上のメモリを管理するプログラム』に誤りがあったせいで、アカウントごとにガチャでの出現キャラクターの種類・出現確率の異なる結果が表示されてしまった」と釈明したが、, 「企業側の、金銭欲がむき出しの運営方針」「テキストの内容が印象的で、記憶に残るものであったこと」などが原因で、本事件はネット上でかなりの話題になった, カオスサーガは2016年11月15日にサービス開始し、2016年11月16日にサービス終了が運営公式から宣言され、, 「前作では剣や鎌で戦うゲームだったのに、ディバインゲート零ではギターやベースなどの楽器で戦うゲーム」など一新であり、, ディバインゲート零へのリニューアル後、約1年3ヶ月後にディバインゲート零はサービス終了を迎えた, 本ソシャゲを運営していた株式会社S&Pに電話をしても「現在この電話番号は使われておりません」とアナウンスが流れるだけで繋がらず、, この一連の出来事は、ゲームの配信開始日(2019年3月19日)から 長期メンテナンスの決定日(2019年4月12日)の、わずか1ヶ月未満の時間で起こった, 本ゲームのプログラムの脆弱性を突き、バグを利用して星彩石(ガチャ用の石)を29万個も無料で獲得したプレイヤー(通称、29万石大名(まんごくだいみょう))が出現し、話題となった, 「回復2コンボ、という非常にゆるい条件を満たすだけで、攻撃力が7倍になる」というリーダースキルであり、これは当時のパズドラとしては破格の性能だった, 曲芸師は、スクウェア・エニックスのゲーム「クリスタル・ディフェンダーズ」とのコラボ企画でパズドラに登場したが、, ソシャゲ「千年戦争アイギス」で、他作品の「アルスラーン戦記」とのコラボ企画で実装された「未来の宮廷画家ナルサス」というレアキャラクターが、, プレイヤー達の非難の声に対し、運営側は「本事件の期間中にレジェンドガチャを利用したプレイヤー達へ、利用分の宝晶石を払い戻す」と対応したが、.