“Reel China: Hollywood tries to stay on China's good side”, http://www.latimes.com/entertainment/news/la-et-china-red-dawn-20110316,0,995726.story, Joss Whedon's 'Cabin in the Woods' With 'Thor's Chris Hemsworth Going To Lionsgate. ・ヒューロン(インディアン) ネットフリックスでキャビンをワイに薦めたJ民出てこいや!!! 引用元: 映画好き名無し 2018/10/12(金) 05:38:17.16 ID:Oa9qSV4u0 笑いありエッチありホラーありで良かったわ ■「LOST」『アベンジャーズ』を手掛けた気鋭のクリエイターがホラー映画の常識を変える! ↓ 参考: 筆者の自己紹介, 【ネタバレあり】映画「キャビン(CABIN)」のあらすじ・感想。ホラーの定石を覆す作品, (※この予告編動画はかなりネタバレ要素を含みますので、これから作品を見る方は視聴しないことをおすすめします). ↓ 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, ★記載ない限り帯・特典などは付属致しません。 ★ケース・ディスク共に目立つスレキズなく、綺麗に保存されております。 ★レンタルアップ品では御座いません。 ※中古商品ということをご理解の上お買い求め下さい。 ケースに多少のスレキズがある場合があります。 また、記載のない、特典については付属しない場合があります。 ★コンビニ払い可能。ご注文後、専門スタッフが迅速に配送いたします。 万が一、在庫切れの場合は全額返金にて対応させていただきます。 予めご了承ください。 【配送方法】 ★ゆうメールにて配送予定です。 商品厚さが2cmを超える場合は、飛脚宅配便またはゆうパケットにて配送いたします。 【その他】 ★ご不明な点がございましたら、 お手数ですが「出品者に連絡する」からお問い合わせください。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, クリステン・コノリー, クリス・ヘムズワース, アンナ・ハッチソン, フラン・クランツ, ジェシー・ウィリアムズ, 日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo), 英語 (Dolby Digital 5.1), ※ネタバレ注意 「お客様は神様です‼」-作りたくもない映画を作らされる人々の悲哀-, 定番の量産型ホラー映画の設定に怪しい組織の要素を加え、おまけにクトゥルフ神話のエッセンスをトッピングしたこの『キャビン』は、一見すると奇をてらっただけのホラーSF映画のように見える。しかしながら、この物語に登場する登場人物たちや「神々」の関係性を紐解いてゆくと、この映画が「作りたくもない量産型ホラー映画を作らされている映画人たちの悲哀」を描いた一種の「風刺劇」であることが理解できるだろう。, がっつりのホラーが観たい時ではなく、ハチャメチャ感のあるホラーが観たい時に楽しめる映画, CGも綺麗でしたし、役者さんも良かったです。ゴリゴリのホラーというよりは、お菓子片手に気を抜いて観れる、ぶっ飛び系ホラー映画だと思います。, まず、日本人の子供達に暴言吐くな!!(日本語の会話に字幕が出てないけど、英訳しないと意味分からないんじゃない?), 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 日本では2012年9月26日に第5回したまちコメディ映画祭in台東の「映画秘宝まつり」で『キャビン・イン・ザ・ウッズ』の題でプレミア上映された 。 2013年3月9日より クロックワークス 配給で一般公開さ … ↓ Just don't talk about it! な~んて、負の「横道世之介」話を思い出したので書いてみましたが、この映画とは全然関係ありませんでしたな ┐(´ー`)┌ オシマイ, 2013/03/25 13:05 | ・医者:『TATARI タタリ/呪いの館』のマッドドクター ・ケビン:原作に登場する『ベストバイ』で働いていそうな爽やかな外見をした殺人者、もしくは『スクリーム』の脚本家であるケビン・ウィリアムソン、または『シン・シティ』のイライジャ・ウッド演じる食人趣味のケビン、それか、一般的な殺人鬼の名前 The Cabin in the Woods Coming October 28? ↓ ・ピエロ:『IT』のペニーワイズ ネットフリックスでキャビンをワイに薦めたJ民出てこいや!!! 引用元: 映画好き名無し 2018/10/12(金) 05:38:17.16 ID:Oa9qSV4u0 笑いありエッチありホラーありで良かったわ ↓ ・ミュータント:『ヒルズ・ハブ・アイズ』のミュータント ・ゾンビ/赤い首の拷問ファミリー:ゾンビと『悪魔のいけにえ』をかけた赤い首のゾンビ ・荒ぶる野犬 ブログを報告する, (起動した、も含む) Life Is Strange: 問答無用の私内GOTY Dark…, 花嫁 The Bride <The Bloody Bride of 13 Curves Roadという古くからあるアメリカの都市伝説で(元をたどればヨーロッパでもありそうだが)、結婚式の後交通事故で亡くなった花嫁が血まみれで出てくる通りがあるらしいです。ディズニーランドの, 悪霊に取り憑かれた人々 Deadites/The Possessed(秘密組織スタッフを上の階からぶん投げる→投げられたスタッフを蛇がキャッチ、というシークエンスで出てくる) <『, マスクをかぶった人たち(役名"人形"なのは、正体は自動人形という設定があるためなのか不明。ジョス・ウィードン作品の『, 地獄の主・苦痛と緊縛の王フォルニカス Hell Lord(Fornicus, Lord of Bondage and Pain) <『, ケビン Kevin<名前のみ出演・設定だと見かけは普通の人間ですが人体をバラバラにするのが得意技らしいです。『, 蘇生された死体 The Reanimated <『死霊のしたたり』 普通ロメロゾンビやバックナーゾンビとの差は顔と体が変な方向についてるとか> *事務, 魔女(セクシーではなくババア系の魔女w) Witches <一般的なモチーフですが、『黒の怨』の魔女に似てるとのこと> *制御室, 拷問好きレッドネックゾンビ家族(バックナーファミリー)Zombie Redneck Torture Family <『, アルマ・ウェイド Alma Wade(倒れている兵士に子守唄っぽいものを囁きながらゆっくり近づく白人版の少女貞子みたい子)<ゲーム『, ハゲの怪人 Balding Menace(屠殺人?のような見かけをしてるらしいが、少ししか映らないので詳細不明), 牛頭の怪人 Bullhead Phantom(少ししか映らないので詳細不明 ローブの下が霊体だとするとSuperbrothers: Sword & Sworcery EPの邪神に似てる), 巨大な空飛ぶ生首 Giant Floating Head (クリーチャーデザイナーのDave Andersonさんが自分の頭をモデルに作ったらしい), 巨大クモ Giant Tarantula <『タランチュラ』『スパイダー・パニック!』など>, ゴリラ Gorilla (キューブの中にいる巨大ではないゴリラ。上記巨大ゴリラとは別物), キコちゃん kiko/Japanese floaty girl <日本・京都シナリオのメインモンスター。いわゆる, 透明の防水シートをかぶった男 (頭にビニールをかぶった男とは別物。肌に凹凸がなく、人間ではないっぽい) Man in Transparent Tarp, 黒いローブをまとってスライム状のつるつるテラテラした頭から角が生えている怪物 Slimey Horned Cloak Creature <見かけ的には『, 窒息魔 The Suffocators (頭にビニールをかぶっている以外は普通の筋肉質の男性。現実にいそうな連続殺人鬼的キャラクター。相手にもビニールをかぶせて窒息死させる。), モンスター監房が『キューブ』っぽい 地下秘密基地の設定自体は他でもあるあるだが、近年の例では『. ・巨大な蛇  TOP, 「三角絞めでつかまえて」(http://ameblo.jp/kamiyamaz/)の避難所的なブログです。, 「三角絞めでつかまえて」(http://ameblo.jp/kamiyamaz/), neko to kone kone:ふがいない僕は空を見た(ネタバレ) (01/13). ・巨人 ・日本:『リング』 'The Cabin in the Woods' a Creature Feature?! *はこのモンスターの登場に賭けた部署です。どの部署がどんな仕事をしているか想像するのも一興。, 以下、更に、『宇宙人ポール』のあるネタについても言及しますのでご注意: 映画(2013) ↓ ホラー好きが大喜びするホラー映画あるあるてんこ盛り映画『キャビン』。この『キャビン』に出てくる全てのホラーネタをGoodBadFlicksの中の人が一本の動画にしたとio9が紹介しました。【大きな画像や動画はこちら】『キャビン』を見た人なら「あ〜、あれはそうだったのね」と大納得。 ・デディッツ:『死霊のはらわた』 ↓ ↓, シガニー・ウィーバーの黒幕登場シーン、すっっごい既視感あるんだけど、なんだろうと思ったら『宇宙人ポール』のオチと一緒じゃねーーか!って鑑賞二日後に気づきました。シガニー・ウィーバーと、地下室への床が跳ね上がってきた時と(ここ一番強引だと思う!)、バイクでイケメンが事故る時、日本の除霊シーン笑いましたね〜。人類救済とか知らんがな、ていう終わり方も斬新でした。愚者の人が予想GUYに頼りになり、だんだんかっこよく見えてくるし。 ・スノーマン:『キラー・スノーマン』のスノーマン