ゴルフダイジェスト社 初心者ゴルファーこそレッスンを受けるべき理由と注意点. ドライバーが振り遅れるとスライスの原因になります。ヘッドが振り遅れることによって、フェースは... アイアンで打ったボールが直接グリーンに飛んでいきビタッと止まるような弾道で攻めていくスーパーショ... ゴルフスイングの中でもアイアンショットに違和感があるときは、フェースの向きが合っていない可能性が... ゴルフでスコアアップを図るには、パットの打数を減らしていくことが必要です。もちろんドライバー... ドライバースイングの中で、「右手で押し込む」というインパクトの仕方があります。以前は右手を使... 他のクラブは問題なくドライバーで打ったボールだけが上がらないで、しかもフックするのであれば、その... ゴルフスイングではトップの手の位置が重要と言われています。しかしプロゴルファーのスイングを見... パターの構え方や打ち方は「自由」と言われていますが、憧れのプロゴルファーが変則的な構えでポンポン... 多くのアマチュアゴルファーはドライバーのスピン量を減らすことで飛距離は伸びます。スピン量とは... ドライバーのスライスが改善したら、アイアンショットがチーピンになってしまうことがあるものです。... ドライバーでインパクトを止める。そして振り切る。インパクトを止めたら振り切れませんし、実... 使えるようになれば万能と言われるユーティリティですが、意外と苦手というゴルファーも多いのではない... アイアンをバックスイングするとき、肘を曲げずに手首を固定して、ボールの後方にヘッドを引いていると... アイアンでショットしたボールがスライスする原因は千差万別で、その原因に見合っただけの直し方があり... 一度はアイアンの打ち方がわからなくなったと悩んだことはあるでしょうか。一生懸命に練習をする人... アドレスでゴルフクラブを構えるときは肩から下がる両腕を中央で合わせて、それからグリップを握ると両肩は地面と平行になります。, アドレスではもちろんのことですが、インパクトでも両肩は地面と平行になるようにすることで、回転軸である背骨が歪む心配はなくなります。, この回転軸を意識したスイングは、頭上からみると円を描くことになりますが、綺麗な円の軌道を作るためには、左手のコックと右手のヒンジの使い方が重要になってくるのです。, まず左手のコックについては役割を知らなくても名前だけは聞いたことがあると思いますが、右手のヒンジをご存知であればかなりゴルフの知識が深いのではないでしょうか。, 左手で作るコックとは、親指を上に立てたとき、腕と親指が作る90度の角度のことを言います。, テークバック中に徐々に角度をつけていく方法と、最初に角度をつけてからテークバックを始める方法があります。, ゴルフクラブをトップまで引き上げるときに90度のコックを作りますが、そのとき右手はヒンジを作っています。, このヒンジとは、ドアを開閉するための留め具のことで、日本語では蝶番と呼ばれているもの。, 一方は180度回転しますが、もう一方は90度で止まるようにできていて、その形が右手の動きと同じことから、ヒンジという名称がつけられたようです。, テークバックでゴルフクラブを引くとき、最初は両手の手首はアドレスと同じフラットな状態のはずです。, そしてトップの位置まで達したときには、右手の甲は下を向いていて、手首は90度近く折れているはずです。, 正しいヒンジが作られていると、グリップを支える右腕は肘から手首までが真っ直ぐになっていて、右肘は地面を指しているはずです。, この右肘が地面を指す姿勢は、トップの位置で重要になり、そのためにはヒンジが重要になってくるのです。, ゴルフクラブをトップの位置まで引き上げたときNGとされているのが、「脇が空く」「右肘が浮く」で、どちらも「野球打ち」と言われることがあります。, しかも右手主導でインパクトをすると、打ち出すボールはフック系になるか、最悪は引っかけてチーピンになる最悪の結果です。, 右手のヒンジが正しい形であれば、右肘は地面を指すので、脇が空くことも右肘が浮くこともありません。, 昔はトップでの右手の形を、「出前持ちの形」にすると良いとされていましたが、現代では右肩の上で出前を担いでいる人を見かけることはまずないので、雑誌を手のひらに乗せて、地面と平行になるような右手首の形にすれば、正しいヒンジが作れることになります。, トップの位置で正しい姿勢を作れるのは、右手のヒンジが適正な形になっているお陰です。, ダウンスイングのスタート地点で、正しい姿勢をとれるというのは、インパクトに向けて最良のテークバックができたことになります。, インパクトでの姿勢は極力アドレスに近づけることですから、グリップを握る両手もアドレスと同じ形になるように、右手のヒンジを元に戻さなくてはいけないのです。, しかしアドレスとインパクトでは、グリップのポジションが違うというのが最近の傾向です。, スイングの勢いとシャフトのしなりによって、グリップの動きに対してヘッドが遅れてくるため、ハンドファーストで構えることが一般的になっています。, 身体の中心でゴルフボールをとらえるイメージでスイングをしているのに、実際には少し左側にグリップが達したところでインパクトをするので、最初からハンドファーストで構えることにしたものです。, スイングスピードが速ければ強いインパクトを与えることはできますが、左手のコックをリリースすることでヘッドスピードは加速します。, さらにヒンジをリリースして右手首を返せば、もっと強いインパクトを与えることができるのです。, そこで甲側に折れていた手首を上に向けると、必然的に手首はフラットになり、ヒンジは解かれることになります。, それなのに右手を返してしまうと、強いインパクトよりも左に引っかけるリスクの方が高くなるのも当然です。, フォロースルーで右手を伸ばして、ターゲットを指すようなフォームが先行すると、せっかくのヒンジが消えてミスショットになるかもしれないのです。, ただし、左手はスイング中に1度も甲側や手のひら側に折れることはなく、親指側に上下します。, 一方で右手はスイング中に、甲側に折れてヒンジを作ってそれを戻し、またコックと一緒に上下にも折れることになります。, 手首をまったく使わないでスイングをすると、飛距離は大幅にダウンしますし、方向性も保てません。, なによりも正確なインパクトができずに、ダフリやトップが頻繁に起こることになるでしょう。, 大きなスイングでも、フェース面をミリ単位で合わせることができるのは、この手首の柔らかさのお陰です。, アドレスに入ったら手首を動かすために、ボールの後ろにセットしたヘッドをワッグルして揺らし緊張を解きましょう。, そしてその柔らかい手首を維持するために、テークバックはゆっくり引いて過度な負担をかけないように心がければ、トップでは左手のコックも右手のヒンジも作られているはずです。, ゴルフクラブをトップまで引くときに、左手のコックと右手のヒンジは作られていきます。, トップで右肘が地面を指すような姿勢をとるために、右手のヒンジは重要な役割を担っています。, そのためにはアドレスの時点で手首を柔らかくするために、グリップを強く握らないことが大切です。. 手首を使うなという指導をされてゴルフをしている人がいるが、「手首を使わなきゃ飛距離は生まれません!」と話すのはuslpga(米女子プロゴルフ協会)のティーチング会員でレッスンプロの小澤美奈瀬。飛ばすためのリストワークを聞いてみた。 こんにちは! USLPGAティーチング会員の小澤美奈瀬です。みなさん、ドライバーはお好きですか? 私は大好きです! たくさん飛ばせて気持ちいいドライバーは、ゴルフの醍醐味ですもんね。私がお教えするアメリカ... 手首の動きの方向をチェックするには、右手1本でクラブを持って、腕や体は一切動かさず、右手首の動きだけでシャフトが地面と水平になるポジションまでコッキングしてみてください。このとき、【1】シャフトが地面と平行、【2】シャフトが飛球線と平行、【3】リーディングエッジが上体の前傾と平行になる位置に収まるような手首の使い方を覚えてください!, アドレスの姿勢から右手首のコッキングだけでクラブを上げたとき、①シャフトが地面と平行、②シャフトが飛球線と平行、③リーディングエッジが上体の前傾と平行になる向きに手首を曲げよう, バックスウィングで正しくコックされれば、あとはあまり手首の動きは意識しなくても、ダウンスウィング以降は正しい方向に抜けていきます。, ただし、手首を決して固めず、ムダな力を抜いてやわらかく使うことが絶対条件です! バックスウィングで右手首を折る方向だけに注意したら、あとはリラックスしてクラブに「振られる」感じに任せてスウィングすれば、ヘッドは走って絶対に飛距離も伸びます!, 手首の力が抜けていれば、クラブの遠心力で自然と正しい方向に解放され、ヘッドは走ってくれる, 「手首を使う」って意識するとどうしても力が入りがちですが、要は、クラブが正しい方向に動くように手首が曲がる方向をコントロールしさえすればいいので、力を入れて「動かす!」って考えなくてもいいんです。今回ご説明した「手首の使い方」と並行して、手首をゆるゆるに使う感覚も磨いてください。手首をやわらかく使えれば使えるほど飛距離は伸びていくはずですよ!.