ザシアン ザマゼンタ マスターボールのおすすめの使いみちの1つは、殿堂入り後のストーリーを進めると出会うことができる、伝説のポケモン「ザシアン」「ザマゼンタ」の厳選に使うことです。 ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)のザシアン(伝説ポケモン)についてまとめています。ザシアンの入手方法や覚える技、種族値などを掲載しているので、ポケモンソードシールドの攻略情報を知りたい方は是非ご覧ください。 91: ポケモン剣盾攻略速報2chまとめ 2019/11/13(水) 20:05:58.15 なぁザシアンの方がザマゼンダより強いって聞いたんだがマジ? 100: ポケモン剣盾攻略速報2chまとめ 2 今作では他に伝説のポケモンなどが発見されていない為、ボールに拘りがない場合はここでマスターボールを使用してしまって問題ありません。 その場合以下で必要なのはシンクロ要員のみになります。 今回、cl愛知にて8-2でルカメタザシアンを使用してベスト32に入ることができました。決勝リーグには残念ながら参加することができませんでしたが、個人的には満足した結果であり、今後のシティリーグでもルカメタザシアンは使われると思うため、今回の結果を記そうと思います。 ポケモン剣盾の伝説のポケモンであるザシアンとザマゼンタを厳選するのに、種族値と努力値の振り方を考えながらおすすめの性格を選びました。オシャボについても軽くですが触れています。意地っ張りと陽気で迷っている方は是非ご参照いただけたらなと思います。 今回、CL愛知にて8-2でルカメタザシアンを使用してベスト32に入ることができました。決勝リーグには残念ながら参加することができませんでしたが、個人的には満足した結果であり、今後のシティリーグでもルカメタザシアンは使われると思うため、今回の結果を記そうと思います。つたない部分もありますが、参考になれば幸いです。記事の中で分からない、気になる箇所があればぜひ質問等連絡ください。, 自分の予想したCL愛知のTier表になります。Tier1・パーフェクション(赤パ、超パ)・ザシアン(三神、ルカメタ)Tier2・タチフサグマ・ピカゼクTier3・モルペコ人形・コータスカルゴ、小ズガ、たけリザ、フラダリラジリザといった鋼メタ当時は三神ザシアンが環境トップであり、それに続いてパーフェクション、ピカゼクが12月シティリーグで多く結果を残しており、それらを対策できるタチフサグマやルカメタ、タッグをワンパンできるひのたまサーカスズガドーン(小ズガ)、たけるとうきリザードン(たけリザ)も多数見られました。これらの結果からデッキを選択する前提として、・環境トップである三神ザシアンに勝てるデッキ・環境デッキに対して五分以上戦えるデッキ・10戦こなすためにプレイングが簡単なデッキこれらの条件を満たせるデッキが必要と考えました。, デッキ選択理由お守りをつけたミュウミュウが環境に多く見られ、ザシアンがオルジェネハチマキ込みでもワンパンできなくなりました。それに対してミュウミュウはフレアドライブgxや溶岩流でワンパンしてくるため、三神ザシアンではサイドレースが間に合わない場合があります。それならば耐久寄りにしてツーパンした方が安定して戦えるのではないか、とルカメタザシアンの存在に気づきました。後述に詳細を記しますが、ルカメタザシアンは三神ザシアンに対しても有利対面であり、プレイングもそこまで難しいと思わなかったため、条件を満たしていると考え、今回のCL愛知ではルカメタザシアンを握ることになりました。, ※メモしてる余裕がなかったので実際とは異なる部分があるかもしれませんが、大体の流れは下記の通りとなります。間違っていたら申し訳ありません。1回戦 赤カビゴン 6-0 ○先行で相手が溶接工とカマドで炎エネ持ってきたのでマリィで相手が止まったのでブレイブキャリバーで前のカビゴンを倒してそのまま流れで勝ちサイド:カビゴンvmax→ジラーチ→デデンネ, 2回戦 小ズガ 6-0 ○不利対面だが、相手のプレミのおかげで楽に勝てた。うねりとフライパン同時に持ってこれるグズマハラは本当に便利。ザシアンと違って入れ替える必要がないため非エク相手にはルカメタ連打が強かった。相手が炎エネ温存したタイミングでマリィ打つことでテンポロスさせたことも強かった。サイド:ズガ→ズガ→ズガ→ズガ→ザシアン, 3回戦 三神ザシアン 6-0 ○先行初手でザシアンにエネが2枚付いてキャッチャーも機能したため序盤で先にザシアンを倒せたのが強かった。相手のデデンネ引っ張ってきて「ふとうのつるぎで倒します」と言ってしまったため1ターン遅れてしまったがお相手かなり遅れていたので勝てた。技使うときは技名じゃなくて「230ダメお願いします」とか言葉濁した方がいいかもしれない。焦ってると無意識に言ってる。サイド:ザシアン→デデンネ→デデンネ, 4回戦 超バレ 0-4 ×先行初手アブソルでタッグコールからルカメタ出して他に特に何もせずそのまま返す。先2でマリィ使ってもタネとサポひけず相手ナイトウォッチャーでアブソル落ちてそのままルカメタをペイルムーンgxで倒されて種切れで負け。ザシアンかジラーチいないと辛いことが分かった。, 5回戦 タチフサグマ 6-4 ○ザオボーが神だった回。お相手なかなかタチフサグマが立たず序盤でジグザグマ2体倒せた。ヤミラミvでザシアンが倒されるもフルメタルウォールgxでエネ剥がして時間稼いでザシアン立て直してキャッチャーで引っ張って倒す。最後にザオボーで後ろのオドリドリgxのしまめぐり剥がしてグレキャで引っ張ってきてブレイブキャリバーで勝ち。あと1ターン遅かったら負けていたかも。サイド:ジグザグマ→ジグザグマ→ヤミラミV→オドリドリgx, 6回戦 妖ミュウミュウ 6-2 ○後述で詳細を記しますが、こぶし→キャリバーでミュウミュウは倒せる。最後お守りで耐久されるもザオボーで剥がして勝ち。サイド:ミュウミュウ→ミュウミュウ, 7回戦 レシリザ 6-3 ○先行初手ジラーチスタートのおかげで後ろにフライパンつけたザシアンとルカメタを展開できた。お相手ボルケニオンでレシリザ2、ビクティニv1でエネ加速。キャリバーでボルケニオン倒してレシリザのエネをフルメタルウォールgxで剥がしてこぶし→キャリバーで倒す。フラダリラボ貼られてビクティニvのエネバーストでルカメタ倒されるも後ろのザシアンで倒して勝ち。うねり序盤で切ってたのでもう少し自分が遅かったら負けていたかもしれない。サイド:ボルケ二オン→レシリザ→ビクティニV, 8回戦 三神ザシアン 投了勝ち ○お相手先行で先2オルジェネを後2フルメタルウォールで返す。お相手ザシアンにフライパン着けてキャリバーしてきたのでマオスイレンで回復しながらこぶし→キャリバーでフライパンザシアンを倒す。アブソル立ててたので相手のジラーチが鋼エネかなり切ってて博士の研究でトラッシュにソーサーが3枚落ちてるのが分かっていたのでキャッチャー3回で無理やりエネついてるザシアン引っ張ってきて倒してフィオネで山回復しながらLO待っていたら投了されたので勝ち。サイド:ザシアン→ザシアン, 9回戦 超バレ 0-3 ×先行初手ルカメタスタートでまたタネ引けず先2で博士の研究あったけどキャッチャー3枚とソーサーとマオスイレンを落とすのは流石にキツかったので、シロナカトレア使ったがタネ引けずゲンミミのポルガイで350出されて種切れで負け。ゲンミミ分かってたら無理やりキャッチャー使ってただろうけどどのみち別の技で倒されてただろうから多分結果はそんなに変わらないと思う。超バレ対面弱くはないのに運悪すぎ。, 10回戦 レッドパーフェクション 6-4 ○先行初手ルカメタスタートでクイックボールからザシアン持ってきてルカメタに手張りして不倒の剣。お相手ブン回りで前のミュウミュウに2エネついてターボストライクで後ろにも2エネつけられる。返しにフルメタルウォールgx打つも後ろのミュウミュウにターボストライクでエネ付け直されて自分こぶし→お相手溶岩流でルカメタが倒される。返しでキャリバーで倒すも後ろに溶接工で合計4エネついてgx技で負けかと思ったがリザードンgxサイド落ちでザシアン倒されず入れ替え→キャリバーで230ダメ与えてお相手返しでお守りつけてザシアンを倒す。ソーサー手張りでルカメタに2エネつけてザオボーでエネ剥がしてこぶしで勝ち。 サイド:ミュウミュウ→ミュウミュウ, (ポケモン) 10枚・ザシアンv 3枚このデッキのアタッカーでありドローソースである重要カード。先行で必ず1枚、試合中で2枚必ず使うのでサイド落ちを考えて3枚採用しました。初手事故がひどい時があったため、安定して不倒の剣を先行で使うために4枚入れてもいいと思います。, ・ルカリオ&メルメタルgx 2枚こぶしで打点調整、gx技で耐久を上げつつ相手のエネを落とせる便利な子。試合中基本1枚立てられればいいのでサイド落ちを考えて2枚採用。, ・ジラーチ 3枚ブレイブキャリバーの回復やマオスイレンで入れ替えることが多いためサーチ頻度がかなり高い。先行ジラーチスタートしたいけど4枚はいらないので3枚採用。, ・フィオネ 1枚タチフサグマやピッピ人形に戦えるように採用。今回は山札切れ解消にも役に立った。入れ得。, (グッズ) 24枚・クイックボール 4枚デッキの全てのポケモンに触れられるため4枚採用。, ・タッグコール 3枚最初は2枚だったがクイックボールでルカメタを持ってくるムーブが弱かったため3枚採用。相手のマリィでマオスイレンがボトムに送られても取りに行けるため、後半でもつかうことは稀にあった。, ・メタルソーサー 3枚本当は4枚入れたかったけど序盤腐ったり博士の研究で落としてしまうことが多く、3枚採用。ヤレユータンがいたら4枚でもよかった。, ・ポケモンいれかえ 3枚ブレイブキャリバーを回復したりアブソルを立てられたときジラーチを逃がせられる。4枚使うことはないため3枚採用。, ・ポケモンキャッチャー 3枚カスタムキャッチャーが2枚揃わない時が多く、大事な時に使えないことが多かったため試行回数稼げるポケキャにした。2回表出たときもあるし3回裏の時もあった。ヤレユータンがいればカスタムで良い。, ・グレートキャッチャー 1枚確実にgxを引っ張ってこられる。一度ダメージを与えたミュウミュウやピカゼク、後ろのデデンネやオドリドリを倒すために採用。思ったより使うタイミングが多く、2枚でも良かった。, ・ぼうけんのかばん 1枚先行で引けると後1ダブルブレイズでザシアンが倒せなかったりする。なるべく早くフライパンを装備したいため採用。, ・リセットスタンプ 1枚マリィを使えない時に便利。相手がサーチしたタイミングで打つことで相手のテンポロスを狙える。, ・マリィ 3枚落としたくないカードをボトムに送って5枚引ける。どのタイミングでも大体強くため3枚採用。, ・博士の研究 2枚7枚ドローできるのはかなり強いが重要なカードを一緒に落としてしまうためデッキ管理が難しくなるため2枚採用。ヤレユータンがいれば管理しやすくなる。, ・マオ&スイレン 2枚入れ替え+回復ソース。1試合で2回は必ず使うが3枚あると事故率が高く、シロナカトレアでサルベージできるため2枚採用。, ・シロナ&カトレア 2枚サポートが引けなかった時にタッグコールから繋げるドロソ。サルベージ効果が強くマオスイレンやマリィを使い回せる。メタルソーサーを使いたい時に手札のエネを落とす役割もある。, ・グズマ&ハラ 2枚うねり+フライパンorボード+エネを確実に持ってこられるので序盤の準備に最適。タッグコールから繋がるエネルギー転送であり確実にエネを引きたいときに使う場面が多かった。, ・ザオボー 1枚今回めちゃくちゃ役に立ったカード。相手のミュウミュウのお守りや、デデンネやオドリドリの島巡りの証を剥がせる。タチフサグマの隠密フードを剥がすことでフィオネが機能し詰み回避にもなり、先1で三神につけたオーロラエネを剥がすことで先行後攻が逆転する場面もある。, (スタジアム) 2枚・混沌のうねり相手のサンダーマウンテンやカマド、フラダリラボを止めることでテンポロスがとれる。うねりでうねりを剥がすことができず、手札に残りやすいためグズマハラの枚数に合わせて2枚にしたが、フラダリラボが流行るなら3枚にしたい。, (エネルギー) 10+2枚・基本鋼エネ 10枚不倒の剣でなるべく1枚はつけたいが枠がそこまであるわけでもなかったため10枚になった。使った感じは3回に1回はエネ加速できた。, ・ユニット電超鋼エネ 2枚グズマハラに合わせて2枚にした。1枚ではサイド落ちした時が辛かった。, ・ネクロズマたそがれのたてがみ一番入れたかったカード。こうてつのこぶしの上位互角のようなもので、ベンチに下がったミュウミュウやピカゼクに追い討ちをかけられる。欠点としてザシアンのようなVポケモンに打点がない。枠があったら入れたかった1枚。, ・シャドーボックスミミッキュ置くだけでパーフェクションに有利になる。ミュウミュウ以外特に効果がないため今回は採用を見送ったが、思ったよりパーフェクション系統のデッキが多く、今後の環境によっては入れたい1枚。, ・さるじえヤレユータン博士の研究で落としたくないカスタムキャッチャーやメタルソーサーなどを山に戻して温存することができる。鋼エネを戻して不倒の剣でエネ加速することもできたりと役に立つ場面が多い。逃げエネが2のため風船を必要とするがジラーチ入りだと共有できないため採用を見送った。入れ替え4枚いれたら風船入れなくてもいいかもしれない。, ・ビクトリーヒール ビクティニ戒めの祠で打点を調整されるのがダルかったり、マオスイレンで回復しきれなかった残り分を回復するために採用を考えた。戒めの祠はうねりで対策でき、全回復する理由も特に見つからなかったためあまり必要ではないと思い抜いた。, ・エリカのおもてなし博士の研究と違って手札のカードを温存しながら最大6枚まで引ける。今回のデッキはカスタムキャッチャーを採用しておらず、三神ザシアンはそもそもあまり展開しないものが多いため、腐りやすいと判断し、博士の研究を選んだ。結果的にミュウミュウやピカゼクといったデデンネなどでベンチを広げるデッキが多かったため、入れてもよかった。, 環境に多いであろう対面を自分なりに考えてみました。これが正答ではないため、参考程度に読んでいただき、実際に自分で経験してみてより良いムーブを探してみてください。, ・三神ザシアン 先行後攻どちらも有利基本的に有利対面です。勝つために必要なことは、「相手にアルティメットアローを打たせない」ことです。アルティメットアローを打たれると不倒の剣でエネが付いた1体目のザシアンの他に2体目のザシアンにエネがつけられ、連続で260ダメージを負うことになります。そうなるとフライパン+フルメタルウォール+マオスイレンでもツーパンされてしまい、こちらのザシアンのエネ加速が間に合わなくなってしまいます。また、「ザシアンにフライパン+フルメタルウォール」をすることが重要になります。ルカメタはフルメタルウォールのみでオルジェネ込みブレイブキャリバーを1発耐えますが、ザシアンはフライパン+フルメタルウォールがないと耐えることができません。そのため、フライパンが1枚しか持ってこれない場合は、優先してザシアンに付けることをお勧めします。立ち回り方:先行がとれた場合先2こうてつのこぶし↓後2相手オルタージェネシス↓先3フルメタルウォールgxgx技でエネを落とした三神は基本的にベンチに下がってザシアンで殴るムーブをとると思われます。先にこぶしで打点調整をしておくことで、終盤に三神を引っ張ってサイドを3枚取りやすくすることができます。先3のタイミングでキャリバーで三神を倒してしまうと、後ろのザシアンでこちらのザシアンが倒されてしまい、そのまま押し切られてしまう場合があります。エネが1枚でも相手のザシアンに付いていれば、ソーサー+手張りで殴られる可能性が高いため、先3で三神を倒す場合は相手のザシアンにエネがついていない場合のみの手段と思っておいた方が良いです。:後攻の場合先2相手オルタージェネシス↓後2フルメタルウォール基本的にオルジェネの返しでフルメタルウォールを打つことでアルティメットアローを防ぎ、ザシアンにエネがつかないようにします。後は倒されれないようフライパンを装備してマオスイレンで耐久しつつ相手にダメージを与えて冷静にザシアンを処理することでサイドレースを有利に進めることができます。, また、こちらのザシアンが技を使える状態で相手のフライパンの付いていないベンチのザシアンをキャッチャーで引っ張ってこれる場合、三神よりもザシアンを優先的に倒すことでより楽に勝つことができます。三神は180ダメしか出せないため、フライパンやフルメタルウォールがなくてもワンパンで倒されることはありません。ザシアンを先に処理することでダメージレースを有利に進めることができます。, ・パーフェクション系統 先行:微不利 後攻:微有利溶接工やサイコリチャージ、ターボストライクなどエネ加速手段が豊富なためフルメタルウォールgxでは止められない。また、溶岩流やフレアドライブgx、ポルターガイストなど青天井技も持っているためワンパンされやすい。ゲッコウガgxのかすみぎりでツーパンされてしまうところも痛い。シャドーボックスミミッキュを採用していれば隠密フードがない限りミュウミュウは技を打てないため有利に戦える。しかし、リザテルやビクティニv、オロヨノなど、ミュウミュウを通さない攻撃手段も存在するため、注意しなければならない。立ち回り方:先行後攻関係なくこぶし→キャリバーで280ダメを狙いに行きます。相手を遅延させるためにマリィを使いながら戦います。シャドーボックスミミッキュを置くことで相手は隠密フードを付けざるを得なくなるため、お守りを考える必要は特にないです。相手が溶岩流でエネを落としたタイミングで後ろのミュウミュウを引っ張ってフルメタルウォールでエネを落とすと相手が止まる場合がよくありました。青天井で倒されやすいため、フルメタルウォールよりもこぶしやだんがんで打点調整を優先した方が倒しやすかったと思います。, ・ピカゼク 先行:有利 後攻:微有利鋼抵抗を持つポケモンが多く、マオスイレンで打点をずらされるとこちらのソースが切れて倒される場合がある。また、エレキパワーが脅威であり、エレパ2+コケコvのサンダーボルト=260までみれるのでフライパン込みザシアンがワンパンされるため、フルメタルウォールがないと安定して受けることができません。そのため、エレキパワーを集められないようマリィをいかに強く打てるかが鍵になります。, 立ち回り方:相手が上振れた場合後1相手フルドライブ↓先2フルメタルウォールgx↓後2相手タンデムショックorサンダーボルト相手のフルドライブに合わせてgx技でピカゼクのエネを落とします。ピカゼクはエレパを使わない場合ワンパン技を持たないため、無理に序盤でルカメタでフルメタルウォールを打つ必要はありません。基本的にフルドライブ以外のエネ加速手段はコケコ◇とサンダーマウンテン◇しかないため、ピカゼクを止めることで相手のテンポロスを狙います。また、先行をとれた場合うねりを置くことで後1フルドライブを打たせなくさせることができます。ピカゼクであればこぶし→キャリバーで抵抗込み240ダメで倒すことができますが、ライライはキャリバー→キャリバーでしかツーパンできないため、相手のピカゼクが止まった場合は倒さずに不倒の剣でザシアンのエネ加速をしておくのも手だと思います。ネクロズマを採用している場合、弱点抵抗力を計算しないためだんがん→キャリバーでお守りがなければツーパンすることができます。, ここまで長文のものを書いたのは初めてで読みづらい部分もあったと思いますが、最後まで閲覧いただきありがとうございました。​今後の環境でもルカメタザシアンはまだまだ戦える可能性を持っており、十分に戦えるデッキだと思います。この記事を読んで使いたくなっていただければとても嬉しいです!読んだ感想などいただけると励みになります!もし気に入っていただければ投げ銭もお願いします!次回京都でも良い結果が出せるよう今後も頑張ります!, 最近ポケカを始めたいわゆる新規勢。基本的にポケカについて自己満足な記事を書こうと思います。#ポケカ #ポケモンカード.