最近、元気がないあの人へ、笑顔になれる花言葉を持つ花を贈ってみるのはいかがでしょう。そもそも花は、その華やかな雰囲気で場を明るくする力を持っていますが、なかでも笑顔を意味する花言葉を持っている花々は、より力を分けてくれるでしょう。 10月4日生まれの誕生花と花言葉の一覧花の種類サルビア「誕生花」・サルビア <学名・Salvia:splendens サルビア:スプレンデス> <別名・スカーレットセージ> <和名・緋衣草 ヒゴロモソウ>「花言葉」・【健全な】【家族愛】【良い家庭】【治療する】【燃ゆる想い】【家庭の徳 スカーレット(英語: scarlet)は、色名の1つ。やや黄味の赤を表す。エカルラート(フランス語: écarlate)、スカーレットレッドとも。, 鮮やかな純色とされることが多いが、JIS Z 8102:2001では、ややくすんだ色とされている。, ペルシャ語の سقرلات saqirlāt が語源で、本来は茜染めの高級織物の意味である。しかし、ヨーロッパでスカーレットに使われたのは、動物(昆虫)性染料のケルメス(クリムゾンにも使われた)やコチニール(カーマインにも使われた)である。, 伝統的に、炎の色とされる。また、ストロンチウムの輝線スペクトルはスカーレットとされるが、波長640.8 nm、650.4 nm、687.8 nm、707.0 nmからなる。, 緋色(ひいろ)は、植物のアカネの根を原料とする茜染の一種で、濃く暗い赤色を茜色というのに対して、最も明るい茜色を緋色という。和訓では「あか」「あけ」とも読む。, アカネと紫根を重ねて染め、深みを出した紫褐色を深緋(ふかひ、こきひ、こきあけ)別名は黒緋(くろあけ)、アカネに紅花の染料を重ね染めした明るい赤色は紅緋、アカネだけで染めた色は浅緋(あさあけ、うすあけ)、などの色がある。, 平安時代にはアカネに替わって支子の黄色と蘇芳の赤を混ぜて明礬を触媒として作った紅緋を生み出すことも行われ、後にはこれも緋色と呼ぶようになった。日本では大和朝廷時代より緋色が官人の服装の色として用いられ、紫に次ぐ高貴な色と位置づけられた。, 養老律令衣服令には、四位は深緋、五位は浅緋、すなわち緋色の官服を用いることが定められ、それより下の位の官人には着用できない禁色となった。以後、緋色は中級官人の色として知られるようになり、多くの文学作品にも登場するようになった。また、武士にも用いられて『平家物語』などの軍記物語には緋の腹巻や緋威(ひおどし)の鎧が登場する。江戸時代には庶民の衣装にも広く用いられた。, 緋色はスカーレットとはしばしば同一視される。『緋色の研究』 A Study in Scarlet など、scarletが緋色と訳されることも多い。緋色は茜の赤色色素プルプリンを高純度に精製した染料の色である。それに対し茜色は、茜を精製せずに使った染料の色で、緋色より沈んだ赤である。, 猩は猩々に同じで、中国の想像上の動物である。猩々は禺(オナガザル)に似た人面の獣で、顔と毛が赤く、その血はさらに鮮やかな赤色だとされた。猩紅はその血の色である。, スカーレットはラテン語でcoccinellaといい、てんとう虫の学名でもある。 スカーレット(英語: scarlet )は、色名の1つ。 やや黄味の赤を表す。 エカルラート(フランス語: écarlate )、スカーレットレッドとも。. 花言葉(クロッカス全般):「青春の喜び」「切望」 白:「素直」「純潔」 花はひとつ一つに花言葉がありますから、花言葉を考えつつ花を選んで、笑顔になってほしい人にもぜひ花を贈ってあげましょう! そこで今回は、笑顔になってほしい人に贈る20の花言葉とそれに関係する素敵な花をご紹介していきます。 まずは笑顔を意味する花言葉を持つ花を見ていきましょう。その場をぱっと明るくしてくれる花々はまるで笑顔のよう。そんなそこにあるだけで元気な気持ちになれる花々がたくさんありますよ。贈り物にもお部屋に飾るのにもおすすめです。, 「偽り」「ごまかし」「欺瞞」「心の平安」「不思議」「自然美」「私を誘惑して」など、たくさんの花言葉をもつほおずき。その中のひとつに「笑顔」があります。やわらかなクリーム色の花が咲いたあとには、鮮やかなオレンジ色の実が目を引きます。実は食用のものもありますが、根の部分にはアルカロイドという毒が含まれています。, 4~10月の間、花を咲かせるミムラスはその姿が特徴的。歯をむき出しにしたサルのようにも見えることから、モンキーフラワーの別名もつけられています。そのユニークな見た目に、見た人が笑顔になってしまうことから「笑顔を見せて」という花言葉がつけられたとか。最盛期にはたくさんの花をつけるため、騒々しいという意味で「おしゃべり」という花言葉もあります。, 1750年代に北アメリカを訪れた植物学者のペール・カルムがヨーロッパにもたらしたことからカルミアと呼ばれるピンク色の花。カルミアは小さな日傘があちこちで開いているような、可愛らしい花です。耳慣れない名前ですが、花笠シャクナゲとも呼ばれています。開いた花が笑った口元に見ているため「さわやかな笑顔」という花言葉がつけられています。ほかにも「優美な女性」や「大きな希望」といったポジティブな花言葉をもつ花です。, 笑顔にまつわる思わず笑顔になってしまうような花言葉を持つ花もあります。元気を分けてくれるような、場をぱっと明るくしてくれる雰囲気の花々。存在感のある花たちは一輪でも花束にしても、それぞれに良さがあります。, ヨーロッパでは春の訪れを知らせる春の使者として人気のクロッカス。それゆえ「青春の喜び」「切望」「愛をもう一度」という花言葉を持っています。とくに黄色のクロッカスには「私を信じて」という意味も。また秋に咲くクロッカスはサフランとも呼ばれ「歓喜」「過度を慎め」「濫用するな」という花言葉がつけられています。またサフランは1本なら「あなただけの喜び」、5本なら「あなたに出会えてうれしい」「陽気になる」といった本数ごとに違った意味合いを持っています。クロッカスを贈る際には、本数にも注意したいですね。, レンゲツツジのぱっと広がった花の姿は「情熱」や「あふれる向上心」を想起させます。日々ひたむきに努力をしている人や、強い意志でなにかを成し遂げようとしている人に、ぜひ贈りたい花です。, 約100年前、南アフリカでドイツの学者ガーバーが発見したことから、名付けられたガーベラ。今ではお花屋さんの店頭では必ず見かけるといっても過言ではないほどメジャーな花となりました。見た目がキュートでぱっと雰囲気を明るくしてくれるガーベラは多くの人に好まれます。そんなガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」。そしてとくに赤いガーベラには「成功」や「神秘」といった花言葉がつけられています。万人に好まれるうえ、花言葉的にもネガティブな意味合いの物がないので、プレゼントするのに最適なお花といえそうです。, 日当たりのよい場所で次々に花をつけるハイビスカスは、一日咲いたらしぼんでしまいます。夏を彩る南国の花としても有名ですが、明るい雰囲気とは裏腹に儚い花の命。それでも毎日違う花を咲かせ続けることから「常に新しい恋」「勇敢」という花言葉を持っています。失恋で落ち込んでいる友人を、ハイビスカスのパワーで元気づけましょう。クレオパトラが若さと美貌を保つために飲んでいたといわれる甘酸っぱく爽やかなハイビスカスティーも、美容に必要な栄養豊富でおすすめですよ。, 「幸運は必ず来る」「幸せはあなたのもの」というカキツバタの花言葉は万葉集に由来します。「住吉の 浅沢小野の かきつはた 衣に摺りつけ 着む日知らずも」と詠まれた和歌には、恋人を待ち続けていればきっと訪れてくれるだろうという願いが込められています。高貴なブルーの花色やまっすぐ天に向かう立ち姿は、そんな純粋な祈りを叶えてくれそうな気がします。, まるで蝶が待っているかのように花を咲かせる胡蝶蘭。その清純さを秘めたゴージャスな雰囲気はウエディングシーンをはじめとしたお祝いにぴったりなお花です。花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」。蝶のようにひらひらと幸せが舞い込んでくる、そんなイメージが広がるお花です。, 強い日差しに恵まれなくても丈夫に育ち、繁殖力も強いため「華麗なる成功」「どこでも成功」という花言葉を持つネモフィラ。ほかにはその見た目から「可憐」「清々しい心」「荘厳」そして「愛国心」という花言葉もあります。, ネモフィラという花の名前にはこんな由来があるといわれています。ネモフィラという女性に恋をした男は神に「この恋が叶うなら死んでもいい」と祈ります。念願が叶って二人は愛し合い結婚しますが、その代償として神は男を天国へと連れて行ってしまいます。ネモフィラは愛する夫を連れ戻そうと、青く燃える天国の門前まで来ましたが、門が開くことはありませんでした。門の前から一歩も動かず泣き崩れたネモフィラを哀れに思った神は、彼女を美しく青い花に変えたのです。, ヨーロッパにおいて春のシンボルともいわれているスズラン。聖母マリアの涙と喩えられることもあり、幸せを呼ぶ花として親しまれてきました。5月1日は愛の日とされ愛する人やお世話になっている人にスズランの花束をプレゼントしあう習慣も。そんなスズランの花言葉には「幸福の再来」「純潔」「純粋」「繊細」「意識しない美しさ」「幸福が訪れる」など多数あります。, 森の守護神セント・レオナードが大蛇に襲われ大けがを負った際、彼の血で染まった大地からスズランの花が一斉に咲き始め、セント・レオナードの傷を癒したという伝説があります。この伝説によりスズランの花が「癒し」「平静」「幸福」を意味するようになったといわれています。, クリスマスシーズンには必ずといっていいほど目にするポインセチア。別名クリスマスフラワーとも呼ばれ、キリスト教圏において赤はキリストの血を、緑は永遠の命を表しているといわれています。そんなポインセチアの花言葉は「祝福」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」「清純」。ちなみに花びらのような赤い部分は苞で中心部の黄色い部分が花です。メキシコ原産のため、じつは寒さには強くありませんが、今やクリスマスの重要な役割を担っているポインセチア。冬のギフトとしてもおすすめです。, フクジュソウも冬から早春にかけて咲く花。鮮やかな黄色やオレンジの花の色が、鮮烈に春の訪れを知らせてくれます。フクジュソウの花言葉は「幸せを招く」「永久の幸福」「悲しき思い出」。フクジュソウは幸福と長寿を意味し、新春を祝う花として名付けられました。一方、属名のアドニスはギリシア神話で猪に殺されたアドニスの名前に由来しており、ネガティブな花言葉はこちらの由来によるものです。, 夏を代表する花、ヒマワリ。花言葉は「あなたは素晴らしい」「あこがれ」「私の目はあなただけを見つめている」「熱愛」です。太陽神アポロンに恋して彼に憧れ、ずっと見つめてきた少女の化身がヒマワリという伝説をもとにつけられた花言葉といわれています。太陽のように明るく大きいヒマワリの姿は気持ちを前向きにしてくれますね。, 初春に小さな黄色い花をたくさん咲かせることから「希望」「叶えられた希望」「期待」「集中力」という花言葉を持ちます。公園の植木や庭木としてよくみけかるレンギョウは、黄色い花が爆発するように咲くことから原産国の中国では黄金の鈴と呼ばれています。, 街中で見かけることが多く、香りもよいゼラニウム。アロマやハーブなどにも使われる人気の高い花です。カラーバリエーションが豊富なゼラニウムは鮮やかな色合いで可愛らしい花をさかせるのが特徴。ウエディングなどの晴れやかなシーンにもピッタリです。花言葉は「君ありて幸せ」「信頼」「真の友情」とポジティブなものばかり。とくに赤いゼラニウムについては「君ありて幸福」の意味を強く持ちます。, 夏に咲くブルースターの花言葉は「幸せな愛」「信頼」「幸福な愛」。夏頃が旬のこの花は結婚式のブーケとしてもよく使われています。それは花嫁がなにか青いものを身に着けると、生涯にわたって幸せになるというサムシングブルーの言い伝えによるものです。, ゴールデンイエローのバラは「希望」という花言葉をもちます。いつも希望に満ちて、笑顔で毎日を送ってほしいという願いから。黄色は風水上においてもおすすめのカラーで、金運アップも子同時に臨むことが可能です。, 勝利や勝負といった意味をもつ花言葉の花を集めてみました。それぞれの花に秘められた伝説や想いを知ることで、より自分の気持ちや相手に相応しい花を選ぶことができます。元気づけたい相手やいつも元気な誰かに。花のプレゼントは手軽でおすすめです。色や本数ごとに細かく花言葉が決められている花もありますので、プレゼント前にしっかりチェックしておくと安心です。, 最近、元気がないあの人へ、笑顔になれる花言葉を持つ花を贈ってみるのはいかがでしょう。そもそも花は、その華やかな雰囲気で場を明るくする力を持っていますが、なかでも笑顔を意味する花言葉を持っている花々は、より力を分けてくれるでしょう。, そのユニークな見た目に、見た人が笑顔になってしまうことから「笑顔を見せて」という花言葉がつけられたとか, 開いた花が笑った口元に見ているため「さわやかな笑顔」という花言葉がつけられています, 1本なら「あなただけの喜び」、5本なら「あなたに出会えてうれしい」「陽気になる」といった本数ごとに違った意味合いを持っています, 日々ひたむきに努力をしている人や、強い意志でなにかを成し遂げようとしている人に、ぜひ贈りたい花, 万人に好まれるうえ、花言葉的にもネガティブな意味合いの物がないので、プレゼントするのに最適なお花, 清純さを秘めたゴージャスな雰囲気はウエディングシーンをはじめとしたお祝いにぴったりなお花, 強い日差しに恵まれなくても丈夫に育ち、繁殖力も強いため「華麗なる成功」「どこでも成功」という花言葉を持つネモフィラ. >>電話占いのお得なサービスについてもっと知る!, 「あなたは素晴らしい」「あこがれ」「わたしの目はあなただけを見つめている」「熱愛」. 青:「用心深さ」「愛情」 黄色:「私を信じて」, クロッカスという名前の語源は、ギリシア語から来ています。春の訪れを感じさせる喜びの花として、ヨーロッパから伝わってきた花です。, ハイビスカスの花は一日咲いたらもうおしまい。でも日当たりのよい場所に置いてあげれば、次々とつぼみをつけ次々と花を咲かせてくれます。, ハワイアンと言えばハイビスカスで、夏を彩る南国のお花としても知られています。各地で様々なアクセサリーなどのモチーフに使われています。色の種類も豊富で、花の大きさもさまざまです。, 毎日違う花を咲かせ続けてくれることから、「常に新しい恋」、「勇敢」という花言葉がつきました。, 爽やかで甘酸っぱい香りが特徴的なハイビスカスティーもあり、クレオパトラが若さと美貌を保つために飲んでたとして知られています。, 花期:12~5月(温室栽培で一年中見ることができます) 花言葉:「いつも元気なあなた」「ほのかな喜び」「明るい希望」「豊富」「富」, ディモルフォセカの花は、太陽の光が当たると咲きます。花びらを見ると鮮やかな黄色で、まるでシルクのような光沢を感じます。ディモルフォセカの花言葉は、そんな花びらからイメージしてつけられました。, ディモルフォセカの花言葉と花を一緒にお相手に贈れば、元気が出て笑顔になってもらえるでしょう。, 花期:3~5月