}; スピッツ「空も飛べるはず」の歌詞の意味は?解釈と考察!草野マサムネが表現する出会いと別れとは?, BUMP OF CHICKENとRADWIMPS、アニメ映画主題歌のとき「せーの」と言いがち説, マンウィズの正体「GRANTZ」がオオカミバンドになった理由は?マンウィズの「使命」の本当の意味とは?. 日常的に使う言葉を、いかに自然にメロディとリズムにマッチさせるかには凄くこだわっている。, 人類滅亡後、残った種族は「文明」を悪とみなすが、地中に埋まった飛行機を見つけ、それを飛ばそうと試行錯誤する, 自分は小5で野球が下手だが、名コーチに出会い素質を見出されてチームを優勝に導いていく. つぶれるほど抱きしめて, とまぁこんな感じで、フワフワした部分がありながら、歌詞全体で見たときにタイトルのイメージが浮かぶ。, これら全ての要素が入り混じることで、聴く人すべてを引きつける不思議な歌詞ができているのでしょうか。. スピッツの歌詞って、「沁みる」「怖い」「エロい」など、人によって様々な評価をされませんか?, それはそれで面白いんですが、やはり作詞者本人がどんな意味を歌詞に持たせているのかが気になりますよね?, てわけで、以下の本で過去のインタビュー記事を漁り、歌詞について語っている部分を抜粋してみました。, 1stアルバム「スピッツ」〜8thアルバム「フェイクファー」までの、スピッツのインタビューを集約した1冊です。, 例えば、小6で恋した女の子が色黒だったから、アマゾンの奥地に住んでいることにして、自分は飛行機事故でそこへ落ちていくみたいな妄想をしていた。, 自分の中にパラレルワールドがいくつもあるから、いろんな視点から歌詞を膨らませるんですね。, ちなみに持ち帰ったエロ本は、「一緒に見よう」と友達をバカ正直に誘ったら断られたらしい。, 「魔法」などの妖しい響きには快感を感じる一方で、「死」には恐怖を感じるようですね。, 「歌っていて気持ちいいメロディ」が最優先で、歌詞はその縛りの中で考えていくんですね。, 歌詞よりメロディを優先しているからこそ、文法にこだわらない不思議な歌詞が書けるのかもしれません。, メロディありきという縛りの上で、さらに「日常的な言葉」というコダワリも詰めているんですね。, 全然タイトルと関連しない言葉もたくさん入れるけど、全体で見たときにタイトルをイメージさせられればいいかなって。, 愛してるの響きだけで ささやかな喜びを

');var c=function(){cf.showAsyncAd(opts)};if(typeof window.cf !== 'undefined')c();else{cf_async=!0;var r=document.createElement("script"),s=document.getElementsByTagName("script")[0];r.async=!0;r.src="//srv.clickfuse.com/showads/showad.js";r.readyState?r.onreadystatechange=function(){if("loaded"==r.readyState||"complete"==r.readyState)r.onreadystatechange=null,c()}:r.onload=c;s.parentNode.insertBefore(r,s)}; /* In-Read - Sinario19 */ 強くなれる気がしたよ スピッツの歌詞は、人によって「良い」「怖い」「エロい」など、解釈が変わります。ただ、やはり作詞者本人がどんな意味を歌詞に持たせているのかが気になりますよね?そこで、草野マサムネがインタビューで語った作詞のコダワリについて、5つにまとめてみました。 document.write('

adunit_id: 100001737, var opts = { Copyright (C) 2020 ロッキン・ライフ All Rights Reserved. ■ミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』に収録されています。個人的ランキング、195曲中190位でした…もう完全に記憶にない曲でした…すみません。聴き直しても、ピンときませんでした…。, 今回聴き直してみて、やはり『オーロラ…』の曲は、スピッツの全曲の中でも異質だと、改めて思いました。, そもそもこの曲は、メンバーの演奏が入っていないですからね。歌詞カードのクレジットによると、チェンバロ、ストリングス(弦楽器隊)、ハープ、と書かれていました。これに、もちろん草野さんのボーカルが加わるわけですが、何となく、おしゃれで大人の雰囲気の漂う"LIVE BAR(ライブ・バー)"の隅っこで、演奏・歌唱しているようなイメージが浮かびました、見てみたいですけどね。, ■これもまた、不思議な歌ですよね、”生”のイメージも浮かびますし、逆に”死”のイメージも浮かんでくるんです。どっちの方向に向いて、この曲を聴けばいいのか迷いどころではあるんですが、それらはあくまで独立しているのではなく、表裏一体で存在しているものだとも思います。, そうすると、この曲はまさに、”赤ん坊が生まれる瞬間”というイメージが湧いてきました。例えば、この辺りの歌詞、, ”ドアを開けて”、”すぐに歩きはじめるだろう”などの表現から、赤ん坊が生まれて、その長い人生がはじまっていくような、そんな光景が浮かんできます。ドアの色が、なぜ”緑色”なのかは分かりませんが。”時の海”なんかも、こっちの世界(これから生きていく現実の世界)と捉えることができるかもしれません。, まず、”君”に”赤ん坊”を当てはめるとすると、たくさんの遺伝子の中から、”君”が選ばれて生まれてきたんだよ、という意味につなげられる、と思います。生まれてきた子どもが、女の子だったのでしょうか、子どものことを”私の女神”とか”私の天使”とかって言いますもんね。, あとは、”君”に”母親”を当てはめることもできると思います。そうすると、”女神”という言葉自体が、”母親”になるという意味にそのままつなげることができると思います。, そうすると、たちまちこの曲のイメージが、”死んで成仏する”というイメージに変わります。, まず、歌詞の中に、”月のライト”という言葉が出てきます。これは何度もしゃべってきましたが、”月”という言葉を、草野さんは”死”の象徴として使っている、という節を時々感じることがあります。(【月に帰る】や【新月】や【空も飛べるはず】など。), ”月のライト”という、独特の表現にはなっていますが、何らかの”死”の象徴にはなっているとは感じます。, そうすると、”君”に当てはまるのは、”死んで成仏しようとしている人”になりますかね。, 日本は仏教の国なので、死んだ人は”仏”になるという信仰がメジャーではあります。(だから”成仏”というんでしょうけど…)。歌詞では”女神”と、”神”にはなっていますが、おんなじようなイメージをしてみるとどうでしょうか。, ■という、真逆の2パターンの解釈を書いてみましたが、先述したように、これらの解釈は、真逆でありながら、表裏一体でセットの解釈と考えることもできそうです。輪廻転生、生まれ変わり、そうでなくても、もっと基本的なこと…人は生まれて、いつか死んでしまう、と。そんな、人間の根源を感じることができる曲だと思います。, itukamitanijiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog detect_artist: true, })(); 「スピッツ「空も飛べるはず」の歌詞の意味は?解釈と考察!草野マサムネが表現する出会いと別れとは?」, 「サカナクション「新宝島」の歌詞の意味は?解釈と考察!山口一郎と「バグマン」の話」. スポンサーリンク 【Y】YスピッツJ-Pop¥250provided courtesy of iTunes アルバム『ハチミツ』に収録されている曲です。個人的ランキング、195曲中78位でした。 曲名の読み方は、アルファベットをそのまま”ワイ”と読みます。ちなみに、スピッツの楽曲で、アルファベット一文字のタイトルは、今のところ、【Y】… div_id: "cf_async_" + Math.floor((Math.random() * 999999999))
©Copyright2020 にょけんのボックス.All Rights Reserved. artist: "", 『スピッツ コンサート 2020 “猫ちぐらの夕べ”』グッズ公開! 2020.11.07 ON-LINE MEMBERS 「スピッツのオンラインテレビ」更新! (function() { (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 今回は、フレーズひとつひとつを検証することで、この歌詞に隠された「意味」を検証していきたいと思う。, 冒頭のフレーズ郡で「僕の手が君の首筋に咬みつく」という部分が出てくるが、これは首を締めている描写ではないかという指摘。, もし殺しをしたならば、それくらい血の気が冷えていると言えなくもないけど、微妙な線である。, このフレーズは、この世で生きていくシガラミみたいなことを指していて、この世には見切りを付けてあの世に行こうよ、と言っているように聞こえる。, 「シャツを着替えて」なんて爽やかな言葉でまとめているが、要は今の身体を捨てて魂だけになってあの世に行こうよ、と歌っているのではないか、とも取れる。, 「君の首筋に咬みつく」というのは、首を絞めている比喩とも言えるが、犬が戯れるような感じで、かるーく君の首にかみついただけのような場面に見えなくもない。, また、「掟」というのはスピッツの歌詞においてはセックスを意味していることがよくある。, それを考慮してみると、マンネリ化するカップルの営みに飽きてしまったことを「永遠に続く掟」と表現しているだけかもしれない。, 実際、掟と永遠を「ような」という言葉で結んでいるということは、掟自体は永遠に続くものではないとも取れる。, 本当に永遠に続く掟なら「ような」と言わずに、永遠の掟と言わなければならないはずだ。, そしてもし、掟が夜の営みだとしたら、シャツを着替えて出かけよう、というフレーズは文字通りの意味に受け取れてしまうから、面白い。, 海という言葉が出てくるが、これは草野の詞において、もっとも死を連想される言葉である。, さて、この歌では、そんな海に何かを置いてきたといっているのだが、何をおいてきたのかはここではわからない。, ただし、海に事前に「置いてきている」わけだから、この二人(あるいは僕一人かもしれないが)は海に一度やってきている可能性が高い。, 確かにサビの末尾に出てくる「もう何も恐れないよ」というフレーズは、死への覚悟のような言葉に聞こえる。, でも、海というのは怖い何かの象徴で、一度僕はそれに触れようとしたけど怖くなって逃げてしまった。そのときに何かを置いてきてしまった。今回は君の車でそこにやってきた。今回は逃げないぞ。もう何も恐れないんだから、的な物語を紡げる気もする。, これこそがもっとも心中の歌ではないかと想像させる必殺のフレーズなわけだが、果たして実際のところはどうなのだろうか。, ここでは「飛ぶ」とか「終わりない」とか「変わっていく」という、草野の死を予感させる単語がことごとく登場していることがわかる。, 輪廻:生きかわり死にかわりすること。車輪が回転してきわまりがないように、霊魂が転々と他の生を受けて、迷いの世界をめぐること。, つまり、心中して生まれ変わるという意味にしたいのであれば、輪廻の「果て」でなく、輪廻そのものに飛び込む必要があるわけだ。, むしろ、生まれ変わりたくないと思っているから、輪廻のずっと先にある「果て」に行きたいと願っているのだ。, 今の魂のままずっといたい、つまり君とずっといたいという草野の独特の愛の告白なのではないか。, また、草野は死を予感させるときは身体を空高く、上に上に身体を持っていくようなイメージの言葉を使う。, が、青い車では「飛び下りよう」とか「落ちていこう」とか、どちらかというと空に行きそうになっている魂を地上に引き寄せようとするイメージの言葉が使われていることがわかる。, 実はこの辺の構想は、草野はこの歌を七夕にリリースしたかったという話とリンクするのだが、ここではひとまず置いておこう。, ここでやたらと命について説き始めるから、故にこの歌が心中の歌ではないかと思わせるのだ。, どんなモノだって生きているのだ、と改めて思ったたわけだが、なぜそこに気づいたのかが、やはりポイントになる。, それだったら生きるということではなく、死んじゃうということは、と言ってもよかったのではないか。, むしろ、生きることを強く自覚したから、ここでこのようなフレーズが出てきたと考える方が辻褄が合わないだろうか。, 愛で磨くとかだったらわかるが、汚すということは、愛に触れる前はキレイだったということだ。, ただし、イメージとしては、愛で汚れてしまった心(嫉妬心?)のせいで、涙を流してしまった、という絵をイメージしてもらえばいい。, 言い換えれば、僕だからこそそれを美しいと感じるが、他の人はそれを美しいとは感じないかもしれない、というニュアンスも含んでいるわけだ。, ちゃちな飾りがが涙ではなかったとしても、僕だからこそ美しいと感じるモノである、ということはわかる。, AメロBメロでは、涙とか心とか君の内面に関するフレーズが出てきたことがお分かりだろうか。, それは別れの言葉を言ったからかもしれないし、ケンカをしてひどい言葉を投げたからかもしれない。, いずれにせよ、触れることすら躊躇するような「傷」を作ってしまったことは間違いない。, “海というのは怖い何かの象徴で、一度僕はそれに触れようとしたけど怖くなって逃げてしまった。そのときに何かを置いてきてしまった。今回は君の車でそこにやってきた。今回は逃げないぞ。もう何も恐れないんだから、的な物語が紡げるような気もする”, 僕が覚悟を決めて、君の中に潜り込もうとしているようなイメージが想像できるだろうか。, つまらない宝物とは、君が昔好きだった恋人との思い出のことかもしれない。あるいは僕と過ごしたありふれた日常のことなのかもしれない。, ニセモノのカケラとは最初は好きでもないのに「好きかも」というときの思い出(つまりは、僕が君に告白されてオーケーしたときの曖昧な感情とかかな?)かもしれない。あるいは、本当は悲しんでいたのに無理して笑っていた僕との日々の思い出とかかもしれない。, その鼻水をすするように真夏の風と吸い込めば、さっきまでの悲しみ気持ちなんてウソみたいになくなってワクワクするかもね、と言っているのだ。たぶん。, 「輪廻の果てへ飛び下りる」というのはもう二度と君を離さない、ということを草野流に表現した言葉だと事前に指摘していたが、それがよくわかるではないか。, おそらく、今回は死と対極のイメージ、つまりは生きる喜びを与えたかったからこそ、下に下に落ちていく言葉をイメージさせる言葉を連ねたのだ。, だから、この歌はどちらかといえば、心中しようとしていた僕が(もしかすると、君と別れてようとしたのかもしれない)、君の涙をみて、いま死ぬんてバカなことをするのは止めて、死ぬまで本気で愛そうという愛の告白の歌なのだ。, ここから、冒頭の冷たい手とか、永遠に続く掟に話を接続し直すこともできるが、さらに長くなるので、今回はこの辺で締めることにする。.