浦和レッズ スタジアム アクセス, ドラえもん タレント 実際の映像. 【都市伝説】ドラえもんの怖い話「タレント」とは? 02. セキスイハイム 快適エアリー ゴキブリ, 東京都交通局 局長 土渕 死亡, 『ドラえもん』に「タレント」と呼ばれる幻の回があるのは知ってますか? 「タレント」は都市伝説として知られ、ネットを中心に噂されています。「タレント」は数多くの人が見ていると発言していますが、内容も統一されておらず真偽は定かではありません。 1987年7月に放送された「タレント」。このストーリーを簡単に解説しよう。 この話は雨が降りしきる校庭で、のび太が傘を差しながらドラえもんに「地下世界の商店街へ行きたい」と頼むところから始まる。 Sponsored Link 2人は道具を利用して地底へと飛び込んだが、そこは地底とは全く思えない明るい世界が広がっていた。そこで2人は赤いベレー帽を被った1人の少女に出会う。 彼女はのび太とドラえもんに赤い封筒・インク … All Rights Reserved. 北見 焼肉 公園, テレワーク 体験 イベント, 千 ヶ 滝 温泉 廃墟, 人気の作品には都市伝説が存在するケースが多くありますが、ドラえもんにもタレントと呼ばれる都市伝説回が存在するのをご存知ですか?怖い、不気味とドラえもんの印象からかけ離れた感想が寄せられるタレントについて、動画や放送した証拠はあるのかを含めて検証していきます。, 「タレント」は、1987年に放送されたと言われているアニメ「ドラえもん」のエピソードです。, ネット環境が整うずっと以前の話であったためか、放送当時はあまり話題にならなかったそうですが、いつしかドラえもんにまつわる都市伝説の1つとして語り継がれるようになっていきました。, ここでは「ドラえもんタレント」とはどんな話だったのか、その概要を紹介していきます。, 原作漫画でも時々シュールな展開を見せるものがあることで知られ、隠れた名作エピソードを多く持つドラえもん。, 2019年4月には放送開始40周年を迎えたアニメ版ドラえもんの中にも、記憶に残るエピソードは多くありますが、中でも最も怖いと言われているのが、謎の回「タレント」なのです。, ドラえもんの謎の回「タレント」は、タイトルもそのまま4文字「タレント」で、1984年の7月に放送されたと言われます。, ドラえもんのアニメのタイトルには、その話に登場する秘密道具が紹介されることがほとんどなのですが、ドラえもんの秘密道具に「タレント」というものは存在しません。, 「タレント」は、のび太が唐突に「地下世界の商店街に行きたい」とドラえもんに頼むシーンから始まり、2人で地底に行くという話です。, 2人は地底で出会った赤いベレー帽の少女から、インクと鉛筆、赤い封筒を受け取り、その後消えてしまった彼女を探しに出たところで、警察官に「撮影ならあっちだ」と誘導されます。, 辿り着いた場所は床が木琴のような場所で、地球のミニチュアがありました。突然地球のミニチュアが割れて、中から血のような液体が流れ出てきて、2人が恐怖して終わる…これが「タレント」のあらすじです。, あらすじだけでも十分に意味不明なのですが、「タレント」が怖いと言われる由来には、この回の作画が崩壊していたことも挙げられます。, 登場人物の顔が伸びていたり、地下に行くために出した通り抜けフープが変に大きかったり、色もおかしかったと言います。全体的に色合いも変だったそうです。, 他にも、ゲストキャラの少女の顔が妙に可愛くなかった、警察官というキャラクターの服装もおかしかったと言われています。, 「タレント」が放送されているのを観たという人は、ネット上に複数存在しますが、実際に録画をしていたという人は存在しないようです。, また、以前2chで話題になった際に、1984年のドラえもんを録画したビデオを持っているという住民が、手持ちのビデオを全部確認したものの「タレント」と思われるエピソードは無かったと言います。, 「タレント」には、上で紹介した1番有名なもの以外にも、別のあらすじのものを観たという声が寄せられています。, その話では、のび太の部屋でドラえもんとのび太が話をしているシーンから、突然場面が空き地に切り替わり、2人は全く見たことのないキャラクター3、4人と一緒にいます。, そこから何が始まるわけでもなく、時間が経過して突然終わるというものだと言われ、こちらも意味不明な内容となっています。, スネ夫の死因は交通事故であり、瀕死の状態でドラえもんに助けを求めたものの応じてもらえないという、ドラえもんらしからぬエピソードです。, 「タレント」のタイトルは、実は「死ネ」というものだったのではないか?という不穏な考察も存在します。, 上の画像のように「死ネ」という文字が崩れて、「タレント」となったのではないかと言われているのです。, 都市伝説として「タレント」は様々な場所で話題に上がることがあり、2chのなんJでも何回か話に上がっています。, このようなスレッドでは「実際にタレントを観た」「怖い」という住民がいる一方、「話を聞いているうちに観たと思い込んだだけ」「存在しないエピソード」という意見も数多く見られます。, 結局は、自分の知っているドラえもんの怖いエピソードの話になることが多く、本当に「タレント」を放送当時に観た人がいるのかは不明です。, 「ドラえもんタレント」と検索をすると、歪んだドラミちゃんの顔画像や、改造されたドラえもんのぬいぐるみの画像が出てくることから、検索してはいけない言葉ともされています。, ちなみにドラミちゃんの歪んだ顔画像は、彼女の顔を模した気球が割れた時の画像であり「タレント」とは全く関係のない画像です。, 本当に「タレント」が放送されたのならば、動画などの証拠は残っているのでしょうか?またこの話が真実ならば、どうしてそのようなドラえもんらしからぬエピソードが存在したのでしょうか?, 1979年のアニメ版ドラえもんの開始当時「夢の町 ノビタランド」というエピソードが放送されました。, 「タレント」は、作中だけではなくタイトル画面も歪んでいたとされ、タイトルが「ビタレント」に見えたという人も存在します。, このことから、新しいエピソードの制作が間に合わず「夢の町 ノビタランド」を再放送したことが「タレント」の正体なのではないか?とも考えられています。, 電波が混信してしまったため、他のTV局で放送していたものと内容が混ざって「タレント」のような奇妙な回が誕生したのではないか?という考察もあります。, 発生の可能性は高くありませんが、電波障害が起きていたのであれば、作画が奇妙に歪んでいたことも頷けます。, 「タレント」は、ドラえもんのアニメの印象からかけ離れた内容のエピソードです。そのことから、他のアニメが間違って流されたのではないか?という放送事故説も存在します。, しかし、放送事故で流れた全く別のアニメを「ドラえもんの謎の回」と認識している人がいるというのは、奇妙な話です。, また、制作途中のアニメーションを誤って流したとのではないか?いう説もありますが、「タレント」をもとにしたような作品は存在しないことから、この説も信憑性が薄いと考えられています。, 原作のドラえもんのコミックスには「地球製造法」という話があり、この話の中では「タレント」の最終シーンに出てくるようなミニチュアの地球儀が登場します。, このように、他の話に出てきたアイテムや設定を断片的につなぎ合わせて作られたのが「タレント」なのではないか?という説もあります。, 複数の話を混同して、誰かの脳の中の勘違いとして生み出されたものが、都市伝説として語り継がれていったのではないかと考えられているのです。, 「タレント」が放送されたと言われている1984年に、1度だけ制作が間に合わなかったという回が存在します。, その時は、ドラえもんそのものが放送されなかったという説もあるのですが、この時に製作途中の作品が放送され、それが「タレント」だったのではないか?とも考えられています。, 様々な考察が存在しますが、「タレント」が放送された証拠となるようなものが残っていないため、本当に存在するエピソードなのか、真相は不明なままです。, また、一説には「タレント」が放送されたのは1984年の7月20日の金曜日と言われていますが、この日のドラえもんの内容は「のび太の童話旅行」と「四次元ポケットのスペア」の2本でした。, ネット上には、上の画像のような「タレント」のタイトル画像が存在しますが、これは近年作られた偽物であり、実際に放送された画像ではありません。, また、動画も存在しますが、これもネット上で語り継がれている「タレント」のあらすじをもとに作られたものとなっています。, しかし、この動画は実際再生してみると中身はドラえもんの「お座敷釣り堀」というエピソードであり、文字通り釣り動画でした。, YouTubeには、ネット上の「タレント」のあらすじをもとに作られた再現動画もアップされています。, このようなものが作られるということは、真偽はさておいても「タレント」がいかに人々の心に残る話であったのかが分かります。, ドラえもんには「タレント」以外にも、存在が囁かれている「行かなきゃ」という謎の回が存在します。ここでは、もう1つの都市伝説的エピソード「行かなきゃ」について紹介していきます。, 「行かなきゃ」は「タレント」のように、通常のドラえもんの放送枠で流れたのではなく、深夜に突然放送されたと言います。放送されたのは、1996年の9月23日であったそうです。, 「行かなきゃ」は、ドラえもんのオープニングテーマなどが一切流れることなく突然始まり、こちらに背を向けたのび太が真っ暗な背景の中、1人だけで歩いているというものだったと言います。, それだけの映像が10分程続いた後、のび太が肩越しにこちらを振り返り「行かなきゃ」と一言呟いて、唐突に終わるそうです。オープニング同様に、エンディングテーマも流れなかったと言われています。, 「行かなきゃ」が語り継がれる理由として、放送されたという1996年9月23日が、ドラえもんの原作者である藤子・F・不二雄先生の亡くなった日であったことがあげられます。, このことから「行かなきゃ」は、藤子・F・不二雄先生の追悼番組ではあったのではないか?と言われているのですが、藤子・F・不二雄先生の訃報が報じられたのは9月24日のことでした。, 作品自体が放送されたのかも謎の「行かなきゃ」ですが、このエピソードにはもう一つ奇妙な点があり、のび太の声が藤子・F・不二雄先生のものだったと証言する人が複数いたのです。, 「タレント」同様に「行かなきゃ」も、放送されたものをそのままあげた動画や画像は存在しません。, かつては「タレント」同様に、「行かなきゃ」も再現動画がYouTubeにアップされていたようです。しかし、現在は削除されており、あくまでも再現動画ですので放送された証拠とはなりません。, 藤子・F・不二雄先生の命日に放送されたということから、先生からの最期のメッセージだったと考えられる人も多い「行かなきゃ」。, こちらの話は「タレント」とは違い、存在していて欲しいと考える人がいることも特徴です。しかし、「タレント」と同じく、実際に存在したエピソードなのかどうかは不明です。, ドラえもんにはアニメ版の謎の回以外にも、多くの都市伝説が存在します。ここではドラえもんにまつわる都市伝説を紹介していきます。. あなたは、ドラえもんの謎の回『タレント ... 実際 に以下の話で ... また、同じく藤子不二雄先生の作品『キテレツ大百科』の44話と、『21エモン』の31話の映像にもそっくりな点があるようです。 絵柄も登場キャラクターも似ているので、あいまいな記憶で『ドラえもん』と一緒になってしまったのかもしれません。 まとめ . 逃亡 / ヨルシカ, ジェイミー ドー ナン 元 カノ, ウディタ ローグ ライク コモン, バロンチェア ヘッドレスト 中古, ヨドバシ 虫 刺され, 『ドラえもん』に「タレント」と呼ばれる幻の回があるのは知ってますか? 「タレント」は都市伝説として知られ、ネットを中心に噂されています。「タレント」は数多くの人が見ていると発言していますが、内容も統一されておらず真偽は定かではありません。そんな『ドラえもん』の「タレント」についてあらすじや真相についての考察、証拠画像は. Mantenh-se atualizado, confira tudo no Exponencial! こんにちは かっこいい 言い方, 夫婦 二人でできる 仕事, 配慮はします が 遠慮は しま せん アビーム, アニメ『ドラえもん』の歴史の中で最も不気味な回として知られているのが「タレント」という回。 「タレント」においては、作画が滅茶苦茶な上に、ストーリーも意味不明とのこと。更に放送されていた事実すら怪しい。余りにも不明瞭かつ不気味な内容である為、数ある都市伝説の中でもアニメファンの間で有名な都市伝説の1つ。 -それらを踏まえた上でスクロールしていただきたい- ワーホリ 面接 落ちる, 『ドラえもん』に「タレント」と呼ばれる幻の回があるのは知ってますか? 「タレント」は都市伝説として知られ、ネットを中心に噂されています。「タレント」は数多くの人が見ていると発言していますが、内容も統一されておらず真偽は定かではありません。そんな『ドラえもん』の「タレント」についてあらすじや真相についての考察、証拠画像はあるのかといったところを今回は調べました。, 『ドラえもん』は大人から子どもにまで愛される国民的作品です。アニメは1973年の4月から9月からの第一作、1979年から現在も放送されている第二作で合計2000話以上放映されています。『ドラえもん』を一話も見たことがない人はいないのではないでしょうか。ですがこの40年の放送の中で「タレント」と呼ばれる、謎に満ちた回が存在することはご存知ですか?この記事では噂の飛び交う「タレント」の真相に迫ります。, 幻の回「タレント」は1984年7月20日、または1983年9月16日に放送したと言われています。しかし1984年7月20日に放送したのは「のび太の童話旅行」と「四次元ポケットのスペア」、1983年9月16日に放送されたのは「ひっこし地図」、「コース決定機」、「しりとり変身カプセル」です。いずれも「タレント」という名前の回ではありませんし、『ドラえもん』で「タレント」という回を放送した記録は残っていません。, 同様にアニメの原作であるマンガ版『ドラえもん』にも「タレント」という回は存在しません。そもそも『ドラえもん』の話のタイトルは基本的に作中に出るひみつ道具の名前を使う場合が多いのですが、「タレント」なんてひみつ道具がある可能性は低いです。ひみつ道具の名前をタイトルに使わない回でも、タイトルは内容を想像できる端的なものばかりなのですが、「タレント」という名前から内容は想像できません。, アニメにもマンガにも存在しない、謎の多い『ドラえもん』の「タレント」ですが、放送を見た人はいる、また「タレント」を録画したビデオテープを持っている人がいるなどという都市伝説があるようです。もちろん実在する画像や証拠は出てきてはいないのですが、そのストーリーはまことしやかにささやかれています。ここでは『ドラえもん』の「タレント」のあらすじについて紹介します。, 「タレント」は雨の日、のび太が学校のグラウンドで「地下世界の商店街へ行きたい」とドラえもんに頼んだところから始まります。ドラえもんは「通りぬけフープ」のようなひみつ道具を使い、地面に穴を開けて、2人で地底世界へ向かいます。そしてしばらく降りたのび太とドラえもんは人工的な空間へたどり着きます。そこは地底だというのに、ライトがいらないほど明るく照らされていました。, そして地底世界へ降り立ったのび太とドラえもんのもとに、ベレー帽を被った少女が現れます。少女はあまりかわいくは描かれていないようでした。少女はのび太とドラえもんの姿を認めると、2人に「赤い封筒」、「えんぴつ」、「インク瓶」を手渡した後、なんと壁の中に消えてしまいました。, 出典: http://xn--r8j5f0bvmzfu96pu1vsg3fz4l.xyz, のび太とドラえもんは消えた女の子を追って壁に飛び込みます。その先にいたのは少女ではなく警察官のような服装の男と、白と黄色の縞模様の、学ランのような服装をした青年です。青年はなぜか泣いていました。男たちはのび太とドラえもんを見ると「君たちは撮影のために来たのか? もしそうなら撮影場所はあちらだ」と言い、2人を床板が木琴のように並ぶ通路へと案内します。, 通路の先にあったのは、地球のミニチュアとでも呼ぶべき大きな球体でした。のび太とドラえもんがそれをしばらく観察します。その球体から2人は前世を覗くような奇妙な既視感を覚えます。しかし球体は不意にぱっくりと割れ、内部から血のような黒っぽい液体を流し始めます。そして2人がそれを見て驚き、抱き合って絶叫することで、お話が終了します。, 一方で、「タレント」には別のストーリーがあると言われています。それはある日のび太とドラえもんがいつものようにのび太の部屋で話していると、いきなり場面が飛んで空き地へ移動。2人が知らないキャラ3、4人といるシーンが映ると再びシーンが移動、商店街でまた空き地のキャラとは別のキャラと2人が話すのですが無音で内容はまったく聞き取れず3分ほど経ったら終了してしまう、というものです。, 地底世界へ行く話、空き地や商店街へ行く話とバリエーションはありますが、おおよそ「タレント」はどこか怖い話であるようです。ただ『ドラえもん』は基本的に一話完結で、起承転結もしっかりしており「タレント」のような中途半端な終わらせ方をすることは少ないです。仮にこのような終わらせ方をする場合は、読者や視聴者に結末を想像させるような作りをしています。, また「タレント」には画像の細部で色々と違いがあり、例えばベレー帽の少女や警官ではなく宇宙人に出会うもの、警官ではなく学生に出会うもの、地球のミニチュアではなくピラミッドに人骨の散らばる光景だったなど様々です。意味不明な話が証拠もなく広まるために都市伝説と呼ばれるのでしょうが、「タレント」は数あるドラえもんの都市伝説の中でも特に謎に包まれているものであると言えます。, さて、ではどうして「タレント」などという謎の回が広まってしまったのでしょうか。画像もないため証拠もない噂であれば立ち消えになってもおかしくはないですが、こうして都市伝説として定着している以上、何らかの形で「タレント」のようなお話を見てしまった人がいるのではないかと推測されます。ここでは「タレント」の真相についての考察を紹介します。, 「タレント」には特徴的な点が2つあります。1つは非常に作画が不安定なことです。「タレント」ではキャラの顔は面長で線がゆがみ、色合いも悪かったと言われています。もう1つがタイトルが一定しないことです。「タレント」と呼ばれることが多いですが「ビタレント」、「ノビタレント」、「ノビタレントゲン」などとも呼ばれることがあります。, また話も起承転結がなく支離滅裂に展開することから、まとまった1つの話ではない可能性も高いです。つまりいくつかの話が映像が組み合わさってできているということです。実は1980年2月9日、静岡放送で放送後に誤ってアダルトビデオを放送してしまう放送事故が発生しました。「タレント」も同様に『ドラえもん』の没シーンをまとめたビデオを誤って流した結果という可能性は決して否定できません。, まず考えられるのはなんらかの放送トラブルが発生し、本来放送される話に異変が生じた可能性です。実際に「タレント」が放映したとされる1984年に一度、絵も脚本も間に合わず画像だけを他の回から集めて放送した回があったそうです。また一部地域で電波障害が生じ、正常に放送されなかった話が噂となって広まった可能性も考えられます。, 電波障害が起きた候補としては「ゆめの町 ノビタランド」が挙げられます。画像がゆがむほどの電波障害であれば「ノビタランド」が「ノビタレントゲン」、「ノビタレント」、「タレント」と見間違えられるのではないでしょうか。ただし「ゆめの町 ノビタランド」は1979年4月2日放送なので「タレント」とは放送時期がずれてしまいます。また電波障害だけでストーリーがここまで誤認されるか疑問が残ります。, 「タレント」は『ドラえもん』の似たような話に記憶違いをしてしまったことで生まれた可能性もあります。実は「タレント」に似ている話は『ドラえもん』にいくつか存在します。まず1つは「地球製造法」という回です。原作での初出はてんとう虫コミックス5巻、アニメで初めて放送されたのは1984年5月11日でした。, 「地球製造法」ではのび太が自分の部屋に小さな地球を作り、生物の進化を観察するのですが、最後には小さな地球が壊れてしまうという話です。小さな地球が出てきて壊れるという下りが「タレント」と重なります。アニメの放送が1984年なので、放送時期も合います。ただ「地球製造法」だけでは「タレント」と食い違いますので、おそらく別の話も混同しているのではないでしょうか。, また「地球製造法」以外にも「タレント」と似た話はあります。まず1984年に放映された「ドラえもんのび太の魔界大冒険」です。この映画にはジャイアンがミニチュアの地球に落下して、地球を割ってしまうシーンが冒頭にあります。1998年10月11日に放送された「地底の国探検」も「タレント」の有力な候補として挙げることができます。, 出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp, 「地底の国探検」は「ここほれワイヤー」というひみつ道具で空き地の地下深くに地底遺跡を見つけたのび太がドラえもんたちと地下の探検に行くのですが、人食い種族らしき地底人と出くわし、ドラミちゃんの助けで間一髪で逃げおおせるというお話です。あらすじから分かるようにかなり怖い回で、今でも『ドラえもん』のトラウマ回として名高い話となっています。, 「タレント」と「地底の国探検」の共通点を述べましょう。まず両者共に地下世界へ行きます。それから「地底の国探検」でのび太が使った「ここほれワイヤー」はもともと輪の形をしたひみつ道具です。これは「タレント」の冒頭でドラえもんが使った名称不明のひみつ道具と重なりますよね。また「タレント」の地底世界は明るく、「地底の国探検」の地下世界も地底探検車に明るく照らされていました。, 「地底の国探検」では地底人が人を食べると示唆するために人骨が描かれるなど「タレント」と「地底の国探検」には類似する点が数多くあります。「地底の国探検」が「タレント」の元となったというのはかなり信ぴょう性があるのではないでしょうか。, 「魔界大冒険」、「地球製造法」、「地底の国探検」の他にも1979年5月13日に放送された「地下鉄をつくっちゃえ」にも「タレント」に類似した場面があります。「地下鉄をつくっちゃえ」ではのび太とドラえもんが開通させた地下鉄を走らせると、上下青色に黄色のヘルメットを被った作業員と出会います。これは「タレント」に出てきた男性に似ています。また床板が木琴のような通路とは線路と枕木を表していると受け取れます。, また「タレント」と似た内容の作品としては地底世界を冒険する「のび太の地底国」や「のび太の竜の騎士」、あるいは『ドラえもん』ではないですが『キテレツ大百科』の第44話「ウルトラ迷路でウロウロどっきり!?」や『21エモン』の31話「目玉と口が散歩する?エモン・ゼロ次元の恐怖!」も挙げられます。証拠はないですが、「タレント」が今挙げたようなお話が記憶違いで混ざってできた可能性は充分に考えられます。, 「タレント」の話の成り立ちについては考察してきましたが、ではなぜ「タレント」は「タレント」という名前なのでしょうか。先に挙げた「ノビタランド」が崩れて「タレント」に見えたという考え方もできるのですが、実は「タレント」はある文字を分解したものなのです。その文字とは「死ネ」というもの。, 画像を見てもらえれば分かりますが確かに崩せば「タレント」に見えます。噂によると、一瞬だけ映った「死ネ」を「タレント」と誤読したことで「タレント」という名前が定着したとか。アニメ『ドラえもん』のスタッフがわざわざこんなタイトルをつけるはずもありませんし、もちろん証拠はありません。「ノビタランド」が崩れたものでないのなら、誰かが『ドラえもん』に悪意を持って考えたのかもしれません。, 都市伝説と化した『ドラえもん』の幻の回「タレント」ですが、直接の証拠となるような画像や動画はまだ見つかっていません。2chに「タレント」を放送した証拠となるキャプチャー画像をアップロードした人がいたそうですが、今は確認できません。また同じく「タレント」を録画したビデオを持っている人が証拠として2chに動画をアップロードしたそうですが、ファイルが壊れており、誰も見ることができなかったと言われています。, ただインターネットにある「タレント」の噂を集めて、再現した動画ならばYoutubeにありますので、興味を持った方は視聴してみてはいかがでしょうか。本家の『ドラえもん』の再現度も高めで画像も雰囲気がありますし、音楽もおどろおどろしく、なかなか怖い動画です。, 今回は『ドラえもん』の幻の回「タレント」について調べました。考察はありますが、肝心の「タレント」の有無については謎に包まれており、断言はできません。ただ存在するという証拠や画像もありませんから、今のところは色々な偶然や記憶違いが『ドラえもん』の「タレント」を作っている、ということにしておくべきでしょう。証拠は今後出るのでしょうか。信じるか信じないかは画面の前のあなた次第です。, ドラえもんの幻の回「タレント」とは?謎の都市伝説の真相・証拠画像を調査のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, ドラえもんの最新情報を続々更新! ここに来ればドラえもんのぜんぶがわかる公式サイトです!, ドラえもんといえば、知る人ぞ知る国民的アニメですが、話を見た事はなくてもドラえもんというキャラクターくらいは見た事があるという人が多い筈です。そんなドラえもんに、怖い話があるというのはご存知でしょうか?恐怖とは無縁の様にも思えるドラえもんですが、今回は怖いと噂の回や都市伝説についてをまとめてご紹介していきます。かわいら, ドラえもんには「行かなきゃ」という謎の回の都市伝説があります。この都市伝説はとても有名で、ネットで話題になりました。突然深夜に放送されたと言われているドラえもんの「行かなきゃ」には謎が多く、沢山の人が見たと証言している様ですが真相ははっきりと明かされていません。様々な説があるので、どの様な内容か?映像は残っているのか?. アイナナ 陸 リスト カット, アイドルマスター SideM 声という個性の輝きを オーディションで 見つけだす 価値. 結婚するまで しない 伝え 方, 洋服の青山 ジャケット カジュアル, ビジネス クラス 読書, ©Copyright 2020 Carat Woman. 二酸化 炭素濃度測定器 自作, 人気の作品には都市伝説が存在するケースが多くありますが、ドラえもんにもタレントと呼ばれる都市伝説回が存在するのをご存知ですか?怖い、不気味とドラえもんの印象からかけ離れた感想が寄せられるタレントについて、動画や放送した証拠はあるのかを含めて検証していきます。 放送したのはいまから約30年も昔。 リアルタイムで見た人たちの証言はあいまいで、そのせいか『タレント』にはいくつか異なるストーリーが存在することがわかりました。 一番有名なストーリーが以下になります。(情報を元にわかりやすくイラストをつけてみました。汚いのは大目にみてください) かなりストーリーとして意味不明…。 放送時は作画が崩壊し、顔が歪んでいたり線がぐにゃぐにゃ、色も明らかにおかしかったようです。 ドラえもんやのび太の声が別人だったという話も。 この話にはほか … 一方で、「タレント」には別のストーリーがあると言われています。それはある日のび太とドラえもんがいつものようにのび太の部屋で話していると、いきなり場面が飛んで空き地へ移動。2人が知らないキャラ3、4人といるシーンが映ると再びシーンが移動、商店街でまた空き地のキャラとは別のキャラと2人が話すのですが無音で内容はまったく聞き取れず3分ほど経ったら終了してしまう、というものです。『ハイキュー』は約8年半連載されてきた人気漫画です。『ハイキュ...ただインターネットにある「タレント」の噂を集めて、再現した動画ならばYoutubeにありますので、興味を持った方は視聴してみてはいかがでしょうか。本家の『ドラえもん』の再現度も高めで画像も雰囲気がありますし、音楽もおどろおどろしく、なかなか怖い動画です。バレー部を舞台にした『ハイキュー!!』には多くの高校が出てきて...かつて、週刊少年ジャンプの看板として連載されていた『銀魂』。そ...のび太とドラえもんは消えた女の子を追って壁に飛び込みます。その先にいたのは少女ではなく警察官のような服装の男と、白と黄色の縞模様の、学ランのような服装をした青年です。青年はなぜか泣いていました。男たちはのび太とドラえもんを見ると「君たちは撮影のために来たのか? もしそうなら撮影場所はあちらだ」と言い、2人を床板が木琴のように並ぶ通路へと案内します。銀魂の坂田銀時と童話の金太郎とは、同一人物がモデルになっている...「魔界大冒険」、「地球製造法」、「地底の国探検」の他にも1979年5月13日に放送された「地下鉄をつくっちゃえ」にも「タレント」に類似した場面があります。「地下鉄をつくっちゃえ」ではのび太とドラえもんが開通させた地下鉄を走らせると、上下青色に黄色のヘルメットを被った作業員と出会います。これは「タレント」に出てきた男性に似ています。また床板が木琴のような通路とは線路と枕木を表していると受け取れます。幻の回「タレント」は1984年7月20日、または1983年9月16日に放送したと言われています。しかし1984年7月20日に放送したのは「のび太の童話旅行」と「四次元ポケットのスペア」、1983年9月16日に放送されたのは「ひっこし地図」、「コース決定機」、「しりとり変身カプセル」です。いずれも「タレント」という名前の回ではありませんし、『ドラえもん』で「タレント」という回を放送した記録は残っていません。犬岡走とは漫画ハイキュー!!に登場するキャラクターの1人です。...アニメ「銀魂」の烙陽決戦篇では数多くの登場人物たちが活躍してい...『ドラえもん』に「タレント」と呼ばれる幻の回があるのは知ってますか? 「タレント」は都市伝説として知られ、ネットを中心に噂されています。「タレント」は数多くの人が見ていると発言していますが、内容も統一されておらず真偽は定かではありません。そんな『ドラえもん』の「タレント」についてあらすじや真相についての考察、証拠画像はあるのかといったところを今回は調べました。「タレント」は『ドラえもん』の似たような話に記憶違いをしてしまったことで生まれた可能性もあります。実は「タレント」に似ている話は『ドラえもん』にいくつか存在します。まず1つは「地球製造法」という回です。原作での初出はてんとう虫コミックス5巻、アニメで初めて放送されたのは1984年5月11日でした。また「地球製造法」以外にも「タレント」と似た話はあります。まず1984年に放映された「ドラえもんのび太の魔界大冒険」です。この映画にはジャイアンがミニチュアの地球に落下して、地球を割ってしまうシーンが冒頭にあります。1998年10月11日に放送された「地底の国探検」も「タレント」の有力な候補として挙げることができます。都市伝説と化した『ドラえもん』の幻の回「タレント」ですが、直接の証拠となるような画像や動画はまだ見つかっていません。2chに「タレント」を放送した証拠となるキャプチャー画像をアップロードした人がいたそうですが、今は確認できません。また同じく「タレント」を録画したビデオを持っている人が証拠として2chに動画をアップロードしたそうですが、ファイルが壊れており、誰も見ることができなかったと言われています。「銀魂 さらば真選組篇」は、局長・近藤勲と長官・松平片栗虎の逮...暗殺教室でも以外なキャラクター性を持っていると言われるのが竹林...アニメにもマンガにも存在しない、謎の多い『ドラえもん』の「タレント」ですが、放送を見た人はいる、また「タレント」を録画したビデオテープを持っている人がいるなどという都市伝説があるようです。もちろん実在する画像や証拠は出てきてはいないのですが、そのストーリーはまことしやかにささやかれています。ここでは『ドラえもん』の「タレント」のあらすじについて紹介します。また「タレント」には画像の細部で色々と違いがあり、例えばベレー帽の少女や警官ではなく宇宙人に出会うもの、警官ではなく学生に出会うもの、地球のミニチュアではなくピラミッドに人骨の散らばる光景だったなど様々です。意味不明な話が証拠もなく広まるために都市伝説と呼ばれるのでしょうが、「タレント」は数あるドラえもんの都市伝説の中でも特に謎に包まれているものであると言えます。まず考えられるのはなんらかの放送トラブルが発生し、本来放送される話に異変が生じた可能性です。実際に「タレント」が放映したとされる1984年に一度、絵も脚本も間に合わず画像だけを他の回から集めて放送した回があったそうです。また一部地域で電波障害が生じ、正常に放送されなかった話が噂となって広まった可能性も考えられます。「タレント」は雨の日、のび太が学校のグラウンドで「地下世界の商店街へ行きたい」とドラえもんに頼んだところから始まります。ドラえもんは「通りぬけフープ」のようなひみつ道具を使い、地面に穴を開けて、2人で地底世界へ向かいます。そしてしばらく降りたのび太とドラえもんは人工的な空間へたどり着きます。そこは地底だというのに、ライトがいらないほど明るく照らされていました。地底世界へ行く話、空き地や商店街へ行く話とバリエーションはありますが、おおよそ「タレント」はどこか怖い話であるようです。ただ『ドラえもん』は基本的に一話完結で、起承転結もしっかりしており「タレント」のような中途半端な終わらせ方をすることは少ないです。仮にこのような終わらせ方をする場合は、読者や視聴者に結末を想像させるような作りをしています。電波障害が起きた候補としては「ゆめの町 ノビタランド」が挙げられます。画像がゆがむほどの電波障害であれば「ノビタランド」が「ノビタレントゲン」、「ノビタレント」、「タレント」と見間違えられるのではないでしょうか。ただし「ゆめの町 ノビタランド」は1979年4月2日放送なので「タレント」とは放送時期がずれてしまいます。また電波障害だけでストーリーがここまで誤認されるか疑問が残ります。『ドラえもん』は大人から子どもにまで愛される国民的作品です。アニメは1973年の4月から9月からの第一作、1979年から現在も放送されている第二作で合計2000話以上放映されています。『ドラえもん』を一話も見たことがない人はいないのではないでしょうか。ですがこの40年の放送の中で「タレント」と呼ばれる、謎に満ちた回が存在することはご存知ですか?この記事では噂の飛び交う「タレント」の真相に迫ります。「タレント」と「地底の国探検」の共通点を述べましょう。まず両者共に地下世界へ行きます。それから「地底の国探検」でのび太が使った「ここほれワイヤー」はもともと輪の形をしたひみつ道具です。これは「タレント」の冒頭でドラえもんが使った名称不明のひみつ道具と重なりますよね。また「タレント」の地底世界は明るく、「地底の国探検」の地下世界も地底探検車に明るく照らされていました。「暗殺教室」は2012年から2016年まで週刊少年ジャンプに連...アニメ「銀魂」の死神篇は、主人公の坂田銀時の過去が描かれていま...同様にアニメの原作であるマンガ版『ドラえもん』にも「タレント」という回は存在しません。そもそも『ドラえもん』の話のタイトルは基本的に作中に出るひみつ道具の名前を使う場合が多いのですが、「タレント」なんてひみつ道具がある可能性は低いです。ひみつ道具の名前をタイトルに使わない回でも、タイトルは内容を想像できる端的なものばかりなのですが、「タレント」という名前から内容は想像できません。また「タレント」と似た内容の作品としては地底世界を冒険する「のび太の地底国」や「のび太の竜の騎士」、あるいは『ドラえもん』ではないですが『キテレツ大百科』の第44話「ウルトラ迷路でウロウロどっきり!?」や『21エモン』の31話「目玉と口が散歩する?エモン・ゼロ次元の恐怖!」も挙げられます。証拠はないですが、「タレント」が今挙げたようなお話が記憶違いで混ざってできた可能性は充分に考えられます。戸美学園とは漫画ハイキュー!!に登場する学校の1つです。漫画ハ...漫画・アニメ「ハイキュー」の強さ・最強ランキングを考察!高校バ...画像を見てもらえれば分かりますが確かに崩せば「タレント」に見えます。噂によると、一瞬だけ映った「死ネ」を「タレント」と誤読したことで「タレント」という名前が定着したとか。アニメ『ドラえもん』のスタッフがわざわざこんなタイトルをつけるはずもありませんし、もちろん証拠はありません。「ノビタランド」が崩れたものでないのなら、誰かが『ドラえもん』に悪意を持って考えたのかもしれません。「タレント」の話の成り立ちについては考察してきましたが、ではなぜ「タレント」は「タレント」という名前なのでしょうか。先に挙げた「ノビタランド」が崩れて「タレント」に見えたという考え方もできるのですが、実は「タレント」はある文字を分解したものなのです。その文字とは「死ネ」というもの。ドラえもんの幻の回「タレント」とは?謎の都市伝説の真相・証拠画像を調査のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。銀魂には神楽というキャラクターが登場します。可愛いヒロインキャ...「地底の国探検」では地底人が人を食べると示唆するために人骨が描かれるなど「タレント」と「地底の国探検」には類似する点が数多くあります。「地底の国探検」が「タレント」の元となったというのはかなり信ぴょう性があるのではないでしょうか。さて、ではどうして「タレント」などという謎の回が広まってしまったのでしょうか。画像もないため証拠もない噂であれば立ち消えになってもおかしくはないですが、こうして都市伝説として定着している以上、何らかの形で「タレント」のようなお話を見てしまった人がいるのではないかと推測されます。ここでは「タレント」の真相についての考察を紹介します。銀魂に登場する神楽というキャラクターはヒロインキャラクターです...海信行とは漫画ハイキュー!!に登場するキャラクターの1人です。...大人気コミック「銀魂」の主要キャラ・志村新八は銀時の営む万事屋...「地底の国探検」は「ここほれワイヤー」というひみつ道具で空き地の地下深くに地底遺跡を見つけたのび太がドラえもんたちと地下の探検に行くのですが、人食い種族らしき地底人と出くわし、ドラミちゃんの助けで間一髪で逃げおおせるというお話です。あらすじから分かるようにかなり怖い回で、今でも『ドラえもん』のトラウマ回として名高い話となっています。そして地底世界へ降り立ったのび太とドラえもんのもとに、ベレー帽を被った少女が現れます。少女はあまりかわいくは描かれていないようでした。少女はのび太とドラえもんの姿を認めると、2人に「赤い封筒」、「えんぴつ」、「インク瓶」を手渡した後、なんと壁の中に消えてしまいました。通路の先にあったのは、地球のミニチュアとでも呼ぶべき大きな球体でした。のび太とドラえもんがそれをしばらく観察します。その球体から2人は前世を覗くような奇妙な既視感を覚えます。しかし球体は不意にぱっくりと割れ、内部から血のような黒っぽい液体を流し始めます。そして2人がそれを見て驚き、抱き合って絶叫することで、お話が終了します。「タレント」には特徴的な点が2つあります。1つは非常に作画が不安定なことです。「タレント」ではキャラの顔は面長で線がゆがみ、色合いも悪かったと言われています。もう1つがタイトルが一定しないことです。「タレント」と呼ばれることが多いですが「ビタレント」、「ノビタレント」、「ノビタレントゲン」などとも呼ばれることがあります。大人気コミック「銀魂」に登場するお登勢は、かぶき町四天王の一人...ウェブサイト「読解アヘン」で公開されているウェブ漫画「堀さんと...個性豊かなキャラクターが登場するギャグ漫画・『銀魂』。そんな『...「地球製造法」ではのび太が自分の部屋に小さな地球を作り、生物の進化を観察するのですが、最後には小さな地球が壊れてしまうという話です。小さな地球が出てきて壊れるという下りが「タレント」と重なります。アニメの放送が1984年なので、放送時期も合います。ただ「地球製造法」だけでは「タレント」と食い違いますので、おそらく別の話も混同しているのではないでしょうか。『暗殺教室』の不気味な女子生徒である狭間綺羅々がかわいいと話題...また話も起承転結がなく支離滅裂に展開することから、まとまった1つの話ではない可能性も高いです。つまりいくつかの話が映像が組み合わさってできているということです。実は1980年2月9日、静岡放送で放送後に誤ってアダルトビデオを放送してしまう放送事故が発生しました。「タレント」も同様に『ドラえもん』の没シーンをまとめたビデオを誤って流した結果という可能性は決して否定できません。今回は『ドラえもん』の幻の回「タレント」について調べました。考察はありますが、肝心の「タレント」の有無については謎に包まれており、断言はできません。ただ存在するという証拠や画像もありませんから、今のところは色々な偶然や記憶違いが『ドラえもん』の「タレント」を作っている、ということにしておくべきでしょう。証拠は今後出るのでしょうか。信じるか信じないかは画面の前のあなた次第です。, 謎の回「タレント」が放送された理由は?映像は残ってる? 03.