スタッフによるクルマ紹介. さらに、BMWは、今までのライトと比較して照射距離で2倍、明るさで5倍の性能を持つ、i8や新型7シリーズに採用された「レーザーライト」の進化形「M4 Concept Iconic Lights」を発表。ナビと連動してカーブ前方の照射や歩行者への選択的なスポットライト照射、最大で100m先に存在する人や動物を検知しドライバーへの警告などを可能にした。, 暗闇を照らすという超基本的な性能であるライト。ハロゲン、ディスチャージ、LEDと光源は進化し続けたが、センサー技術の進化によって、その光をしっかりと制御し、見るべき場所を見やすく、他の車や歩行者の邪魔にならないように照らすことができるようになってきた。安全装備では自動ブレーキなどが注目されがちだが、ライトの進化も重要だ。, 【フェルディナント・ヤマグチ×編集長 時事放談】新しい生活様式と自動車について(前編), 【功労車のボヤき】全然納得できないし信じられないけど……安いの……泣! プジョー 406クーペ, セダンとSUVで値動きは大きく異なる? AMGの中古車相場をチェック!【MARKET EDGE】, SUV全盛期だからこそ、美しい英仏ステーションワゴンで差をつけるのがEDGEな選択!, 西川淳の「SUV嫌いに効くクスリをください」 ランドローバー 新型ディフェンダーの巻, 【2020年10月】カーセンサーnetでよくチェックされた中古車トップ10はコレだ!, ▲茨城県内で2012年に発生した夜間の死亡事故では、その半分はヘッドライトがハイビームならば回避されていた可能性が指摘されている, ▲ライトは個別に制御できる発光ダイオードとクリスタルのような光沢を有し、高精度な明かりを提供。写真はS6のヘッドライト, ▲ALHは、対向車に対する防眩だけでなく、約40km/h以下での走行時に、従来のロービームでは光が届かなかった左右方向をヘッドライトの外側に備えたワイド配光ロービームで照らし、夜間の交差点などでの視認性を高める機能なども備える. ハイビームアシストのついたスズキ車!ライトを自動で切り替えしてくれるから便利♪ 最近では結構有名になってきた「夜間はハイビームが基本」という事実。道路交通法では、対向車とすれ違うときや前方に車がいるときにロービームへと切り替えるのが、ヘッドライトの正しい使い方なのだ。 中古車の記事や読み物はカーセンサーnet アダプティブハイビーム&オートマチックハイビームは、最近のトヨタ車で採用が進んでいる機能。しかし使っていると、ちょっと気になることがあるかも。もともと便利な機能を、より使いやすくするためのキットが出たので、要チェック。 トレンド > 夜間など暗い道をロービームで走行中、 システムが前方の状況を検知。 街灯などがなくて暗い場合、 見やすいように自動でハイビームに。 先行車や対向車を検知すると、 ロービームに切り替えます。 先行 … ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! 最近、大通りから1本入った交通量が少ない道路を歩いていたり、クルマで走っていると、対向車がハイビームにしているクルマが多くなりました。なかにはロービームに切り替えをしないで走っているクルマが多くて、イラッとすることがありませんか? オートハイビームをご存じですか?自動でハイビームとロービームに変換してくれる機能で、自分で切り替えなくても勝手に切り替わるシステム!!現代の車はまさにハイテクのかたまりですわ。軽自動車でも当たり前のように取り付けられていますからね。 さらに進化したヘッドライトは、対向車を照らす部分だけをロービームにするというもの。有名なのはAudiの「マトリックスLEDテクノロジー」だ。多数の独立したLEDで構成された「LEDハイビーム」を用いることで、対向車や前方を走る車に直接当たる部分はロービームに切り替え、それ以外のゾーンはハイビームでフルに照らし続けるということが可能になった。, 日本の自動車メーカーでは、マツダの「ALH(アクプティブ・LED・ヘッドライト)」がほぼアウディと同じ考え方を採用している。ハイビームは、4ブロックに分かれたLEDを個別に点灯・消灯可能で、フロントガラスに設置したカメラで対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知すると、その部分を含むブロックのLEDを消灯して照射範囲をコントロールしてくれる。, トヨタがレクサス車やクラウンに採用している「AHS(アダプティブ・ハイビーム・システム)」は、それらとが仕組みは異なる。AHSはインナーミラーに搭載した前方カメラで、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを判別。前方車両や対向車両に光が当たる部分のハイビームだけ遮光板で自動的に遮ることができる。 2019年3月15日にJAF(日本自動車連盟)が、最近装着車が増えているオートハイビームの効果・性能に関する検証結果を発表。検証結果の詳細は後述するが、簡単にまとめると「効果は確認できるが、現時点では万能ではない」というものだった。, 実はオートハイビームとひと口に言っても、メーカーにより機能が異なる場合もあり、便利な反面思わぬ落とし穴もある。, 特に自転車や歩行者の立場で「最近、車のライトが眩しくなったな……」と感じられた方は多いのではないだろうか。その原因がよくわかります。, オートハイビームを装着する目的・機能は、「夜間により広く、長い距離を照らせるハイビームを積極的に使うため、ドライバーが行うロービームとハイビームの切り替えが減るよう、切り替えを自動で行うこと」だ。, 概要を見ると非常に便利な有難い装備であるが、実際どのような仕組みになっているのか? 大まかに言うと「カメラで前方の情報を収集し、状況に応じてロービームとハイビームを切り替える」というのがその仕組みだ。, 最近の車には衝突の回避・被害軽減に絶大な効果を持つ緊急自動ブレーキの装着が当たり前になりつつある。, 多くの緊急自動ブレーキには、車線逸脱の防止や歩行者検知のため単眼カメラか、スバルやダイハツなら2つのカメラから構成されるステレオカメラなど、何らかのカメラが装着されている。, そのカメラに、オートハイビームの作動に必要な対向車や先行車、周囲の明るさを検知する機能も盛り込み、ロービームとハイビームを自動で切り替えている。, このようにオートハイビームは、ほぼ緊急自動ブレーキの付帯機能、一部と考えられるので、ここ3~4年以内に登場した緊急自動ブレーキ付きの車ならほとんどに装着されていると思っていいだろう。, ただし、輸入車の一部などには緊急自動ブレーキのセンサーにカメラを使っていない車もあり、そのためオートハイビームが付いていないケースや、逆にスバル WRX STIにオプション設定される「アドバンスドセーフティパッケージ」のように「緊急自動ブレーキはないけれど、主にオートハイビーム用のカメラが付いており、オートハイビームが機能する」という車もある。, そのため、自分の車にオートハイビームが付いているのか否かを確認し、使い方を把握する意味も兼ねて、操作パネルやメーター内の表示、取扱説明書を確認しておいた方が無難だ。, 基本的な機能はここまで書いた通りだが、最新のオートハイビームには「周りに迷惑にならない範囲で最大限ハイビームを使って、少しでも夜間の視野を広げよう」という思想を持つものも登場している。, これはトヨタ&レクサスの「アダプティブハイビーム(AHB)」、マツダの「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」などが該当する。, 仕組みとしては、前方の情報を収集するカメラと、マツダのALHという意味の通り、細かいオン・オフが得意なLEDヘッドライトを組み合わせるというもの(この場合、LEDヘッドライトのなかでも三眼タイプなど複雑なものが必要になり、残念ながらコストは高い)。, そのため、「対向車はいるけど先行車はいない」といったシーンでは、対向車の迷惑にならないよう右側はロービーム、左側は視野を広げるためハイビームを使うといった細かな作動を行い、より積極的にハイビームを使って少しでも夜間の視野を広げるという恩恵が受けられ、夜間走行時の安全性向上に寄与する。, さて、冒頭に書いたJAFのオートハイビームの検証結果をもとに、現状のオートハイビームの性能を考察していこう。, JAFが行ったテストでは、トヨタ カローラスポーツ、日産 セレナ、ホンダ CR-Vという細かい切り替え機能のないオーソドックスなオートハイビームが付く、ジャンルの異なる車を使用し、2つのテストを行った。, オートハイビームをオンにし、ロービームで対向車に向かって60km/hで走行。対向車とすれ違い後ハイビームに自動で切り替わった時間を測定。, 3台とも対向車とのすれ違い後、1秒~3秒台の短時間でロービームからハイビームに切り替わった。ただし、切り替わるまでに対向車の直後から歩行者が横断することもあり得るので、注意が必要。, オートハイビームによりハイビームで60km/hで走行。対向乗用車・バイク・先行乗用車・自転車・歩行者という対象物に対し、ロービームに切り替わる距離を測定。, 車両に対しては、対向乗用車/約750m手前、先行乗用車/約580~670m手前、バイク/約190~490m手前と、充分な距離を保ってハイビームからロービームに切り替わったが、自転車と歩行者に対してはロービームに切り替わらずハイビームのままだった。, テスト2が現状のオートハイビームの盲点で、機能紹介を見ると「先行車や対向車に応じて」とは記載されているが、現状「自転車や歩行者も把握する」というオートハイビームは、おそらく存在しない。, 現状の技術では自転車や歩行者の有無まで加味してロービームとハイビームを切り替えるのは困難ということだ。, そのため、オートハイビームが付いていても、先行車追従型のクルーズコントロールや緊急自動ブレーキと同じように、「有効な運転支援システムではあるけれど万能ではなく、周囲の状況や天候などによっては適切に作動するとは限らない」、「そのため機械任せにせず、ドライバーによる正しい操作や監視が必要」という認識を強く持ってほしい。, 機能よりモノっぽさで勝負!? オートハイビームを装着する目的・機能は、「夜間により広く、長い距離を照らせるハイビームを積極的に使うため、ドライバーが行うロービームとハイビームの切り替えが減るよう、切り替えを自動で行 … なぜ、ハイビームでの運転が必要なのか。それは、照射距離が大きく関わっている。ロービームの照射距離は約40m。一方、ハイビームは約100m。時速60kmでの停止距離は約40mなので、下向きの場合、歩行者がライトに照らされた時点では事故回避が困難な場合が多いという。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 静岡県でCAR-GRADE(カーグレード)を営んで降ります。車を綺麗にすることが大好きなおっちゃんです♪車に関する様々な情報を発信しています。, 本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか?大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか?そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?. ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限度があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、状況に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。 メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. オートハイビームを装着する目的・機能は、「夜間により広く、長い距離を照らせるハイビームを積極的に使うため、ドライバーが行うロービームとハイビームの切り替えが減るよう、切り替えを自動で行うこと」だ。 ALHやAHSなどハイビームとロービームを自動で切り替える最新ヘッドライトのあれこれ, 最近では結構有名になってきた「夜間はハイビームが基本」という事実。道路交通法では、対向車とすれ違うときや前方に車がいるときにロービームへと切り替えるのが、ヘッドライトの正しい使い方なのだ。 自動でハイビームとロービームに変換してくれる機能で、自分で切り替えなくても勝手に切り替わるシステム!!, ですが、口コミをみると様々な意見があり、その口コミがオートハイビームの不評・・・・, 自動でヘッドライトのハイビームとロービームを調節する機能、それがオートハイビームです。, ハイビームとロービームの切り替えは、手動で行うのがいままででしたが、それを自動でやってくれるというから驚きです。, 皆さんも、夜間走行中に対向車がいない場合は、ヘッドライトをハイビームにすると思いますが、その理由って光が遠方にまで届くため、視界もすっきりしますし、歩行者がいた場合にその存在に気づきやすくなるメリットがあるからですよね。, 対向車が来ないときはハイビーム、対向車が来たときはロービーム、すれ違ったあとはまたハイビームと、これら一連のライトの変換をオートでやってくれるのがこの技術です。, たまにやってしまうハイビームにしたまま走行し、対向車にパッシングされて初めてハイビームだったことに気づく、なんてことがなくなります。, 結論からいえば、歩行者や自転車ではオートハイビームはうまく機能しないし、街頭や標識、ガードレールの反射板など、さまざまな要素にさまたげられてうまく機能しないときもあるんですよね・・・, ただし、メーカーによって解除方法が異なり操作方法も違うので、ご自分の車がオートハイビーム機能付きの車であれば、取り扱い説明書に目を通していただければ詳細を確認することができます。, 日産やホンダでは、ホームページに解除方法がのって降りますので参考にして頂ければと思います。, 結論からいえば、歩行者や自転車ではオートハイビームはうまく機能しないし、街頭や標識、ガードレールの反射板など、さまざまな要素にさまたげられて、うまく機能しないときが多いんですよね・・・, 最近はLEDライトが普及してきた事やSUV車の人気により、ハイビームは以前よりもさらにまぶしく感じられるようになってきたといえるでしょうね。, カメラ・ミリ波レーダー・赤外線になるんですが全ての物を装着すればより高度なオートハイビームになるのですが、そうすればおのずと車両代金も高額になってしまいますよね・・・・, カメラにも単眼カメラの場合や2カメラ式もあったりとメーカーにより採用方法が違ってきます。, ですので多少の精度の違いはあるのかも知れませんが、そうたいして変わらないのが現状ですね。, アウディが採用してるオートハイビーム機能のマトリックスLEDテクノロジーは、その精度が最も高く評判も上々なんです!, そう考えると、今後に期待が持てますが、その分車両価格も上がりますって事なんだよね(;゚ロ゚), そういった事で、今の現状のオートハイビームはトラブルになる危険性も高いので設定を解除したり、使わない人が多いのも頷けますよ。, 何でもかんでも自動にすれば良いって事ではありませんが、このチャレンジが事故の無い世界を作り出すのです!!, もちろん、この世に完全ということはありませんので、走行中の状況によってはうまく機能しない場合もあります。, 失敗だけに注目するよりも、新しい可能性を秘めた技術の登場を素直に喜んだほうが生産的です。, […] 最近の車は、ロービームとハイビームを勝手に切り替えてくれる装備が着いていますからね^^ […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 元ホームラン王、山崎武司が語る「僕は中古車を買うときは整備士のようにチェックします(笑)」>>, ヘッドライトはハイビームが基本! 面倒なハイ/ロービームを自動で切り替えてくれる最新モデルたちをご紹介!, リトラクタブルヘッドライトを国産で初搭載したのはトヨタ2000GT。では国産最後の搭載車は?, ヘッドライトのレンズをクリーン&コート[ホルツ ヘッドライトくすみ消し&コーティング], 【2019年版】人気の輸入車SUV10選|イケパパ&オシャレ男子に送るお得に買える中古車はコレだ!, ノート e-POWERを買ってから1年半。約2万km乗ったリアルオーナーが今買おうとしている人に伝えたいこと, 【2020年版】子育て世代にオススメ。100万円&150万円以下でお得に狙えるスライド付き軽自動車10選, 人気の3列シート/7人乗りSUV10選|総額150万円以下のお得なモデルからプレミアムモデルまで紹介!, リモコンキーでドアが開かない! 電池切れかも? そんなときの「電池交換」「ドア開錠」「エンジン始動」方法, 自宅に充電設備なしで電気自動車 リーフを購入→半年乗ったから正直な感想をシェアする. Automotive media that supports your car's interest from the user's perspective, その自動切り替えシステムをさらに発展させたといえるのが「アダプティブヘッドライト」などと呼ばれるハイビーム自動調光システムである。これは前走車や対向車の部分だけを避けるように照射範囲を自動制御するというもので、周囲に迷惑をかけないようにしながら、可能な限り遠くまで光を届かせることができる。, とくにAEBの制御などにカメラセンサーを使っているクルマにおいてはヘッドライトでの照射範囲は、そのままセンサー能力に直結する。メーカーによって呼び名は異なるが、今後採用の拡大が期待できる先進安全装備のひとつだ。, アダプティブヘッドライトが照射範囲を調整する方式は大きく3つある。主流といえるのが「アレイ式」だ。仕組みとしてはLED多灯型のヘッドライトを使い、それぞれのLEDをオン/オフすることで照射範囲をコントロールしようというものだ。トヨタ/レクサスやマツダ車の採用例が目立つ。, そのほか「シェード式」もある。先代のレクサスLSに採用されるなど10年近く前から存在する方式で、可動式シェードにより配光パターンを変えるというもの。アレイ式に比べると調整範囲は大雑把になる印象もあるが、歴史のある仕組みだけに安心感のあるシステムだ。現行モデルでの採用例としてはスバル・フォレスターがあげられる。, 最後に紹介する最新の方式が「ブレードスキャン式」。レクサスRXに採用される世界初の調光システムだ。基本構造は、LED光源をミラータイプのブレードに当て、その反射光により前方を照らすというもの。, 斜めに置かれたブレードが回転することで左から右へと照射するが、高速回転しているため人間の目には前方をしっかりと照らしているように見えるという構造になっている。そして、前方の状況をカメラなどで検知、対向車など照らしたくない部分だけ光源をオフにすれば無段階に照射範囲をコントロールできるというわけだ。, このようにアダプティブヘッドライトは日々進化している。トヨタの調査によると自動ハイビームシステムによってハイビームになる作動率は20%程度だというが、アダプティブヘッドライトにすることでハイビームの作動率は85%まで上がるという。すなわち夜間の安全性を向上させる効果が大きいということ。前述したように先進運転支援システムにとってもアダプティブヘッドライトは有効であり、ますます進化・普及が進むことだろう。, 名車「スカイラインGT-R」に4枚ドアで乗れる愉悦! パトカーまであった「R33オーテック」の唯一無二っぷり, 思わず道を譲ってしまう「オラ系」ベンツの正体! 「ロリンザー」「ブラバス」「カールソン」の御三家チューナーとは, 富士の麓で「ドライブ・イン・花火」! 「Jeep HANABI 2020」の粋で壮観な「リアルイベント」の中身, すべてが「貴重」! 全部「名車」! STIの限定車「Sシリーズ」の中古相場と買いのモデルとは, 三菱はランエボだけじゃない! 本気すぎるコルト「ラリーアート・バージョンR」が与えた衝撃, 冬なのにオーバーヒート? ハイビームもダメ? 「雪道のドライブ」で気をつけておくべき6つのポイント, 世界初の調光機能付きコンタクトレンズ! 光に合わせてレンズの色が変化し、快適ドライビングをアシスト, ダサいはずなのになぜ? マイルドヤンキー御用達「オラオラ顔」なクルマが支持を得ている理由.