CO2排出量:- 公開日 2020/11/10 07:03最終更新日 2020/11/10 07:03, 2020年3月22日に発表され、6月頃からデリバリーが開始されている新型メルセデス・ベンツGLS。2代目となる新型のサイズは、全長5220×全幅2030×全高1825mm、ホイールベースは3135mmとなっています。なお、GLSは「GL」と名乗っていた2006年から2016年の時期を含むと3世代目になります。, 新型GLSは、エクステリア・インテリアのデザインが一新され、最新技術と装備が搭載されています。, インテリアには現行Aクラスで初導入された対話型インフォテインメントシステムの「MBUX」と、最新の安全運転支援システムが用意されています。, ラインアップは、今回試乗する機会を得た直列6気筒ディーゼルターボを積む「GLS 400 d 4MATIC」、V型8気筒ガソリンエンジンとの組み合わせでは日本初導入になる「ISG」が搭載された「GLS 580 4MATIC スポーツ」が設定されています。室内は巨体を活かしてとにかくゆったりしています。, 前席は横方向も広々していて、全身を包むシートも大きく、高めのフロアは大型SUVらしい高いアイポイントをもたらします。2列目も堂々たるシートサイズに加えて、足元、頭上空間共に広く、身長180cmの人が前後席に4人座っても余裕は十分に残りそう。, 2人掛けのサードシートも収まってしまえば意外と座れる(なにせ194cmの身長の大人座れるという謳い文句)ものの、床から座面までの高さは低く、シートサイズも小ぶりになっているのは、致し方ないところでしょう。それでも巨体を活かして足元、頭上には比較的余裕があります。, 乗降性は開口部の拡大により先代よりも改善していますが、それでもフロアが高く、開口部はかなり狭いため乗降時には大きく腰を屈める必要があります。この乗降性を考慮すると、フルサイズSUVのGLSとはいっても子ども用、短時間、非常用と割り切る必要はありそうです。, サードシートとセカンドシートは背もたれをフラットに拡大できます。試乗車はサードシートの電動調整機構が不調で前倒しできませんでしたが、大きな荷物や長尺物を容易に積載できるのも美点です。3列目使用時の荷室容量は470Lで、セカンドシートとサードシートの両方を倒すと最大2400Lまで拡大します。, また、トランクスルー機構により積み込める横幅が72mm拡大され、長尺物もより簡単に出し入れできるようになっています。さらに、スイッチ操作によりリヤの車高が約50mm下がり、重い荷物や大きな荷物の出し入れもよりスムーズにできるようになったのも朗報といえそうです。, 重厚でソフトな乗り心地、スムーズな直列6気筒ディーゼルターボを設定する新型GLS。ファミリーの使い方にマッチするキャビン、ラゲッジスペースなどが備えられていて、ボディサイズを許容できれば高い実用性も備えています。, 冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗. ベロフ「プレシャス・レイZ」なら1万円でLEDヘッドライトに交換!梅本まどかがやってみた!! クルマで!出先で!お家でも使える8インチタブレット!! メルセデスベンツglsクラスではオフロード走行もこなすタフさと先進性がつくられていましたが、マイバッハglsクラスではより安定感のある上質なデザインとされています。 . 全長:5220mm GLAの全長を伸ばし7名定員とした高ユーティリティモデル 【メルセデス・ベンツGLB 250 4マチック スポーツ試乗】, 安心して乗れるメルセデス最小のSUV 【メルセデス・ベンツGLA 200d 4マチック AMGライン試乗】, これだけの巨漢で燃費は10.9km/L!2代目メルセデス・ベンツGLSはソフトな乗り心地と高い静粛性が魅力, ホンダが新型「CIVIC(シビック)」プロトタイプを11月17日にワールドプレミア!, クラウン、レジェンド、MAZDA6 …2020年11月は国産セダンのターニングポイント【週刊クルマのミライ】, オプション込み1000万円級でも完売したボルボ「V60 T8 Polestar Engineered」の内・外装をチェック, ヤマハこだわりの洗練デザインはまるで走る芸術品のよう【ヤマハMT-03・デザイン編】, メルセデス・ベンツ 4ドアセダンの最高峰。700馬力のAMG「S63e」開発車両をキャッチ. メルセデス・マイバッハが、最上級SUVとなる「マイバッハGLSクラス」を発表しました。, 最上級ブランドとして走りや質感をアップする新型マイバッハGLSクラスについて、スペックやボディサイズ、価格などを最新情報からご紹介します。, メルセデス・マイバッハが、新設定するSUV「マイバッハGLSクラス GLS600 4MATIC」を発表しました。, メルセデス・マイバッハGLSクラスは、メルセデスの最上級サブブランドである「メルセデスマイバッハ」が手がける最上級SUVモデルとして企画され、メルセデス・ベンツが販売するSUV「GLSクラス」をベースにさらなる快適性を追求。, 専用開発のパワートレインやエクステリア、快適装備を採用することで、最高峰の魅力がつくられています。, 【メルセデス新型GLSクラス最新情報】フルモデルチェンジ!発売日やスペック、サイズ、価格、ディーゼル燃費は?, 【マイバッハ新型Sクラス】フルモデルチェンジ!最新情報、スペックや価格、発売日は?, 【メルセデスマイバッハ新型Gクラス最新情報】W464型へフルモデルチェンジ!スペックや価格、日本発売日は?, メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの外装は、マイバッハブランド独自の質感を高めたデザインとされています。, クロームウィンドウトリムやサイドシルパネルのクロームインサート、22インチホイール(23インチをオプション設定)、Dピラーのマイバッハエンブレムにより、最高級ブランドの魅力を強調。, ボディカラーには8種類の組み合わせで提供される2トーン塗装が採用され、SUVながらメルセデス・マイバッハがラインナップするリムジンにも通じる質感がつくられています。, メルセデスマイバッハ新型GLSクラスを、ベースとなるメルセデスベンツGLSクラスと比較すると、大きくデザインコンセプトが変更されていることがわかります。, メルセデスベンツGLSクラスではオフロード走行もこなすタフさと先進性がつくられていましたが、マイバッハGLSクラスではより安定感のある上質なデザインとされています。, メルセデスマイバッハ新型GLSのボディサイズは、ベースとなるメルセデスベンツGLSクラスからホイールベースが維持され基本設計は共通となっています。, プラットフォームには、メルセデス最新の「MHA(モジュラー・ハイ・アーキテクチャ)」が採用され、高剛性と効率のよい室内空間の獲得が可能となっています。, メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの内装は、広い室内空間を贅沢に使うことで最上級の質感が追求されています。, ベースモデルでは3列シート7人乗りのレイアウトが採用されていましたが、マイバッハGLSクラスでは後席を2人がけとした2列シート4人乗りにシートレイアウトを変更。(5人乗りをオプション設定), これにより、リアシートのレッグスペースは1103mmにまで拡大され、後席の乗員は広い空間でリラックスすることができるようになっています。, インテリアトリムにはナッパレザーを採用し、パノラマサンルーフ、ヒーテッド&ベンチレーションマッサージシート、電動式リアローラーサンブラインド、後部座席用独立エアコンを装備。, 後席には専用のエンターテイメントディスプレイのほか、折りたたみテーブルやシャンパンボトル用のスペースを備えた冷蔵庫が設定されています。, インフォテイメントシステムには会話をするように各機能を使うことができる「MBUX」を採用し、大型のタッチパッドや音声認識でコントロールすることができるようになっています。, メルセデスマイバッハ新型GLSクラスのパワートレインには、専用開発されたV型8気筒4Lツインターボエンジンが搭載されました。, V型8気筒エンジンは6000〜6500rpmで最高出力558ps、2500〜5000rpmの幅広い領域で74.4kgmの大トルクを発揮。, このエンジンは48Vマイルドハイブリッドシステム「EQ Boost」と組み合わされ、低速域では22ps/25.5kgmの出力を持つモーターでアシストされます。, これによりマイバッハGLSクラスは2780kgの車重を持ちながら、0-100km/h加速を4.9秒で達成する瞬発力を獲得。, 駆動システムはメルセデスの4WD「4MATIC」の最新バージョンとされ、サスペンションにはマイバッハGLSクラス専用にチューニングされ最高峰の乗り心地を提供する48ボルト「E-Active Body Controlアクティブサスペンション」が採用されています。, この燃費はサルーンの「マイバッハSクラス」4WDモデルの日本燃費8.4km/Lから改善しており、環境性能も重視されています。, メルセデスマイバッハ新型GLSクラスの安全装備には、最新システムが採用されています。, 機能には、車間距離を維持し追従走行を行う「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や、周辺状況を検知しステアリングアシストを行う「アクティブステアリングアシスト」などが用意され、安全性がアップされています。, メルセデス・マイバッハ新型GLSクラスの価格は、約2500万円ほどが見込まれています。, この価格はセダンのマイバッハSクラスより高価になりますが、ブランドで最大の室内空間を持つリムジンモデルのマイバッハ・プルマンより大幅に低価格となります。, メルセデス・マイバッハ新型GLSクラスは、2019年11月21日に発表されました。, 販売は米国で2020年後半から開始され、日本では2021年に発売されるとみられています。, メルセデスは、最上級サブブランドであるマイバッハにSUVを設定することで、ベントレー「ベンテイガ」やロールスロイス「カリナン」などの最高級ブランドのSUVに対抗していきたい考えです。, 【ベントレー新型ベンテイガ最新情報】ベンテイガスピード、W12/V8やスペック、価格、ハイブリッド燃費、ボディサイズは?, 【ロールスロイス新型カリナン最新情報】世界最上級SUV日本発売!価格やスペック、発売日は?, マイバッハ(Maybach)は、1909年にドイツで創業した高級車・エンジンメーカーです。, ダイムラー社を設立したゴットリープ・ダイムラーとエンジン研究を行っていたヴィルヘルム・マイバッハと息子のカール・マイバッハが設立し、飛行船ツェッペリン号に搭載されたV型12気筒エンジンを製作したことで知名度を高めました。, 1952年のカール・マイバッハ引退にあわせ、ダイムラー・ベンツが50%の株式を所有し、後に傘下に納められました。, 2002年に新設された「マイバッハ」ブランドとして復活し、ショートホイールベースの「57」とロングホイールベースの「62」(車名は5700mm、6200mmの車体長に由来)をラインナップ。, 後部座席のみをソフトトップとした「マイバッハ・ランドレー」や、飛行船ツェッペリンの名前を冠したモデルも設定。, しかし2012年に、ロールスロイスやベントレーといった競合との販売に苦戦していたことからブランドを廃止。, 2014年にメルセデスの最上級サブブランド「メルセデス・マイバッハ」として再度復活し、メルセデス・ベンツSクラスをベースとしたリムジンやカブリオレのほか、Gクラスベースのランドレーを販売しました。, 最上級オープン!メルセデスマイバッハ S650 カブリオレ 4台限定日本発売 価格4420万円, 新型マイバッハGLSクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 秋の夜長というくらいで、それと比例して日没時間もどんどん早くなっています。気がつけば、ドライブの帰り道でもう真っ暗ということもありますよね。そんな夜のドライブで重要なのが、言うまでもなくヘッドライト。実はクルマのヘッドライトはどんどん進化しています。以前はヘッドライトを... レクサス初の市販EV「UX300e」、2020年度分はわずか135台。価格は580万円〜635万円. 2020年10月22日、「レクサス」ブランド初となるEV市販モデル「UX300e」が発表されました。2020年度分は135台の限定で、商談申込み(抽選)の受付がスタートしています。申し込みはレクサスの公式Webサイト上から、10月22日(木)13:30から11月4日(水)23:59までの期間になり、当選者には... 2016年、ホンダは高性能2シータースポーツ「NSX」第2世代を発表しましたが、第3世代となる次期型を早くも予想してみました。満を持して登場した2代目は、そのハンドリングなどで高評価を得たものの、世界を振り向かせ、カルトファンを惹きつけた初代に比べインパクトに... 「スッと曲がる印象」トーヨータイヤの新スタッドレス 、オブザーブ・ギズツーが厳しい日本の冬を安心で楽しくする!【TOYO TIRES OBSERVE GIZ2試乗】. 正面からぶつかる競合車として思い浮かべたのはランクル(200型)とそのレクサス・バリエーションとなるLXだ。, LXは5.7LのV8を搭載し、約1136万円。GLS 400 d 4マティックが1263万円。100万円以上の価格差があるが、車両価格ベースなら1割強であり、現実味は十分だ。, 両車ともに悪路踏破性、キャビン実用性など正統派SUVなのだが、オン&オフロードのバランスが異なる。, GLSクラスもオフロードにこだわってはいるが、LXはラダーフレーム/リア・リジッドアクスルの本気オフロード仕様。搭載エンジンも商用系であり、タフネスを優先した設計。, さすがにオンロードでの走りの質感や快適性はGLSクラスに及ばない。MB車ラインナップからすれば、Gクラス寄りのポジションなのだ。, 言い方を換えるなら、オフロードのヘビーユーザーを除いたSUVユーザーにとって、GLSクラスは高レベルのウェルバランス型。, ハードクロカンと悠々たるツーリングを両立したのが魅力。アウトドア趣味も含めて多様な楽しみ方を求めるユーザーには、1200万円超の価格も十二分に納得。, 価格:1263万円 最高速度:-

パワートレイン:直列6気筒2924ccディーゼル・ターボ 堂々!マイバッハ新型glsクラスのボディサイズは? 新型メルセデス・ベンツglsのエクステリア. 最大トルク:71.4kg-m/1200-3200rpm メルセデス・ベンツsuvのフラッグシップ「新型gls」を試乗。3列シート・7人乗りのパッケージで、直6ディーゼルを搭載します。sクラス譲りの豪華な内装・快適性におもわず溜め息。その乗り心地は? 乗車定員:7名, GLS 400 d 4マティックのトランク。3列目の左右シートと、2列目の1部を倒した状態。荷室容量は355L~2400L確保されている(VDA方式)。    前田恵介, 【王者と出会う】新型M・ベンツGLS試乗 5m超サイズのディーゼルSUV 価格/3列目シート/走りを評価, 【運転すればわかる良さ】BMW 4シリーズ 420d Mスポーツ・クーペへ試乗 マイルドHV 後編, 【ニスモも出る?】新型日産キャシュカイ 新プラットフォーム、eパワー採用 詳細が明らかに, 【ジャイアント・キラー】MG J4レーサー ブガッティやアルファに挑んだベビーK3 後編, 【シンプルなオープン2シーター】 TVR Sシリーズ 英国版クラシック・ガイド 泣き所はシャシー 後編, 【ジャイアント・キラー】MG J4レーサー ブガッティやアルファに挑んだベビーK3 前編, 【運転すればわかる良さ】BMW 4シリーズ 420d Mスポーツ・クーペへ試乗 マイルドHV 前編, 【新型マツダ6】新開発の直列6気筒エンジン採用か ガソリン/ディーゼルともに 欧州導入は不明, 【シンプルなオープン2シーター】 TVR Sシリーズ 英国版クラシック・ガイド 泣き所はシャシー 前編, 【ミュンヘンのオープン・スポーツ】BMW Z 全モデルを振り返る 30年以上の歴史, 【ハイテクの旗艦SUV】新型BMW iX 発表 510psの次世代EV 発売は2021年後半を予定. 車両重量:2590kg

新型glsは、エクステリア・インテリアのデザインが一新され、最新技術と装備が搭載されています。 最高出力:330ps/3600-4200rpm 最近、若い層を中心に、街中のカフェや電車内などでスマホより大きなタブレットを愛用している方をよく見かけます。それに、最近の新型車などを中心に、自動車メーカーの純正装備として、「それ、タブレットじゃないの?」といえるようなディスプレイを採用する車種も出てきましたが、実際に使ってみると、大きめの画面が... 目から鱗のクルマでスマホ活用法! パイオニア カロッツェリア大画面ディスプレイオーディオでいつものアプリ&音楽を!!

パイオニア カロッツェリアの「タブレットAVシステム」が超便利だった!. 全高:1825mm ALL RIGHTS RESERVED. 使用燃料:軽油

全幅:2030mm

0-100km/h加速:- ギアボックス:9速オートマティック また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【マイバッハ新型GLSクラス】新最高級SUV「GLS600 4MATIC」発表!最新情報、スペック、燃費、発売日、価格は?, 【メルセデス新型GLSクラス】2020年3月23日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費…, 【マイバッハ新型Sクラス】2020年11月フルモデルチェンジ!最新情報、スペックや価格、発売日は?, 【メルセデスマイバッハ新型Sクラス最新情報】マイナーチェンジ日本発売!スペックや価格、燃費は?, 【メルセデスマイバッハ新型プルマン最新情報】マイナーチェンジ!発売日やスペック、価格、燃費は?, 【トヨタ新型アクア】2021年3月フルモデルチェンジ発表!最新情報、4WDクロスオーバー、燃費、発売日や価格は?, 【BMW新型X3】2021年マイナーチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【トヨタ新型カローラクロス】2021年8月「カローラSUV!」日本発売!最新情報、燃費、価格は?, 【メルセデス新型SLロードスター】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 専用開発したV型8気筒ツインターボエンジン、48Vマイルドハイブリッド「EQ Boost」を搭載, Mercedes-Maybach GLS 600 4MATIC:約2500万円(予想値).

いまでは多くの人の生活に必要不可欠となっているスマホ。ドライブするにも当然必須アイテムです。車内でカーナビアプリを使ったり、音楽を楽しんだりしている方も多いのではないでしょうか。こうした「スマホ派」の方にオススメなのが、スマートフォンと接続するだけで、アプリや音楽などの主要機能を大画面のタッチパネルや... ©2010-2020 CLICCCAR. ヨコハマタイヤから、冬にこだわった2つのタイヤを紹介。スタッドレスタイヤの「アイスガード6」と新商品のオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」。「氷に効く、永く効く、燃費に効く+ウエットと音に効く」。というのがアイスガード6のキャッチコピー。ヨコハマタイヤによると... 暗闇が見える!ベロフ「ナイトビジョン ドライブレコーダー システム」で夜のドライブがまったく変わる!! 燃費:10.9km/L(WLTCモード)