リーズ最後のモデルとなりました。, 平成バイク・オブ・ザ・イヤー, バイクに関する規制の歴史と今後. 月刊オートバイの読者の皆さんで選ぶ人気バイクナンバー1決定戦「japan bike of the year」は1978年から開催し、2019年で41回目を迎えました。今回は126cc~250ccの「250クラス」で4~10位にランクインした機種を紹介します!(※月刊オートバイ 2019年10月号より) ナイトホーク250のヒストリーを紹介。このページではナイトホーク250の他にもホンダ車のヒストリーを多数紹介しています。historyfileNo:217 |洗練されたデザインのベーシックツイン「ナイトホーク250… Copyright © 2010 BDS COMPANY. All Rights Reserved. ※車名は複数選択が可能です。メーカー選択に戻るをクリックすることで、別のメーカーの車名を選択することができます。, ※このメーカー全てのバイクを検索設定をに加えたい場合は、「バイク全て」にチェックを入れてください。. CD250U(シーディーにひゃくごじゅうユー)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。, 型式名MA02[1]。1988年4月4日発表、同月8日に発売された当時としても珍しい高速道路も乗れる排気量250ccクラスのビジネスバイクである[1]。CDシリーズに分類されるもののベンリィシリーズとは一線を画し、1968年に発売されたドリームCD250[注 1]の後継車である。, CD125Tと共用のプレスバックボーン+鋼管フレームを採用。スイングアームならびにシートレールを延長し、CD125Tより若干大柄な車格を実現した。, シートは一般的なダブルシートとシングルシート+大型キャリアの2種類を選択可能とした標準現金価格は、ダブルシート仕様が\330,000、シングルシート+大型キャリア仕様が\319,000とされた[1]。, 計器類は一見2眼式であるが、タコメーターは装備せず速度計のみで左側はインフォメーションランプとされた。, エンジンならびにトランスミッションは250Tシリーズ・レブルと共通のMC06E型空冷4ストロークSOHC直列2気筒エンジン[注 2]に荷物積載を考慮した低めかつクロス気味に設定されたギア比の5段マニュアルトランスミッションを搭載する。, 日本国内の年間販売目標が2,000台であったことならびにビジネスバイクとしては30万円を超える価格や250クラスの軽二輪であったことから、さしたる需要が見つからず約5年で生産終了となった[注 3]。, しかし、ビジネス向け車両であるため高い耐久性を持ち走行50,000kmを超えた個体も多数存在するほか、レトロ嗜好な車体デザインという面ではGB250やヤマハSR400などと比較しても知名度が低いこともあり、稀有な存在に興味を示すマニアやオーナーも存在する。, ドリームCB250をベースにエンジン・ボディの各部機能をビジネス向けに改修し、エンジン特性を中低速重視にした当時としても大型の商用車, C100H/T/105H/T/CA100T Trail50/CA105T Trail55/CT50/90 Trail90/110/125ハンターカブ/200 Trail90, XL50/70/75/100/100S/125/125S/125R/125R パリ・ダカール, スーパーカブ(MD/PRO/カブラ/ニュースカブ/プレスカブ/リトルカブ/C125), ベンリィCD50/50M/65/65M/70/70M/90/90M/125/125S/125T, XL175/185S/200R/250/250S/250R/250R パリ・ダカール, WING GL500/カスタム・WING INTERSTATES(GL700インターステーツ), XL500S/500R/500R パリ・ダカール/600R(ファラオ)/600R パリ・ダカール, ゴールドウイング(GL1000・1100・1200・1500・1800)/F6B/F6C, LEAD 50/50S/50SS/80/80SS/90/100/110 EX/125(JF01・JF45)/R・LEADER, EV-Cub/Concept・Super Cub Concept/C125/1億台記念車・シティカブ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ホンダ・CD250U&oldid=71120129, MC06E型エンジンのパーツが新品ストック・中古も含め入手しやすい状況のほか、本モデルは日本国内では不人気により個体数が少なかったものの海外向け輸出仕様は. 月刊オートバイの読者の皆さんで選ぶ人気バイクナンバー1決定戦「japan bike of the year」は1978年から開催し、2019年で41回目を迎えました。今回は激戦区126cc~250ccの「250クラス」で1~3位に輝いた機種をご紹介します!(※月刊オートバイ 2019年10月号より) またCB250T&Nホークは、当然ですがエンジンが400ccより小さいため排気音は高音質になります。 そのためCB250T&NホークかCB400T&Nホークで悩んでいる方は、音の好みや車検の手間などの条件で選ぶのがオススメですね。 誰かcb250t欲しい人いる? ホンダ ナイトホーク250全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあります。 ホンダ ナイトホーク250. ホーム > 自動車・バイク > バイク > ホンダ > ナイトホーク250. ナイトホーク250: 姉妹車 / oem : 同クラスの車 : ヤマハ・yd250: テンプレートを表示: cd250u(シーディーにひゃくごじゅうユー)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。 概要. ナイトホーク250(mc26)を掘り下げて紹介・解説・考察しているページです NIGHT HAWK250(MC26)の系譜 Toggle navigation バイクの系譜 アメリカンが下火だった1980年代半ば、レブル症候群と呼ばれるほどヒット。音やホイールベース、雰囲気までを本家ハーレーに近づけ、高級感を打ち出した。エンジンはCB125Tをルーツとする空冷4ストOHC2バルブ2気筒で、クラシカルなマフラーからは250ccとは思えない程の太い排気音を発する。ミッションは5段リターン。また、メンテナンスフリーのCDI点火や、加速ポンプ付きのCVキャブなどで、リッター55kmの低燃費を実現。寝かし込んだフロントフォークはキャスター角32度、トレール120mmとなっている。太いリアフェンダーに低いシート、メッキを多用。「スペシャル」はホワイトベースにゴールドで飾られているのが特徴だ。1987年には21psから22psへ出力アップし、1990年にはエンジン外観デザインやサイドカバーを変更し、フラットハンドル&プルバックハンドルが用意された。1994年に右2本出しのテーパーマフラーにとなり、同年にVツインマグナが登場するものの、1999年までラインアップすることになる。レブルとは「反逆者」などの意。, 1991年から輸出されたナイトホーク750(RC39)が1992年には国内でも750台限定で発売。弟分であるナイトホーク250(MC26)もアメリカ向けのエントリーバイクだったが、国内モデルとしてもラインアップした。共通のデザインにレブル(MC13)をベースとした空冷並列2気筒エンジンを搭載。ボア×ストローク=53×53mmの233ccで、2気筒ながらVE37キャブ1個で対応。フラットな特性で低速域から扱いやすく、かつ、低燃費に仕上がっている。745mmという低いシート高とセミアップハンドルの組み合わせからポジションはラクで、女性ライダーやビギナーでも気負わずに乗ることができる。フロント18インチ、リア16インチのキャストホイールはイタリアのグリメカ製。輸出仕様はスポークホイールだった。センタースタンドも装備。4気筒のホーネット250(MC31)やVツインのVTR250(MC33)がネイキッドの人気となる中、1999年までラインアップした。.