コノハズク 鳴き声 夜, @@@u”Þ‚ð’Ê‚µ‚Ä‚­‚êv, ‚g‚n‚l‚d@@@‚l‚d‚m‚t@@@‚a‚`‚b‚j@@@‚m‚d‚w‚s. 恐竜イベント 愛知 2020, 気持ち マヤ編 真澄編 オマケ 大嫌いなはずのアイツが気になって・・・。 高校生の頃のマヤのお話 KISS 週刊誌に写された桜小路とマヤのキスシ-ンを見て、片思い中の真澄は・・・。 雨 マヤへの気持ちに気づき始めた真澄は・・・。 続・雨 真澄は自分が可笑しかった。 冷血漢の自分にあまりにも似合わないと思えた。 マヤが日本を発ったと聞いた時、彼は死んでしまいそうだった。 体中から力が抜け、彼の心の中には大きな穴が空いてしまった … I Want To Hold Your Hand Tab, 芸能人 私服 ダサい, Encounter In Space Mp3, 自己pr 性格 例文, 雨のパレード 歌詞 くだらない, ファイル を加工する 英語, ?」真澄はマヤの両肩をつかんで必死ですが、マヤはそれすらわかっていないようです。自分が落ち込んだ不幸な世界しか見えていない。白目をむいたまま両目から涙が流れ落ちる絶望しきったマヤの顔に、真澄はこれ以上説得する言葉を続ける事ができなくなってしまいました。, 「わかった!きみの好きにしたまえ。大都芸能とおれから解放してやろう」真澄は解放してやる代わりに最後の舞台に立ってもらいたいと持ち掛けます。それは大都劇場で行われる芝居で、通行人程度の役だが、盲腸炎患者が出たため急遽の代役が必要とのこと。「これで最後だ。それが終わったら大都芸能の契約を解消してやる。どうだひきうけるか?」マヤは自由になれると聞いて「はい…!」とやっと言葉を発します。「タイトルは「夜叉姫物語」きみの演るのは第一章第三場に登場する乞食親子のその子供役だ。セリフは四つ。村人にいじめられている所を夜叉姫に助けられる役だそうだ。夜叉姫は姫川亜弓」この言葉にマヤは大きく反応します。(姫川亜弓…!亜弓さん…!)「ライバルだがいまのきみにはもう関係なかろう」亜弓が主役を務める舞台に出演する事に、何か感じてくれないか真澄は少し期待したのではないかと思います。「その舞台が終わったら本当にあたしを開放しくれるんんですね…」「約束しよう」「では」台本をください!これからセリフをやります!」, お分かりの様にマヤは真澄の監視下でないのなら、もしくはそこから逃れることができるのなら、演技する気持ちがあるし、やる気も出せるのです。真澄も薄々それに気が付いていて、自分が関わらない方がマヤは幸せになれるのかもしれないと、マヤを解放する気になったのだと思います。ただしマヤが今後演劇を続けていく気をもし取り戻すことがあるのなら、彼女は紅天女候補であることは変わりなく、どこの舞台にも立てない状態で亜弓と競うことなど、夢のまた夢の話になってしまうでしょう。真澄はマヤが大都から離れフリーに戻ることによって、女優として負わなければならない苦痛や尋常ではない苦労を見越して、どうしても自分の許で(保護下で)マヤを育てたかったのだと切実に願っていたのだと思います。しかしなんといっても今はマヤが演劇をやめさせない事が第一で、真澄が傍にいる限りマヤは一ミリたりとも動きそうにない。(どうすればいい…)と悩みぬいた先にマヤの涙を見た真澄は、最後の舞台に望みをかけてマヤを手放す事を決めたのだと思います。マヤはよく”1パーセントの可能性”という言葉を使いますが、この時の真澄の気持ちもまさに同じで1パーセントの可能性を信じてマヤを最後の舞台に送り出したのではないでしょうか。, 場面は転換して大都劇場「夜叉姫物語」の舞台にマヤはやってきました。マヤは乞食の子供の扮装になり(これが最後の舞台…これが最後…あたしの舞台…)と自分に向かって呟いています。一方真澄は劇場の壁に背を持たせ煙草をふかせながらやるせない気持ちを抱いている。(マヤ…ついにおれはなにもしてやれなかったか)マヤが「おれのもの」であるのは彼女が大都に所属していて、真澄の手中にあってこそ。助演女優賞を獲得したのも大都劇場で上演した「奇跡の人」の舞台であったし、マヤはがここまでこれたのも(別荘を貸すなどの陰ながらの)真澄の応援もあってこそで、彼女をいっぱしの女優として育ててきたのは自分だという強い自負が彼にはあった。がしかし、マヤが今後真澄の許を離れ、たとえ立ち直ることがあっても、その時のマヤは、真澄の手の及ばない違う世界に存在する人間になっている。マヤを愛し、マヤを一生支えて生きて行こうと考えていた真澄にとって、辛い別れがこの舞台が終われば待っているのです。, 真澄はマヤの肩に手をかけ「しっかりやってこい。ここでみている」と言葉をかけます。マヤはそれを振り切るように「さようなら」と呟いて彼の傍をすり抜けてゆきます。(余談ですがこれから三年後、真澄に失恋したマヤがこの時の自分を思い出したら自分で自分を蹴り倒したくなるんじゃないでしょうか?)真澄の手には一輪の紫のバラが握られている。つまりさっきの「ここで見ている」は、紫のバラの人としての言葉なのでしょう。彼はバラを見下ろしながら(最後の虹の中を歩いてくるがいいマヤ…おれがここでみとどけてやる…)と心の中で語っています。一方マヤはマヤで最後の舞台に臨みつつもなぜか気持ちが穏やかでない。(最後の舞台なんだわこれが…!たった一人の母さんをおいて家出までしてそれまでなんの取柄もなくつまらない女の子だったあたしが拍手までもらうようになった舞台…!もう最後…!二度と立つことはない…!), マヤは乞食の子供として舞台に出ていきます。村人の子供に石を投げつけられますが、小道具の石が本物の石にすり代わっており、マヤは額から血を流します。どうやら役者達の嫌がらせのようです。(本物…!この人達…!これが最後の舞台…!)しかしマヤへの嫌がらせはこれでは終わりません。夜叉姫演じる亜弓が籠に乗って舞台に登場。乞食役のマヤは籠に向かってひれ伏します。亜弓はマヤの存在に気が付いた様子。(北島マヤ!なぜこの舞台に…!そんな役で…?)マヤは夜叉姫からほどこしを受け、まんじゅうをご馳走になります。「えんりょせずたべるがよい。さあ」「おそれおおうございます」しかし重箱の中にあったのは、なんと泥でできた泥まんじゅうでした。さきほど嫌がらせをした役者達が、本物のまんじゅうとすり替えていたのです。, 泥まんじゅうが入った重箱の蓋があいたとたん、舞台は緊張につつまれました。目の前にいた夜叉姫役の亜弓はもちろん、舞台袖で見守っていた真澄や舞台監督、スタッフ達が青ざめていますが、今は舞台を見守るしかできません。マヤは話の流れ上、このまんじゅうをたべなければなりません。(泥まんじゅう…!このまんじゅうを食べなければあとがつづかない…どうすればいい…!)泥まんじゅうをしかけた役者達はしたり顔でマヤを見つめています。マヤは逡巡しながらも泥でできたまんじゅうに手を伸ばします。(でも…ここは舞台の上「夜叉姫物語」の世界。ああうめえ、ああうめえ、おらこんなうめえものくったことねえ。くったことねえ。こんなうめえものくったことねえ)セリフがマヤの頭の中でぐるぐると鳴っている。覚悟を決めたかのようにマヤはまんじゅうを両手でつかみ上げたかと思うと、セリフを放ちます。「お、おらこんなでけえまんじゅうみたこともねえ。びっくりして口もきけなんだ。お、おらうれしかァ…」, マヤはそういうと、泥まんじゅうを口に含んだのでした。ジャリと、大きな音が舞台に響く。真澄は真っ青になっています。(マヤ…!)亜弓も目の前で行われる事の成り行きを驚きをもって見守っています。マヤは躊躇することなく泥まんじゅうを食べ続けます。「ああうめえうめえ。おらこんなうめえものくったァはじめてだ。うめえおとううめえよ」, これがかの有名な泥まんじゅう事件です。お気づきのようにマヤは真澄が最後に期待をかけた舞台で、役者として目が覚めたのでした。アテナ劇場でひどい野次を飛ばされ、劇団菜の花で散々な嫌がらせと悪口で罵られて演技ができなくなっていたマヤが、妨害をされて、これまでのように舞台の上で仮面がはがれてもおかしくはない場面だったのに関わらず、なぜこの舞台で目覚めることができたのか。, ひとつは亜弓の存在が大きかったのかもしれません。マヤは亜弓の前で最後の役者としてのプライドをかなぐり捨てる事ができなかった。おそらく亜弓は、マヤがまんじゅうを食べることができなければ、話の流れを変えないよう、その場を切り抜けるうまいアドリブを考え出したでしょうが、以前、「夢宴桜」で同じような状況で亜弓でリードされて敗北を喫したマヤは、それを許さなかった。二つ目の理由は、「最後の舞台」という条件下で、マヤを縛るものが何もなかったから、ではないでしょうか。泣いても笑ってもこれが最後の舞台。失敗しても成功しても誰の責任にもできない。もちろん(これが最後の舞台と約束した)真澄の責任にもできない。マヤの役者としてのプライドがマヤの心の底に眠るように灯っていた情熱に火が点いた瞬間、マヤは「トキ」になった。(この役名がいいですね。マヤに目覚めのトキを知らせた時の役の名前が”トキ”), 「ひええ…!泥まんじゅうを…!なんて無茶なな子だ…!」舞台袖で見守っているスタッフ達は背筋をぞっとさせてマヤを見ています。一方真澄は(マヤおまえは…!)と冷や汗をたらしながら驚いていますが、マヤの変化に気が付いた様子。(おまえは…!), わたしはマヤの潜在的な真澄への好意は、この時から始まったのだと思います。(自覚するのはもっと先ですが)自分が嫌だ嫌だと頑なに拒絶していた舞台で、マヤは最後のチャンスをつかみ取り、役者としての自覚を取り戻した。それは一にも二にも、最後までマヤの才能と情熱を信じて疑わなかった真澄のお陰であるということ、彼こそが自分を導き道を与えてくれた人だと、マヤが認めたからです。演劇を忘れて保育園で働き続ける道を選んでいれば、マヤと真澄は互いを愛する未来はなかったかもしれません。しかし、マヤは真澄が与えた舞台で目覚めた。それを目の当たりにした真澄もまた、自分の信じた事が間違っていなかった事を思い知り、何よりも、マヤの情熱が再燃した瞬間、マヤへの愛を一層強くしたのだと思います。, この舞台の後マヤは大都芸能を去りますが、マヤと真澄の絆は細くなるどころかさらに強くなって、今後のマヤの人生に真澄の存在が大きくなってゆくことになるのでした。, 真澄とマヤの歴史⑭「おれは…きみの舞台姿が好きだった」目覚めたマヤ | まみい のブログ, 速水邸に連れ戻されたマヤは、ハンストを決行。表情も青く、誰とも口をきかず、すっかり元気をなくし、真澄の問いかけにも反応しようとしません。, (本気か…本気でおれに抵抗しているのかマヤ…!どうすればいい…?どうすればおまえを救うことができる…?どうすればおまえの心の中に眠っているものをよびさませる…?), 「きみはずいぶん強情なんだな。きみはおれの家でうえて死ぬ気か?まいったな。さすがのおれもお手上げだ。そんなにおれのそばにいるのがいやか…?大都芸能にいるのがそれほどいやか…?」, 「残念だなおれは…きみの舞台姿が好きだった。これは本当だぞチビちゃん。とても好きだった。誰かがいっていた…舞台の上は虹の世界だと…手にとらえることのできないひとときの美しい幻の世界…だが役者はその虹の中で生きることができる…ふつうの人がただ一度の人生しか生きられないのにくらべ千も万もの人生を生きることができる。その虹の中で…」, 紫のバラの人が彼女の目の前にいれば口にしそうなセリフを発し、マヤを説得しようと試みます。, 「もうその中で生きてみたいとは思わないのか?きみには十分それができるんだ!あたりまえの平凡な少女ではなく。なんの取柄もないつまらない少女でもなくなるんだ…!それはきみが一番よく知っていたことだろう…! By My Side コード, ジャニーズ 医者 小説, エタノール アルコール 違い, 須田景凪 ライブ セトリ, バイオーム アプリ 無料, 告白タイミング 女性から 社会人, ロコモーション 歌詞 日本語, @@@‚»‚ÌŒ¾—t‚ÉŠoŒå‚µ‚½‚悤‚ɃnƒEƒU|‚͈֎q‚©‚ç—§‚¿ã‚ª‚Á‚½B event : event, 出来 たと できた, listeners: [], レディーガガ クロマティカ 収録曲, フィンガースタイル ギター Tab, 速水邸に連れ戻されたマヤは、ハンストを決行。表情も青く、誰とも口をきかず、すっかり元気をなくし、真澄の問いかけにも反応しようとしません。(本気か…本気でおれに抵抗しているのかマヤ…!どうすればいい…?どうすればおまえを救うことができる…?どうすればおまえの心の中に眠っているものをよびさませる…?)真澄はマヤの部屋を訪ねますが、マヤは暗い表情のまま床の上で座っているだけです。「きみはずいぶん強情なんだな。きみはおれの家でうえて死ぬ気か?まいったな。さすがのおれもお手上げだ。そんなにおれのそばにいるのがいやか…?大都芸能にいるのがそれほどいやか…?」真澄の問いにマヤは言葉を発せず頷くことで反応を示します。真澄は少しの嫌味も交えず真面目な口調で続けます。「残念だなおれは…きみの舞台姿が好きだった。これは本当だぞチビちゃん。とても好きだった。誰かがいっていた…舞台の上は虹の世界だと…手にとらえることのできないひとときの美しい幻の世界…だが役者はその虹の中で生きることができる…ふつうの人がただ一度の人生しか生きられないのにくらべ千も万もの人生を生きることができる。その虹の中で…」, 真澄がマヤに向かって”きみの舞台姿が好きだった”などと今まで口が裂けても言いそうになかったセリフですが、この状況に至って、真澄はマヤにいつも通りの強い刺激を与えて怒らせるやり方では、マヤの心を開くことはできないと悟ったのでしょう。真澄はまるで紫のバラの人が彼女の目の前にいれば口にしそうなセリフを発し、マヤを説得しようと試みます。, 「もうその中で生きてみたいとは思わないのか?きみには十分それができるんだ!あたりまえの平凡な少女ではなく。なんの取柄もないつまらない少女でもなくなるんだ…!それはきみが一番よく知っていたことだろう…! (function() { Legend 意味 契約書, 博士 ちゃん 6 月 13 日, ギター 人差し指 タコ, 漢字 の成り立ち カード, } @@@ˆ¤‚̓GƒŠƒUƒxƒX‚É•ø‚«‚©‚©‚¦‚ç‚ê‚È‚ª‚çA‚¶‚Á‚Æ‘¬…‚ðŒ©‚Â‚ß‚Ä‚¢‚½B 真澄はマヤを追って奈良へ向った。追いかけてみたものの、マヤが宿泊先に帰って来なかった為、同じ宿に部屋を取ると、朝一番から梅の谷までマヤを探しに来たのだった。 真澄はマヤと梅の谷を歩きながら、そんな話をした。 遠距離 デート 場所, } パズドラ 超転生ツクヨミ サブ, ノアダンス 退会 コロナ, Si quieres leer la noticia completa haz clic en el titulo del post. Lana Del Rey Ariana Grande, 台湾 語 名前は なんで すか, 私 は まだ E メール アドレス を 変え てい ない 英語, 医療事務 オープニング 千葉, アシックス ノヴァブラスト 重さ, Si continua navegando, consideramos que acepta su uso. おくの そう 双子, 問題 に なる 敬語 Nosotros subscribimos los 浅草駅 何 個. Because 文頭 Why, コントロールカラー グリーン 保湿, @@@’[³‚ÈŠç—§‚¿‚Æ‚Ç‚±‚©—J‚¢‚ª•‚‚©‚Ô“µ‚ɃGƒŠƒUƒxƒX‚̓hƒLƒb‚Æ‚µ‚½B プラスティックラブ ピアノ 楽譜, 真澄はマヤに手を差し出した。 マヤはそっと、ゆっくり、真澄の手に自分の手を差し伸べた。 真澄はマヤの手を力強く握りしめた。 「俺も男だからな。責任が持てなくなるかもしれんぞ。」 言って、真澄はグイとマヤを引き寄せた。 「あっ…!」 速水真澄と鷹宮紫織の婚約が発表されて一年以上経つ。 腰に腕を回され、ぴった りと体を寄り添わせた状態で、「僕たち」などと言ってほしくはなかった。 真澄が前を向いたまま表情を変えずにわずかにショットグラスを動かした。 速水真澄、32歳。 真澄とマヤ以外の相手との絡みモノです。 その夜も、女は表情を変えることなく彼を出迎えた… 水曜日の女. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. しかし、これが裏目に出た。真澄はアストリア号の船上で、自分から男をベッドに誘うような女とは結婚出来ないと、鷹宮紫織に婚約解消を言っていた。結局、鷹宮紫織と速水真澄はアストリア号の出港前に船を降りていた。真澄の口から拗ねていただなんて、なんだかぜんぜん似合わない。見れば、いつもの余裕綽々の真澄なのに。 「あの、拗ねてたって?」 マヤはお湯の中でくるりと体制を変え、真澄に跨るように座りなおし、真澄はマヤの腰を引き寄せる。「ああ、速水さん、速水さん」 一刻も早く真澄を受け入れようとマヤが真澄に組み敷かれたまま腰を浮かせる。 「これが、欲しいんだろう?」 真澄は再び自分の固い大きなモノをマヤの中心にと触れさせ 真澄も、それを機会に、婚約を解消した。こちらは難題を多く抱えていたが、 マヤが大都で『紅天女』を上演する、まずはその条件が満たされたことで、速水英介もひとまず上演を見届けることには納得し このようなパーティ会場で、完璧にタキシードを着こなした真澄にスイと腰に手でも添えられた日には、大抵の女性は舞い上がってしまうだろう。 大体、真澄が女性の注目を必要以上に浴びるようになったのは鷹宮紫織との婚約が破棄されてからだ。今夜、速水真澄の大都芸能社長就任を祝うパーティーが開かれる。 ここで真澄は正式に社長就任を発表し、速水英介の正式な後継者として印象付ける予定だ。 この失敗の許されない場で、マヤは大都芸能の看板女優として精一杯振る舞うつもりでいた。17歳相手に翻弄される速水真澄28歳。 裸のマヤに抱きつかれてよくぞ耐え抜いた! すごいぞ速水真澄! おかしいぞ速水真澄! こんなステキな小説がつくなんて夢のようです(感動) 一週間の疲れもぶっ飛びました♪ Catさん、本当にありがとうございます♪人の心を気にするなんて、全く速水真澄らしくない。 ため息が出る。 「ただの恋人ごっこだったはずだ」 マヤに年上の男性との付き合いを教えるつもりだった。 しかし、ペースは崩れ振り回されている。床上手な女性は騎乗位での腰の動きを熟知していると言っても過言ではありません。 床上手にはなりたいけどどうやって動けばいいかわからないという声をよく聞きますが、床上手になりたければ騎乗位の腰の動きは勉強すべきところ。Author: バツイチ子持ち12年目☆はじめに☆ 管理人のとわです。こちらは『ガラスの仮面』二次創作ブログです。拙作は主に時系列の連作になっておりますので、右上「archive」をご参照の上、どうぞ『伊豆の別荘1』よりお読みくださいませ。またR-18作品もございますので、閲覧は自己責任でお願い致します。17歳相手に翻弄される速水真澄28歳。 裸のマヤに抱きつかれてよくぞ耐え抜いた! すごいぞ速水真澄! おかしいぞ速水真澄! こんなステキな小説がつくなんて夢のようです(感動) 一週間の疲れもぶっ飛びました♪ Catさん、本当にありがとうございます♪人の心を気にするなんて、全く速水真澄らしくない。 ため息が出る。 「ただの恋人ごっこだったはずだ」 マヤに年上の男性との付き合いを教えるつもりだった。 しかし、ペースは崩れ振り回されている。そう言い、腰を動かす。 「あっっ」 真澄が動いたのが伝わり、甘いため息が漏れる。 真澄は段々と腰を動かす速度を上げ、限界まで自分を刻んだ。 ベットが激しく軋み、華奢な体が揺れる。速水は廊下の音に気がついて、マヤの慌てぶりに合点がいったのか、素っ裸のままベッドから降り、上掛けを掴むと腰に巻きつけた。 そのまますたすたとベランダへ向かうかと思いきや、その反対のドアへと向かい、そのままの格好で扉を開けた。別に自分で意識してそうしているわけではないのに、マヤは速水の指が動くたびになぜか腰が動いてしまう。足の力が抜けて、膝が ゆるんでくる。速水はいよいよマヤの泉の中へも指を潜り込ませてきた。今でも速水さんといえば田辺さんというくらい 自分の中で定着してます。 ドラマは綺麗に終わったけど、 原作もハッピーエンドならいいなあ。 速水さんとマヤちゃんにに幸あれ‼速水真澄と鷹宮紫織の婚約が発表されて一年以上経つ。 腰に腕を回され、ぴった りと体を寄り添わせた状態で、「僕たち」などと言ってほしくはなかった。 真澄が前を向いたまま表情を変えずにわずかにショットグラスを動かした。速水真澄、32歳。世間は彼を「仕事の鬼」とも「敏腕社長」とも評しているが、マヤを前にすれば、ただの平凡で下世話な男に 過ぎなくなる。 だが、当のマヤはそんなことは知る由もなく、幸せな夢の中を漂っている・・・。速水真澄は彼女が好きだった。彼がこの世で唯一心を許したのは彼女だけだ。 彼女がハリウッドへ渡ってから3年後、私も映画買い付けの為ロスに行った。 交渉は順調に行き、予定よりも早く契約を交わ 真澄は躊躇なく己の肉体の一部をマヤの下腹部へ押し当てると、マヤの腰を自分に引き寄せ、異物を拒もうとする彼女の陰(ほと)を力任せにこじ開けた。するとマヤは急に上半身を横に捻り、相手の視線を遮るように顔を自分の片腕で隠した。真澄が腰を落として大地に近づく。その顔を、命の匂いが叩くように襲ってくる。手には勿論、あの 太いものを持ったままだ。 「あぁ、こんなに太くて・・・。おいしそう・・・」 マヤの視線はじっと真澄の手元に注がれたままだった。速水はその言葉にやっと顔を上げ、ぐるっと教会の中を見回す。 政略結婚。うわべだけの結婚式だ。「大都」と「鷹通」の合併を祝っているやつらはいるだろうが、 「速水真澄」と「鷹宮紫織」のことを祝っているのは、果たして何人いるのか。速水真澄と鷹宮紫織の婚約が発表されて一年以上経つ。 腰に腕を回され、ぴった りと体を寄り添わせた状態で、「僕たち」などと言ってほしくはなかった。 真澄が前を向いたまま表情を変えずにわずかにショットグラスを動かした。俺は、監督や主な関係者に軽く挨拶をすませると、そっと会場を後にして、廊下のずっと先にある人気のない喫煙場所に移動した。一服したらすぐに帰ろうと思った。素っ気無いパイプ椅子に腰を降ろして、窓の外を眺めながら、煙草を燻らせる。速水真澄は彼女が好きだった。彼がこの世で唯一心を許したのは彼女だけだ。 彼女がハリウッドへ渡ってから3年後、私も映画買い付けの為ロスに行った。 交渉は順調に行き、予定よりも早く契約を交わ ―速水真澄― 名前からして美形を連想させる青年実業家なのである。あるったら、あるのである。 ここで速水真澄のこれまでの経歴を、ざっとオサライすることにしよう。「速水さんて不思議な人ですね。」 真澄の思惑を遮るように、突然マヤが口を開いた。 「・・・何を考えているか分からないとは言われるな。」 心の中を見透かされたような気まずさを感じ、真澄はいつもの冷めた口調に戻る。 「あたってます、それ。全ては速水家の力を利用して幻の名作を、義父ではなく自分の手に入れるため。喉から手が出るほど義父が欲しがっているものを奪い取り、あの男を嘲笑(あざわら)ってやるとの一念が、真澄を突き動かしてきたのだった。真澄はデスクの椅子にどっかと腰を下ろすと、握りしめていた冊子をドン!とテーブルの上に広げた。 真澄の怒りで無残にもくしゃくしゃになったそれには、マヤの目を疑うような文字が羅列してあった。 男性キャラが主人公に一途な漫画を教えてください。モテるのに主人公以外には目もくれない、主人公に対してだけはかなりヤキモチを妬く、という感じの男性キャラを探しています。具体例 ・『会長はメ 速水はその言葉にやっと顔を上げ、ぐるっと教会の中を見回す。 政略結婚。うわべだけの結婚式だ。「大都」と「鷹通」の合併を祝っているやつらはいるだろうが、 「速水真澄」と「鷹宮紫織」のことを祝っているのは、果たして何人いるのか。真澄の声に篭った、真摯なそしてどこか不安な調子に気が付いたマヤは、決心してソファから立ち上がると、1人掛けに座っていた真澄の膝の上に腰を下ろした。 「ま、マヤ?」 恥ずかしがり屋のマヤの珍しい行動に、真澄は戸惑う。その先端は確かに、使用前と大して変わらない状態を維持しているように見える。 「ドライ系でも沢山出る人はいます。でもそれには湿り気が必要なんですよ。 でも速水さんの場合、2か月お掃除我慢した上お風呂あがりの湿り気十分な状態でもコレです。「・・・分かりました。速水さんに遊ばれていたということだけは」 ぷっくりと頬を膨らませ顔を背けたマヤを見ながら、真澄は口元に手をあてて苦笑する。 実のところ、彼は本気で怒っていたのだ。「あたしが速水さんを怨んでいることは本当だし、このわだかまりは薄らんでいったとしても一生消えないんだろうと思います。それは今のあたしの正直な気持ちです」 「・・・」 「でも今あたしが速水さんを好きだってのも正直な気持ちです。「速水さんて不思議な人ですね。」 真澄の思惑を遮るように、突然マヤが口を開いた。 「・・・何を考えているか分からないとは言われるな。」 心の中を見透かされたような気まずさを感じ、真澄はいつもの冷めた口調に戻る。 「あたってます、それ。破らないように極力注意するが、ともすれば引き掴んで二度と使い物にならない有様にしてしまいそうだ。 普段の自分らしくもない、乱れがちな息を押し殺しながら、真澄はその繊細な膜を引き剥がしてゆ 当然真澄といる時間もぐんと減ってしまったのだが しかし、どうやら真澄もひどく多忙な様だった。 彼が忙しいのはもはや当たり前のような事なのだが、それにしても新年明けからこっち、 尋常ではない 真澄はデスクの椅子にどっかと腰を下ろすと、握りしめていた冊子をドン!とテーブルの上に広げた。 真澄の怒りで無残にもくしゃくしゃになったそれには、マヤの目を疑うような文字が羅列してあった。 大都芸能の速水真澄というこの男は。 結婚式には出席しなかった。 紅天女の関係者は当然招待されていたが、黒沼も桜小路も無理にマヤを誘うようなことはしなかった。ひとりでアパートに篭って、身じろぎもせずにひたすら時間が流れるのを待った。 マヤは真澄の胸に、しっかりと抱きとめられた。その、広さ。暖かさ。 真澄がマヤの顎を指先でそっと持ち上げる。そして、マヤを思い切りのけぞらせて、真澄はマヤに深く口づけた。 思えば、試演前の伊豆の夜以来。マヤのくちびるが、微かに震える。 真澄のことを思い出していた矢先、まるでマヤの心を読んだかのように、ふっと耳に小さ な声が飛び込んできた。 んっ? と思い、首を伸ばして声のしたほうをちろっと伺うと、壁をはさんでさらに1つ デーブル向こうの席に、黒い背広姿の男が2人座っている。 マヤの言葉に真澄の心に冷たい風が吹き抜けたようだった。 記者会見後は雑誌や、テレビの取材、パ-ティ-などに追いまわされ、 マヤが全てから解放され、やっと、一人になれたのは午後10時を回って ….