ミカサのhpは約2万2000。リジェネがあるものの、獣神化キャラの中では低い部類。ミカサを2体以上編成する際は、合計hpに注意しよう。 ミカサの総合 … 作者によれば、本人は自分の現在の体格を兵士として必要なものと理解している反面、年頃の女の子としてはかなり複雑な感情を抱いているらしく、戦闘力と乙女心の間で常に揺れ動いているとのこと。 その時に助け出したのがエレンであり、この際、エレンが三人いた人攫いのうち、最後の一人を仕留め損なったために逆に殺されかけ、その際のエレンの「戦え!」という呼びかけに応えたミカサがそれを仕留めたことで、10歳にも満たぬ幼い二人が人を殺すこととなる。 【2019年6月更新】『進撃の巨人』の最強のヒロインのミカサアッカーマン。口数は少ないですが、いくつもの名言を残しています。そのなかには冷酷で背筋がゾワッとする発言も。この記事では、ミカサアッカーマンの名言・名シーンを20選ご紹介します。原作の巻数・話数も記載しているので、気になる名言があったらぜひ読み返してみてくださいね!, ミカサアッカーマンは、諫山創原作のバトルファンタジー『進撃の巨人』シリーズに登場する最強ヒロイン。ひとりで並の兵士100人分もの戦力を誇り、調査兵団にいなくてはならない存在。主人公・エレンイェーガーやアルミンの幼馴染です。幼少時に両親を何者かに殺害されたという悲しい過去も…。, 普段のミカサアッカーマンはおとなしい性格で口数は少ないものの、言葉を発したときにはその的を得た発言で周囲を驚かせることもしばしば。ミカサアッカーマンの発言は、作中でも重要なポイントとなっています。ときには冷酷な発言もあり、背筋がゾワッとすることも。そんなミカサアッカーマンの名言・セリフで、とくに印象に残る言葉を選んでみました。原作の巻数・話数もご紹介しているので、気になる名言があったらぜひ読み返してみてくださいね!, 幼少の頃に夢から目覚めたエレンイェーガーに、ミカサアッカーマンが言った言葉です。森で薪を集めていたエレンイェーガーとミカサアッカーマン。そこでエレンイェーガーは不思議な夢を見て、目覚めたときに涙を流すのでした。このシーンは『進撃の巨人』では一番最初にエレンイェーガーとミカサアッカーマンが登場するシーン。いまだ全容が明かされていないこの世界の秘密が隠されていると感じられる名言です。, 「あなたが憲兵団に行くのなら私も憲兵団に行こう、あなたが駐屯兵団に行くのなら私もそうしよう。」「エレンは私といないと早死にする」「人生が続く限り…一度死んだ私を再び生き返らせた恩は忘れない」, 憲兵団への入団を勧めるエレンイェーガーに対して、ミカサアッカーマンが言った言葉です。訓練兵団の卒業が決まった夜、ジャンと入団先について言い争いをしていたエレンイェーガーを担ぎ出したミカサアッカーマン。そんなミカサアッカーマンに対してエレンイェーガーは、訓練の成績が優秀で主席だから憲兵団へ入るよう勧めます。しかし、ミカサアッカーマンはエレンイェーガーと同じ兵団に入団するといって断るのでした。命の恩人であるエレンイェーガーを、何がなんでも守り抜くというミカサの強い意志が感じられる名言です。, 「悪かった…私は冷静じゃなかった…でも…頼みがある…一つだけ…どうか…死なないで…」, 命令に背いてまで自分を守ろうとするミカサアッカーマンに対して、エレンイェーガーが喝を入れるシーン。エレンイェーガーの喝により、冷静さを取り戻したミカサアッカーマンが言った言葉です。5年ぶりに現れた超大型巨人が再び壁を崩壊させたため、ウォール・ローゼを死守する作戦に参加することになったエレンイェーガーとミカサアッカーマンですが、ふたりは別々の班に。命令に背いてでもエレンイェーガーのそばにいて、守ろうとするミカサアッカーマン。自分と離れたらエレンイェーガーが死んでしまうかもしれないという不安と、それでも今は別れるしかないというミカサアッカーマンの複雑な気持ちが感じられる名言です。, 5年ぶりにふたたび襲来した超大型巨人による攻撃で壁に大穴を開けられ、街の人々を避難させるため巨人と兵士たちが戦っていました。しかし、避難はなかなか進まず、兵士たちは次々と犠牲になっていきます。そんなときミカサが目にしたのは、出口のトンネルの幅より大きい馬車を強引に進ませようとして立ち往生している街の権力者リーブスの姿でした。巨人が迫るなか、自分たちを守るため兵士は死んで当然と語るリーブス。「自分を殺したらただではすまないぞ!」と恫喝するリーブスに対してミカサアッカーマンは「死体がどうやって喋るの?」と聞き返します。たしかに、ここでミカサアッカーマンがリーブスを殺しても、誰が上官に言えるのでしょうか。まさに死人に口なし。街の人々を守るためなら殺しも辞さないというミカサの強い意志が感じられる名言です。, 「私には…この世界に帰る場所がある。」「エレン…あなたがいれば、私は何でもできる」, 巨人との戦いのさなか、エレンイェーガーの元へ必ず帰るために自らに対して言った言葉です。トロスト区を奪還するために巨人と激しい戦いを繰り広げていたミカサアッカーマンは、幼少期を思い出します。人さらいによって両親を殺され、自身も奴隷として売り飛ばされそうになっていたとき、そこに駆けつけたエレンイェーガーによって助け出されます。どこにも行き場がなく、不安がるミカサアッカーマンにエレンイェーガーは自分の家へ来るように言うのでした。ミカサアッカーマンが巨人と戦い、生きる理由のすべてがエレンイェーガーのためにあり、エレンイェーガーの元へ帰るためであるということがわかった名言です。ミカサアッカーマンの過去・生い立ちなど詳しく知りたい方は、下記のミカサアッカーマン特集記事も合わせてご覧くださいね。ミカサアッカーマンの誕生日や身長などのプロフィール! マフラーに隠された生い立ちの秘密とは?, 巨人と戦い、ほぼ全滅した34班の訃報を聞き、感傷的になった兵士たち。そんな兵士たちを鼓舞するために、ミカサアッカーマンが言った言葉です。超大型巨人の攻撃によって城内は巨人で溢れ、必死に戦う兵士たちですが徐々に仲間が巨人に捕食されていき、絶望的な空気が流れます。補給所にも巨人が群がっている状況で、さらにエレンイェーガーを含めた34班がほぼ全滅。兵士たちが諦めるなか、ミカサアッカーマンは自分なら巨人たちを蹴散らせると宣言します。誰もが勝てないと諦めているところ、ただひとり巨人に立ち向かう姿勢を崩さないその行動には、ミカサアッカーマンの自分は最後まで戦い続けるという強い意志があります。, エレンイェーガーがアルミンを庇って死んでしまったことを聞いたミカサアッカーマン。内心ではやりきれない気持ちがありつつも、表情を変えることなく気丈に振る舞います。そして、感傷的になっていたアルミンやほかの兵士たちに対して言った言葉です。エレンイェーガーが犠牲になったのに誰も動こうとしない、なぜ戦おうとしないのか、という気持ちをぶつけたのです。ジャンからは言語力のない言葉と言われてしまいますが、兵士たちの心に火をつけるには十分な言葉でした。, エレンイェーガーが巨人に捕食されたことを聞かされ、自暴自棄になって巨人を狩るミカサアッカーマンが、生きることを諦めた際に言った言葉です。エレンイェーガーと違う班で戦っていたミカサアッカーマンは、アルミンからエレンイェーガーが殉職したことを聞かされます。訃報を聞いて表面上は感情を表に出さないミカサアッカーマンでしたが、そのやりきれない思いを巨人たちを狩ることにぶつけていきます。しかし、内面では動揺していたミカサアッカーマンは立体機動装置のガスがなくなっていることに気づかずに墜落。そして、家族、エレンイェーガーを失った現実に目を向けます。弱肉強食という世界の残酷さ。そして、そんな残酷な世界でも誰かに優しくできることは美しいと感じるのでした。エレンイェーガーがいなければ自分は今生きてはいなかった、だからエレンイェーガーがいない世界に未練はないと、生きることを諦めようとしたミカサアッカーマンの悲しみが伝わってくるシーンです。, 初めて巨人化したエレンイェーガーをみて、恐怖から彼を殺そうとする調査兵団に向けてミカサアッカーマンが言った威嚇の言葉です。一度は巨人に捕食されて命を落としたと思われていたエレンイェーガーですが、巨人に対する強い怒りから、自身も巨人化することに成功。その場にいた巨人を次々と倒していきますが、最後の巨人を倒したところで力尽きて変身が解けてしまいます。巨人のなかから出てきた、生きていたエレンイェーガーを見てミカサアッカーマンは安堵しますが、その異様な光景に調査兵団に囲まれてしまいます。エレンイェーガーを守るためなら、人間とでも戦うというミカサアッカーマンの狂気ともいえる迫力が伝わってきます。, 訓練兵団でエレンイェーガーの立体機動装置の訓練中に、ミカサアッカーマンが言った言葉です。兵士となるため訓練兵団に入団したエレンイェーガーとミカサアッカーマン。基本装備である立体機動装置の適正訓練に挑みます。立体機動装置が使えないと希望の調査兵団には入団できません。訓練を難なくこなすミカサアッカーマンに対して、エレンイェーガーは上手に姿勢を保つことができずに焦ります。その後、仲間たちと何度も練習をしてふたたび適正訓練に挑んだエレンイェーガーですが、装備のベルトが故障していただけとわかり、正常なベルトで見事訓練を突破することに成功します。その際、エレンイェーガーはさんざん世話を焼いてくるミカサアッカーマンに対して、自分はひとりでも戦えるという自身に満ちた表情と意志を示します。しかし、ミカサアッカーマンは違う受け止め方を…。ミカサアッカーマンが言った重すぎる言葉には、思わず横にいたアルミンたちも引いてしまうほどでした。ミカサアッカーマンの勘違いから出たちょっと笑ってしまう迷言です。, しばらくリヴァイ班で行動していたエレンイェーガーが、久しぶりにミカサアッカーマンと再会した際にリヴァイ兵長について言った言葉です。巨人に変身できるエレンイェーガーに恐怖をもつ人々にその有用性を証明するため、エルヴィンはエレンイェーガーと一緒に壁外調査を行うと宣言します。壁外調査にはミカサアッカーマンやアルミン、エレンイェーガーとともに訓練をした仲間も多く参加。必須事項として“エレンを死守する”ことが絶対条件に加えられ、第57回壁外調査へと出発します。同じ調査団となったエレンイェーガー、ミカサアッカーマン、アルミンは久しぶりに合流。過剰なまでにエレンイェーガーの身を案じるミカサアッカーマンの思いと、審議所で総統らを説得するための演出とはいえ、エレンイェーガーに暴行を加えたリヴァイに対してのミカサアッカーマンの恨みが感じられますね。たとえ上官だろうが“あのチビ”と呼び、決して容赦はしないミカサアッカーマンというキャラクターをまさに表現している言葉です。, 「絶対に…エレンは…生きている」「どこにいたってその女殺して…」「体中かっさばいてその汚いところからだしてあげるから」, 女型の巨人に捕食されたエレンイェーガーを助け出すため、必死にその後を追うミカサアッカーマンの言葉です。エレンイェーガーの生家を目指し、壁外調査に出た調査兵団は女型の巨人と遭遇。エレンイェーガーも巨人化し、激しい戦いが繰り広げられますが、エレンイェーガーは敗北して女型の巨人に捕食されてしまいます。捕食の瞬間、ミカサアッカーマンもその場に現れて動揺しますが、エレンイェーガーはまだ生きていると信じて女型の巨人の後を追います。エレンイェーガーが捕食されてしまうという、衝撃的な瞬間を初めて目の当たりにしてミカサが動揺するシーンです。エレンイェーガーは生きている…と自分に暗示をかけるようなミカサアッカーマン言葉です。, 女型の巨人の正体について問い詰められ、しらを切るアニに対して業を煮やしたミカサアッカーマンが言った言葉です。壁外遠征の失敗から、憲兵団に身柄が引き渡されることに決まったエレンイェーガー。さまざまな現場に残る証拠から、女型の巨人の正体がアニであると推測したアルミンはエレンイェーガーが憲兵団に護送される状況を利用して、アニの正体を暴こうと計画します。エレンイェーガーたちはアニを誘導し、地下道への入り口へとたどり着きますが、周囲の状況からアニに計画がバレてしまいます。調査兵団はすぐにアニを拘束しようとしますが、あと一歩というところで失敗、アニは女型の巨人へと変身してエレンイェーガーたちを襲います。これまでアニが正体を隠して自分たちを騙し続けていたことや、一度エレンイェーガーを女型の巨人に奪われたミカサアッカーマンの隠しきれない怒りが表れています。, エレンイェーガーとの壮絶な一騎打ちのあと、壁を登って壁外へ逃げようとした女型の巨人。ミカサアッカーマンは女型の巨人の指を切り落とし、顔を踏みながら言った言葉です。女型の巨人の正体がアニであるとわかり、巨人化したアニとエレンイェーガーは激しい戦いを繰り広げます。調査兵団の加勢もあり、戦況が不利になったアニは壁外へ逃げるために壁を登り始めます。壁を登るそのスピードに追いつけないと諦めるハンジでしたが、立体機動装置を駆使して圧倒的なスピードでミカサアッカーマンは女型の巨人に追いつきます。女型の巨人の顔を踏み、冷たい目で見つめながらアニに名指しで放ったこの名言は、たとえ壁内の兵士だとしても、エレンイェーガーを狙うものは絶対に逃さないというミカサアッカーマンの意志が読み取れます。あまりにも冷静過ぎて、ミカサアッカーマンの言葉のなかでも背筋も凍りつくひとつです。, リヴァイ兵長からすべての能力を使って、エレンイェーガーを守るように命令を受けた際のミカサアッカーマンの言葉です。ウォール・ローゼの穴をエレンイェーガーの巨人の力で塞ぐ、という作戦を計画したリヴァイ兵長ら調査兵団の一行は壁へと向かいます。移動の最中、リヴァイはミカサアッカーマンに対してエレンイェーガーを全力で守るように命令し、「お前がなぜエレンに執着しているかしらんが…自分を抑制しろ、もうしくじるなよ」と声をかけます。以前、女型の巨人と遭遇した際に一度エレンイェーガーを奪われてしまい、動揺して冷静な判断を欠いていたミカサアッカーマンを知るリヴァイ兵長が釘を刺すシーン。リヴァイ兵長から、そのときのミスをあらためて指摘されたミカサアッカーマンのやりきれない思いが込められています。, 「あの時…二人の首をちゃんと…刎ね落としていれば…」「最大の機会を…私ならできたはず…なぜ」, 鎧の巨人と超大型巨人であると正体と明かした、ライナーとベルトルトとの戦いのなかでのミカサアッカーマンの言葉。故郷に戻るためエレンイェーガーを呼び出して、自分たちの正体を明かすライナーとベルトルト。自分たちと一緒に故郷に来れば、壁内は少しの間落ち着くと説得しますが、それに応じないエレンイェーガーを力づくで連れて行こうとします。その瞬間、ミカサアッカーマンがライナーの腕を切り落とし、ベルトルトの首に刃を入れます。しかし、一瞬の躊躇から傷は浅く、ふたりは巨人へと変身してエレンイェーガーと対峙することに。最初の攻撃でふたりの首を刎ね落とすことができていれば、この事態は防げたという自分への後悔と、次はないという戒めが込められたミカサアッカーマンのセリフです。, 「一瞬でも躊躇すればもう、エレンは取り戻せない」「こいつらは人類の害、それで十分」, エレンイェーガーをさらったライナーとベルトルトを説得しようとするコニーに対してミカサアッカーマンが言った言葉です。さらわれたエレンイェーガーの奪還作戦を遂行し、逃げる鎧の巨人に追いついたミカサアッカーマンと調査兵団たち。鎧の巨人であるライナー、そしてその手のなかに隠れるベルトルトに対して、裏切りが信じられない104期生の仲間であるコニーは説得を試みます。ライナーとベルトルトに今までどんな気持ちで裏切り続けていたのか、を問うコニーにミカサアッカーマンはただ一言、言葉を発します。ほんの一瞬の躊躇でエレンイェーガーを危険にさらしてしまった後悔から、ふたりの首を跳ねることだけを考え続けていたミカサアッカーマン。裏切りの理由を知ればまた躊躇してしまうかもしれないので、ただ人類の敵であるという事実だけ知っていればいいという、ミカサアッカーマンの気持ちが感じられる名言です。, エレン奪還作戦時に巨人化したユミルを守ろうとするクリスタに対して、ミカサアッカーマンが言った言葉です。エレンイェーガーとともに一緒に連れ去られたユミルはクリスタを守るため、ライナーたちに協力することにします。クリスタを捕まえてライナーたちと逃げるユミルですが、追ってきたミカサアッカーマンを止めるために攻撃を仕掛けます。ミカサアッカーマンはエレンを助けるにはユミルを殺す必要があると判断して、攻撃しようとしますがクリスタによって止められます。ユミルを守りたいと思うクリスタに対して、エレンイェーガーが連れ去られてしまうかもしれないという状況で余裕がないミカサの焦りが感じられるシーンでの会話です。エレンイェーガーの奪還を邪魔する者には決して容赦しないという、ミカサアッカーマンの威圧が伝わってきます。, エレン奪還作戦中に周囲を巨人たちに囲まれて、為す術がない状況で最後を悟ったミカサアッカーマンがエレンイェーガーに言った言葉です。ライナーとベルトルトにさらわれたエレンイェーガーを奪還することに成功した調査兵団。しかし、その直後に大量の巨人たちに囲まれてしまい、兵士たちは孤立、さらには幼少の頃から親しくしてくれたハンネスも目の前で巨人カルライーターに捕食されてしまいます。逃げる術を失ったミカサアッカーマンは死の覚悟を決めて、今までエレンイェーガーに言えなかったことを告げます。そのセリフからミカサアッカーマンのエレンイェーガーに対する計り知れない恩と、生きることを自分に教えてくれた、精一杯の感謝が伝わってきます。, ウォール・マリア奪還作戦の前夜にエレン、ミカサ、アルミンの幼馴染が集まったときにミカサアッカーマンがエレンイェーガーに言った言葉です。エレンイェーガー巨人が持つ硬質化能力を使って、ウォール・マリアを奪還する作戦を計画した調査兵団。その前夜、夕食が終わったあとにエレン、ミカサ、アルミンの幼馴染3人はそれぞれ胸の内に秘めた気持ちを語り合います。ミカサアッカーマンはウォール・マリアで平和に暮らしていたときのことを思い出し、エレンイェーガーにこの戦いが終わったら、あの幸せだった日々に戻れるのと問いかけます。ミカサアッカーマンの人生で一番幸せだった時間が、ウォール・マリアでエレンイェーガーの家族と暮らしていたときだと感じられ、3人の絆がより深まったシーンの名言です。, この記事ではミカサアッカーマンの名言、名シーンの数々をご紹介してきました。エレンイェーガーのことを大切に想う、ミカサアッカーマンの気持ちがかたちとなった言葉や行動が元となった名言が多かったのではないでしょうか。今回ご紹介した名言のほかにも、『進撃の巨人』には素晴らしい名言セリフがたくさんありますので、お気に入りの名言を探しながら作品を楽しんでみてくださいね。, 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 31 ななしの ... 2013/04/08(月) 11:37:51 ID: LeuJQ7vV9y こないだ初めて各キャラのプロフィールっつか身長 体重 ... キーワード「ミカサ・アッカーマン」でニコニコ動画を検索 . ただし「エレン以外はどうでもいい」というような狂犬的な性格ではなく、苦楽を共にした104期生への情は深い。戦闘時や非常時には敵を倒すことを最優先し例え仲間に刃を向けなければならない事態ならば向けることを選ぶが、内心躊躇いの気持ちは存在している。 「そして…その相手は6年前から決まっているので、私に助けを求めるのは間違っている。」, 『進撃の巨人』ミカサアッカーマンの名言セリフまとめ20選「不毛」「私は強い」「マフラーを巻いてくれてありがとう」など, エレンイェーガーを守るためなら、人間とでも戦うというミカサアッカーマンの狂気ともいえる迫力が伝わってきます。, 上官だろうが“あのチビ”と呼び、決して容赦はしないミカサアッカーマンというキャラクターをまさに表現している言葉, エレンイェーガーを女型の巨人に奪われたミカサアッカーマンの隠しきれない怒りが表れています。, すべての能力を使って、エレンイェーガーを守るように命令を受けた際のミカサアッカーマンの言葉, 今までどんな気持ちで裏切り続けていたのか、を問うコニーにミカサアッカーマンはただ一言、言葉を発します。, エレンイェーガーが連れ去られてしまうかもしれないという状況で余裕がないミカサの焦りが感じられるシーンでの会話, ミカサアッカーマンの誕生日や身長などのプロフィール! マフラーに隠された生い立ちの秘密とは?. 以降、全てを失った自分に新たな「家族」を与えてくれたエレンに執着するようになり、この時彼にもらった赤いマフラーは今でも(暑い時以外は)身に着けているほどの大切な品である。 またエレンが戦死したと聞かされた時は、一見冷静ながらその実捨て鉢になって無謀な戦闘行為に走ったりなど、その執着ぶりは相当なもので、リヴァイからは「自分を抑制しろ」と忠告を受けている。 後にケニー・アッカーマンの回想により、アッカーマン家と東洋一族はレイス家の「記憶操作」が効かない少数民族のひとつであり、貴族となった他の少数民族と違い王政の方針に従わなかった為に「記憶操作」が効かないことを恐れられ、王政から命を狙われ続けていたことが判明する。 また、ケニーの回想の中に登場する彼の祖父が語るところによれば、アッカーマン家は元は王側近の武家であり、王政の懐刀として人類存続の担い手である王政の中枢にあったが、人類すべての記憶を塗り替え、過去の歴史を根絶し、一糸乱れぬ平和を実現するという王の統治の方針に異を唱えたため、王政から迫害を受け続けてきた。このため、アッカーマン家はケニーの曽祖父の代で後世を案じて「壁内の真の歴史」を伝えることをやめてしまったとのことである。したがって、「壁内の真の歴史」については、祖父からケニーには何も伝えられていないものと思われる。それとは対照的に、王政に反対した東洋人の末裔であるミカサの母は「私たち東洋人が伝えていかなければならないもの」として娘のミカサに刺青(アニメでは刺繍)を託しており、そのマークはエルディア帝国の同盟国であるヒィズル国の将軍家アズマビト家の紋章である。 【2019年6月更新】『進撃の巨人』の最強のヒロインのミカサアッカーマン。口数は少ないですが、いくつもの名言を残しています。そのなかには冷酷で背筋がゾワッとする発言も。この記事では、ミカサアッカーマンの名言・名シーンを20選ご紹介します。 ミカサが「世界は残酷なんだ」という考え方をするようになったのは、この時からである(エレンも後にこの言葉を口にする)。, その後はシガンシナ区にあるイェーガー家(つまりエレンの家)に引き取られ、新たな家族を得る。 2014年04月28日 01:29 ID:.LfnHVnH0 4. そして、エレンイェーガーに抱く一途ないじらしさもミカサファンが多い理由のひとつ。口数が少なくミステリアス。しかし、エレンイェーガーのためなら命をかけて戦う熱い部分もあるミカサアッカーマン!ミカサアッカーマンはどんな人物で、なぜそこまでエレンを守ることに執着するのでしょうか?ミカサアッカーマンの基本的なプロフィールをはじめ、人類最強と言われる戦闘力を持つアッカーマン一族の能力、ミカサアッカーマンが受け継いだ東洋人の血の秘密など徹底解説していきたいと思います!, まずは、ミカサアッカーマンの基本的なプロフィールをご紹介します。・誕生日:2月10日・身長:170㎝・体重:68kg・年齢:15歳・出身地:ウォールマリア南端シガンシナ区・所属:第104期訓練兵団→調査兵団・訓練成績:1位・特技:肉を削ぎ落す事・趣味:エレンのことを考え、そばにいる事ミカサアッカーマンは、2月10日生まれの15歳。黒髪の東洋人系の美人で一見おとなしい可憐な女の子。漫画やアニメでは小柄にも見えますが、身長は170㎝と女性にしては高めです。体重は68kgと見た目に比べてやや重め。筋肉質で体重が重いのではないでしょうか。ミカサアッカーマンは、感情表現が下手で口数も少なく、他人に意思表示をする事が苦手です。そんな、常に冷静で表情を変えないミカサアッカーマンですが、エレンに関わる物事には全力で向き合おうとします。血気盛んなエレンが街で喧嘩をしたり、揉め事を起こす度にミカサアッカーマンが止めに入って難を逃れることも。ミカサアッカーマンの感情を動かすのは、常にエレンイェーガーの存在。訓練兵団時代にジャンに声を掛けられてもまったく相手にしませんでした。訓練兵団時代の成績は1位。『進撃の巨人』の公式ガイドブックデータ抗では、キース・シャーディス教官の分析も載っています。, 格闘術:10行動力:9家族への思い:10協調性:6頭脳戦:8目的を実現する強さと技を併せ持つ! 目的を達成するために、自分が何を行えば良いのかを理解する能力に長ける。年齢に見合わないその判断力は、幼い頃に数々の地獄を経験したからだろう。近い将来、鼎談を支えることになる逸材なのは間違いない。評価+A, 原作漫画『進撃の巨人 4巻』で主人公・エレンイェーガーが左手でスプーンを使用していると話題にもなりました。原作者の諫山創先生が描き間違えただけかもしれませんが、実際ミカサアッカーマンの利き手はどちらなのでしょうか。, 立体機動装置は両手で操作しますし、ブレードも両手で使用します。訓練兵団時代に両利きに矯正するのかもしれませんね。エレンも立体機動装置のために普段から左手を使うように意識していたとも考えられます。『進撃の巨人』の漫画には伏線がたくさんあるので、各キャラクターの利き手に関しても「何かの伏線なのではないか」と気になる方も多いようです。, 原作者の諫山創先生曰く「某駆逐艦・綾波だったり戦艦・長門だったりの系譜を意識してます」とのこと。この発言からか、戦艦の名前をヒロインにつけると作品がヒットするという都市伝説的な噂に便乗したという説が浮上!ミカサの名前の由来は、1904年から始まった日露戦争で活躍した“戦艦三笠”なのではないかと考えられています。“戦艦三笠”は、今も神奈川県の横須賀に保存されている戦艦です。ロシア帝国海軍との日本海海戦において、日本海軍連合艦隊の旗艦を務め、見事勝利しました。, ミカサアッカーマン父親はアッカーマン一族の分家の血を引いており、母親はほぼ全滅したといわれる東洋人の血を引いています。原作漫画では東洋人としか記載がありませんが、「ミカサ」と聞くと日本人の名前に感じますよね。『進撃の巨人』の世界に日本があるのかも…?アッカーマンの由来は、ドイツ語のacker(畑・耕地)+mann(人・男)で“農夫”という意味だといわれています。, ミカサアッカーマンを英語で書くと綴りはどうなるのでしょうか。英語版『Attack on Titan(進撃の巨人)』で確認してみましょう。・Mikasa Ackerman・Mikasa Ackermann2つめはグローバルなアニメ配給事業会社「FUNimation(ファニメーション)」での表記スペルです。, ミカサアッカーマンは、父親と母親の3人でひっそりと暮らしていました。ある日、3人組の強盗に襲われ、両親を殺されてしまいます。あわやミカサも襲われるという間際に、往診にきたエレンイェーガーと、エレンの父親・グリシャイェーガーに救われます。このとき、ミカサアッカーマンを助けるために強盗に立ち向かうエレンは、怯えて身動きが取れないミカサアッカーマンに「戦え!」と叫びます。この言葉によって、ミカサアッカーマンの中に眠るアッカーマンの血が呼び覚まされ、通常ではあり得ない力を発揮し強盗を殺しました。エレンのおかげで命を救われたミカサアッカーマンでしたが、両親を亡くしてしまったため、天涯孤独となります。, 家族を突然失い、茫然自失となったミカサアッカーマン。感情を失くした様子で「寒い…。私にはもう帰る場所がない」と小さく呟くと、エレンが巻いていた自分の赤いマフラーを巻いてあげたのです。そして、ぶっきらぼうに「早く帰ろうぜ。俺たちの家に」と照れた様子でミカサアッカーマンに声をかけるのでした。そのエレンの不器用ながらも優しい言葉を聞いて、堪えていた悲しみや恐怖が一気に溢れだし、ミカサアッカーマンは初めて涙を流します。ミカサアッカーマンが訓練兵団時代や巨人との戦闘時にもずっと巻いている赤いマフラーは、エレンから与えられた優しさの証でもあるのです。この赤いマフラーを肌身離さず身につけており、ミカサアッカーマンのお守りのような役割を担っています。, ミカサアッカーマンの手首には、幼少期に母親から受け継いだ“東洋人の印”の刺青があります。第5話にて母親から「私達一族が受け継がなきゃいけないものなの」といわれており、この“東洋人の印”の刺青は代々受け継がれ続けているようです。, 原作漫画『進撃の巨人 27巻』第107話「来客」で、ミカサアッカーマンが東洋から来たというヒィズル国の使者に手首の刺青を見せます。ヒィズル国の頭首キヨミ・アズマビトから「あなたは…我々が失った一国の末裔、ヒィズル国の希望です」と言われるのでした。また、ケニーアッカーマンによると「アッカーマン一族と東洋人だけは記憶操作が効かなかった」ということが語られています。記憶操作が効かないことを恐れた王政側は、アッカーマン一族と東洋人のことを迫害します。しかし、東洋人側は王政の迫害に屈しることはありませんでした。「壁内の秘密を伝える」ため“東洋人の印”の刺青というかたちで子どもたちに受け継ぐことにしたのでした。ミカサアッカーマンが受け継いだ“東洋人の印”は、ヒィズル国の紋章である可能性が高いとされています。, ミカサアッカーマンの祖父は、アッカーマン一族の分家となります。アッカーマン一族という事で、追われるようにシガンシナ区近郊に移り住み、細々と商売をして生計を立てましたが迫害対象とされ、貧しい生活を強いられていました。ミカサアッカーマンの父親は、アッカーマン一族のことは聞かされていないと推測されています。強盗に不意をつかれ殺されている為、アッカーマン一族の力も目覚める前に死んでしまったのではないでしょうか。父親はアッカーマン一族の分家の血筋、母親は純血の東洋人。ミカサアッカーマンは、アッカーマン一族の血と東洋人の血が交ざった混血。アッカーマン一族の末裔です。記憶操作を受けない少数派民族のサラブレッドなのです。, 巨人の力を手に入れたエルディア人は、巨人化の力を秘めていることがわかっています。エルディア人とは、王政の記憶操作の影響を受ける人たちのこと。東洋の一族とアッカーマン一族は上記でも述べましたが、記憶操作を受けない少数派民族です。このことから、エルディア人の血が交ざっていないミカサアッカーマンは、おそらく巨人化することができないのではないかと考えられます。, アッカーマン一族の明らかになっている固有の特徴として・王政に使える血統・記憶操作の影響を受けない・情感の豊かさに欠け、感情が表に出ない・類まれなる身体能力を秘めている・少数派民族などが挙げられます。, 「王家の中で語り継がれているだけの正体不明な存在」王とその周辺だけが事実を知る極秘の一族であり一般人が目にすることがない。, 原作漫画『進撃の巨人 23巻』第93話「闇夜の列車」では、上記事実が判明しています。アッカーマン一族を一般人から隠さなければいけない理由は、やはり記憶の捏造を受けない種族だということでしょう。記憶操作の事実が民に知られれば、王政に対する疑念が生じることは明らかです。そのため、アッカーマン一族の存在は極秘とされ、後に迫害を受けてたのだと考えられます。, アッカーマン一族に共通する能力として・戦闘能力の高さ・あるとき突然その力に目覚めることの2つがあるとされています。そしてその力に目覚めるきっかけは、第112話のエレンイェーガーの話によると「誰かに命令された」または「誰かを守るために命令された」場合であるとのこと。いずれも「命令」が能力をアッカーマン一族の能力を開花させるための重要なキーワードになっているようです。また、リヴァイアッカーマンの話によるとアッカーマン一族は「宿主」と認めた存在を守る血筋のようです。宿主が能力を開花させるトリガーとなり、宿主が危険に陥ったときなどに秘められた能力が覚醒・発動するものらしいとのこと。覚醒するときに、電気が走ったような感触があるとリヴァイもミカサも作品中に証言しています。, ミカサアッカーマンの「宿主」は、幼少期の命の恩人であるエレンイェーガーであることは間違いないようです。, アッカーマン一族の血筋であるミカサアッカーマン。戦闘能力は高く、第104期訓練兵団を主席で卒業しています。その強さは「ひとりで100人の平凡な兵士に匹敵する」といわれるほど。訓練兵団卒業後、5年振りに再びウォールマリアの壁が超大型巨人に破壊され、ミカサアッカーマンは巨人との対決を迎えます。調査兵団として初陣の際、ミカサアッカーマンは新兵らしからぬ戦いぶりを見せ、複数の巨人をひとりで倒していきます。そして女型の巨人との対決では、女型の巨人に身体を握り込まれますが、握られた狭い空間から指を全て削ぎ落し、脱出を図るという人知を超えた動きを見せます。新兵でありながら、調査兵団の中でもトップクラスの実力の持ち主! さすがですね!, ミカサアッカーマンは、ときどき頭痛を訴えることがあります。その原因についてさまざまな考察がされています。これまで、ミカサアッカーマンが頭痛を起こしたタイミングは「エレンを失いそうになるとき」と「家族を失ったとき」のふたつ。ミカサの頭痛に関してエレンは、アッカーマン一族の血が原因となっていると原作112話「無知」で説明している場面がありました。しかし、リヴァイにはその症状が見られないため、推測として「東洋人の血」が関係しているのではないか?という説も有力視されています。, 作中に登場するアッカーマン一族の人々は、現在わかっている範囲では以下になっています。・ミカサアッカーマン・ミカサの母親・ミカサの父親・リヴァイアッカーマン・リヴァイの母親(ケニーアッカーマンの妹)・ケニーアッカーマン・ケニーの爺以上が作中で描かれているアッカーマン一族です。, ミカサアッカーマンは、感情をあまり表に出さず口数も少ないため、大人しい性格に見られがち。しかし、エレンイェーガーに関することだけは、感情を露わにします。そして、意外に嫉妬深く、一途な面もあります。エレンに「俺はお前の弟でも子どもでもない」と素っ気なく跳ねのけられても、決してめげることはありません。ここからは、調査兵団で見せる“強くかっこいいミカサアッカーマン”ではなく、可愛い15歳の女の子であるミカサアッカーマンの胸キュンシーンを3つご紹介したいと思います!ミカサアッカーマンの名言をもっと知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。ミカサアッカーマンの名言20選!「不毛」「私は強い」「マフラーを巻いてくれてありがとう」など有名セリフをまとめてみた, ライナーとベルトルトにエレンイェーガーを奪われた為、エレン奪還作戦に乗り出した調査兵団。追い詰められつつも無事にエレンイェーガーを奪還することに成功します。しかし、小さな頃から親しくしていた憲兵のハンネスたちが目の前で巨人に食われてしまい、調査兵団が不利な状況に…。その状況を目の当たりにしたエレンイェーガーが自責の念で激昂。そんなエレンの姿を見たミカサアッカーマンは、「これが最期」と決意したように、泣きながら笑顔でエレンに言葉をかけたのでした。, 「ミカサアッカーマンのマフラーの生い立ちの秘密」でご紹介したシーン。家族を強盗に殺された後、エレンに助けられ、赤いマフラーを巻かれる場面で発した言葉です。口数も少なく不愛想な面が目立つミカサアッカーマンですが、時折エレンに対してだけ見せる可愛い姿は、とても珍しく貴重なシーンです。, 壁の穴を塞ぐ作戦において、エレンイェーガーを見捨てない選択をしたときのこと。イアン班長がミカサアッカーマンに「お前の恋人の為だからな」と言われたときの照れたミカサの言葉です。クールで無表情なミカサアッカーマンは、普段笑顔さえも見せません。照れている姿もなかなか見ることができないので、ミカサファンとしてはたまらないシーンなのではないでしょうか。, 最後に番外編でミカサアッカーマンのレアな髪型をご紹介します。綺麗な黒髪が魅力のミカサアッカーマンですが、第87話「境界線」での寝癖がすごいんです!おでこ全開の姿に、一瞬「誰…?」と思うほど印象が異なります。右目の下に傷があるので、ミカサアッカーマンであることは間違いありません。ミカサアッカーマンのレアな髪型が見れる第87話は、原作漫画『進撃の巨人 22巻』に収録されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。, 『進撃の巨人』シリーズは、現在シーズン3まで放映されています。2015年には、実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド』も公開されました。監督は『のぼうの城』『日本沈没』などを手掛けた、樋口真嗣氏。実写映画化の際には「ミカサアッカーマン役は誰になるのか?