『ワイルド・スピード』シリーズの超肉体派俳優、ドウェイン・ジョンソンと地上最強の巨獣たちが激突するパニック・アクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』が、2020年2月29日(土)にフジテレビ「土曜プレミアム」で地上波初放送となる。, 原作は1980年代に登場したアーケード・ゲーム「RAMPAGE」で、大きな怪獣が街で繰り広げる、文字通りの「巨獣大乱闘」が画面狭しと繰り広げられる。, 人類代表の主演は、「ロック様」の愛称でも知られるスーパースターのドウェイン・ジョンソン。『ワイルド・スピード』シリーズなど破天荒な役が似合う大男の印象だが、そんなロック様さえちっぽけに見えてしまうほどにデッカい怪獣バトルエンターテインメントに仕上がっている。クヨクヨせず、スカッと楽しめる一作だ。, この記事では、本作で超絶大乱闘を繰り広げる怪獣の紹介や、鑑賞のお供となる豆知識をまとめよう。, 霊長類学者デイビス(ドウェイン・ジョンソン)は幼い頃から世話をしているゴリラのジョージと深い絆で結ばれていた。ジョージは高い知能とユーモアをあわせ持ち、手話でデイビスとコミュニケーションを取ることができるのだ。ある日、欲に目がくらんだ企業の遺伝子実験が失敗し、ジョージをはじめとする動物が巨大化して暴れ始める。あらゆる動物の長所を取り入れた遺伝子により、巨獣と化した動物たちは、北米大陸を破壊しながら横断していき、軍による攻撃も効果がない。デイビスはこの大惨事を食い止めるため、解毒剤を探し求めて奔走するが……。, まずはじめに、本作で大乱闘を繰り広げる3体の巨獣、ジョージとラルフ、リジーを紹介しよう。, 全長12.1メートル、体重9.06トン。

元WWE世界王者8度制覇の最強プロレスラー。数多のアクション映画で活躍する肉体派スターが今回演じるのは、なんとこう見えても霊長類学者のデイビス・オコイエ。ぜんぜん学者のビジュアルじゃないぞ! しかしいつもと違うのは、強すぎる巨獣たちの出現によって、人類代表のロック様が図らずも「最弱」となってしまったこと。さて、今度はどんな戦いぶりを見せてくれるのか、本当に巨獣相手に勝つことができるのか……?, ドウェイン・ジョンソンは、劇場公開時に「よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン」と日本語で呼びかける映像も届けてくれた。サービス精神旺盛なナイスガイ・ロック様は、続けて「巨大化が、止まらない!」とのフレーズも披露。全力で言い切った後、一瞬だけ見られるちょっと心配そうな表情が見どころである。, 劇場公開時、「本国版よりもカッコいい」と話題を呼んだ日本限定ポスターがこちら。ルーカス・フィルムから直接お声が掛かったという逸話を持つ世界的なコンセプトアーティストの田島光二氏が、本作のために特別に描き下ろした貴重な一枚だ。, 田島氏は「怪獣映画というジャンルは、世界の中でも日本は確立している存在なので、これが日本が描く怪獣だ!というモチベーションで、そして何よりもこのポスターを楽しみながら描かせてもらいました。怪獣映画を見たときのあのワクワクをこのポスターから感じていただけたら嬉しいです」とコメント。本作については、予告編が公開された頃から楽しみにしていた作品だったそうで、「そのポスターを書かせていただけるなんて!と喜びと驚きを感じました」と興奮の言葉を残している。, 「巨大化が、止まらない」にひっかけ、本作はムビチケ(全国共通前売券)までもが巨大化してしまうという珍プロモーションも話題に。, 通常のムビチケは縦8.56cm×横5.4cmのカードサイズの前売券だが、縦1.8m×横2.4mという通常のムビチケの約930倍の特大サイズに。価格は通常のムビチケの約8倍となる12,000円(税込)で、送料は注文者負担という凶暴なプロモーションだった。限定100部の完全受注生産となっていたが、勇敢な購入者はどれくらい現れたのだろう?, これは、日本の祝日である5月5日の「こどもの日」に合わせて、出演者のみなさんが付き合ってくれた企画。日本でおなじみ「紙相撲」にチャレンジする一同だが……。, 「トントン相撲」との別名でも知られるように、紙相撲と言えば指先で土俵の台をトントンと叩いて楽しむ遊び。しかし、巨獣との死闘を繰り広げる彼らの手にかかれば、マッスルとパワーが支配するエクストリームな大乱闘に。挙句の果てには、ジョー・マンガニエロが何の前触れもなく近くにあった瓦礫のセットを土俵目掛けて叩き落とすというパワープレイに繰り出す。もはや紙相撲でも何でもないが、瓦礫の上にはオオカミのコマがちょこんと乗っており、その場にいた全員が「ジョーの勝ちだ」と納得するのだった…。日本よ、これがペーパー・スモー・レスリングだ。, こちらは、ロック様のタッグを組むホワイトゴリラのジョージ初登場シーン。ジョージは器用に手話を操り、主人公デイビスとスムーズにコミュニケーションを取り、ジョークまで飛ばすなど、非常に知能が高く愛嬌のあるキャラクターだ。時には野性味あふれる表情で威嚇し、悲しい顔や愛らしい笑顔も見せるなど、豊かな表情で観客の心を惹きつける。「この映画はハートが全て。一番大事な部分は、親友のジョージを救わないといけないことなんです。」とドウェインは語る。, ドウェインはジョージを相手役に演じる際、愛犬ホブスとの関係を活かしたのだとか。「家族が女性ばかりだから、僕とホブスは親友同士なんです(笑)。デイビスとジョージの関係は、僕とホブスとの関係と同じで、お互いにふざけあっている感じ。」, 映画のクライマックスから、ついに3体の巨獣が相まみえる大乱闘シーンもチラ見せ。68.5mの圧倒的フィジカルを誇る巨大ワニ・リジーが、ホワイトコング・ジョージに猪突猛進で襲いかかるも、クレーンの残骸で力の限りぶん殴られる。続けざまにジョージに噛みついてくるのは、巨大オオカミのラルフ。マウントポジションを奪われ、絶体絶命と思いきや、ハンマー投げのように放り投げられるラルフ。しかしビルに激突する寸前のところで、ムササビのような飛膜を使い、華麗な方向転換で着地する。, ちなみにドウェイン曰く、ワニのリジーは「僕の好きな日本の怪獣、ゴジラからインスパイアされている」という。, この話題は、映画を最後まで観た方だけのお楽しみ。実は、ドウェイン・ジョンソンたっての希望で、結末の展開が変更されていたという。読めば納得のトリビアは、以下の記事にて。, 本作を手掛けたのは、『カリフォルニア・ダウン』(2015)『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』(2012)でもドウェインとタッグを組んだブラッド・ペイトン監督。ドウェインのほか、出演者には『ムーンライト』(2016)でアカデミー助演女優賞にノミネートされたナオミ・ハリス、『ウォッチメン』(2009)のマリン・アッカーマンほか。『パシフィック・リム』(2013)『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)に続く巨獣パニック・アクション映画として注目を浴び、世界興収4億2,800万ドルを突破した話題作だ。破壊の限りを尽くす大怪獣バトルを、自宅でたっぷり堪能しよう。, 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は2020年2月29日(土)フジテレビ「土曜プレミアム」にて地上波初放送。, 『ドクター・ストレンジ』監督、コンスタンティンを再び映画化したい ─ キアヌ・リーブスとはタッグ経験済み. s.parentNode.insertBefore(gcse, s); アルビノの白いゴリラで、本来優しいゴリラだったジョージは、謎の緑煙を体に浴びたことで“巨獣化”。成長が止まらないサメの遺伝子や、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さ、チーターのスピード、トゲマウスの細胞修復能力など、ありとあらゆる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物へと変貌を遂げてしまったのである!, 高さ:14メートル、全長26メートル、体重13.8トン。 1986年にアメリカでリリースされたミッドウェイゲームズ(現在、メーカーは消滅しており、現在はワーナーブラザーズ)制作のアーケードゲーム『RAMPAGE』を実写映画化したモンスターパニック映画。 ※原作ゲームに関しては後述 監督ブラッド・ペイトン、主演と製作総指揮にザ・ロックことドウェイン・ジョンソン。 gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; 元々は自然界で群れをなして暮らすオオカミだったが、突如成長を遂げて高層ビル級の“巨獣化”。そんなラルフの最大の特徴は、なんと空を飛べること。突然変異でムササビのような羽を得たラルフは、街中を縦横無尽に飛び回ってビル群をなぎ倒していく!, 高さ18.5メートル、全長68.5メートル、体重150トン。 この作品のもとになったゲームに、ほんの少しだけ思い入れがあるので、鑑賞してきた。感想は、ドウェイン・ジョンソンの映画だなぁという感じ。ネタバレなし。, 解説:アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。(KINENOTE), あらすじ:ある遺伝子実験の失敗により、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、狂暴化する。動物たちの巨大化は止まらず、もはや怪獣と化した動物たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結すると、街を舞台に大乱闘を始める。高層ビルは崩れ落ち、人々は逃げ惑う。破壊をやめさせるべく軍隊が出動するも、怪獣たちには銃もミサイルも効かない。彼らの目的は一体なんなのか? 人間は彼らを止めることができるのか……?(KINENOTE), 監督:ブラッド・ペイトン 出演:ドウェイン・ジョンソン/ナオミ・ハリス/マリン・アッカーマン/ジェイク・レイシー/ジョー・マンガニエロ/ジェフリー・ディーン・モーガン, 恐らく「king of monsters」というネオジオのゲームだったかと思う。中学か高校生の頃だったような気がする。そのゲームを何度か遊んだことがある。子供のころから怪獣が好きで、それはなぜかというに恐竜が好きだったことにも関係があるんだが、ともかくこのゲームが登場したことに、子どもから少し成長していた当時の俺は、かなりワクワクした。, ところが、家庭用のハードでは遊ぶことができない(後日リリースされてたみたい)。だから、たまに小金があるときに、このゲームができる場で一回100円のプレイしたものの、俺はアーケード用のスティックというかレバーがうまく使えなくて、何度やってもうまくなれなかった。, その後、いろんなゲームを20代くらいまで遊んで、この作品の存在のことなんて忘却の彼方だったのだが、なぜか今更、こいつをもとにした映画ができちゃったんだから見ざるを得ない。というか、見たかったので、劇場に行ってきた。, で、鑑賞したんだけど、あんま面白くなかったなぁ。そもそも、ザ・ロック様=ドゥエイン・ジョンソンの主演作だから最初からそんなに期待してはいなかった(ごめん)。今年公開の『ジュマンジ』はけっこう評判いいみたいだけど。, しかし、この映画はなんか物足りない。でもそれは、俺が大人になってしまったからなのかも。劇場には子連れのお母さんがチラホラ観られた。きっと、子どもにねだられたんだろうなぁ。俺も、子どものころ、母に頼んで『ゴジラ84』とかウルトラマンの映画連れて行ってもらったから。この映画を観た子どもたちには、俺が当時怪獣映画を観てワクワクしたように、楽しめる内容だったろうか。, たぶん、楽しめたんではないかと思う。しかし、大人になってしまった俺には、この映画はちょっとねぇ。昨年、キングコングの映画が上映されたけども、それのシリーズをみさせられているような気になってしまった。, 巨大化が止まらないみたいなコピーではあったが、驚くほどの巨大化はしないし、何でワニだけあんなにでかくなったのかよくわからんし、ともかくヒーローはキングコングの偽物だし。そして人間型ゴリラのロック様は銃で撃たれてるのに、その後の活躍っぷりがすごすぎて…。, こういう作品を楽しめなくなってしまったのは、けっこう悲しい。本来、子どもの頃の俺が大好きな世界だったはずなので。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; gcse.type = 'text/javascript'; 普通のワニだったリジーは、“巨獣化”によって、巨獣の中でもトップクラスの超ビッグサイズに。その黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異する。もはやワニの面影すらなく、ドラゴンと恐竜が合体したかのような姿へと変貌するのだ!, 全長1.96メートル、体重118キロ。