1回目は答えられず問題を飛ばされてしまったりして散々でした。 前回も今... 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 旦那が東大卒なのを隠してました。 修正履歴 † 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 世間のイメージとはそういうものなのでしょうか?, ゴートゥーイートキャンペーンがいきなり終了しても、無限クラの予約分(11月26日)のポイントはつきますか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12214694272. 声優:孟達の中の人の三国大戦ちゃんねる 3,296 views 9:28 大徳で固まるのは、攻撃力を固められるからの1点だと思いますよ固まれば、相手から各個撃破されにくく、攻撃力を1点に集めることができますし、部隊を使って壁にして攻城したり、城門ローテも可能横弓はマウント馬で潰せますし、2部隊の馬を重ねて突撃すれば出際の部隊はだいたい倒せますこうなると、離れて攻城するより城門を殴れるので、最終的なダメが大きくなりますし、1点突破の壁攻城も可能ですただ、固まった部隊以上の攻撃力を持てる超絶や号令、離れなきゃ対処できない妨害やダメ計には離れた方が有効ってだけですよワラでも、相手の攻撃力を上回れるタイシジ苦楽が固まってぶつかることがあるのと同じですねw, おおざっぱに言うと2つのデッキが向かいあった時、どちらかのデッキが「対応」デッキになり、またどちらかのデッキが「押し付け」デッキになる。, 例:憂国戦計(国力2)と大徳が士気12で画面中央でぶつかり合えば、基本的には憂国デッキが勝つ。憂国側はその展開に持ち込めば押し付けることができるし、大徳側はその展開にならないように対応しなくてはならない。, 厳密に言えば、対応の時間帯と押し付けの時間帯が各デッキの組み合わせによって発生するのだが、これでは考えていく上で不都合なので、, 士気、国力、柵の枚数、ラインが高い、等の条件が揃った時に非常に強力な戦法を取れるデッキを「押し付け」、相手のデッキよりその能力が低いデッキを「対応」と考える。, もし、使うデッキ毎に熟練度のような物があるとすれば、「押し付け」側になれる回数が多いデッキの方が熟練度は上がりやすい。いくつかの同じパターンで勝利を収めることができるので、勝ちの流れを覚えやすいし、持っていきやすい。, 逆に対応側になってしまいがちなデッキは、極端に言えば敵のデッキの種類の数だけ対応手段を学ばなければいけないので、勝つためにより知識が必要になる。, 今から始める初心者にはよく+5号令がオススメされがちだが、そんなのは明らかに鬼畜の所業である。超基本的な操作を押さえるためなら良いかもしれないが(そんなのはもはや何のデッキを使っても良いと思うが)、一般的に楽しいと感じられる一番の要素「勝ち」からは程遠いものとなってしまう。, こちらの槍の出城と相手の騎馬の位置が完全に重なった場合は突撃が優先されるらしいので、迎撃を狙ってするのはかなり難しいと思いますが、頂上対決などではよく見かけます。, 参考の動画では、壁部隊が居るにも関わらず絶妙な位置取りで(?)迎撃をしているのですが、何かコツなどがあるのではないかと思いまして、ブログなどで解説頂けると私含め多くのプレイヤーの参考になるのではないかと思った次第です。, 参考動画は確認しましたが、これはまあ「正規の現象では無い」ではないでしょう。いわゆるラグです。よって気にしないようにしましょう。もしかしたら僕の知らないテクニックが介在しているかもしれませんが…。, もっとも、あまりにも遠すぎると相手の騎馬も槍に反応して逃げてしまいますから、このあたりは自分で感覚を磨くしかありません。ただし、思っている以上に人間の反射神経はよくないので、結構距離があっても刺さってくれることはままあります。, 当然間違ってはないしあの時のリカクシは少し遠い場所から出すべきであったと自信を持って断言することができますが、どうやら横弓の出し方はそれだけではないぞ、ということに気がつきました。, これは明らかにそうです。横弓が固まっているということは、乱戦させる部隊を一部隊割けば、相手の二部隊分の横弓を止められ, 更に言うと横弓に対応する部隊というのは大体騎兵によるものですが、同じ場所に弓部隊が二部隊固まっていると、, 画像の図で仮にスウの兵力が2割、リカクシの兵力が10割だったと仮定します。そうなるとスウだけ戻したいところなのでスウだけ戻すのですが、リカクシが邪魔で城に戻りきらず騎兵に突撃されてしまう、なんてことが結構起こります。それによってカウンターチャンスが無くなったりすれば、悲惨な結果が待っているのは明らかですね。, という反論に関しては全くもって正しいですが、ローテーションや城内突撃を駆使して守っている時に, ちなみに、片サイドが敵部隊によって使えなくなっている場合ですが、高武力弓兵がいるならばそちらを乱戦させた方が良いケースが多いです。, ところで防柵の硬さというのは、相手の武力に反映されることはありません。武力28の呂布が柵を叩いても、武力1の張松が柵を叩いても、等しく柵の耐久力は減っていきます。, このことは、「効果時間に制限のある強化計略を、防柵の耐久力分無効化することができる」ということを意味しています。, ここまではOKでしょうか。求心を打って張り付こうと思った時に相手の防柵があるなら、柵を壊さなければ攻城はできません。防柵を壊すカウント分、求心の効果時間を損する(=本来の号令効果が減少する)ということです。, 浄化爺が撤退していることはともかくとして、相手が帰り孫武を貯めたくなるシーンですが、ここでネックとなるのはやはり相手の柵です。, 孫武号令を貯めてこの後攻城に向かうことになったとしても、相手の防柵が二枚残っているため、孫武号令本来の力を発揮するのは難しいでしょう。壁攻城はともかく、城門攻城は難しそうです。, それは白兵戦(計略無しの戦い、開幕など)でリードを取った時でも良いし、号令を使っても良いです。ともかく、柵が残っている状態で, 事実、群雄単傾国や忠誠旋風などいったデッキを使っていた時には、開幕刹那号令等を打って柵を壊すプレイヤーが上位になるほど顕著に見られました。, 白兵状態で壊すと、舞姫カウンターのリスクが大幅に高まることを知っていることからきているのだと思われます。, 士気の無駄遣いは注意しなければいけませんが、「柵が残っている場合において全体強化は本来の力を発揮しない」という前提は頭に入れておき、「柵を壊す攻め」を意識することは大変重要です。, 「体制が整っていないのに強引柵を壊しにきた場合」や、「柵を壊した後強引に攻城を狙ってきた場合」には、, くれぐれも、素武力や伏兵が同程度にあるのにもかかわらず簡単に開幕壊されてしまうことはないようにするべきです。, 冒頭の繰り返しになりますが、柵はどんな相手に対しても等しく硬いのです。攻撃力のない、最強の乱戦部隊と言い換えることもできます。, ここをおろそかにしては相手の城にうまく攻城を叩きこむこと、ひいては勝利することは難しいと言えるでしょう。, まさか僕の影響力ってことはないでしょうが、堕落卑屈旋風ミラーもぼちぼち当たるようになってきました。, 「非常に有効である」シーンは後述するとして、旋風ワラの運用についても触れておきましょう。, その特性を生かし相手の計略を誘い、消耗戦に持ち込んだ所で旋風とこちらの高スペック集団で攻城を取っていくというスタイルになります。, [2]リードを取った中盤以降、相手のデッキの士気12前後を使った強力な攻めが予想される時, [1]については深く言わずともわかると思います。赤壁天啓デッキは、堕落を舞われるとメインの計略2種が打てずに悲惨なことになりますし、二色デッキで士気6以上の計略をメインにしたデッキ(究極号令、至高号令など)も、かなり苦しい展開を強いられます。, 堕落を見た時点で相手もそれなりの戦い方(神術メインではなく決起神速メインにするなど)をしてくるので、そういった場合は無理に舞う必要はありません。, [2]は副次的な使い方ですが、こういう使い方も出来るといやらしく戦えるようになります。, この二つを比較した時にどちらが守りやすいか考えればよいでしょう。求心は旋風のみで防ぎ切ることは難しいですから、明らかに求心のかかっている時間の短い後者の方が守りやすいと言えます。, もし仮に残50c程度での[求心→増援→求心]だった場合には、旋風ワラとしての旋風カウンターも十分に考えられます。堕落に士気を回さず、カウンターを意識して完殺や旋風に士気を回したほうが良い場合も多いでしょう。, などといった条件が揃わないと、1コスト落ち+士気5という重い代償を取り返すのは難しいことを頭に入れた上で、相手にとっていやらしい堕落の使い方をできるようになりましょう。, とりあえず堕落の使い方を中心に書いて見ました。補足欲しい部分などがありましたら、気軽にコメントして頂ければ対応します。, 漢デッキにありがちな「槍2、弓2、馬1、柵1」の柵の壊し方について考えてみました。, 便宜上「漢デッキの柵の壊し方」としましたが、同じような編成の同じようなデッキについても同じことが言えます。, 大きな理由は、「柵を守る側は弓を使って低武力を狙って落とせるが、壊す側はそれが出来なかった」ことでしょう。, 柵際での騎馬は歩兵としての運用になってしまうことが多いですから、弓の武力が戦闘の勝敗を決める重要な要素になります。, ですから、漢デッキ側より弓の武力が圧倒的に高い場合には中央突破でも柵を壊せるだろう、という一つの結論は導き出すことができました。, では、大徳のような弓メインのデッキではない場合、どうすればあの中々壊れない忌々しい柵を壊すことができるでしょうか。, 実はこれが大いに正解で、端攻めすると高武力槍を端攻めに対応させざるを得なくなり、結果として柵を非常に割りやすい状況が生まれます。, 普段まとまって進軍するようなデッキだと抵抗感がありますが、開幕に大型計略のやりとりがあることなどめったにないので、これは試してみる価値はありますよね。, 騎馬単を使っている人等は無意識のうちにやっている印象がありますが、これが馬槍デッキになると急に中央突破を狙う人が目立ちます。, 漢デッキの武力が低いからといって、開幕強引に中央突破できるかといったら、そうではないことを覚えておきましょう。, このような条件のシーンに出くわせば、攻城をやめて弓マウントを取った方が良い、となります。, さらに言えば、この技術を用いて兵力を均等に減らすことができれば、自軍の足並みを揃えるのにも役立ちます。, いわゆる「再起ずらし」を相手にされにくくなるからですね。地味ですが、確かなメリットです。, とギリギリで変わっていくシーンで、このしっかりとした対応が出来るのは素晴らしいですね。, カットインの時間(計略・撤退・攻城など)を有効に使えれば使うほど、後の操作が楽になることはあたりまえです。ゲームが動いていない間自分は考えることに専念できるわけで、これを有効に使わない手はありません。, そこで、カットインの時間を有効に使える人になるにはどうしたら良いかということを考えました。, これぞ、最強にして最大の奥義で、無意識のうちにこれができているかできていないでかなりの差があります。, ※もし、相手の槍兵がミニマップのどれだったか等を思い出せない場合は、カットイン終了後に判断を先延ばしします。, といった風に、二つの選択肢を用意しておいて、カットイン終了後即座に判断して操作を行います。, →この後敵は自城まで下がりそうだから、リカクシはかなり前、敵城に対してマウントが取れる位置まで動かそう。, よってわざわざ書くことでもないのですが、もし相手の妨害を思い出したりだとか、あ、この出し方じゃまずいなと思った時は修正が必要です。, この場合は小虎の計略を直前まで忘れていたことに気づいたため、趙雲の後ろからホウ統を出すよう修正しました。, 言語化すると短い時間にやたらと考えてるような印象を受けますが、「考える→実行する」がほぼ直結しているため、実際にはそんなに頭の中はごちゃごちゃしていません。, 僕が号令デッキを使って覇王や覇者を維持しているわけではないので、かなり判断がズレそうな部分です。, 僕が書いてかなり正しいだろうと言えるのは、非号令デッキ(落雷連環のようなデッキ)にあたった時、大徳側が広がるか広がらないほうが良いか、くらいのことでしょう。, よってかなり自信はないですが、そこはコメント欄でフォローしてくれる聖母のような優しさの号令系プレイヤーが現れることとして、少し考えて見ました。, 3vs3の状況では「2部隊で乱戦、1部隊で槍オーラを維持」等といった芸当が可能ですが、1vs1では「乱戦しているか」「そうでないか」の二択です。, これが大きなキモだと思います。戦略的問題ではなく、まとめると操作的に槍撃がしやすい事は明らかです。, 三枚離れた部隊で同時に槍撃をしようとしたら腕が三本必要ですが、まとまっていれば二本で操作できます。, 騎馬を働かせたい=突撃が重要であると判断したシーンでは広がった方がよいと考えられます。, なんかこれはちょっと違う気がするので、進軍する時に限らず、進軍した後の張り付いた後のことも少し考えてみました。, 一般的に言われていることとして「横弓は強い」というのがあります。単純にこれだけ考えても、じゃあ「横弓を防げるのは強い」ということも言えると思います。, これだけ聞くと「?」となる方が多いと思います。言いかえると、「突撃オーラを纏う空間を潰す」ということです。, かなり縮尺がおかしいので実際にはもっとスペースがありますが、広がることによって突撃スペースを作るのがいかに難しくなるかはわかると思います。, 広がって張り付くことは、守城するのにそれだけ乱戦部隊を強要するということです。これは明らかに有効ですし、攻城が入りやすい要因になると言えるでしょう。, 基本的には広がって進軍するのが良いと思います。そちらの方が戦術的にも操作量の負担的な意味においても、有効であることが多いでしょう。, しかし、張り付くことを視野に入れなかった場合においては、まとまって動くことが有効であるシーンもあるといえます。, これは明らかに突撃チャンスは少ないですし、まとまって槍撃を出すメリットが大きいです。, 僕は大徳使いではないので他の具体的なシーンは思い浮かびませんが、槍撃が特別重要なシーンでは、まとまっていくのが上策であると言えるでしょう。, もし、これを高確率で発生させる(城際で乱戦しながら迎撃をとることが出来るテクニック)知っている方がいらしたら是非コメントを残していただきたいと思います。, >こちらの槍の出城と相手の騎馬の位置が完全に重なった場合は突撃が優先されるらしいので、迎撃を狙ってするのはかなり難しいと思いますが, 図のように、ギリギリで迎撃を狙わずにゆとりをもって迎撃を狙うことで、突撃されるリスクは軽減されます。, 一部上級プレイヤーは、上記の他に、「煙をごまかす」事をやってきます。参考動画のにっぽりくん君主もやっていますね。, 敵城付近で操作する際に、相手の出城の煙は非常に重要な情報です。しかし、三国志大戦のカメラワークを利用して、この非常に重要である, この「煙をごまかす」技術は、マウントに限らず、自城に迫ってくる騎兵に対しても効果を発揮します。, 騎馬はビタ止めの必要がなければしないほうがいいに決まっていますから、ラインを上げる時にもし煙が見えてなかったら、「そのまま櫓を壊せるかなー!」とか、「そのまま貼り付けそうだなー!」と思いたくなりますよね。それを逆手に取ったのが、この技術です。, るということです。一部隊で二部隊を無力化されてしまう訳ですから、これは明らかに不利になるということが言えます。, 果たしてバグなのかどうかは定かではありませんが、事実として頻発する現象で、一回の突撃でこちらの二部隊の兵力が減らされていては、たまったものではありません。, 城内に城を戻す縦幅スペースはカード一枚分であること、しかしながら横弓はカードの端を城から出すだけで出来てしまうことからこの現象は起こります。, 6/3柵弓がいつの時代も使われてきたことを省みるに、防柵というのはどうにも強そうな特技です。, 堕落が「非常に有効である」場合のみ堕落は舞うべきであって、基本は旋風ワラとして運用していきます。, まあ、これはいいでしょう。動画もこれから上げていくので、そちらも参考にして頂ければ誰でも戦えるようにはなると思います。, 巷で流行中の神術反計もこれにあたります。開幕で柵を壊したいのに柵を壊せない方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。, 「兵種アクションによって相手の兵力の減少ががある程度見込める時、兵力の減った攻城中の部隊はマウントに回すべき」, 敵城に近づけば近づくほど兵力の価値は上がるのですから、兵力は無駄なく使うことが大切です。, 僕はいつの間にか無意識のうちにできるようになってしまったので、出来ない人がどうやって出来るようになるかは説明できないのですが、恐らく、そんな難しいことではないと思います。, 集中して盤面の全体を見てプレイが出来るようならば、自然と出来るようになっているはずです。全く意識してなかった方は、意識するようにしましょう。, 質問なんですが、某キノコさんの6枚大徳や、前々verまでのテンプレ5枚大徳をよく使うのですが, 足並み・士気が揃っている状態でラインを上げる場合に、範囲の広さを活かして広がるのと、槍を重ねて中央を強行突破するのでいつも悩みます。, 3vs3の状況で後ろから突撃を狙うよりは、1vs1の状況で後ろから突撃を狙ったほうが楽なことは明らかです。, 乱戦されていると攻城ゲージが進まないという三国志大戦の仕様を考えれば、「一部隊で複数部隊に乱戦され、複数部隊の攻城ゲージが進まない」状況は決して良いとは言えません。, 横弓防止等のメリットが大きすぎて、正直あまり良い行為のようには思えません。号令の範囲が狭くて広がっていると移動に時間がかかる、陣略を有効に使いたい、などといった特別な事情が無い限りは、広がった方がよさそうに思えます。. 1投稿に記載できる容量の限界に達したため、一部記載を削除し 外部に新しくまとめたページを作りました。 ダメ計計算ページ 焼かれたり消し飛ばされたりするのでダメージ計略のダメージ係数と固定値について調べてみた。 しかし、ダメージは兵力ゲージを見るしか無いので精度が微妙。 そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ). 逆に迎撃を取りたい場合は、槍消しされないよう乱戦をしない距離を保つように立ち回る必要がある。 迎撃される速度上昇は騎:1.20倍以上?(速度将器+速速速(1.19倍)でも突撃オーラを纏ってない場合 … ①各兵種1.3で迎撃を受ける。 ②2.0以上で2倍迎撃(特大ダメージ) 基礎速度 騎兵1.1 象兵1.0 騎兵 突撃オーラ中1.32 弓兵0.8 走射中0.96(1.5倍以上で迎撃 槍兵0.7 歩兵0.9(1.5倍以上で迎撃) 攻城兵0.5 出城してから敵城到達までのカウント 騎兵約5c 象兵6c 弓兵約6.5c 貴重なご意見ありがとうございました。, 迎撃を前提に対策法を考察されていらっしゃいますが、 あと、武器はリングボウなのですが、ほかの... steamでのfps制限はどうやればできますか? 回答よろしくお願い致します。, 【美人】石尾菜々子さん❤︎ って誰かに似てる??実在のモデルになった人がいるのでしょうか?? どこかで見たことがあるような顔??. 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。 三国志大戦ds初心者向け 乱戦 こういう君主と出会ったので、三国志大戦はdsが初めてという方を 僕の出来る範囲で応援していきたいと思います(´・ω・`)-----乱戦 についてです。 これはかなり重要かと思い … 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... 英検3級の二次試験が不合格でした。僕は中学三年生です(今年で高校1年)英検3級の二次試験である面接が不合格でした。結果をサイトで見た瞬間、とてもショックで悔しかったです。自分の面接カードを破ってしまいたいくらいです。再受験では一次試験は免除されますか?本屋でCD付きのものを買ったりした方がよいのでしょ... ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 å¾åœ§åŠ›ã«å¿œã˜ã¦æ±ºå®šã—ます, ・お互いの征圧力評価に応じて、開幕時の征圧領域や自軍の部隊を配置できる領域が変化します。(最大三段階), ・内乱発生により征圧領域がリセットされた際、征圧力が高いほど自陣領域が広がります。, ・スタートボタン⇒戦闘中に押すと部隊の知力と敵軍将器情報が表示されます, ・メニューボタン⇒戦闘中に押すと計略ロック対象の切り替えが可能です, ・攻城した部隊の兵種、コスト、武力、特技、将器によって決まります, ・計略や法玉にも攻城力に関わるものが存在します, ・城門で攻城すると、城壁より大きい攻城ダメージを与えることができます。, 撤退した武将ってどうすれば復活するの?, 勢力ってどんな意味があるの?, スタート・メニューボタンって戦闘中どう使うの?, 攻城力ってどうやって決まるの?. 二回も連続で落ちるとかなりショックです。 現在は剣闘士のフィナーレ、狂戦士を2セットずつ組み合わせて攻撃と会心をあげているのですが、狂戦士を外して武人で通常攻撃の火力あげた方が良いですか? 匿名ユーザー ... 天の神速騎兵は乱戦中でも迎撃を受けるので注意が必要 英検二級の面接に二回連続で落ちました。 「三国志大戦」公式Webサイトは、株式会社セガが運営しております。 【お問い合わせはこちら】 本サイトで使用されている画像、文章、情報、音声、動画、等は株式会社セガの著作権により保護されてお … 各兵種の基本速度 基礎知識 相手の槍オーラに触れた時に「迎撃」と表示されて大ダメージを受けるのは、「騎兵が突撃オーラを纏っている状態」「兵種関わらず移動速度が1.3以上の状態」上記ふたつのどち … JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, 三国志大戦の闘い方について質問です! 何故メールだけ誰にもこないのでしょうか?GEOのミスで自宅受け取り分の在庫がゼロになってるって聞いて不安です。 宜しくお願い致します。, ゲオのps5当選電話で自分は連絡希望時間を18時〜21時にしました。今Twitterで「ゲオから電話来た!ps5当たった!」って言ってる人は連絡希望時間を今の時間帯(午前10時)にしてたって事ですよね??また、来週の日曜までが当選連絡期間なんですが、最後の日の日曜日に電話が来るって事はあるんでしょうか?. しかし、三国志大戦のカメラワークを利用して、この非常に重要である 出城の煙をある程度ごまかすことができます。 この「煙をごまかす」技術は、マウントに限らず、自城に迫ってくる騎兵に対しても効果を発揮します。 ゲオからPS5のメール来た人いますか?Twitterで調べても当選した人が見当たりません。一応11/8までが発表期間ですが店舗受取の人の電話発表は1日から報告が沢山上がっています。 三国志大戦4 攻略 動画 ブログ 【荒ぶる金殿】 ... なので【付かず離れず】でいくのか【乱戦するのか】は敵と味方の部隊バランスを見ながら判断するといいでしょう(*´罒`*) ・ずらし迎撃 三国志大戦mの武将、張飛がなぜ必ず騎兵を挑発し、迎撃を発動することができるのか、そのシステムについて解説しています。張飛の挑発がどのようにして発生するのか知りたい方はこの記事を参考にし … また、乱戦されてしまい射撃ができなくなるとただの武力+6号令となり、士気8には到底見合わなくなる。 乱戦されないタイミングを見極める、あるいは乱戦部隊を迅速に排除できる護衛部隊を用意しておきたいところ。 登場バージョン † Ver.3.1.0A. 今回はとりあえず全部答えたつもりでしたが問一は完全に間違えていました。 貝は集めました。 確かに先に張飛と交戦できれば迎撃を防ぐことは可能ですね!そんなシンプルな対策があったとは灯台下暗しでした。 三国志大戦の闘い方について質問です! 槍兵は乱戦をするより少し離れて槍撃を連発する方がダメージ効率は良いですか? 象兵の強みってどの部分になりますか?具体的に教えていただきたいです。 初心者 … 張飛と騎兵を直線上に配置し、その間に盾兵等を挟むことによって槍が消せる為、迎撃を受けずに乱戦状態へ持ち込むことが出来ます。, 最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!, 突然のお知らせになりますが、三国志大戦M攻略wikiは2020年3月31日をもって更新を停止致します。インタビューにご協力いただいた方、掲示板を利用していただいた方、本wikiをご覧いただいている皆様、これまでご愛好いただきありがとうございました。また皆様と一緒にゲームがプレイできるのを楽しみにしています٩( 'ω' )و, LNSDXWBPCJHHAB 入力すると特典がもらえます! よろしくお願いします(*^^*) 「君主→ともだち招待→コード入力」の手順で特典アイテムが貰えます。, © HK HERO ENTERTAINMENT, Inc. All Rights Reserved. 三国志大戦Mの武将、張飛がなぜ必ず騎兵を挑発し、迎撃を発動することができるのか、そのシステムについて解説しています。張飛の挑発がどのようにして発生するのか知りたい方はこの記事を参考にしてください。, 張飛は計略効果で戦闘開始時に自身と同じ縦列上の敵を挑発します。この時張飛は直線上の交戦対象を見失い、混戦段階へ突入するため、最も近い騎兵を挑発する槍兵の兵種効果を発動します。, 張飛の挑発は戦闘開始時に100%の確率で発動します。戦闘開始時、それも100%の確率であるためこれを防ぐ方法はありません。, また、武将の配置によって張飛の挑発を防ぐこともできないため、迎撃を受けてしまうことは諦めて迎撃を受けた後のリカバリー方法を考えておきましょう。, 先日インタビューを行った、輝刃君主が張飛対策を意識した特技編成をされていました。張飛に苦戦している方は参考にしてみてください。, 曹仁や曹洪は戦闘開始時に自軍武将が受けるダメージを軽減する計略を発動します。曹仁や曹洪以外にも、似た計略を持つ厳顔や徐夫人でも同様の効果を期待できます。, 張飛の対策としてかなり有効なのが、そもそも騎兵を編成しないということです。騎兵を編成していれば必ず挑発、迎撃されてしまいますが、編成していなければ迎撃を受けることはありません。, 張飛は蜀の武将のため、落雷計略を所持する徐庶や夏候月姫と一緒に編成されていることが多いです。, 落雷は命中した敵を一定確率で混乱状態にします。混乱状態となった武将は移動することができないため、騎兵が混乱状態となれば少なくとも敵の張飛から迎撃は貰わずに済みます。, 張飛と同じ列に騎兵と、槍兵か盾兵を配置することでも迎撃を防ぐことが可能です。この時に必ず盾兵か槍兵を先頭に、騎兵をその背後に配置しておくことがこの配置で迎撃を防ぐ条件です。, 張飛の挑発は必ず発動するため、もしも余ったコストで編成しているUCやRの騎兵がいれば張飛の近くに配置することで、張飛の計略に身代わりとして捧げることが可能です。, 張飛は同じ縦列上の敵の数が多いほど計略による物攻と物防の強化値が上昇するため、可能であれば張飛と同じ縦列には武将を配置しないようにしましょう。, 騎兵に特技「火神の脅迫」を伝授させておくことで、特技Lvが最大なら確実に攻撃対象を別の武将に移し替えることが可能です。一発迎撃は受けてしまいますが、以降の槍撃によるダメージを未然に防ぎ、被害を抑えることができます。, 張飛の計略は挑発した武将の数だけ自身の物攻、物防を強化する効果がありますが、張郃などの計略によりデバフをかけることで効果を上書きし、敵のバフを無効化できます。しかし、張飛のバフ効果は20秒しか継続しないため、「激励」などの特技を用いて戦闘開始直後に計略を発動できる状態でないとバフを打ち消すことができません。, 郭嘉は敵のバフを奪い、自軍武将へ付け替える計略を所持しています。敢えて張飛と同じ列に3体配置し、敵のバフを強化してから郭嘉の計略で奪うことで大きな戦力さをつけることが可能です。, しかし、上記デバフ付与と同様に張飛の計略時間は短いため、「激励」などで戦闘開始直後に計略を発動できる状態にしておかなければなりません。, >>1