三菱自動車のオフィシャルWebサイトです。クルマやキャンペーン、イベントの情報を掲載しています。また、オンライン見積り、カタログ請求、展示車・試乗車検索、販売店・充電ポイント検索などのサービスもご利用いただけます。 ライトのつけっぱなしか、半ドアで室内灯が一晩中ついていたせいで、バッテリーが完全に放電してしまったのではないか, ロードサービス、ロードアシストといった文言が保証内容に記されていれば、対応してくれる, ユーカーパックは高く・簡単に・安心して売りたい方におすすめの買取業者です。電話1本で査定から売却まで完了。スマホが1台あればすぐに. 別途必要となる修理・整備代金やパーツ代がかかる場合もあります。詳細は各店舗で見積もりを取りましょう。, 三菱(MITSUBISHI)車検費用を抑えたい!と思う人は、民間車検業者の選び方がポイントです。, 三菱(MITSUBISHI)ディーラーと民間車検業者のどちらに車検を出すかは、最終的にはユーザーの判断になります。しかし、車検費用を節約したい人にとっては民間車検業者の方が確実に予算を抑えることが出来ます。, できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。. アウトランダーphevのバッテリー構造について詳しいことは分かりませんが、この点に関しては三菱自動車の良心を信用するほかありません。 前期型アウトランダーPHEVの初回車検が近いので、バッテリー状態の把握に努めるとディーラーさんはおっしゃっていました。 オイル系、フィルター系は全て交換してもらいました。, アイミーブ車検。7年目になるとさすがに点検交換項目多い… pic.twitter.com/u9DitPBs3I, 「三菱(MITSUBISHI)のディーラー車検は高い」と良く言われますが、実際民間車検に出した場合、ディーラー車検との差はどれくらいになるのか、各車で比較してみました。, 上記の価格は一例ですので、該当者でも全ての車に当てはまるものではありません。同じディーラーでも販売店によって金額の差は出ます。また民間車検工場も場所によって価格差はあります。, しかし、この表だけを見ても、三菱(MITSUBISHI)ディーラーの車検費用は高過ぎます。, 車の状態で、オイル類やパーツ代の交換をすることになった場合は、その分それぞれの費用が加算されます。, また、初回車検に比べると、2回目、3回目車検となるにつれて、車検費用はどんどん高くなっていくのです。, 車検代は、新車購入時から5年経過した2回目の車検からは、車検費用も格段に高くなります。, 実際に新車から5年経過した時や、走行距離が5万キロほど走っていた時は、初回車検では交換せずに済んだファンベルトなどのベルト類の消耗品を交換しなければならないことが多いです。, 交換頻度の速いエンジンオイルなどに比べて、交換頻度が遅いファンベルトなどの交換となると、かなり費用も高くなります。車検の際の整備点検で必ず引っかかる部分になりますので、その分車検時に支払う費用がかなり高くなってしまうのです。, 新車で購入した車も、5年を過ぎた頃から、バッテリーなどが交換対象になってきます。バッテリー交換もかなりまとまった金額が出ていくことになるので、日頃から注意しておきましょう。, その他、エンジンオイル、オイルフィルター、オイルエレメントなどはもちろん、車検の時には交換対象となっています。, また、ブレーキパット、バッテリー、エアクリーナーワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)、ベルト類、冷却水なども、大きなものから細かなものまで、車検時には交換対象になります。, 個人の使用状況によって交換対象になるパーツは異なりますので、車検前は事前に見積もりをしっかり取っておきましょう。, 車検費用は、大きく分けると「法定費用」、「車検整備費用」、「その他のメンテナンス費用」に分かれています。, 車検の際は、法定費用が必ず必要になります。一般的に法定費用とは、自陪責保険料・重量税・印紙代のことです。, 法定費用の金額は、車のタイプや車の車両重量によって違います。以下の表を参照して下さい。, 法定費用は国で定められた必要な費用になりますので、ディーラー車検を受ける時も民間車検を受ける時も、法定費用は同じ金額が発生します。法定費用に関しては、割引してもらうことは出来ません。, 車検時には、ディーラーや民間車検どちらも整備費用が必要になります。整備費用は、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが含まれています。車の使用環境によっては、車の劣化も変わってくるため、長い走行距離を走っている車であれば、別途追加の整備が必要になることがあります。また、車に乗っていれば必ず消耗するものがあります。エンジンオイルなど各種オイル・タイヤなども消耗していくものなので、車検時にはきちんと整備していないと通らないこともあります。, ディーラーや民間車検でも、各社で車検費用に大きな違いがあるのは、この車検整備費用の差が大きいです。, 自分自身のメンテナンスとしての点検整備をどこまでするか、純正品のパーツを使うのか、そうでないのかなどで車検整備の料金は全く違ってきます。, 車検に通るためには、メンテナンスが必要な箇所が出て来ます。特に長く車に乗っていると、これまでの車検では交換対象じゃなかったものも交換しなければならないことも…, 車検は、初回でも2回目でも、エンジンオイルやワイパーブレードなどは交換の対象になります。特に、エンジンオイルは、車検時ではなく5,000kmごとの交換が目安です。, エンジンオイルを交換しないまま乗り続けると、エンジン各部を傷めてしまう可能性があります。また、異音やエンジン不調、オーバーヒートなど様々なトラブルに繋がってしまうこともありますので注意しましょう。, また、エンジンが吸い込む空気の汚れを取るためのエアエレメントフェイルターについても同様、車検時に交換を促されます。, エアエレメントフィルターが目詰まりしていると、エンジンの調子が悪くなるので、車検時には交換しておいた方が良いでしょう。, 5年目(2回目)や7年目(3回目)の車検を迎える三菱(MITSUBISHI)の車は、交換が必要になる部品がたくさん出てきます。, 初回車検では、メンテナンスパックなどに入っていることも多く、車検の費用はそこまで高額ではありませんが、2回目、3回目の車検では、あちこちの部品交換を促されます。, 2年に1回交換が推奨されるラジエター液やブレーキフルードも、5年目や7年目の車検では交換することが多いです。, 走行距離が4万kmごとの交換が推奨されているAT/CVTフルードは、7回目の車検では交換の対象となる可能性が高いです。, 車の使用頻度によっては、ブレーキパッドやドラムブレーキのブレーキシューエンジンなども車検時に交換を促されます。, 三菱(MITSUBISHI)でディーラー車検を受けると、部品交換や修理が発生してしまい、どうしても工賃が高くなってしまいます。, 三菱(MITSUBISHI)で部品交換をすると、必ず対象車の純正品を使うので、どうしても費用が割高になります。, また、「次の車検まで安全に乗れるように」と予防を含めた整備を行うため、整備項目が多くなり、日数もかかってしまいます。, また三菱(MITSUBISHI)整備工場では、整備1時間当たりいくらと工賃が定められており、この工賃が三菱(MITSUBISHI)場合は、民間車検業車よりかなり高めに設定されています。従って、車検時の預かり日数や、整備時間がかかるほど工賃も高くなるという仕組みです。, 実は、ディーラーに車検を頼んでも、ディーラーの繁忙期だったり、車検が重なったりする場合は、外部の整備工場に外注をしていることもあるのです。, ディーラーは、外注することで、外注マージンが発生してしまい、マージンの分の料金が上乗せされてしまうのです。, 三菱(MITSUBISHI)に車検を出しても、実際に車検整備をするのは町の民間整備工場というケースも多々あり費用も高くなるのならば、最初から町の民間車検に出した方がいいということになります。, それでは、三菱(MITSUBISHI)のディーラー車検と民間車検の違いを具体的にご説明します。, 車検費用は、三菱(MITSUBISHI)車検の方だと、かなり高額になってしまいます。車の状態によっては、かなりの差が開いてしまいます。, 車検費用を節約したい人は、三菱(MITSUBISHI)ディーラーではなく、民間車検に出すと2万〜10万は節約出来るでしょう。, 車検内容については、点検・整備などで比べてみると「三菱(MITSUBISHI)ディーラーは専門性があり整備や点検が充実しているから、もしもの時に備えてしっかりメンテナンスしてもらおう」と思う人も多いでしょう。, 基本的には、の車検はきめ細かなサービスで、丁寧な作業をしてくれているところが多いです。, しかし、民間車検業車の点検・整備内容が三菱(MITSUBISHI)ディーラー車検より劣るとは限らず、業者によってはディーラーより丁寧で緻密な整備をしてくれる場合もあります。, 担当者によって作業内容も違ってきますので、一概に三菱(MITSUBISHI)ディーラー車検が良いとは限らないのです。, 三菱(MITSUBISHI)車検と民間車検の信頼性で言うと、「三菱(MITSUBISHI)車なら三菱(MITSUBISHI)ディーラー車検に出した方が安心、信頼出来る」と思っている人もいるでしょう。, しかし、昔ながらの町の民間車検工場で丁寧な仕事をしている整備士さんは、あらゆるメーカー、車種問わず何万台もの車を見て来ているため、経験値持ちが言います。また、その分多くのお客さんとの信頼関係を築いていることもあります。, 一方三菱(MITSUBISHI)ディーラーは転勤や退職者も多く、1人の担当者とじっくり付き合うことは出来ないことがほとんどです。, トータルで比較してみると、信頼性を築けるのは、三菱(MITSUBISHI)ディーラーよりも民間車検工場の方が多いと言えるでしょう。, では、三菱(MITSUBISHI)車の車検を民間車検で受ける場合の、メリットとデメリットはどのようなことがあるのかを具体的にご説明します。, 三菱(MITSUBISHI)車の車検を民間車検工場で受けることになった場合、最大のメリットとしては車検費用の安さです。, 三菱(MITSUBISHI)車ディーラーでは「おまかせ車検パック」などのシステムがありますが、このおまかせ車検を選ぶと、民間車検工場の2倍以上の車検費用になってしまうこともあります。, 例えば、軽自動車のekワゴンでも、過剰チェック、過剰整備で20万弱の見積もりが出る場合もあります。, 民間車検でも、安全性がないというわけではありませんし、きちんと車検に通るように整備をしてくれますので、三菱(MITSUBISHI)の車検費用を抑えたい人は民間車検がおすすめです。, 民間車検の場合、1日車検のことも多く、ディーラーよりも日数がかからないことが多いのですが、その分代車が出ないこともあるというデメリットがあります。, どうしても代車が必要な場合は、かなり前もって車検の予約をしておいた方が良いでしょう。, 車検時の見積もりで、三菱(MITSUBISHI)の見積もりが異様に高かった時、「そんなに高いお金を出したくない!」と思いますよね。そんな時のために民間車検にはどんな種類があるのかと、民間車検の参考価格をご紹介します。, 車検の制度は1995年に見直された制度によって、様々な場所で車検を受けられるようになりました。, 車検は受ける場所によって、値段やサービスが違ってきますので、車検を受ける前はいろいろな店舗を比較しておきましょう。, オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも車検が受けられます。比較的安価で車検が受けられます。, 一般のガソリンスタンドでも、車検の募集をしています。いつも行くガソリンスタンドでも、車検案内をしているかもしれないので、スタッフに尋ねてみましょう。, 民間整備工場での車検は、工場によって設備や仕上がりに差があります。民間整備工場の中には、三菱(MITSUBISHI)ディーラー以上の手厚い整備をしてくれるところもあります。近年は民間整備工場でもハイブリッド車の車検に対応しているところが多いので、どんな車でも車検を受けられるようになってきました。, 「ホリデー車検」など全国にある車検専門のフランチャイズ店は、近年とても増加しています。価格も全国で統一されていて、サービスも安定しています。, 中でも気になるのは予算でしょう。参考までに、車検を受ける場所別の車検価格の相場をご紹介します。, ※上記の価格はおよその目安であり、確定金額ではありません。また、タイヤの交換が必要な場合は、タイヤ代がプラスされます。