%%EOF 4.がん腫瘍の自壊(自己融解)などによる出血制御不能。 東京都; 乳腺外科; 外科; 乳がん; 米国ケースウエスタン大学を経て、東京医科大学病院呼吸器外科に� 乳がんが皮膚転移すると、どのような症状が出るようになるのでしょうか?また、患部のケアはどのように行えばいいのでしょうか?皮膚転移したときの治療法と患部のケアをあわせて解説していきます。 h޼W[OGn�PUꟘG�;��!��� Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2020 All Rights Reserved. 乳がん自壊創のケア 2013年2月2日(土) JA静岡厚生連遠州病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 森和美 第5回浜松がん看護フォーラム21 がん性創傷 がん性創傷とは? 皮下に生じたがんが発育して皮膚を破り創傷 を形成したもの1) 発生部位 乳房 39~62% 乳がん細胞は、リンパや血液の流れに乗って乳腺から離れた臓器に転移し、これが大きくなると症状が出たり、検査で検出されたりするようになり、これを「遠隔転移」と呼びます。乳がんの進行は「ステージ(病期)」で表現されます。
猫の乳がんをご存知でしょうか?人間の女性にとっても怖い乳がんですが、雌猫にとっても大変な困難を伴う病です。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, 猫が乳がんになった時の症状は小さな粒がお腹の表面、特におっぱいの周りにできはじめ、すぐには消えず数が増えたり大きくなったりします。のような乳がんの症状が出た場合はすぐに動物病院に受診してください。, 猫に乳がんができたり何か異変が起こるとその部分を舐める傾向が強いので、その時点で飼い主が異変に気がつき受診した際の多くは、乳腺付近のシコリは1センチ以上の大きさになり、一カ所ではなく様々にできていることが多いです。, 猫の乳がんが進行すると皮膚が裂け腫瘍内部から破裂します。この破裂を「自壊」といい、乳がんを切除をしない限り進行の速い腫瘍は高確率で「自壊」がおこります。違和感を持つ猫が舐めて破裂を早める事が多いです。, 乳がんの腫瘍は栄養分が行き届かず、すでに壊死しているために自壊すると通常の傷とは違い潰瘍となり腐敗臭がします。自壊後は消毒しても治癒しません。ただし、この場合でも猫は食欲もあり元気であり、飼い主は普通の傷が膿んでしまったぐらいに考えてしまうようです。, また放っておけば台所のゴミにハエが集るように、乳がんが自壊した腫瘍にハエやウジが湧いてきます。そして重なる出血により貧血がおこり「伴う痛み」「転移が広がる事」により猫が衰弱して行きます。, 乳がんを治療する上での治療法の考えられるメリットやデメリット、そして費用をお伝えします。ただし、病院や病気の症状により費用に違いがあります、おおよその目安とお考えください。, 猫が乳がんになった時に多く選択される治療法で、乳がんの手術により乳腺全てと脇の下のリンパ節部分を全て切除します。ガン細胞が一番少なくなっている手術直後を逃さず、適切な術後治療を行う事により効果を上げる事ができます。, 乳がんの手術から退院後病理検査まで、入院は1〜3日くらいです。事前検査などで約10,000〜30,000円ほどかかります。手術の費用でかかるお金は全摘出の場合約100,000〜250,000円、片側摘出の場合約70,000〜150,000円、部分切除であれば約30,000〜80,000円ほどかかります。, 乳がんの腫瘍に効果のある注射、身体の免疫機能を上げる治療を行い、数ヶ月で再発が無いなら飲み薬投与だけになることもありますから費用は特定できません。他の臓器に転移が見られない場合、抗がん剤治療を行わずに済ます病院が多くなっています。しかし、乳がんが再発した後の治療は大変難しいと言われています。, 猫の乳がんの部分にX線を照射し、がん細胞を消滅させたり成長を遅くする事ができます。, 初期検査などで約100,000円、一回の照射(約10分)で約30,000〜80,000円これを週に3〜5回、3〜4週間継続します。, 抗がん剤を投与することによりガン細胞を殺傷します、副作用が多く選択されない事も多くなっています。, 乳がん治療のための静脈注射、血液検査、点滴、レントゲン、抗生剤などの費用がかかります。, 免疫療法とは猫の細胞を人工的に培養し増やし、その後身体に投与する治療法で猫自身の免疫力(病気と闘う力)を高めます。猫が持っている自己修復機能を大きくし自然治癒能力を増加させ、乳がんなどのがん細胞の発症や進行を遅らせます。, 猫の乳がんが自壊した後に手術で切除するか、切除しないかを猫の健康状態より選択していきます。, 猫の乳がんが自壊してしまった病気の症状に対処する治療法で、毎日続ける事が必要になります。, 一生治らなく、乳がんが自壊してしまった患部から出る膿や血で部屋の中が汚れ腐敗臭もしますが、対処療法を選択する飼い主も多いようです。, 乳がんが自壊してしまった患部を清潔に保つ方法は殺菌効果の高い消毒薬で患部を清潔にします。ヨウ素化合物であるポピドンヨードの動物用ネオヨジン液、動物用イソジン液などを薄めて使います。, 乳がんが自壊してしまった患部の感染予防や膿等の侵出液を取り除き、痛んだ部分を修復する作用のある薬を塗布します。アレクロキサ成分の外用薬であるイサロパン(粉薬)やフランセチンパウダーなどが処方されるでしょう。, ガーゼと包帯で固定しますが、取り替える時にかさぶたがガーゼに付き痛い事、侵出液がすぐに染み出てくる事から「生理用ナプキン」を使用する方も多いようです。勿論、患部に付かず侵出液を吸い出してくれる物なら何でも大丈夫です。アースリーフを使用すると腐敗臭に効果があるそうです。, 猫が乳がんの患部を舐めないようにするための工夫として手作り服を用意することもあるようです。汚れますので少なくても2枚は用意する必要があるでしょう。, 自宅治療と並行して乳がんの再発と転移がないか経過観察を病院で行い、リンパ節や内臓への転移がないかを中心に検査します。定期的な経過観察には、触診、血液検査、レントゲン検査、CT検査(高額)などを行います。, 乳がんは、メス猫の病気罹患の第3位に入る大変に身近な怖い病気です。オス猫には乳がんの可能性が100%無い事はありませんが、メス猫の要注意な病と言えます。猫のおっぱいは、個体差があり数は一定ではありませんがメスとオスに関係なく約8個前後あります。被毛に隠れてわかりにくいですが、脚の付け根から胸の上辺りまで広範囲にあります。, 良性腫瘍と悪性腫瘍の割合は1:9であり、ほとんどのシコリは悪性(乳がん:乳腺腫瘍)と考えられます。良性の場合は小さめのシコリが一つくらいで、周辺の乳腺に転移が無いときです。猫の乳がんの完全治癒は困難ですが、病気と上手に付き合う事が大切になります。, 猫の健康状態により乳がんの治療法を決定する事になります。獣医師としっかり話し合う事、そして自分でも猫の乳がんについて勉強する必要があります。全ての病に通ずる事ですが、飼い主の納得した治療を行う事は一番効果があがります。, 乳がんの改善の傾向が見られない場合、猫の余命は数週間〜3ヶ月程度と言われるようです。, 乳がんが末期の場合、延命をする事自体が苦痛の場合は安楽死の選択もやむを得ないかもしれません。, 早期発見が乳がん対策の第一歩です。なるべく小さく少ない数の時に発見できれば、猫自身の苦痛も飼い主の負担も限りなく少なくできます。乳がんの早期発見、健康管理のためにも日頃から猫のお腹をなで、猫とのスキンシップを沢山行い、少しの変化を見逃さないようにします。猫の腹部の皮膚は皆様もご存知の通り柔らかいので、優しくなでていれば異変に気づく事ができます。, エストロゲンやプロゲステロンなど性ホルモンの分泌が乳がんのリスクを高めるのは人間も猫も一緒です。中〜高齢期に多く発症する乳がんの多くは未避妊、そして生後一年を超えてから避妊手術を行っても発生リスクはあがります。, 避妊手術の時期は倫理的にも難しいですが、猫の出産を望まないのであれば乳がんのリスクを下げるためにも、発情する生後半年までの早期に卵巣を摘出する事が大切です。, 猫の乳がんについてお話をさせていただきました。愛猫の苦しみをなるべく少なくし、ガンと闘うために飼い主側は限られた時間の中で治療法を選択していかなければなりません。適切な治療と猫自身の免疫力が上がれば確実に寿命は延びていきます。, 猫の乳がんと闘っていらっしゃる方は多いと思います。これからも病気に負けないように愛猫の身体を健やかに保ち、飼い主さんも病気と闘う体力と強い精神力で頑張っていただきたいと思います。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 実家の猫ちゃんの1匹が、乳ガンになりました。膿が出て痛がりました。手術で取れる部分はとっていただきましたが、全ては取りきれなかったので、抗がん剤治療も受けました。, もちづきまんたです。趣味の読書と人間関係の広さで、猫ちゃんに関して沢山リサーチしたいと思います。. 標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 ... 2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロ ... 日本で最初に免疫チェックポイント阻害剤が使われたのは「2014年7月にメラノーマで承認されたオプジーボ(ニボルマブ)。 それ以来、様々な免疫チェックポイント阻害 ... 近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、でき ... 「がん患者さんに正しい選択を伝えること」をミッションに活動している、がん治療専門アドバイザーです。, 誰とも利害関係なく、中立的な立場で、これまで4,300名の患者さんをサポートしてきました。, 誰が味方で、誰が敵なのか分からないので、私はたったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。, 私の武器は【事実と正しい知識】だけです。それだけを軸に、がん患者さんやそのご家族を支援しています。, 選択を誤らず、無駄なことは一切せず、無駄なお金も使わず、最短距離でがんを克服する道を歩む。, そうやってがんを治すためには「何をどうしたら、どうなるのか」という事実を ”事前に” 知ること。, 私は多くの身内をがんで亡くした経験を経て、2008年から「素人の支援ではなく、仕事として」がん患者さんのサポートをしてきました。, ありがたいことに、たくさんの喜びや感謝の言葉を頂いてきましたので、その一部をこちらに掲載しています。, 私のノウハウの一部は無料で提供しています。ガイドブックとメール講座に関する詳細はこちら, プロフィールの続きは少し長くなるのでこちらに掲載しています。

乳がんで亡くなる女性は2013年に13,000人を超え、1980年時点と比較すると約3倍になっています。乳がんと診断がつくと治療が始まりますが、症状が進行していると手術を行えないケースが出てきます。では、乳がんはどのようなケースで手術が不可能になり、手術できない場合、その余命はどのように考えるのでしょうか。, 乳がん患者さんが抱きやすい疑問について、東京医科大学 乳腺科学分野准教授 山田公人先生に解説いただくとともに、東京医科大学における乳がん治療への取り組みを伺いました。, 乳がんの手術ができるか、また余命はあとどれくらいかを判断するには「がんの転移状況」を確認することが重要です。, がん細胞は、比較的初期から他の臓器へ移動をはじめます。乳がんの場合、乳がんの病巣である乳腺組織からリンパや血液を経由して、肺・肝臓・骨などの離れた臓器転移していくと考えられています。これらの微小な転移が、それぞれの臓器で成長し、大きくなると次第に症状が現れます。, 乳がん診断後、まずはがんが乳腺の中でどの程度広がっているか、他の臓器に転移していないかを検査します。検査によりがんの広がり・しこりの大きさ・リンパ節転移の有無・遠隔転移の有無を総合的に考慮して、乳がんの重症度を4段階のステージに分類します(TNM分類)。, 通常のがんの場合、ステージ4と診断された患者さんでは、あまり手術のメリットが得られない場合もあります。しかし、乳がんは他のがんと考え方が少し異なります。乳房は、人体の表面に近い部位にあるので切除しやすく、切除しても食事がとれなくなる、歩けなくなるといった手術切除による影響を受けにくい臓器です。そのため、皮膚を破って出血する、病変が感染によって悪臭がするといった症状がある場合には、たとえステージ4であっても手術を行うほうが患者さんにとってメリットが大きい場合があります。, また、他の臓器にがんが転移してしまっている場合でも、体内のがん細胞の量を減らすことを目的に手術を行うことがあります。これは、体内のがん細胞を少なくすることで、がんの進行や症状の抑制を目的とします。しかし、手術を行うことで逆にがん細胞の活動が活発化して病状の進行を早めてしまう場合もあると考えられています。そのため手術を行うかどうかの判断は非常に難しいところです。, 乳がんの余命を考えるときには「がんが転移しているか」だけでなく「どの臓器へ転移しているか」が重要です。たとえ骨へのがん転移がみられても、それが骨だけに留まり続けた場合には、その後10年以上生きられるケースもあります。がんの転移状況や症状、また手術を行うかどうかで、乳がん患者さんの余命は大きく変わります。, メディアでは度々、若くして乳がんを発症した患者さんを取り上げて報道します。統計的にみてみると、乳がんは10年生存率が90%を超えているという報告があり、「治りやすいがん」だと云えます。一般的に治りやすいがんであるにもかかわらず、若くして亡くなる方のことが悲劇性を強調されて報道される傾向があるために、乳がんの誤った認識が広く伝わっていることがあります。このような一部を誇張した報道による影響は大きな問題だと考えています。, それでは、乳がんにかかりやすい方には共通の特徴があるのでしょうか。まず挙げられる要因は、遺伝です。乳がんのうち約10%が遺伝性だと報告されています。また、独身の方や出産・授乳を経験されていない方にも乳がんが多いといわれています。, また、生活習慣が欧米化したことも要因のひとつと考えられます。乳がんの予防には、食生活、運動、喫煙など、生活習慣を見直すことも重要です。, 海外では高齢者に乳がんの患者さんが多いと報告されていますが、日本では60~70歳代に加え、40~50歳代の患者さんが多いという傾向があります。, 現在、乳がんは12人に1人がかかるほど多い病気です。患者数は昔よりも増加していますが、その背景には、乳がんへの認知が上がり、昔なら患者さんが異変に気づかずに見逃されていたかもしれない乳がんでも、現在では発見されるケースが多いのだろうと考えています。, 日本人は病気になって症状に不安を持ってから医療機関を受診する場合が多く、定期検診を受ける人が少ないといわれています。海外に比べると、日本の定期検診受診率は非常に低いといわれています。定期検診を受けない理由には「忙しいから」「会社を休むのが申し訳ないから」といった理由が多いようです。乳がんは女性の12人に1人が罹患する病気です。定期的にセルフチェックを行い、症状が進行してしまう前に定期検診を受けることが重要です。, 乳がんは、患者さんの人生に大きな影響を及ぼす病気です。乳がんにかかった患者さんを救うために、東京医科大学 乳腺科ではさまざまな取り組みを行っています。, まず、東京医科大学では、乳腺科と形成外科の2つの診療科が乳がんの治療にかかわっています。乳腺科では主に乳がんの治療を専門的に行い、形成外科では乳がん摘出のあとに胸のふくらみをつくる「乳房再建」を担当します。このような診療科の連携は日本でも増えてきました。2つの診療科が緊密にタイアップすることで、よりよい治療環境を整備しています。, たとえば乳腺科と形成外科では、月に1回、乳房再建のカンファレンス(話し合い)を行っています。そのような手術をするのが最善なのか、手術はどのようなフローで進めていくべきかなど、議論を重ね、連携を強化することが目的です。, また、東京医科大学では乳腺科と形成外科の役割分担を明確にしています。例えばエキスパンダーの挿入は形成外科が担当します。エキスパンダーとは、乳がんを切除したあと、胸のふくらみを確保するために使う皮膚拡張器です。このエキスパンダーは、そのあとつくられる胸の形の「型」になり、とても重要な役割があります。エキスパンダーは乳腺科の先生が、乳がん切除手術と同時に挿入するケースも多くありますが、東京医科大学ではこのフローを形成外科の医師に一任しています。医師が自分の専門領域を明確化し、それぞれがその中で最高の治療を行う。このようにしっかりと役割分担を行うことで、より患者さんの満足のいく治療を目指しています。, 従来、乳がん手術の目的は「がんの切除」であり「手術後の胸の形」はあまり重視されていなかったように思います。しかし、乳房再建が一般的になっていくにつれ社会の要求水準が高まったことから、ただがんを切除するのではなく術後の仕上がりが、より重要視されるようになってきました。, 「胸」は容姿や自信に大きく関わる部位です。そのため、乳がんの治療を考える際には、命だけではなく、見た目にも細やかなケアが必要です。患者さんの命やその後の人生を左右するからこそ、乳がんの治療を共に真剣に考えてくれる治療が求められています。, 日本外科学会 外科専門医・指導医日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 責任医師日本緩和医療学会 会員日本医師会 認定産業医日本臨床腫瘍学会 会員日本癌治療学会 会員日本がん治療認定医機構 がん治療認定医日本気管食道科学会 気管食道科専門医日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医・気管支鏡専門医日本臨床細胞学会 細胞診専門医日本レーザー医学会 レーザー専門医・指導医日本乳癌学会 指導医・乳腺専門医日本臨床外科学会 会員, 米国ケースウエスタン大学を経て、東京医科大学病院呼吸器外科に入局。その後、同大学の乳腺科にて乳腺疾患全般、乳がん治療副作用対策、乳腺痛に対する治療法の開発について研究を進め、同局の准教授に就任。レーザー治療技術を活かし、乳房痛の治療などで成果を上げている。診療では、患者さんが乳腺に関して気軽に相談できる環境作りを重視している。, 内科血液内科リウマチ・膠原病内科外科心療内科神経内科脳神経外科呼吸器内科呼吸器外科消化器内科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科矯正歯科歯科口腔外科麻酔科乳腺外科循環器内科糖尿病 代謝 内分泌内科高齢診療科臨床検査医学科, 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」 2番出口またはE5出口 徒歩1分JR山手線「新宿駅」 西口  その他JR複数線、小田急小田原線、京王線、都営新宿線なども利用可能 徒歩10分, 本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。, なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。, まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。, 「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。, 「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。, JR山手線「新宿駅」 西口  その他JR複数線、小田急小田原線、京王線、都営新宿線なども利用可能 徒歩10分, お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。, 本サービスにおける医師・医療従事者などによる情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サービス上の情報や利用に関して発生した損害などに関して、弊社は一切の責任を負いかねます。. 3.体力の消耗に伴う感染症による死亡。 自壊創の保護としては、非固着性かつ吸水効果のあるドレッシング材が有用です。自壊創の存在に加えさまざまな症状を呈していることがあるため、患者の苦痛緩和に考慮しながらケアにあたります。 図3 モーズペーストによる自壊創の管理. 猫の乳がんをご存知でしょうか?人間の女性にとっても怖い乳がんですが、雌猫にとっても大変な困難を伴う病です。│ねこちゃんホンポは、あなたと猫の暮らしを応援する猫専門の情報サイトです。猫にまつわる様々なコンテンツを掲載しています。ぜひ愛猫との生活にお役立てください ただし、抗がん剤の使用は白血球が少なくなることで感染しやすい状態を作るため、できない場合もあります。, 浸出液を減少させるために、総線量30グレイほどの放射線を照射する治療が行われることがあります。ただし、乳房温存手術の後に放射線を受けた場合は、照射した箇所と同じ場所に再び照射することはできないことが多いです。, 患部の周囲にはがんの芽が潜んでいる可能性が高いため、皮膚転移で外科手術を行うことは滅多にないとされています。, 皮膚への刺激や圧迫感を与えないように、ゆったりとした柔らかい素材の衣服を選びましょう。, 乳房に皮膚転移がある場合は、創部に柔らかいガーゼをあて、片胸帯やソフトブラジャーなどの圧迫感の少ない下着をつけるようにしましょう。また、皮膚の乾燥にも注意する必要があります。, ガーゼを固定するためにテープを使用すると、剥離する時にびらんが形成される可能性があるため、なるべく片胸帯や包帯などで固定するようにしましょう。テープしか使えないという場合は、粘着力の弱いテープを創部周囲の健常な皮膚に貼り固定し、剥がすときにはゆっくりと刺激を与えないように剥がしてください。, 皮膚転移の創から出る浸出液の悪臭は特徴的です。悪臭をおさえてQOLを保つには、創部の洗浄が大切になってきます。, 創部周囲の皮膚を泡立てた石鹸で洗い、水道水で十分にすすぎます(500cc以上)。すすぐ際には37℃の水道水または、30℃の生理的食塩水(しみる場合)を使用しましょう。, シャワーは直接創部にあてるのではなく、創の上部にあてて流れてくる程度で十分です。 (1)患者は私本人です (2)48歳 (3)北海道○○市 (4)肝臓癌 (5)10/23、CT検査。多分再発だろうと医師に言われました。 (6)2012年婦人科で「子宮内膜増殖症 異型」と診断され、ガンに移行するタイプなので設備の整っている病院を紹介され、そこで検査の結果、初期の子宮体癌と診断されました。 (7)2012年子宮、卵巣、リンパ節手術 半年位は、毎月血液検査、その後3ヵ月ごとになりました。CT検査半年ごと。今年の7月のCT検査で、微かな影(?)のようなものが認められ、10月にもう一度CT検査を ... 本村さま お返事ありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通り、知識をしっかり身につけようと思います。誰に聞けば良いのかわからない質問にまで丁寧に答えてくださり、ありがとうございます。 先日両親にガイドブックを渡しました。がんのことを家族で勉強したいと思います。これからもよろしくお願いします。 本間 【続き】 こんばんは。先日はメールをありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通りでした。 それでも諦めきれず、以前から気になっていた食事療法の本を出されている先生のクリニックへ。 検査結果の資料一式 ... 本村さん こんばんわ 報告ですが○○病院の緩和病棟(外来)に行ってきました。とにかく今の吐き気が辛い事などを伝えましたが、大変親切に対応いただきました。 ○○病院の話も聞きたい旨を伝えましたが、快く賛成頂きました。結果的には、新しい吐き気止めを頂きました。(本村さんのおっしゃるとおりでした。) その薬を妻が飲み、吐き気はなくなったようです。本日(金曜日)、体調が良く吐き気がないので出社して経理の仕事をこなしていました。 ただ、車で30分。会社に着いてすぐもどしました。また退社寸前まで元気でしたが、帰る車内 ... 本村さま 先日はお返事ありがとうございました。 アドバイスいただいたように、〇〇治療を先にと昨日病院へ行ってきました。 入院に向け、造影剤を使ってのCTを撮り、見てもらったところ 肺に小さいものが飛散して転移しているような状態であり、リンパ(首、脇、腹部)にも転移。 脳にも・・・ということで、このような状態では、親玉みたいなものがないので、どこをたたくというものではなく今は脳のことを最優先に考えるというのが一番でもあるし、タルセバのような抗がん剤での治療を優先したほうがよいと言われました。 火曜日に、新し ... 昨日は早速の返信有難う御座いました。 本村さんの返信により、先日までの気持ちを考えると、なにか光が差し込むように気持ちが楽になれました。心に余裕を持ちながら、癌と闘って行きます。 本日、大学病院の診察日ですので話しをよく聞いて来ようと思ってます。 後ほど、またサポートメールをいたします。よろしくお願いします。 【続き】 竹内です。 抗癌剤治療の為の入院日が決定致しました。 毎日バタバタで、先日の診察順番待ちの間にようやく、[がんを治す生き方]を読み終えました。 とても参考になる冊子に感動致しました。 これ ... 私(本村ユウジ)は身内をがんで亡くしてから、プロとして10年以上活動している、がん治療専門のアドバイザーです。.