[PR] 中世 日本では、禅文化が盛んとなり、漢文学としての五山文学が興隆した。 五山文学の成立. もとは南宋の寧宗がインドの5精舎10塔所(天竺五精舎)の故事に倣って径山・霊隠・天童・浄慈・育王の5寺を「五山」として保護を与えたのが由来と言われている。鎌倉時代後期には日本にも禅宗の普及に伴って広まるようになり、正安元年(1299年)には鎌倉幕府執権北条貞時が浄智寺を「五山」とするように命じたのが日本における最古と伝わる。, 鎌倉幕府の五山制度については詳細は明らかではないものの、鎌倉の建長寺・円覚寺・寿福寺及び京都の建仁寺の4ヶ寺が「五山」に含まれていたと考えられている。同様に後醍醐天皇の建武の新政においても「五山」が制定され、南禅寺と大徳寺の両寺が五山の筆頭とされ、東福寺と建仁寺が含まれていた。, その後、室町幕府を開いた足利尊氏は、天竜寺を建立したが、天竜寺を五山に加えることを望んだ。これに対して北朝は暦応4年(1341年)に院宣を出して尊氏に五山の決定を一任した。これに応えて同年に尊氏は第一位に南禅寺(京都)・建長寺(鎌倉)、第二位に天竜寺(京都)・円覚寺(鎌倉)、第三位に寿福寺(鎌倉)・第四位に建仁寺(京都)・第五位に東福寺(京都)・准五山(次席)に浄智寺(鎌倉)を選定した。これ以後、五山の決定及びその住持の任免権は足利将軍個人に帰するという慣例が成立することになる。その後、延文3年(1358年)に2代将軍足利義詮がこれを改訂して浄智寺を第五位に昇格させるとともに同じく第五位に鎌倉から浄妙寺、京都からは万寿寺を加えて計4寺として京都と鎌倉からそれぞれ5寺ずつが五山に選ばれた。その後、3代将軍足利義満の時代に管領細川頼之の要望を聞き入れて臨川寺を五山に加える(永和3年(1377年)- 康暦元年(1379年))が、康暦の政変で頼之が失脚すると外された。ところが、義満が足利将軍家の菩提寺として相国寺を建立すると、至徳3年7月10日(1386年)に義堂周信・絶海中津らの意見を容れて五山制度の大改革を断行、南禅寺を「五山の上」として全ての禅林の最高位とする代わりに相国寺を「五山」に入れ、更に五山を京都五山と鎌倉五山に分割した。両五山はこの格式で固定し、現在に至っている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=五山&oldid=62480781. 日本に伝わったのは鎌倉時代で、当初は鎌倉五山が先にありました。 今回は室町時代に始まった五山・十刹(ござん・じっせつ)と言う寺院格付け制度について解説していきます。 五山・十刹制度は、足利尊氏の頃に作られた制度で、三代目将軍の足利義満の頃に制度が完成します。 五山は、京と鎌倉それぞれトップ5の寺院が定められます。 京都五山とは、京都にある臨済宗の五大寺である南禅寺、天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺のことです。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... [PR] エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 今回は室町時代に始まった五山・十刹(ござん・じっせつ)と言う寺院格付け制度について解説していきます。, 五山・十刹制度は、足利尊氏の頃に作られた制度で、三代目将軍の足利義満の頃に制度が完成します。, です。一位の上には別格レベルの南禅寺が。下には十刹と呼ばれる10寺院がさらに格付けされていきます。, 教科書なんかだと話がこの辺で終わっていますが、「格付けする意味あるの?」とか「格付けはそもそもどうやって決めてるの?」とか素朴な疑問があると思います。, 五山・十刹で格付けされている寺院は全て臨済宗(りんざいしゅう)という禅宗のお寺です。, なぜ全て臨済宗なのかというと、幕府が臨済宗推しだったから。なぜ幕府が臨済宗推しなのかというと、関東地方で臨済宗が武士たちに支持されていたからです。, しかし、京で昔から強い影響力を持つ比叡山や興福寺などの勢力は、臨済宗のことを良く思いません。臨済宗が広まると比叡山や興福寺らはその立場を失いかねないので、これは当然の反応です。, ちなみに、京の仏教勢力と臨済宗の対立は、臨済宗の開祖栄西(えいさい)が活躍していた頃からあったとても難しい問題でした。当時の時代背景については、以下の記事を合わせて読んでいただくとよーくわかると思います。, 室町幕府が京に置かれるようになると、案の定、臨済宗と比叡山・興福寺との対立が深刻化し、室町幕府は臨済宗の保護に乗り出します。, そこで使われたのが五山・十刹で、中国(当時は南宋)の寺院制度を参考にした制度でした。, 寺院を格付けして室町幕府公認の公式なお寺とすることで、「臨済宗の寺院に手を出したら、室町幕府が黙ってないからな」と敵対勢力を牽制することができるわけです。, 実際、1368年には別格レベルの南禅寺と比叡山の僧たちの間で暴動が起こり、南禅寺の門が破壊される事件が起こっています。この時は、幕府は南禅寺を支援しましたが、神の名の下に攻め込む延暦寺の伝家の宝刀「強訴(ごうそ)」に勝つことができませんでした・・・。, 五山・十刹制度は臨済宗を保護する目的を持っていましたが、その格付けは一体どのようにして決められたのでしょうか。, まず、別格の南禅寺ですが、「天皇家との結びつきが強い」ということで別格扱いになりました。不動のNO.1です。, 一位の天龍寺は、室町幕府創設者の足利尊氏が建立したお寺です。幕府の創設者が建てたお寺なので当然第一位です。, 二位の相国寺は、三代目の足利義満が建立したお寺です。足利義満は室町幕府の全盛期を築いた男。義満が生きているうちは相国寺が一位でしたが、義満が亡くなると二位にダウンしました。, 三位の建仁寺は、臨済宗の開祖栄西が初めて京都に建立した禅寺で由緒あるお寺なので第三位。, 実際の格付けにはもっと複雑な理由があったかと思いますが、大雑把にはこんな感じです。, 五山・十刹制度は、室町幕府との親密度をベースに格付けしただけであって、決して「禅宗のお寺として第4位の東福寺が第一位の天龍寺より劣っている」とかそんな話ではありません。繰り返しますが、あくまで室町幕府の都合で勝手に決めた格付けに過ぎません。, なので、将軍が変わると五山・十刹のランキングが微妙に変わってしまうこともあったし、さらに言ってしまうと室町幕府が格付けするものなので、室町幕府が滅びるとそれに合わせて五山・十刹の制度も消えることになります。.
鎌倉には数多くの神社やお寺があり、どこをどのように廻ればいいのか戸惑う人もいるでしょう。しかし、そういった人におすすめしたいのが「鎌倉五山(かまくらござん)」です。歴史を感じさせる寺院建築や、桜やアジサイ、紅葉など四季折々の美しい花や樹木を楽しむことができます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 栄西ってどんな人?生涯・エピソードをわかりやすく簡単に解説【天台宗を救うつもりが臨済宗を開いちゃった人】.

皆さんは京都五山を知っていますか。京都五山とは京都の臨済宗における寺の中心となるお寺のことを言いますが、平安時代から室町時代にかけて京都五山は日本のお寺のあり方において非常に重要な位置にありました。そんな京都五山についてご紹介します。
葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 「はじめての喪主、、、どこに相談すればいいの?」

京都五山(きょうとござん)とは、臨済宗の寺院の寺格で、別格とされる南禅寺とともに定められた京都にある五つの禅宗の寺院。, 五山の制度はもとは南宋の寧宗のころにインドの五精舎十塔所にならって創設されたものである[1][2]。, 鎌倉幕府は既存宗門などの既存勢力に対抗するため新興の臨済宗を保護する政策をとり、政争や戦乱によって勢力下に入った荘園や領地を御家人に分け与える一方、一部を寺社領とし、幕府の領地も含めてその管理を禅寺に委ねていた[3]。, 鎌倉末期に始まる五山制度には明らかでない点もあり最初に五山と称されていた寺院も諸説ある。, 今枝愛真の説によると最初に鎌倉幕府によって五山と称せられていたのは鎌倉の諸禅刹で「当初の五山は鎌倉のみに限定されていた」としている[1]。今枝によると建武の新政のもとで京都の大徳寺と南山寺が五山の第一位の寺格とされ、さらに建仁寺や東福寺などの諸寺が五山に加えられるようになったとしている[1]。暦応4年(1341年)、足利直義の評定により、第一位を建長寺(鎌倉)と南禅寺(京都)、第二位を円覚寺(鎌倉)と天龍寺(京都)、第三位を寿福寺(鎌倉)、第四位を建仁寺(京都)、第五位を東福寺(京都)とし、準五山に浄智寺(鎌倉)を含めたとする[1]。, ただし、鎌倉時代の創設当初は鎌倉と京都で一緒に五つの寺を五山に定めていたとする説もある(室町時代に京都と鎌倉に分けて五山が定められたとみる)[2]。小此木輝之は鎌倉時代の五山を、建長寺、円覚寺、寿福寺、建仁寺(京都)、浄智寺と推定している[4]。, 室町時代の足利義満が将軍職の至徳3年(1386年)、南禅寺を別格として五山之上とし、京都の天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺、鎌倉の建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺をそれぞれ五山に決定しその後の五山制度の根幹となった[1][2][3]。, 「五山十刹」という場合、別格寺たる南禅寺を筆頭に、天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺の「五山」と、等時寺、臨川寺、真如寺、安国寺、宝幢寺、普門寺、広覚寺、妙光寺、大徳寺、龍翔寺の「十刹」の総称をいう[3]。, 室町幕府は五山禅寺に対して不入権や諸役免除などを認める一方、五山禅寺は幕府の事務の代行や上納金などの財務支援を行う関係にあった[3]。五山の禅僧には宗教活動を行う西班衆と寺院の経理や荘園の管理を担う職能集団の東班衆がいた[3]。, 室町時代、幕府との関係が近い五山禅寺は朝廷との関係が近い比叡山延暦寺や南都興福寺と対立関係にあった[3]。大和国を支配する興福寺は奈良への禅寺の進出や臨済宗の僧の入国を認めなかった[3]。また、天龍寺落慶法要への天皇行幸では延暦寺から異議が唱えられ(1345年)、南禅寺の関銭をめぐる園城寺との対立(1367年の南禅寺楼門事件)では延暦寺は全面的に園城寺を支援した[3]。, しかし、応仁の乱で各寺は壊滅的な被害を受け、東班衆の基盤が失われた一方、各地では守護大名の力が強まって五山の荘園管理は難しくなり関所の自由通過権なども失われた[3]。東班衆の去った荘園では守護大名が国人に管理させる守護請が多くなった[3]。また、五山勢力が去って空白地となった北陸地方には一向宗の勢力が進出し新たな拠点を築いた[3]。, ※…なお、足利義満の意向により、応永8年(1401年)3月5日に相国寺を第一位、天龍寺を第二位とする順位変更が行われたが、義満没後の応永17年(1410年)2月28日に元に戻された。, 今日では京都五山=京都の禅寺の格付と一般に勘違いされやすいが、それは決して正しい解釈ではない。京都五山はあくまで足利氏の政治、政略的な格付けであり、大徳寺は同様の理由から格を下げられ、後に五山制度から脱却している(詳しくは大徳寺の項目を参照)。また、妙心寺は大内義弘に肩入れしたことが原因で義満の怒りを買い、寺領すらも没収されていた。再興を果たすのは江戸時代からである。, (別格)南禅寺 - (1)天龍寺 - (2)相国寺 - (3)建仁寺 - (4)東福寺 - (5)万寿寺, 禅宗の官寺機構 : 五山十刹諸山の国別分布について (昭和三十六年五月十三日 会員 坂本太郎紹介), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=京都五山&oldid=79064928. 中国南宋時代の五山官寺制度で、禅宗の保護と統制を目的に、格式の高い5つの寺院を決定したことに由来しています。

京都五山には寺格があり、別格が南禅寺になっています。その後第一位は天竜寺、第二位は相国寺、第三位が建仁寺、第四位が東福寺、第五位は万寿寺となっています。. 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!. 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 五山制度(ござんせいど)とは、中国・日本における寺格の一つ。 日本においては、主に臨済宗の制度であった。 上位より、五山・十刹・諸山・林下に区分された。 日本画五山(にほんがござん)とは、東山魁夷、杉山寧、加山又造、高山辰雄、平山郁夫の5人の日本画家の総称。 京都に五山ができたのは、その後後醍醐天皇の帰依が厚かった大徳寺が五山に列せられ、その翌年に南禅寺が五山の第一として位列されたことで、京都にも五山ができました。, 南禅寺は筆頭の格付けですが、足利氏の政治政略的な格付けにより、その後変遷を経ながら1386年に足利義満が相国寺を建立し、五山の上に南禅寺がおかれ、相国寺を創建し相国寺を第一位、天龍寺を第二位とする順位変更が行われたが、義満没後の1410(応永17)年には、元の寺格に戻されています。 室町時代に入ると、鎌倉五山や京都五山(京五山)では、幕府の外交文書を起草するという必要性も伴い、四六文を用いた法語や漢詩を作る才が重視されたことも関係して、五山文学が栄えることとなった。 五山文学こそは、五山文化の中心であった。 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 京都五山 (きょうと ... 大和国を支配する興福寺は奈良への禅寺の進出や臨済宗の僧 の入国を認めなかった 。また、天龍寺落慶法要への天皇行幸では延暦寺から異議が唱えられ(1345年)、南禅寺の関銭をめぐる園城寺との対立(1367

概要. ... お送りくださったご意見を編集部にて確認し、今後とも価値あるサイトとなるよう取り組んで参ります。, 会社員時代よりやりがいを感じる?!50代60代70代が活躍する「グランドシッター」とは?.