2007年10月11日には、ボーイング787の開発スケジュールの遅れが発表され、初飛行は2008年第1四半期末、引渡しも当初の予定から6か月ほど遅れるとした[130] が、さらに2008年第4四半期へと初飛行の延期、引き渡しは2009年第3四半期への遅延が発表された[131]。ANAでは2008年6月に国内線に投入、同年8月の北京オリンピック開催時には羽田 - 北京間のチャーター便に使用すると発表していた[132] が、就航計画の変更を余儀なくされ、北京線のオリンピック開催に合わせた就航は不可能となった。その後もさらに開発遅延が重なり、結局2011年10月に営業運航開始となった[133]。, ボーイング767-300/300ERの後継に位置づけられる機種だが、230席 - 250席規模で767より航続距離が長いので、2011年時点でボーイング767-300ERを投入しているアジアへ向けた路線だけでなく、ボーイング767-300ERでは航続距離が足りない欧米線を787で新たに開設したり、777-200ER/300ERと平行して運用することでダブルデイリー化を進める見込みがある。, このうちボーイング787-3は元々国内線向け[注釈 9] であり、航続距離が5,000km以上あるため、国内線および短・中距離国際線の兼用になる公算が大きかったが、度重なる納入延期で開発も遅滞が続いていたが、航続距離でも活用用途が広い787-8型などに発注変更された。, また、2010年9月には発注済み787-8(55機)のうち15機を787-9に変更[134] した。, ANAにはボーイング787型機引渡遅延の補填として、2010年頃から[135] 相次いでボーイング社から複数の767-300ER新造機(航続距離約11,000 km)が破格の条件で引き渡されたといわれていて、この減価償却の必要性が少ない機材を有効活用できる路線(高い需要を持ち、日系航空会社による就航を求める意見が多い中部 - 米国西海岸線や新千歳 - 欧州線)など、中型機なら黒字化が十分可能だといわれている地方の新規路線開拓も期待されていた。しかし、羽田・成田発着のアジア路線に主に投入されている。, 2011年10月26日に国際線の成田 - 香港線で、同年10月30日からの運航ダイヤにおいて11月1日から羽田 - 岡山、および羽田 - 広島の2路線において日本における国内線にそれぞれ初就航した[136]。この国内外の3路線が、世界初の定期路線におけるボーイング787の運用となる。当面は国際線用のボーイング767-300ERにおいて使用されている、ビジネス・エコノミークラスの座席を流用したキャビンが使用され、ビジネスクラス部分をプレミアムクラスとして設定している。, さらに2012年1月21日からは長距離国際線仕様の機材が羽田 - フランクフルト線に就航した。2014年7月27日(日本時間 28日)に787-9を初受領[137] し、同年8月7日から羽田 - 福岡・大阪/伊丹・松山の3路線に投入されている[138][139]。, 2015年には国内線用787-10型機を3機発注し、787全タイプ (787-8・-9・-10)を保有するアジア初の航空会社となる事が確定した。同年4月には初の国際線仕様B787-9型機を受領し、本格的に中長距離国際路線の主力機材として活用される事となる。なお787導入と同時にB777-300ERも追加発注しており、2015年現在もB777-300ER新造機を受領が続いている。, 2016年8月25日、ANAはボーイング787型機で運用しているロールスロイス製トレント1000エンジンの中圧タービンブレードに大気中の汚染物質に起因する硫化腐食が表面に発生し、フライトを重ねるにつれて腐蝕点を起点とする疲労亀裂が進行、通常整備サイクルでは発見することができない短期間のうちに破断することがあることが公表された[140]。, 2018年4月17日、米国連邦航空局 (FAA)と欧州航空安全機関 (EASA)は同エンジンを搭載した787-8, 9型機について長時間運航した際、エンジンの劣化が進む可能性があるとして、エンジンが1基停止しても洋上飛行が一定時間可能な「ETOPS(イートップス)」で許容する飛行時間を、最大140分(2時間20分)に制限する耐空性改善命令 (AD)を発出、これを受け国土交通省航空局 (JCAB)も耐空性改善通報 (TCD)を発行。ANAによると一部便で使用機材を変更するものの、座席変更などで済む見通しとした[141] が、同様のエンジンを使用する他社の多くはこの時点で他機種のリースなどをして運用制限のある787は地上待機などの対応を行い部品交換を優先させた[142] がANAは前述対応で運航継続、同年7月4日になり、6月12日にEASAが対象拡大し、6日 - 12日までの7日間に、国内線113便が欠航すると発表。4月から他社は対応していた交換部品の供給が逼迫していることで交換に時間がかかっていることも、欠航につながった要因だとした[143]。, ANAカーゴ (ANA Cargo) はANAグループの航空貨物サービスのブランドである。, 2014年4月、株式会社 ANA Cargoとして貨物事業を独立させることが明らかとなった[152]。 - ANAの航空機部品の輸出入. 全日空商事エアクラフト(株)出向 : 全日空商事(株)出向 : 木村 邦夫 : 国際空港事業(株)出向 : 国際整備サービス(株)出向 : 伊藤 文雄 : ワールド・エアーポートサービス(株)出向 : 新東京空港事業(株)出向 : 岡 克己 (株)エーエヌエースカイパル出向 : 全日空システム企画(株)出向 : 佐々木 正延 (株)ジ 電話 03-3581-3383(直通) ホームページ https://www.jftc.go.jp/, (平成30å¹´7月12日)全日本空輸株式会社が発注する制服の販売業者に対する排除措置命令及び課徴金納付命令について. å±€å¯©æŸ»å±€ç¬¬ä¸‰å¯©æŸ» 前田明生 全日空のグループ会社、全日空商事(東京)は4日、40代の男性部長が取引先との交際費名目などで約2900万円を着服する不正行為をしたとして、同日付で懲戒解雇したと発表した。告訴を検討しており、警視庁愛宕署に被害相談した。 ANA歴代の全制服を紹介 | マイナビニュース, http://www.fashion-headline.com/article/2014/04/24/6012.html, “Boeing Reschedules Initial 787 Deliveries and First Flight”, https://web.archive.org/web/20071011151319/http://boeing.com/news/releases/2007/q4/071010d_nr.html, “Boeing Revises 787 First Flight and Delivery Plans; Adds Schedule Margin to Reduce Risk of Further Delays”, https://web.archive.org/web/20080411152916/http://www.boeing.com/news/releases/2008/q2/080409b_nr.html, https://web.archive.org/web/20070712103211/http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200707090015a.nwc, http://www.shikoku-np.co.jp/national/economy/20101101000464, ANA、日本で初めてボーイング787-9型機を受領 〜初号機を7月27日に引き渡し、7月29日に日本到着〜 〜初号機は国内線仕様、395席に決定〜, ボーイング787-9型機が世界初の定期便運航を開始! これと前後して、2015年5月からボーイング787新造機を皮切りに、パナソニック アビオニクス製の機材による「ANA Wi-Fi Service 2」が展開開始[109]され、時間制のサービスも行われるようになった。また一部の機種では最初の15分間を無料にする[要出典]など、汚名返上に努めている。, 2017年12月現在、アイベックスエアラインズ・AIRDO・ソラシドエア・スターフライヤー・オリエンタルエアブリッジとのコードシェア(共同運航)を行っている[110]。, 2008年4月に導入された国内線上位クラスで、同年3月までの『スーパーシートプレミアム』およびそれ以前に存在した『スーパーシート』と同等のクラスである。他社で言うところの、JALにおけるクラスJの設定便数の多さとファーストクラスの上質とされるサービスを足し合わせたような内容である。設定座席数は機種で異なっており、2011年11月現在、ボーイング777-200/300では21席、ボーイング767-300では10席、ボーイング737-700/800では8席、ボーイング787-8では12席、ボーイング787-9では18席が設定されている。また、国際線仕様のエアバスA320が充当される便ではビジネスクラス座席が割り当てられることもある。, シートピッチは50インチ(ボーイング787-8の一部の機材は57インチ)である。座席の種類は、ボーイング767-300で使用されるもの、ボーイング777で使用されている先代のスーパーシートプレミアムと同様のもの(座席表地の色はほかのプレミアムクラスと同一)、ボーイング737で使用される座席にAC電源および読書灯が内蔵されているもの、ボーイング787で使用される暫定的に国際線ビジネスクラス用座席を装備するもの、2012年に受領したボーイング777-200ER新造機(国内線仕様)から導入された本革素材の新デザインのもの[111] の5種類がある。かつて運用されていたボーイング747-400D型機では、767-300型機と同タイプのシートを、シートピッチ45インチで配置していた。新デザインの座席は2013年11月現在、ボーイング787とボーイング737-800にも装備されており、他の機材についても順次更新をすることが発表されている[111]。, 各空港にあるANAラウンジを無料で利用でき、羽田・伊丹・新千歳・福岡の各空港には優先的に利用できる保安検査場が設定されている。また、機内預かりの荷物は40kgまで無料となっているほか、搭乗・返却時の取り扱いが(一般客に先んじて)優先的に案内される。, 機内での喫食の提供については、2012年より「Inspiration of Japan」のコンセプトに準じたものに変更されている。朝食・昼食・夕食は「Premium Gozen」(プレミアム御膳)の弁当を、それ以外は「Premium Sabo」(プレミアム茶房)と茶菓子と軽食をセットにしたものが供される。, 運賃は『プレミアム運賃』と称した普通運賃より高めのものが設定されており、割引運賃として特割・旅割28のプレミアムクラス用設定の『プレミアム特割』『プレミアム旅割28』も存在する。また、普通席を予約している旅客においては2018年3月31日までは当日空席がある場合に限り、カウンター等で追加料金9,000円[112](2015年3月から。それ以前は8,250円、2014年3月まで8,000円、2012年9月搭乗分までは7,000円)を負担することでアップグレードが可能であった。, 2018年4月1日からは、ANAマイレージクラブ会員のみ搭乗日の2日前からアップグレードの予約を受け付けるとともに、アップグレード料金が一律料金では無く路線ごとに料金が変り、東京-九州・沖縄路線や東京-新千歳、東京-大阪などの一部の遠距離・高需要路線は高く、そうでない路線は従来より低い金額が適用されるようになった[113]。, 朝食・昼食・夕食時間帯の便に提供される「Premium GOZEN」の一例(2012年10月14日、鹿児島→羽田便), 間食時間帯の便に提供される「Premium SABO」の一例(2012年8月4日、羽田→岡山便), 国内線の普通席は2005年以降、ボーイング747-400、エアバスA320、ボーイング737-500(一部リース機は除く)およびターボプロップ機以外で従来より背もたれ部を薄くした座席に順次取り換えられている[114]。なお、ボーイング737-800で使用されるもののみ座席表地の色がほかの機材と異なっているほか、ヘッド部分のクッションがないという相違点がある[115]。これまで一般的に座席の下部にあったシートポケットを背面テーブルと同じ位置に移動させたため、従来の座席よりも足元の空間が広くなった。また、旧型座席にはかつて喫煙席を設定していた名残から肘掛けに灰皿を装備していたが、1999年に機内が禁煙となったため、新型座席には灰皿が設置されていない。なお、2011年に導入されたボーイング787-8の暫定国内線仕様機においてはシートモニターが標準装備されている。2012年以降に新規導入されるボーイング777-200ERより順次、従来より軽量の新型座席が導入[111] されており、ボーイング787-8国内線仕様機にも導入されている。, 航空券の発行を省略した電子航空券によるチケットレス搭乗サービスである。QRコードまたは、ANAマイレージクラブ会員の場合はIC付き会員カードかおサイフケータイ対応の携帯端末での利用が提供されている。, 搭乗時・着陸後の機内BGMには葉加瀬太郎作曲の「Another Sky」が採用されている[注釈 8]。2002年の創立50周年記念の際にANAグループのイメージ曲として葉加瀬に委嘱して作曲されたもので[116]、携帯電話でのダウンロードサービスも行っていた[117]。現在は新しいバージョンになっている。旧ver: [2] 新ver: [3], 2010年4月から「ANA My Choice」と銘打った有料での機内サービスを拡充し[118]、有料ではあるがより上質とされる飲料が販売されるほか、プレミアムクラス設定便では普通席でもプレミアムクラスの昼食・夕食を購入でき、さらに沖縄便限定でサンドセットなども有料で提供している。一方で、2010年4月から普通席で無料で提供される飲料は水と日本茶(冷・温)のみに縮小されたが[118]、のちに格安航空会社への対抗から、無料の飲料メニューは追加され、アップルジュース、2012年6月からコーヒー(同時に、有料だったスターバックスコーヒーの販売は取りやめ)、2013年4月1日からビーフコンソメスープの無料提供を再開した。, 他の航空会社に先立ち、普通席での新聞貸出は2010年1月4日に廃止されている[119]。, 2017年10月29日からヘッドホンがヘッドバンド型からインナーイヤー型に変更された。ヘッドバンド型は座席前の収納ポケットに置いてあったが、インナーイヤー型に変更後は、搭乗改札を通過後イヤホンが入っているカゴから取る又は機内で貰う。インナーイヤー型は持ち帰りができる。, 国内線のWi-Fi サービスは2016年1月25日より開始された[120]。 ANAの「国内線Wi-Fiサービス」を乗って検証、“自分の端末でテレビを見られる”のが売り!? 〜8月7日(木) 羽田=福岡線から国内定期便へ投入〜 〜今年度末受領予定の国際線仕様を215席に決定〜, FAA AD may severely limit ETOPS of some RR-powered 787s: sources, http://www.aviationwire.jp/archives/99498, http://flyteam.jp/airline/ana/news/article/68672, http://www.aviationwire.jp/archives/99370, http://www.aviationwire.jp/archives/99844, http://www.aviationwire.jp/archives/98102, https://www.anahd.co.jp/group/pr/202001/20200123.html, コードシェアについて[国際線]|ご予約/旅の計画|国際線航空券予約・空席照会|ANA, ベトナム航空と10月30日よりコードシェア提携を実施~マイレージ・プログラム提携など、本格的な業務提携を開始~, “20周年特別塗装機 『FLY! 全日空商事株式会社(ぜんにっくうしょうじ)は、全日本空輸(ANA)グループの商社である。, ANAグループの多角化事業の中核企業であり、事業内容は航空機部品の輸入取り扱い等の航空関連事業を中心に、広告代理業、空港店舗や通信販売の運営、紙製品の取り扱い、食品の輸入、半導体の取り扱いなど多岐にわたる。 柿花祥太氏/企画室企画部長/企画室企画部副部長. 勝岡陽一氏/人財戦略室労政部長/フライトオペレーションセンター副センター長. 郵便は、国内郵便のほか、EMS, SAL郵便などの国際郵便も貨物機および旅客機の床下を利用して輸送している。, この他、航空業に付帯・関連する事業を中心に多くのグループ企業がある。※詳細は ANAグループ一覧 を参照。, 最新のコードシェア情報は、ANA公式サイトの コードシェア便のご案内海外航空券ANA国際線 を参照のこと。, 1992年にボーイング747-400型機2機が政府専用機として導入されて以降は、日本航空が整備作業や機内改装などを受託しているほか、政府専用機のうちの1機が整備などで使用できない場合は、日本航空の機材を予備機として提供しているが、2019年以降に次期政府専用機としてボーイング777-300ERを導入し、機体整備等の委託先に全日本空輸を選定したことで、日本航空による機体整備は打ち切られ、全日空が受託することとなる[180][181]。, 2019年7月5日、防衛省は航空自衛隊の空中給油・輸送機KC-46Aの修理に関する技術援助契約先として、KC-46Aの原型となった767エンジンはプラット・アンド・ホイットニー (P&W)製PW4062でなくゼネラル・エレクトリック (GE) 製を採用しているANAを選定したと発表した[182]。, ANAが創設以来の乗客数累計5億人突破を記念し、1992年12月から2か月にわたり、一般からスペシャルマーキングを募集した所、最優秀作として当時小学生だった大垣友紀惠のクジラと海の生き物の仲間を機体一杯にユーモラスに描いた作品が選ばれた。新規に受領した機体ボーイング747-400D(登録番号:JA8963)機にそのペイントが施され、海の生き物をあしらったことからANAは「マリンジャンボ」と名づけ、1993年から約1年半の間、国内線定期便の運用に組み込み、日本全国の空港を交互に訪問する形態を取った。また、ボーイング767-300(登録記号:JA8579)に同種のペイントを施し、「マリンジャンボJr.」としてローカル空港への訪問を主目的とした運航が組まれていた。「マリンジャンボ」は全日本空輸の登録商標(日本第4284977号)である[183]。, 1997年の創立45周年を記念し、翌年導入の新型機であるエアバスA321に「日本の風景」をテーマとして「A321」の機体ロゴとともに客席窓をフィルム送り穴に見立て機首から機尾に向けて北から南の順番で左右側面に11枚ずつ計22枚の全日空就航地周辺の名所の風景写真、ボーイング777-300に「風」をテーマに躍動感と世界最長の機体長を際立たせるデザインとして白地に「777-300」の濃紺の機体ロゴとトリトンブルー2色の波線模様をあしらった。日本の風景塗装は1999年、風塗装は2002年まで運航。, 「ポケモンジャンボ」とも呼ばれ、ポケットモンスターのキャラクターがペイントされたボーイング747-400・ボーイング777-300・ボーイング767-300が、東京・大阪・札幌・福岡・那覇など国内幹線を中心に運航していた。また、747-481のJA8962が「ANAポケモンジェットインターナショナル」として、ポケモンジェット唯一の国際線用として東京(成田) - ニューヨーク間に就航していた。その他、「ANAポケモンジェット1999」「ピカチュウジャンボ」「お花ジャンボ」「ピース★ジェット」などの種類があった。2016年4月15日に唯一のポケモン特別塗装機である「ピース★ジェット」が運航を終了(通常塗装に変更)し、ポケモンジェットは消滅した。, 2007年、ANAの中国路線就航20周年を記念して登場[184]。ボーイング767-300ER1機 (登録番号: JA606A)を白黒のパンダを模した塗装にし、成田発北京行で就航を開始。2014年まで国際線機材として運用された[185]。, イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたヘリコプターがデザインされ、1969年5月のボーイング737-200型機ANA受領初号機(登録番号:JA8401)以降、B737やB727、ロッキードL-1011トライスターなどが身にまとい1989年3月まで使用していた旧塗装「モヒカンルック」を、社員の発案によって2009年に国内線仕様のボーイング767-300のJA602Aに塗装し、「モヒカンジェット」として復刻した。創立記念日である2009年12月1日に、羽田-宮崎線・鹿児島線を中心に運航し、その後は全国各地の空港に就航した。2014年8月11日の岩国発羽田行きのNH638便をもって「モヒカンジェット」としての運航を終了し、台北にある整備工場で通常塗装に戻された[186]。同機は現在、AIRDOで特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」として運用されている。, 創立60周年を記念した特別塗装機。2012年に機体デザインを公募し、世界36カ国、7,042作品の中から選ばれた[187]。, 映画『スター・ウォーズ』シリーズとのコラボレーション・プロジェクト「ANA STAR WARS PROJECT」の実施に伴い、スター・ウォーズ シリーズに登場するキャラクターをデザインした現在3機の特別塗装機を就航させている。過去には、STAR WARS ANA JET(ボーイング (B)767-300ER 登録番号: JA604A)も就航されていた。, 2011年に発生した東日本大震災の支援に向けた新しい取り組みとして、福島空港の社員による提案で、東北の人たちの協力を得て、東北に咲く「強く・美しく・まっすぐな」花々をボーイング737-800 (登録番号: JA85AN)1機にあしらい、2016年5月14日から2020年までの5年間就航させている[188]。, 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック大会に向け、一般公募作品から選考した各種目のシルエットや富士山・東京スカイツリー・東京タワーなどを描いたデザインをボーイング777-200ER1機 (登録番号: JA741A)に塗装し、2018年1月から就航した[189]。, 2019年春からホノルル路線に使用予定のエアバスA380型機の塗装を一般公募すると発表し、選考の結果ウミガメをモチーフにしたデザインが採用され、「FLYING HONU」という愛称ハワイ語で「空飛ぶウミガメ」が付けられた[190]。青色のデザイン原案を元に、導入3機それぞれにハワイの自然をイメージした違うイメージカラーをあしらう。, 2018年10月3日に、同社のパリ及びブリュッセル両支店の支店長の男性が、出張のため搭乗していたパリ発羽田行旅客機の機内で、隣席の50歳代の女性に頸椎捻挫を負わせた。この支店長は、機内でワインを6杯飲み酔っ払い酩酊状態となっていた模様で、同社は同年10月5日付けでこの支店長を諭旨退職処分とし、片野坂真哉会長と平子裕志社長を減給1ヵ月とした[192]。, 東海大学 | 桜美林大学 | 法政大学 | 崇城大学 | 千葉科学大学 | 第一工業大学 | 日本航空大学校 | 航空大学校, 日本航空 | 全日本空輸 | オリエンタルエアブリッジ | 日本トランスオーシャン航空 | 日本貨物航空 | 日本エアコミューター | 琉球エアーコミューター | エアージャパン | ジェイエア | AIRDO | ソラシドエア | 北海道エアシステム | 天草エアライン | アイベックスエアラインズ | ANAウイングス | スターフライヤー | フジドリームエアラインズ | Peach Aviation | バニラ・エア | ジェットスター・ジャパン | 春秋航空日本 | スカイマーク | 本田航空 | 朝日航空 | 三菱重工業 | 三菱航空機 | ボーイング・ジャパン | エアバス | 三菱商事, 全日本航空事業連合会 | 航空輸送技術研究センター | 日本航空協会 | 日本女性航空協会 | 日本学生航空連盟 | 日本航空機操縦士協会, 元々は2009年11月から機内サービスなどのプロダクト・サービスブランド「Inspiration of Japan」として使用されていたもので、2013年9月からタグラインとして設定された, 2006年9月6日発売のアルバム『Sweet Melodies〜TARO plays HAKASE』(HUCD-10022)、2011年8月10日発売のベストアルバム『THE BEST OF TARO HAKASE』(HUCD-10099)をはじめ複数のベストアルバムに収録。, 第38回国会 決算委員会議事録 第20号 航空局長今井榮文:「全日空に対しましては、昭和三十四年度におきまして約五千万円、これは、現在国内線に使っておりますDC-3の機器の統一のために補助金を出しました。」, 出願したのは1993年だが、商標登録されたのは運行終了から4年が経過した1999年6月18日だった。, ANA All Nippon Airways 5-Star Airline Rating, https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/008/020/077000c, 季刊誌『ていくおふ』Winter 2010 No.129 SPECIAL CONTRIBUTION:快適性を向上させた新しいキャビンプロダクト, ANA Trivia Vol.40 ANAの航空会社コードはNH。さて、なんの略でしょう?, http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLZO9096151025082015DTA000, https://www.ana.co.jp/wws/tw/j/about_ana/corp_info/investor/stock_info/reports/images/1999/d.pdf, https://www.ana.co.jp/wws/cn/j/about_ana/corp_info/investor/stock_info/reports/images/1999/full.pdf, https://www.anahd.co.jp/investors/data/annual/pdf/01/01j_00.pdf, https://web.archive.org/web/20040407234335/http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20040331i306.htm, https://www.ana.co.jp/pr/12-0103/11a-179.html, “持株会社制移行に伴う会社分割並びに定款変更(商号および事業目的の変更)に関するお知らせ”, https://www.ana.co.jp/pr/12_0406/12-025.html, “2012年度ANAグループ入社式の実施について〜「グループ一丸」の象徴としてグループ統一社章・社旗を導入します。〜”, https://www.ana.co.jp/pr/12_0406/12a-001.html, https://web.archive.org/web/20130401044502/http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MKET306KLVR601.html, http://news.mynavi.jp/news/2013/04/02/083/index.html, http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/ActiveR/20130702/488789/, “ANA、日本ユニシス 国内線旅客システムを世界で初めて「オープンシステム」にて刷新 〜 大手ネットワークキャリア初のオープンシステム化により、低コストで迅速な顧客サービスの投入が可能に 〜”, https://www.unisys.co.jp/news/nr_130702_aircore.html, http://www.ana.co.jp/group/pr/201611/20161110.html, https://www.anahd.co.jp/group/pr/202010/20201027-2.html, https://www.traicy.com/posts/20201027186786/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&&__twitter_impression=true, ANA、ネステ社から持続可能航空燃料調達へ – 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社, ANA、777Xは2年受領延期 経年機35機退役でコスト削減、777や737-700, http://www.anahd.co.jp/pr/201601/pdf/20150129-3-1.pdf, エアバスの「納車式」がカッコイイ! 警報音のあとに現れた、ANAの巨大なA380(写真62枚)恵知仁, http://www.anahd.co.jp/pr/201501/pdf-3/20150130-3-1.pdf, ANA、日本初導入の輸送機ボーイング 777F型機公開。輸送管理者のシートを4席装備, ピーチ、A320neoとA321LR用エンジンにCFM製LEAP-1A採用 20年度から, 退役機を1機丸ごと整備訓練専用の機材へと活用〜整備品質向上を目指して今夏より訓練に投入〜, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37289900S8A101C1000000/, https://www.aviationwire.jp/archives/159333, ANA、「民の力」で日中関係の基礎を作った岡崎嘉平太 2代目社長の特別展を羽田空港でスタート, 開港以来初…ANA運航の国際線が中部国際空港で『ゼロ』に 香港便は情勢不安等で需要が激減, https://www.asahi.com/sp/articles/ASN6775DJN67ULFA006.html?iref=comtop_list_biz_n08, http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1502/12/news083.html, https://www.ana.co.jp/group/pr/201810/20181015-1.html, 家族連れにうれしいカウチシート。広々とした1階に383席が並ぶANA A380型機のエコノミークラス, 新型シートの画像のあるページ(スーパーシートおよびスーパーシートプレミアムの画像などもあり), “選べる有料サービス「ANA My Choice」を拡充します〜サービス体系を大幅に見直し、有料サービスをリニューアルします〜”, https://www.ana.co.jp/pr/10_0103/10-013.html, “新しいサービス「ANA My Choice」がスタートします〜お客様のご希望に応じて選べる有料サービスを追加して空の旅を自分らしくアレンジ〜”, https://www.ana.co.jp/pr/09-1012/09-176.html.