")。ベルは空腹に耐えかね思い切ってキッチンに行くと、使用人たちは野獣の言い付けを無視してベルに食事を与える。彼らは素晴らしいショーでベルをもてなす("Be Our Guest")。, 食事後ベルはコグスワースとルミエールから城の中を案内してもらい、入るのを禁じられていた西翼に好奇心が抑えられずに入ってしまう。ガラス鐘の中に浮かぶミステリアスなバラに魅了されて触れようとするが、直前で野獣に止められ、その過程でベルを押しのけてしまう。命の危険を感じたベルは城から逃げ出す。大きな過ちに気付いた野獣は、人を愛することを知らずに自分は永遠にモンスターのままなのだろうと思う("If I Can't Love Her")。, 森の中でベルは狼に襲われ、野獣が助けてくれたがその争いの中で野獣は怪我をして倒れてしまう("Entr'acte/Wolf Chase")。ベルは家に帰らずに城に戻って野獣の手当てをする。どちらが悪いのか口論した後、野獣はベルの気遣いに感謝して互いに友情が芽生える。野獣はベルへの感謝の気持ちを伝えるため広い図書室を与え、ベルは大喜びする。ベルが野獣の性格を見直すと同時に、使用人たちはベルと野獣の関係性が変わってきているのを感じる("Something There")。使用人たちは人間に戻ることを望み("Human Again")、その夜ベルは夕食を野獣と共にする。, 村ではガストンが精神病院所有者ムッシュ・ダルクに会う。2人はベルがガストンと結婚するよう脅すためモーリスを捕らえる計画と立てる("Maison des Lunes")。城では野獣とベルが素晴らしいディナーを楽しく過ごし、ボールルームでダンスする("Beauty and the Beast")。その後、愛を伝えようとした野獣はここにいて幸せか尋ねると、ベルは好意的な返事をするが、それでも父に会えず寂しいと語る。野獣は魔法の鏡でベルに父の姿を見せる。ベルはモーリスが病気にかかり森で道に迷い、命の危険が迫っている様子を鏡越しに見てしまう。野獣は最後のバラの花びらが落ちるまであと数時間しかないことを知っていたが、ベルが帰宅して父の面倒を見ることに同意する。ベルは涙を流して別れを告げ出て行く("If I Can’t Love Her (Reprise)")。, ベルは父を見つけ、村の家に連れ戻る。ベルは父の看護をし、野獣と共に過ごしていた時のことを話す("A Change in Me")。ガストンは人々を率いてモーリスを精神病院に連れて行こうとする。ベルは魔法の鏡を使って野獣が実在することを町人たちに見せて父は正気であることを証明しようとする。町人たちは野獣を恐れるが、ベルは野獣は優しいと語る。ガストンはベルが野獣に惹かれていることを感じ取り、人々を率いて野獣を殺しに行く("Mob Song")。, 城では使用人たちが人々を阻止しようとするが、ガストンはそれを突き破って塔にいる野獣を見つける。ガストンは野獣に戦いを挑み、無慈悲に殴り嘲る("Battle")。野獣はベルが去ったことで生きる望みを失っていた。ガストンが最後の一撃を加えようとした時、ベルが到着する。野獣はすぐにガストンに反撃し、殺そうとするが、野獣はガストンの目に怯えが見えてやめる。野獣とベルは再会するが、ガストンが短刀で野獣の背中を刺す。この拍子にガストンは足を踏み外し落下して亡くなる。, バルコニーでベルは野獣が生き延びることを望むが、ベルにはどうすることもできない。ベルはずっと野獣と共に生きていたいとして自分を残して行かないでほしいと願う("End Duet")。しかし野獣は亡くなり、ベルは野獣の体にすがってむせび泣き、バラの最後の花びらが落ちる寸前にベルは野獣に愛を告げる。変化が起こり("Transformation")、野獣は元の人間の姿に戻り生き返る。最初ベルはそれが誰かわからなかったが、野獣と同じ瞳をしていることに気付き2人はキスをする。人は愛によって変われると歌い、ボールルームにて人間の姿に戻った使用人たちと共に踊る("Beauty and the Beast (Reprise)")。, † アシュマンにより歌詞がカットされた、またはグレン・ケリーによりダンス・アレンジされた、あるいはその両方によりヴォーカルまたはインストゥルメンタル部分を拡大した。, ‡ 『Human Again 』はメンケンとアシュマンにより映画版に作曲されたがタイムラインにそぐわないとしてカットされた。しかしブロードウェイ版で使用されて舞台版が成功し、ブロードウェイ版を基にしたアニメ続編ではこの曲が使用され、2002年のDVDスペシャル・エディションにも収録された。, § 1998年、トニー・ブラクストンのブロードウェイ・デビューに合わせ『A Change in Me 』が作曲され、その後も使用されている。, 著作権管理団体ミュージック・シアター・インターナショナルは2種類の編成を提示している。, メインの編成はオリジナル・ブロードウェイ編成を基にしている。シンセサイザー3、ドラムセット1、パーカッション・セクション1、コントラバス1、木管楽器3、F管フレンチホルン3、B♭トランペット2、トロンボーン1、他にヴァイオリン、チェロ、ハープのスコアがある。第1木管奏者はフルートとピッコロ、第2木管奏者はイングリッシュ・ホルンとオーボエ、第3木管奏者はクラリネット、バス・クラリネット、フルートを演奏する。トロンボーン奏者はバス・トロンボーン、チューバも演奏する。, オリジナル・ブロードウェイ編成は2人の木管奏者が追加される。第1木管奏者はフルートとピッコロ、第2木管奏者はオーボエとイングリッシュ・ホルン、第3木管奏者はピッコロ、フルート、B♭クラリネット、第4木管奏者はピッコロ、フルート、クラリネット、B♭クラリネット、第5木管奏者はバスーンとコントラバスーンを演奏する。これらに含まれないリード楽器はシンセサイザーで演奏される。, 小編成ではシンセサイザー2、パーカッション・セクション1、コントラバス1、木管楽器3、トランペット1、フレンチ・ホルン1、ヴァイオリン1、チェロ1である。, 1994年4月26日、オリジナル・ブロードウェイ・キャスト・レコーディングがリリースされた。このCDにはベル役にスーザン・イーガン、野獣役にテレンス・マン、ガストン役にバーク・モーゼズ、ルミエール役にゲイリー・ビーチ、ミセス・ポット役にベス・ファウラーが登場している。, 1995年、オリジナル・オーストラリア・キャスト・レコーディングがリリースされた。ベル役にレイチェル・ベック、野獣役にマイケル・コーミック、ガストン役にヒュー・ジャックマン、モーリス役にアーニー・ボーン、タンス夫人役にトニ・ラモンド、ルミエール役にグラント・スミス、ミセス・ポット役にロビン・アーサー、コグスワース役にバート・ニュートンが登場している。, 1996年、オリジナル・ウィーン・キャスト・レコーディンスがリリースされた。野獣役にイーサン・フリーマン、ベル役にキャロライン・ヴァチェック、ガストン役にケヴィン・タート、ルミエール役にヴィクター・ガーナット、バベット役にアン・マンドレラ、ミセス・ポット役にロジータ・ミュウスが登場している。, 1997年、オリジナル・ロンドン・キャスト・レコーディングがリリースされた。ベル役にジュリー・アラナー・ブライトン、野獣役にアラスデア・ハーヴェイ、ガストン役にバーク・モーゼズ、ルミエール役にデレク・グリフィス、ミセス・ポット役にメアリー・ミラーが登場している。, 1998年、オリジナル・シュトゥットガルト・キャスト・レコーディングがリリースされた。野獣役にUwe Kroger、ベル役にLeah Delos Santos、バベット役にアン・マンドレラが登場している。, 1999年、オリジナル・マドリード・キャスト・レコーディングがリリースされた。ベル役にXenia Reguant、野獣役にカルロス・マリン、ガストン役にLisardo Guarinos、ルフウ役にVíctor Ullate Roche、ルミエール役にヘルマン・トーレス、コグスワース役にDavid Venancio Muro、ミセス・ポット役にKirby Navarroが登場している。2008年5月に新たなプロダクションによる第2版がリリースされ、ベル役にJulia Möller、野獣役にDavid Ordinas、ガストン役にPablo Puyol、ルフウ役にRaúl Peña、ルミエール役にArmando Pita、コグスワース役にEsteban Oliver、ミセス・ポット役にAngels Jiménezが登場している。, ミュージック・シアター・インターナショナルは中学・高校演劇のための「ジュニア版」を出版した。『Belle 』、『Belle (Reprise) 』、『Home 』、『Home (Tag) 』、『Gaston 』、『Gaston (Reprise) 』、『Be Our Guest 』、『Something There 』、『Human Again 』、『Beauty and the Beast 』、『The Mob Song 』、『Home (Reprise) 』、『Beauty and the Beast (Reprise) 』など限られた曲のみが使用されている。『Belle (Reprise) 』はベルが全部を歌うのではなく、曲の最初の部分をシリー・ガールズが歌うようにアレンジされている。『Something There 』はタンス夫人とバベットも歌う。, キングダム ハーツ シリーズ - ウォルト・ディズニー・カンパニー - 美女と野獣 (ミュージカル) - 美女と野獣“魔法のものがたり”, https://www.youtube.com/watch?v=dafZc5xGLNE.