在线日语å­¦习网/日语å­¦习视频/能学日本的汉字的写法和意思, 漢字書き順・筆順(書き方)調べ無料辞典, 初心者FX(為替)テクニカル分析入門, Japanese kanji[how to write/stroke order], iPhone・xperia・アンドロイド携帯・スマホ情報, ガソリン(軽油/ハイオク/レギュラー)価格情報, 芸能人・タレント・有名人無料動画検索. 厭忌の言い換えや別の言い方。・意義素類語激しい嫌悪の感情毛ぎらい ・ 毛嫌い ・ 憎悪 ・ 憎み ・ 厭悪 ・ 憎しみ ・ 唾棄 ・ 嫌忌 ・ 毛嫌 ・ 嫌悪 ・ 憎 ・ 嫌厭反感、または嫌悪を持つか、感じる厭う ・ 厭 …

How to write kanji and learning of the kanji.kanji stroke order. 厭忌:類語リンク / 憎む / 忌嫌う / 厭悪 / 厭う / 忌む / 忌み嫌う / 憎悪 / 嫌がる / 嫌厭 / 嫌忌 / 唾棄 / 嫌う / 忌みきらう / 厭がる / 忌諱 / 毛嫌い / 憎がる / 嫌悪 / 嫌 / 毛ぎらい / 娼嫉 / 怨む / 毛嫌 / 嫌い / 嫌気 / 憎しみ / … コ料理が嫌いである, 私は本当にこのセールスマンが嫌である. - 秋 - 初秋 - 八月 - 文月 -長月-霜月- 立秋 - 残暑 - 秋めく - 新涼 - 処暑 - 八月尽 - 二百十日 - 仲秋 - 九月 - 葉月 - 八朔 - 白露 - 秋分 - 秋彼岸 - 秋の社日 - 龍淵に潜む - 水始めて涸る - 晩秋 - 十月 - 長月 - 律の調べ - 寒露 - 雀蛤となる - 秋の日 - 秋の朝 - 秋の昼 - 秋の暮 - 秋の宵 - 秋の夜 - 夜長 - 秋麗 - 秋澄む - 秋気 - 爽やか - 冷やか - 身に入む - 秋寒 - そぞろ寒 - やや寒 - うそ寒 - 肌寒 - 朝寒 - 夜寒 - かりがね寒し - 霜降- 豺獣を祭る - 冷まじ - 秋寂ぶ - 秋深し - 暮の秋 - 行く秋 - 秋惜む - 冬隣 - 九月尽 -天高し 「厭」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(会厭:え-えん,禁厭:きん-えん,禁厭:きん-よう..)掲載語句件数:41件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。 phonetics and meanings of japanese structures and expressions. 「嫌厭」という言葉をご存知の方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか。「嫌厭」という言葉を聴いたことがあるという方も、聞いたことがないという方も、「嫌厭」の意味や使い方を知って、正しく「嫌厭」という言葉を用いてみましょう。 「嫌厭」という言葉は、四字熟語の「畏怖嫌厭」から派生した言葉であるといえます。「嫌」と「厭」の漢字のそれぞれの意味や、「嫌厭」が言葉として使われている書籍、「嫌厭」 … 「濡れ衣(濡衣)」とは「無実の罪」を意味する言葉です。「濡れ衣を着せる」のように使う「濡れ衣」ですが、なぜ「無実の罪」を「濡れた衣」と表すのか疑問に思う人もいるでしょう。この記事では「濡れ衣」の読み方や語源、使い方の例文を解説します。 kanji to hiragana and hiragana to romaji.Kanji free Dictionary. 厭を含む熟語・用例・名詞・慣用句など, 「厭」の漢字が入り構成されている関連する二字熟語・三字熟語・四字熟語、用例や名詞・慣用句・成語や成句など。「厭」を含む言い回しや言葉。, 当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますよう宜しくお願い致します。. 厭わしい(いとわしい)とは。意味や解説、類語。[形][文]いとは・し[シク]《動詞「いと(厭)う」の形容詞化》不愉快で、いやである。わずらわしい。「雨の日ばかりで―・い」「―・い人間関係」[派生]いとわしげ[形動]いとわしさ[名] - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。 「嫌厭」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「嫌厭」という言葉の読み方や使い方をわかりやすくご紹介します。「嫌厭」を使った例文などを参考にして、正しい「嫌厭」の使い方を考えてみてはいかがでしょうか。意味と使い方の違いを知って正しく「嫌厭」を使いましょう。, 記事に記載されている内容は2018年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 「嫌厭」という言葉をご存知の方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか。「嫌厭」という言葉を聴いたことがあるという方も、聞いたことがないという方も、「嫌厭」の意味や使い方を知って、正しく「嫌厭」という言葉を用いてみましょう。「嫌厭」という言葉は、四字熟語の「畏怖嫌厭」から派生した言葉であるといえます。「嫌」と「厭」の漢字のそれぞれの意味や、「嫌厭」が言葉として使われている書籍、「嫌厭」を使った例文などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。ビジネスシーンなどでも「嫌厭」という言葉を使うことがあります。急に「嫌厭」という言葉を使われても慌てたりしないように「嫌厭」について知識を深めてみてはいかがでしょうか。, 「嫌厭」とは「けんえん」と読む言葉です。「嫌厭」の意味は、「嫌厭」の漢字の意味するとおり、嫌って厭がるというものになります。「嫌厭」とは好ましくないことや不愉快な事を意味する言葉と覚えておくと良いでしょう。「嫌」という漢字は嫌いという意味で使われますが、「厭」という漢字も「いや」と読みますし、飽きてきて嫌になるという意味を持っている文字です。「嫌」という漢字も「厭」という漢字も、同じような意味で使われるという事から、「嫌」と「厭」を合わせることで、どちらの漢字もお互いを強調させているといえるでしょう。, 「嫌厭」という言葉の使い方は、「とても嫌っている」や「毛嫌いする」といった言葉と同じように使うことができます。「蛇蝎の如く嫌厭する」という言葉がありますが、「蛇蝎」とは、文字のとおり「蛇(へび)」と「蠍(さそり)」という事で、人々が恐れたり、嫌ったりしているものを例えて、「蛇蝎」という言葉であらわします。「蛇蝎の如く嫌厭する」とは、ヘビやサソリを恐れるように、ひどく忌み嫌うという事を意味しています。心の底から嫌うという事に対して「嫌厭」という言葉を使うと良いのではないでしょうか。, 「嫌厭」の由来を考えるうえで重要なのは、それぞれの漢字の意味を知ることではないでしょうか。「嫌」という漢字は単純な「好き嫌い」の感情をあらわしたりすることで使われています。「厭」という漢字は常用漢字ではないため、見かける機会は少ないのですが、「厭」を使った熟語は数多くあり、覚えておく必要がある漢字といえるのではないでしょうか。「厭」は飽きるという意味を持っています。飽きるとはある意味満足するという事でもあり、「嫌厭」は「飽きて厭になる」「満足して嫌になる」という事を、ふたつの漢字を使って表した熟語といえるでしょう。, 少し触れましたが、「嫌厭」の「嫌」と「厭」の違いをわかりやすくご紹介します。「嫌厭」という言葉を知るために、「嫌厭」に使われている漢字、「嫌」と「厭」の違いを知りましょう。他の読み方や、よく使われている熟語などの意味もご紹介します。参考にして「嫌厭」の意味や正しい使い方を考えてみてはいかがでしょうか。同じ読み方をする「嫌」と「厭」ですが、使い方の違いを比べてみると文字の面白さを考えるきっかけにもなるでしょう。, 「嫌厭」の「嫌」という漢字は「イヤ」と読みます。「好き嫌い」という使い方をする「嫌」という漢字は、読み方そのままで「きらい」「欲しくない」「したくない」などといった意味で使われています。「不愉快」という場合にも「嫌」という言葉は使われることもあり、普段から文章などでもよく使われている漢字といえるでしょう。「嫌」という漢字は「嫌々」や「嫌がらせ」、「嫌悪」などといったネガティブな意味で使われることの多い漢字といえるのではないでしょうか。「嫌」という漢字を知ることで、「嫌厭」という言葉を知るための参考にしてみましょう。, 「嫌厭」の「厭」という漢字は「えん」と読みます。「えん」と読むほかにも、そのまま「いや」というように読むこともでき、「あきる」や「いやになる」、「好ましくない」といった意味で使われることの多い漢字です。「厭」という漢字は常用漢字ではないため、普段から使っている方は少ないでしょう。「厭」という漢字は「厭忌」や「厭世」、「厭わない」などというような言葉で使われています。「厭」という漢字はあまり見かけませんが、普段使いする「嫌」という漢字よりも、大きな意味をもたせる場合につかいます。, 「嫌厭」を使った例文にはどのような文章があるかご存知でしょうか。「嫌厭」を使った例文をいくつかご紹介しますので、使い方や意味を考えるための参考にしてみましょう。「嫌厭」という言葉自体にポジティブなイメージはありませんが、知っておけばいざという時にわからなくて困るという事はなくなります。「嫌厭」という言葉の使い方を知って知識を深め、普段から使ってみてはいかがでしょうか。, 「嫌厭される」とは、「嫌っていやがられる」という意味です。「嫌厭」という言葉自体の意味として、「嫌われる」や「嫌がられる」といった事があげられますが、「嫌厭」という言葉に対して「される」という受身や自発などの助動詞が付いた形となっています。, 「嫌厭の情」とは、「嫌厭の情を抱く」といったように使います。「嫌厭の情」とは場所や事柄に対して抱く思いを意味しており、「嫌な気持ちになった」という事をあらわしています。「おそれ」を抱き「いやがる」といった思いを表現する時に「嫌厭の情を抱く」というように使いましょう。, 「嫌厭」の類語にはどのような言葉があるのかご存知でしょうか。「嫌がる」「恐れる」「飽きる」「きらう」といった意味で使われる「嫌厭」には、似たような意味で使われている類語がたくさんあります。どこかで聞いたことのあるような言葉や、普段から使っているという言葉もあるでしょう。同じような意味を持つ類語を、「嫌厭」という言葉に置き換えて使ってみる事もできますので、似たような意味で使われる言葉をたくさん覚えておくと良いのではないでしょうか。, 「憎悪」とは、漢字のとおり「存在を憎む」という事を意味しています。「憎悪」という言葉は普段から目にする機会のある言葉で、「戦争を憎悪する」や「憎悪の念」などといったように使われています。激しく嫌う事も「憎悪」という言葉であらわすことができますので、「嫌厭」と置き換えて使うことができるのではないでしょうか。, 「憎み」とは、「憎いと思う」事を意味しています。「憎悪」と同じように使うことができますが、「憎み」という言葉ではあまり使われることの無いため、目にする機会は少ないでしょう。「憎み」という言葉は、「憎しみ」や「憎む」などといった言葉でよく使われています。, 「毛嫌い」は、「特に理由もなく嫌う」という事を意味しています。動物が、相手の毛並みによって好きだったり嫌いだったりといった事を決めるように、相手に対してこれといった理由をもたずに嫌うという事は、ただ単に「嫌い」という言葉よりも強い意味を持たせた言葉といえるのではないでしょうか。, 「嫌悪」とは、「強い不快感」をあらわす時に使う言葉です。「嫌悪」という言葉は感情をあらわすときに使う場合が多く、相手にたいしてだけではなく、自分に対しても「自己嫌悪」のように使われます。「嫌悪感」という言葉がありますが、文章などでよく使われている言葉ですので目にする機会も多いでしょう。, 「唾棄」とは、唾を吐き捨てることを意味しています。つまり相手に対して軽蔑し嫌うという事をあらわしているといえるでしょう。「けがわらしい」や「軽蔑」という意味を持つ「唾棄」は「だき」と読み、「毛嫌い」と同じように使う事も多い言葉です。非常に嫌っているさまをあらわす場合に「唾棄すべき」などというように使われています。, 「厭忌」とは「えんき」と読み、「いみきらう」事を意味しています。「厭忌される」「厭忌の情」というような使い方をしますので、「嫌厭の情」「嫌厭される」という言葉と同じように使うことができるといえるのではないでしょうか。「厭忌」という言葉はあまり目にすることは少ないため、知らなかったという方はこれを機会に覚えてみましょう。, 「怨む」とは、相手に対して不満や不快といった感情を抱き続ける事を意味しています。「思いどおりにならないことに対して残念に思う」というような場合に「怨む」という言葉は使われますが、ネガティブな感情である事や、相手に対して不快感を抱くという事でもあるため、「嫌厭」という言葉に置き換えて使う事も可能といえるでしょう。, 「嫌厭」と「敬遠」の違いについてご紹介します。「嫌厭」と「敬遠」は「けんえん」と「けいえん」と読みますが、発音が似ているため間違う方も少なくありません。「嫌厭」と「敬遠」の違いについて考えてみる事は、正しい使い方につながるのではないでしょうか。間違って使ったりしないように、ふたつの言葉の違いについて考えるための参考にしてみてください。, 「嫌厭」とは嫌って厭がることを意味する言葉です。「敬遠」と間違われがちですが、心からも表面上でも嫌っているような場合は「嫌厭」という言葉を使うと良いのではないでしょうか。毛嫌いしたりするような嫌がり方をする時は「嫌厭」という表現をします。, 「敬遠」は嫌がって避ける事を意味する言葉です。「嫌厭」と間違われることの多い「敬遠」ですが、「敬遠」は表面上は敬っているように見せかけて近寄らないようにしている場合に使われる言葉であると考えましょう。実際に相手との関りをもたないようにすることを「敬遠する」といったように使います。, 二つの言葉は発音も似ていますし、意味もかぶっている部分があります。どちらも「嫌っている」という部分は一緒ですが、「敬遠」は毛嫌いするように嫌がる事を意味しており、「敬遠」は敬っているようにみせておいて嫌っているさまをあらわした言葉として使われます。, ビジネスシーンにおいて「畏怖嫌厭」という言葉を使うことがあります。「畏怖嫌厭」という言葉はどのように使われているのか、使い方や「畏怖嫌厭」という言葉が使われている作品などもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。, 「畏怖嫌厭」とは、四字熟語としてご存知の方も多いのではないでしょうか。「畏怖」とは「おそれ、ひるむ」という事をあらわしている言葉であり、「嫌厭」は「いやがる」という意味を持っています。「畏怖嫌厭」とは、「恐がっていやがる」事をいいます。また、態度で示すことにも使われるため「畏怖嫌厭の情を抱く」といったように用いたりします。, ビジネスシーンにおいて使われることはあまりない言葉であるといえる「畏怖嫌厭」ですが、覚えておいて損はしないでしょう。「恐れを抱き、いやがる」という場面を考えてみると、パワハラなどをされた際には使うことができるのではないでしょうか。パワハラに対して「畏怖嫌厭」の情を抱いた、といったように表現方法として使うことができます。, 「畏怖嫌厭」という言葉が使われている作品についてご紹介します。普段から「畏怖嫌厭」という言葉を耳にした理、目にする機会はあまり多くはないでしょう。しかし、有名な小説作品の中には「畏怖嫌厭」という言葉を使っているものがあります。どのような作品に「畏怖嫌厭」という言葉が使われているのか、気になった方は一度読んでみてはいかがでしょうか。, 中島敦の「山月記」にも「嫌厭」という言葉が使われています。「山月記」は学生の頃に現代文などで習ったことがあるという方もいらっしゃるでしょう。「山月記」は主人公の男性が人喰いトラになってしまうという話であり、中国で書かれた物語がモデルになっているとされています。, 太宰治の「ロマネスク」にも「嫌厭」という言葉は使われています。太宰治の「ロマネスク」という作品の中でも「嫌厭」という言葉が使われており、「ロマネスク」自体は三つの物語から構成されている作品です。太宰治という人物像を投影していることもあり、作者の人物像を知るために読んでみてもいいのではないでしょうか。, 「畏怖嫌厭」に似たような四字熟語をご紹介します。「畏怖嫌厭」という「おそれいやがる」という意味とは少し異なりますが、「嫌厭」という言葉を使った四字熟語があります。「嫌厭」の使い方を知るために、「畏怖嫌厭」とは違う四字熟語についても考えてみましょう。, 「自己嫌厭」とは、自分で自分の事を嫌う事を意味しています。「自己嫌悪」と似たような意味で使われる事があり、自分の事を嫌うという意味では類義語と考えても良いのではないでしょうか。, 「嫌厭」という言葉についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。「嫌厭」を間違った使い方にならないように、意味を考えてから使うようにすることが大切です。「嫌厭」を使ってみようと考えた際には今回の記事を参考に、似たような言葉と置き換えて使ってみるなどしてみてください。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 稼げないタクシー運転手には特徴があります。効率よく車を回したり、顧客の立場に立った接客ができなければ稼げるタクシードライバーになることができません。また、自分の普段の作業を振り返ることで稼げない原因を突き止めることができます。, バッテリーは、電気を蓄えるもので中にはバッテリー液と言う液体が入っています。バッテリー液は、自然と少なくなってしまい最後には性能を発揮することができなくなります。また、バッテリー液が無くなってしまうと火災などの原因となりますので注意が必要です。, ドライバーの身だしなみについて解説しています。ドライバーが気を付けるべき身だしなみのポイントや身だしなみ以外に気を付けるべき点についても説明しています。ドライバーのどのような身だしなみや態度がお客様にいい印象を与えることができるのかヒントを得られるでしょう。, エンジンオイルの漏れが気になることはありませんか?こちらでは、エンジンオイルの漏れによる影響を7つご紹介していきます。エンジンオイル漏れの対処法や費用が気になるという方は、ぜひご覧ください。車のオイル漏れについて理解を深めてみましょう。, キャッシュレスで便利なタクシーチケットはお客様の交通費などに使われるイメージですが、個人で利用可能です。個人で利用すると交通の管理などに便利です。今回はタクシーチケットの購入方法や購入の際の注意点についてご紹介します。タクシーチケット購入の参考にしてください, 車が好きで運転が得意で地理にも詳しい人なら、希望する職種に「運転手」を思い浮かべるでしょう。ただし「運転手」といってもその種類はさまざまです。ここでは「役員運転手」という職種に焦点を当て、役員運転手を目指す人に必要な資質や心得について考えていきましょう。. 「忌」を含む2字熟語、言葉や名詞など 日本の漢字の書き順を覚え正しい書き方で美文字・綺麗な手書き文字、ボールペン字を書く為の漢字学習フリーサイト。