秋ならではの植物と共存する姿がとても美しいですね。, 砂や土、葉っぱなど、身近な素材と触れ合うことでいろいろな遊びへと発展させることができます。季節の生き物を観察したり、植物や空の変化に気づく声かけをすると、自然への興味に繋がりますよ。図鑑や地図を取り入れて普段の外遊びを深めるのも良いですね。外から戻ったあとは、手洗い・うがいの指導も忘れずに行ないましょう。, 保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。, 保育士さんや学童指導員のみなさんに聞いてみた保育のお仕事“一年目”~あの頃があるから今がある!~, 12月が近付いてくると、保育園のクリスマス会の準備を始めている保育士さんも多くなってくるのではないでしょうか。 「クリスマス会の担当になったけど、何をしよう」「, 「この手遊び歌、子どもたちの年齢に合ってる?」 「どんな手遊び歌が喜んでもらえるかな…」 歌いながら、手や指、体を動かす手遊び歌は子どもたちが大好きな遊びです。, 子どもの睡眠時間に問題がないのか気になる親御さんは多いのではないでしょうか。睡眠時間が少ない場合、子どもにさまざまな影響を与える可能性があります。健康的な心と体, 授乳中の赤ちゃんは愛おしいものですが、卒乳はいつか必ず訪れます。卒乳とは、赤ちゃんが自然に母乳を必要としなくなること。母親からすると少し寂しさを感じるときかもし, 【11月】園だよりの挨拶・書き出し・文例・話のネタを紹介!保育園・幼稚園で活用しよう, 運動会が終わり、ひと段落したのもつかの間、年末や発表会に向けて動き出す11月。気候が良く、晴れの日が多いため、秋の遠足や親子行事を予定している保育園や幼稚園もあ, 保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!, 「保育のひきだし」は、現役保育士や大学教授が監修する子どもの可能性をひきだすアイデアを集めたサイトです。 終わっている感じ。 保育園の外遊び. 暑い夏でも外で遊ぶメリットはしっかりあるので、1日の中でも涼しい時間帯を狙って外で遊ばせる時間があった方が良いようですね。 それでは、次に夏の外遊びにおける7つの注意点を紹介していきます。 夏の外遊び注意点7つ 吉野山は日本を代表する桜の名所として有名ですよね。 var _lgy_lw_0 = document.getElementsByTagName("script")[0]; B型肝炎の予防接種が定期接種になって、 形を変えて遊んでみよう!. ©Copyright2020 保育士くらぶ.All Rights Reserved. 保育園では毎日当たり前のようにある戸外遊びですが、年齢ごとのねらいがあります。 もちろん思い切り体を動かしてストレスを発散させるという意味もありますが、それ以外にもねらいを持って遊ばせることも大事ですね。 保育士の転職キャリアサポートを行うアスカグループが運営しています。明日から使える最新保育トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 11時には家でシャワーを浴びます。 今まで送ることや送られることも... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 【送料無料】《4枚セット》GOKUHIYA極冷ICEタオル クールタオル アイス…. ライフスタイル, 幼児の夏の外遊びの時間帯は? そあ季の花保育園は練馬区大泉学園町の閑静な住宅街にある保育園です。緑豊かな園庭、旬にこだわった食事、生活中心の異年齢保育を通じて一人ひとりの育ちを大切にしています。 それ自体は、体の正常な反応なのでいい... 子供が小学校に入学するといろいろな不安がでてきますよね。 また全身で色を楽しむ場合は、ボディペインティングも人気があります。, 暑い夏こそ「冷たい」を感じる絶好のチャンス!初めは恐る恐る触る子どもたちも、溶けていく様子を楽しんだり、ほっぺに当てて涼しさを感じたりと、思い思いに氷と戯れる様子が見られるでしょう。飲み物用のサイズだけでなく、ボウルや大きめのカップで作ってみましょう。また、氷を作る時にプラスチックのボールやマスコットなどを入れて、楽しみを増やしてみてもいいですね。, 夏の太陽は、とても光が強いです。太陽の光が当たる場所は地面が熱く、日陰はひんやりすると気付くこともあります。日陰に入ると自分の影がなくなることを利用して、追いかけっこと影ふみ遊びをミックスすれば、2歳児・3歳児でも楽しく遊ぶことができます。また、カラーセロファンや、網などを利用して、影の色や柄を作ってみても面白いです。 大きな紙や、瓶などを用意し、視覚的に「色」を楽しめる環境を用意すると、より想像力が増します。遊び慣れた無色透明の水に、絵具や食紅を混ぜ、水を使った「色の変化」で遊んでみてはいかがでしょうか。 寒い冬を鳥たちがどのように過ごしているのか、散歩等で見かけたら観察してみましょう。, 秋は、少し遠くまで歩くのにいい季節!小さい子どもたちも、自分の足でしっかり歩いて体力をつけましょう。, 散歩等で見かけるいきものを、じっくりと観察してみましょう。 熱中症の心配もあるので、 保育士さん、学童指導員さんへのインタビューや実際に保育園で行われている遊び・学びに関する情報や _lgy_lw.charset = "UTF-8"; 夏休みの大型連休にお出かけをしたりプールやお祭り、海にキャンプ……とやりたいことが盛りだくさん。, 熱中症だけではなく、水難事故なども毎年ニュースで取り上げられており、夏場の外遊びは何かと危険がつきもの。, そこで「外遊びを再び日本の文化に」をミッションに掲げ、外遊びを開発したり広めたりしているNPO法人ゼロワンでは、夏場の外遊びで注意したいことをまとめてみました!, 近年身の危険を感じるくらい暑い日も多く、熱中症で搬送されるニュースも毎日のように流れているので心配になりますよね。, 実は脳科学や神経科学などの分野で、外遊びが子どもの学習能力・記憶力の向上や、リラックス効果が期待されています。, 朝や夕方など、強い日差しを避けた時間を選んで、夏場も積極的に外遊びを取り入れていきたいですね。, 暑い夏にわざわざ外で遊ばなくても……と大人は思うかもしれませんが、暑さに少しずつ慣らしてあげることで子どもの体は暑さへの耐性を備えることができます。, 熱中症が怖いから外に出かけず、ずっと冷房の効いた室内にいると暑さへの耐性ができず、逆に熱中症になりやすくなります。, また、外で遊ぶことで身体をたくさん動かすことができるのでストレスの発散にもなりますよ。, まだ小さい子どもは、体温調節機能があまり発達していないので、自分で熱を発散できません。, 暑い環境では体温が上がりやすく、温度変化を受けやすいため、こまめな水分補給や休息が必要になってきます。, 暑い夏でも外で遊ぶメリットはしっかりあるので、1日の中でも涼しい時間帯を狙って外で遊ばせる時間があった方が良いようですね。, 子どもは温度変化による影響を受けやすいので熱中症になりやすいです。身長が低いため照り返しによる暑さも受けやすく、体調の変化は見逃さないようにしましょう。, 熱中症は室内でも起こる事があるので、外じゃないから大丈夫と過信せずに、常に気を配りましょう。, 熱中症は重度になるほど回復が遅くなり、最悪の場合は重篤な後遺症が残ってしまったり死亡した例もあります。, 尿の回数が減った、ミルクやおっぱいの飲みが悪くなったなどいつもと違う様子が見られたら早めに受診し、医師の指示を仰ぎましょう。, それが原因であせもといった肌がかぶれてしまうケースは少なくありません。汗をかいた後はふき取るなどして清潔に保ちましょう。, また、蚊などの虫刺されも多い時期。かきむしるととびひになりやすいので患部を覆ったりして清潔に気をつけます。, 夏場の水遊びでは水イボをもらったりしやすいので、普段と肌の調子がおかしいなと感じたら、早めに受診することを心がけたいですね。, 屋外と屋内の温度差などにより免疫が低下したことによる感染や、タオルの共有で目からのウイルス感染もあります。, また、食中毒にも気を付けたい季節です。食べ残しは放置せず、ペットボトルの飲料なども口をつけたら早めに飲み干しましょう。, 夏は子どもが真っ黒に日焼けして虫取りを楽しむ……というイメージもありますが幼少期に紫外線を多く浴びると皮膚がんやシミ、シワになりやすいと言われています。, 夏場の外遊びは帽子を必ずかぶり、できるだけツバが広く首のカバーもできるものを選ぶといいですね!, 日焼け止めを併用するのも大切。日焼け止めを使う場合はできるだけ子ども用と書かれているものを選ぶと安心です。, 鉄製の遊具だけではなく、プラスチック製の遊具も直射日光に暖められて高温になっていることがあり、火傷を負う危険性があります。, 遊具だけではなく、砂場や地面、マンホールなども高温になっている可能性があり、同様に火傷に注意が必要です。, 裸足で道を歩かせない、遊具で遊ぶ前には大人が必ずチェックをし、危ない遊具や危険な個所には近づかないよう注意しましょう。, 大型のショッピングセンターや、スーパーの冷蔵ケース前など、夏でも空調が効いて寒いと感じる場所では低体温症にも注意が必要です。, 特に屋外で遊んで汗をたくさんかいた後、そのまま冷房の効いた室内に移動すると、濡れた身体が一気に冷たくなり、低体温になりやすいです。, 汗をきちんと拭く、空調の効きすぎている場所に行く場合はは織物を用意する、風を直接当てないよう注意するといった対策をしておきましょう。, 抱っこ紐で抱っこされている赤ちゃんは、特に汗をかきやすいうえに、スーパーなどの冷蔵ケースの冷気がかかりやすい高さなので買い物でも注意が必要です。, 子どもは3センチの水深でも溺れてしまう危険性があり、夏場の水遊びには特に注意が必要です。, テレビドラマなどでバシャバシャ水をたたいて助けを呼ぶシーンを見ると、すぐに気づきそうな気がしてしまいますが、実際は音も立てずに静かに沈んでいきます。, 子ども自身が溺れていることに気づかないため、何が起きているかわからず、助けを呼ぶことがないまま沈んでいく。, 大きなプールは迷子になりやすいため、絶対に離れないように細心の注意を払いましょう。, 今回は、夏の外遊びにおける注意点のをお話しましたが、それ以外にもゼロワンでは「外遊び図鑑」というコンテンツに100個以上の外遊び記事を紹介しています。, 【盛り上がる!】小学生に人気の大人数でできる外遊び10選 - みなさんこんにちは!ゼロワンです。「外遊びを再び日本の文化に」をミッションに掲げる我々は今回、小学生に人気の大人数でできる外遊びを10選ご, 暑い夏でもキャンプや水遊び、夏祭り……と子どもにとっては楽しい行事が盛りだくさん。, 夏場に怖い熱中症や水の事故などは、大人がしっかりと対策をとっておくことで防ぐことができます。, 夏に向けて今一度家族で危険なことを共有し、対策をどうしたらいいのか話し合う時間を持つと安心ですよ。, 外遊びの価値を高め、広め、体験してもらうことでゼロからイチを創出。外遊びの開発・実施・発信・科学を行っております。企業イベント、地域行政イベント、学校へ向けてチャンバラ合戦などを展開しております。.