2017年は、黒木瞳さんの娘の萌子さんは現在が18歳で宝塚受験資格がある最後の年でした。, しかし、合格者名簿の中には黒木瞳さんの娘、伊地知萌子(いじち ともこ)さんの名前はありませんでした。, 自身は、宝塚歌劇団の娘役のトップスターでしたから娘ににも同じ道をを考えるのも親ですから、当たり前です。, 今度こそはと臨んだ宝塚受験失敗に終わりましたが、黒木瞳さんにとっては屈辱的なことでした。, また、萌子さんは「ブサイク鼻」といわれているようですが、美人女優である黒木瞳さんの娘としては「普通に」華もオーラもない一般的な…。という感じのようです。, それに加えて、後ほどお伝えしますが、伊地知萌子さんには在学していた青山学院中等部で、同級生女子を男子生徒を使って暴行させたといういじめ事件があります。, 流石宝塚だと思いましたが、黒木瞳さんの娘(長女)の不合格は過去の非行が原因ではとの声が多く出ているようです。, さて、黒木瞳さんの娘は、宝塚受験のためにどのようなトレーニングをしていたのでしょうか?, 2014年に合格した君島十和子(きみじまとわこ)さんのお嬢さんとは小さい頃から通っていたバレエ教室でライバル関係だったほどの実力だそうです。, 君島十和子さんの長女の娘「優樹(ゆうき)」さんが宝塚歌劇団に合格し、涙を流す姿は女性誌などで話題となりましたね。, 都内の名門バレエ教室に通って、バレエのトレーニングを積んできたのもその一つですね。, 君島十和子さん自身が宝塚の熱狂的なファン(いわゆる「ヅカファン」ですね。)で、娘さんも宝塚に憧れを抱いていまいした。, 誰にも負けない宝塚への憧れをもってバレエのトレーニングに励んできたのですが、同じバレエ教室には黒木瞳さんの娘もいたんですよね。, 君島十和子さんと黒木瞳さんの娘が通っていたバレエ教室「松山バレエ団」では年末にバレエの発表会があるのですが、その発表会で二人の母親は激しいバトルを繰り広げていたようです。, こんなことを思っていたら、二人の母親は「お金」を使ってバトルを繰り広げていたようですよ。, どういうことかと言うと、バレエ教室の発表会は有料で開催されるものなのですが、君島十和子さんと黒木瞳さんはそのチケットを数十万円分も購入してバラまきをしたとのことです。, チケットを数十万円分も購入することで、自分たちの娘が主役に抜擢されるように図ったんですね。, 有名バレエ教室とはいえど、まだプロになっていない子供たちの発表会のチケット代なんて、たかが知れています。, 君島十和子さんと黒木瞳さんの二人だけで、いったいどれだけの枚数を購入したんだか・・・。, 結局、二人がやり過ぎた感があったせいで、バレエ教室は「くるみ割り人形」の主役を二人にして、それぞれの娘を主役にするという異常事態が発生したとのことです。, バレエ教室内でデッドヒートを繰り広げていた君島十和子さんと黒木瞳さんは、その後犬猿の仲になってしまったとも言われていますね。, 美容家の君島十和子の長女が宝塚デビュー!! 次女も可愛いし、夫も医者で超優秀~ 詳しくはこちらをクリック!!!, 君島十和子さんの長女は2013年に宝塚不合格だったものの、翌年の2014年には合格を果たしています。, 君島十和子さん自身がモデルや女優をこなしてきた人ですし、現在は化粧品ブランドを立ち上げる経営者でもあります。, 現在も美しさキープしていることから分かりますが「美」に関してはかなりこだわりを持っているんですよね。, そんな彼女は自分の持てる力を全て捧げて、娘の宝塚歌劇団合格に力を注いだみたいですね。, 君島十和子さんは娘に毎朝、抗酸化作用のある人参を中心にした野菜を食べさせ、また、フルーツのスムージーを飲ませていたんですよね。, 果物をたくさん食べさせるため、お弁当の中にもフルーツをたっぷり入れていたとのことです。, これは朝や昼に果物を多く摂ることで、体に酵素を取り入れることができることを君島十和子さんが知っていたからですね。, スープを作るときにも栄養に気を配っていたみたいで、「成長期の娘と自分が必要とする成分は違う」ということから、別々のも物を用意していたという話もあります。, 娘用のスープを自分も飲めば良いものの、自分用のスープをわざわざ用意するところが、「美を追求する女性」という感じがしますね。, 君島十和子さんは長女に対してかなり徹底して食事管理をしてきたようですが、身長が伸びるための努力も惜しみませんでした。, 身長を伸ばすためにバレーボールやバスケットボールをやらせていたわけではありません。, 「鍼」や「整体治療」で身長って伸びるものなのかはナゾですが、君島十和子さん行きつけの鍼灸整体院に相談して実施していたみたいですよ。, 正直、鍼や整体で身長が伸びるのかは分かりませんが、姿勢やスタイルが良くなるというメリットがあるので、これはこれで通わせて良かったのかな?, ここまで、やると「ちょっとやりすぎでは・・・」なんて思ってしまうのですが、「あの宝塚歌劇団に入るにはここまでやる必要がある」のでしょう。, 「食事の管理」や「身長を伸ばす努力」のほか、「ジムに通う」ということもしていました。, 美しいプロポーションにするため、トレーニングがキツイと言われているジムに通っていました。, このように君島十和子さんは長女を宝塚歌劇団に合格させるため、日々努力をしてきたみたいですよ。, 黒木瞳さんの娘については、詳しい情報は得られるませんでしたが、君島十和子さんと同様に凄まじい努力をされていたと思います。, 「“修造さん、がんばりましたね”って言われるんですけど、ぼくは何もがんばってなくて、がんばったのは娘です。父親としては、娘がやりたいことをどこまで貫くか楽しみにしたい」, あの“日本一熱い男”松岡修造(49才)なので 「やったぞー!」 と飛び跳ねながら大喜びするかと思いきや、意外にも冷静な、愛娘への祝福の言葉だった。, 3月30日、受験者数1042人、倍率26.1倍という狭き門をくぐり抜けた宝塚音楽学校第105期の合格者40名が発表された。, その中で一際注目を集めたのが、松岡と元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51才)夫妻の長女・恵さん(17才)だった。, 「身長169cmのスラリとした体形に、ご両親に似て整った顔立ちとシャープな目元にファンからの期待もすでに膨らんでいます。, がっちり固めたリーゼント姿で合格発表にきたことから男役志望ということは伝わってきますが、上品で美しい容姿に“彼女の娘役を見たい”という声も聞こえてくるほどです。, 宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前の世界ですが、恵さんは一発合格でした」, 父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。, しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。, 松岡修造さん、歌って踊っていますが、上手い~!やはりミュージカルの血筋なのでしょうか!, 今回、松岡修造さんの娘の恵さんは、一発ストレート合格との事で、大変な話題となっています。, 松岡修造さんは、元々、阪急電鉄で宝塚歌劇団の創始者である小林一三(こばやしいちぞう)のひ孫にあたるということも改めて話題となりました。, 一部ではコネでは?といわれていますが、松岡恵さんは美男美女の両親に似たスラリとした美形で、宝塚ファンからは「まるでお人形さんみたい!」と言われています。, 合格発表には、男役を想わせるリーゼントというヘアスタイルでしたが、その美しさから「娘役も見てみたい!」と、早くもラブコールが送られています。楽しみですね!, ダンスや歌などの才能もそうですが、見た目など、ちゃんと優秀なものを受けついでいるのですね。, その宝塚歌劇団に入るためには宝塚音楽学校を卒業しなければならないことになっていて、そのための受験が話題となっているなんですね。, その面接では、容姿はもちろん、動作や態度、華やかさなど舞台でやっていけるかどうかの判断がなされます。, こちらで最終的な面接を行い、健康診断で問題がないとわかったら晴れて合格となります。, 若い世代の女の子たちからも、「黒木瞳さんのようなお母さんが欲しい」と絶大的な人気です。, そんな黒木瞳さんのきれいな顔を引き立てているショートやボブのヘアスタイルも毎回注目の的ですよね。, 眉で揃えた前髪と、ソバージュのような細かいウェーブがかなり印象的な髪型(ヘアスタイル)です。, ジュエリーを目立たせるために、デコルテを大胆に見せたドレスと、シンプルにまとめた髪が上品です。, モデルで女優の香里奈さんと共演した「リアルクローズ」では、上品なショートボブスタイルでしたね。, 当時は、リアルクローズの黒木瞳さんの髪型みたいにしたい!という人が続出したそうですよ♡, 後ろに流すようにまとめたショートヘアが、さっぱりしつつさりげない色気を感じさせます。, 大人の女性にこそ試してほしいシンプルかつ、不動の髪型(ヘアスタイル)に、真っ赤な髪飾りがアクセントを利かしています。.