松田優作の作品。 吉本は自らの感情を表に出さず沼田家に接します。そして家庭教師の生徒である次男の茂之にはたまにビンタをしたり、茂之が喧嘩が弱いと聞くと喧嘩の仕方を教えたりするのですが、これは本来父である孝助がすることであり、吉本は孝助に代わって父性をもって茂之に関わるのです。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. pcゲームに特化したトレントサイト。 更新頻度が速く最新ゲームにも対応している。 自サイトで上げてるのでなく、他のサイトのファイルをトレント化してるっぽい。 もちろんファイルは全てクラックされている物なので、使用は自己責任です。 松田優作の作品。 していた松田優作や内田裕也の映画だと思いますが、当時中学生の ・脚本を書いて映画会社に持ち込んだところ松田優作主演でOKをもらうものの、自分がどうしても主演することにこだわり、最終的に自費制作になった? この吉本の行為は料理を混ぜこぜにし、今までの並列状態だった家族の枠組みであるテーブルをひっくり返すことで混沌(カオス)の状態を作りだして一つの秩序を壊しているのです。 スレ立て官「映画『家族ゲーム』のラストのヘリコプター あなたの解釈を聞かせてください」 [511393199] ... 「横に並んで食事って、家族ゲームだなぁ」、「新しい生活様式の食事といえば邦画では家族ゲーム」などと、「家族ゲーム」を思い出す声が続いた。 茂之のクラスメイトであり、茂之を虐めている土屋はユング心理学でいう茂之のシャドー(影)にあたります。シャドーとはその人が意識的にしろ無意識的にしろ排除し抑圧した人物像が、無意識で人格化したものです。 『家族ゲーム』(かぞくゲーム)は、本間洋平作の日本の小説。 1981年の第5回すばる文学賞を受賞した。 またそれを原作とした映画、およびテレビドラマ。. 2つ意味が解らないシーンがあります。一つは松田優作主演の「家族ゲーム」の最後のヘリコプターの音は何を意味してるのか。もう一つは記憶が曖昧ですが「ダブルクラッチ」か「デッドヒート」(主演が誰かが思い出せ車に関する質問ならGoo知恵袋。 私がかなり疑って「本当か?」と聞いても、友人は「本当だ」の 最後は郵便局(銀行?)に押し込むまで追い詰められて終了。 最後は郵便局(銀行?)に押し込むまで追い詰められて終了。 ・以前テレビでタレントが紹介していた昔の映画(松田優作が生きていた頃)です。 ・以前テレビでタレントが紹介していた昔の映画(松田優作が生きていた頃)です。 いくらリアリティーのためだからっていって、指を切るなんて信じられ 先月29までの配信で松田優作主演の「俺達に墓はない」を観たのですが、その時のページは「東映名作シリーズ」みたいな感じで、この映画のあとにもいくつか懐かしい東映の映画を配信予定という感じでした。確か2週間ごとに1本づつ、みたいなことが書いてあったと記憶しています。 ヘリは事件や事故の象徴だと思います。現代の家族の関係性は稀薄になっていて、お互いよそよそしく、どこかちぐはぐです。ほんの些細なきっかけでいつ事件(家庭内暴力、幼児虐待、離婚等)が起こってもおかしくない。そんな危うさを表現しているのではないでしょうか。 なによりも、無機質な東京湾の港湾地区なのに、団地や中学校があるので、はなはだ不自然な印象です。 手短にネタばれお願いします。 しょうわずき | この映画のラストの解釈は難しいですね。弟の茂之は高校での授業、そして授業中に絵を描いていた兄の慎一は体を動かすことに目覚めたのか空手部を見学をしているシーンがあり、ラストシーンは上空を飛んでいるであろうヘリコプターの音が鳴り響き、兄弟は寝ていて、母は兄弟を起こそうとするが諦めて自分も寝てしまうところで映画は終ります。 (それがこの映画の狙い?) あなたも誰かを助けることができる しかし今日、Gyaoのトップページからそのページを探したのですが全く見つかりません。 先月29までの配信で松田優作主演の「俺達に墓はない」を観たのですが、その時のページは「東映名作シリーズ」みたいな感じで、この映画のあとにもいくつか懐かしい東映の映画を配信予定という感じでした。確か2週間ごとに1本づつ、みたいなことが書いてあったと記憶しています。 少々強引ですが、例えばこの団地自体がゲームの空間とするならば、ゲームの“アガリ”方をプレイヤーは知らないということになります。作り手はこの団地とそこに住む個々の家庭を虚構なものであるとし、リアルだと思って生活している個々の住人は自分たちのゲームのルールを知らない(ゲームの上がり方を知らない)プレイヤーであり、そこに吉本という人物を介在させることで観客にその異常性を見せることで観客に一つの警鐘をならしているのではないかと私は思います。---------------------------------------------, これって と2015年11月8日(日)に書いたのですが、今日(11月9日)改めて冒頭を見直したのですが、茂之が「家中がビリビリ鳴っていてすごく五月蝿い」といっているのです。ひょっとしてこの映画は冒頭とラストがつながっているのではないか?としたらこれは所謂「夢オチ」ということにならないでしょうか?茂之は寝ながら無意識の内にもヘリコプターの音を聞いていたのでは?そうすると茂之の高校受験も、慎一の失恋も現実にあったのかどうかあやしくなりますが、たとえそれが夢であっても茂之と慎一は夢の中で吉本という人物に会い、心的に意識が変革されたのですから二人の未来は明るいはずだと私は思います。確かにヘリコプターの音はある意味で不安になる音ですが、映画の導入からラストまでこの兄弟の一種のファンタジーでの出来事はこのヘリコプターの音が鳴っている間の出来事であったとすると、この手法は映画を始めとした他の物語でも使われているので納得できるものとなります。私が先に書いた、このヘリコプターの音と、ジェットコースターやスペースワープ、路線バスが対比関係にあるというのはちょっと考え過ぎで深読み過ぎかもしれませんね。, この映画は夢オチであると言う解釈は初めて見ました。ラストの解釈は、色々と考えることができると思います。この頃の森田芳光は最高に尖ってますね。, ああ様 よろしくお願いします。, あなたを助けてくれる人がここにいる 2つ意味が解らないシーンがあります。一つは松田優作主演の「家族ゲーム」の最後のヘリコプターの音は何を意味してるのか。もう一つは記憶が曖昧ですが「ダブルクラッチ」か「デッドヒート」(主演が誰かが思い出せないのですが85年くらい放映で長門ヒロユキさんが死ぬ役で仇役が故沖雅也だったのは確か)最後にカーレースで敗れた沖の車の助手席に乗っていた人形の意味。「ほっとけよ」の台詞の後のシーンです。記憶がかなり錯綜してますのでついでに糾して下さい, 「家族ゲーム」 誰かの疑問に誰かが答えることでQ&Aが出来上がり、後で見に来たたくさんの人の悩みの解決に役立てられています。 私には何となく意味が分からなく、でも最後まで見た記憶があります。 かなりかっこいい映画とのことでした。 吉本が田沼家に来てから弟の茂之は高校受験に成功し、感情の波に溺れていた兄の慎一がそれに打ち勝ちスポーツに目覚めるようになったのは父性の力であり、あの食事シーンでの混沌(カオス)からそれぞれの自己認識へ到る過程で得たものだと私は思います。, なぜ映画のタイトルが「家族ゲーム」なのか? 兄の慎一は成績も良くいい子ちゃんタイプだったのですが、年頃なのか古いレコードで母親の関心を引こうとしたりして異性に関心が向き、授業中に絵を描いたり学校を休みがちになったり、タロットカードや天体観測などに関心があることからある種の“感情の波”が彼に押し寄せていて、この“感情の波”はユング心理学でいうところのアニマ(男性におけるこころのなかの女性像)の元型が彼に強く芽生えてきているのではないか?と思われます。まさに思春期特有の状態ですね。 だいたいの場所が分かりましたら、是非ロケ地巡りをしてみたいです。 大田区(羽田)のような下町風情もありませんし、かなり人気のない雰囲気です。 よろしくお願いします。, 松田優作出演のドラマ「探偵物語」のラストシーンで、表参道をビニール傘をさして歩いている優作が背中からのショットになると傘の色が変わっています。これって何か意味があるのでしょうか?ご存じの方よろしくお願いします。 しかし今日、Gyaoのトップページからそのページを探したのですが全く見つかりません。 2本ぬいた、という話は聞いたことがありますが) « 勝手に解釈 映画「紙の月」【ネタバレあり】 | ・脚本を書いて映画会社に持ち込んだところ松田優作主演でOKをもらうものの、自分がどうしても主演することにこだわり、最終的に自費制作になった? 1:警察官の役、何故か忘れましたが、お金に困って自転車操業状態。 あなたも誰かを助けることができる 修理屋に持ち込んで修理を頼むシーンが冒頭?と終盤にある。店員が 一点張りです。 お願いします。, この映画が好きで、何回もレンタルして見ています。 この結果、土屋は西部高校に受かることができず、茂之の前から消えるということは、茂之はシャドーの解消に成功したことになります(だからといってシャドーは完全には無くなりません。また新たなシャドーやまた別の側面のシャドーが現れるだけです)。, 茂之が授業中にしていること (それがこの映画の狙い?) 2020年11月12日 (木) 15時59分, しょうわずき様 場所から出てきた所を射殺されて終わる。1と2は同じ作品じゃないと 2016年1月20日 (水) 12時54分, 記事をご覧頂きありがとうございます。「ときめきに死す」ですね。今度機会があれば観て見たいと思います。, 投稿: スレ立て官「映画『家族ゲーム』のラストのヘリコプター あなたの解釈を聞かせてください」 [511393199] ... 「横に並んで食事って、家族ゲームだなぁ」、「新しい生活様式の食事といえば邦画では家族ゲーム」などと、「家族ゲーム」を思い出す声が続いた。 修理屋に持ち込んで修理を頼むシーンが冒頭?と終盤にある。店員が どなたか「俺達に墓はない」をご覧になった方で、そのページ(東映名作みたいなページ)のURLをご存知の人がいましたら教えてください。 指を切るシーンは、松田優作演じる日本のヤクザが、勝新さんの 友人曰く「優作は、当時自分がガンで助からないことを知っていて、 大田区(羽田)のような下町風情もありませんし、かなり人気のない雰囲気です。 http://www.gyao.jp/cinema/toei/, もう二十年以上前だと思います。年末年始の深夜帯に放送(再放送) 情報が断片的すぎで済みませんがわかる方もしいましたらよろしくお願いします。. 残りわずかとなった平成最後の日々も、新元号になってからも、引き続きおつきあいのほどよろしくお願いいたします。, 今回キネ旬の1980年代日本映画ベスト・テンに背中を押されて、漸く観直すことができました。, 一方高校受験を控えた次男・茂之(宮川一朗太)は、成績は下から数えたほうが早い問題児。, 学歴偏重主義の父親(伊丹十三)は、次男に兄を見習えと言うものの、子育ての実務は母親任せ。, 母親(由紀さおり)は夫に言われるまま次男に勉強するよう促しますが、手に負えず・・・, やってきたのは「たいしたことない大学」の7年生・吉本(松田優作)。これが飄々として何を考えているのかよく分からない男で・・・, 沼田家の平凡さ・中流あるある感を押し出しながらも、父親に伊丹十三、母親は由紀さおり、そして家庭教師には松田優作と、ひと癖もふた癖もあるキャスティング。, 特別なことは何一つ起きないのに、独特のトーンとリズムに引っ張られてグングン入っていける感覚。, 飄々としつつ人を喰ったところもあって、およそ他にはない風変わりな彼の人物像に眼を吸い寄せられます。, 7年生な時点で勉強好きとも思えないし、家庭教師としてのスキルも限りなく怪しい・・・そもそも大学生にすら見えない松田優作(当時34歳?)をキャスティングしている時点で、バランスの悪さは確信犯。, 「『奥の細道』の分からない言葉をノートに書き出せ」と指示したら、ひたすら「夕暮れ」と書き続ける茂之、その隣で持参した植物図鑑を眺める家庭教師・・・このやる気のない2人の脱力感たっぷりの応酬がまた、おかしみを誘うんです。, この時代にはまだ世の中にたくさんいたはずの「夫の言いなりで受け身な母親」の罪状を容赦なく抉り出すシナリオ、それでいて、由紀さおりのどこかあさってな持ち味もいい塩梅に引き出されていて、なんとも憎めない存在感なんですよね。, 何かが違うまま一家を挙げて進行していくお受験プロジェクトの中で噛み合わない家族たちが生み出す不協和音が、独特の芝居のテンポや強調された生活音と相俟って、ひとつの音楽的なリズムを作り上げている感じ。, この映画には一切BGMは使われていないにもかかわらず、リズミカルな作品が出来あがってしまうあたりに、当時一世を風靡した森田芳光の力量が窺えます。, この映画にも家庭教師と次男の横並びのカットが多用されていて、密室で横に並んで会話するおかしみがたっぷりと引き出されているんですが、本作ではなんと家族の食卓も「最後の晩餐」みたいな横並びのテーブルなんですよね。, この横並びテーブルでの家庭教師を交えた食事風景は、予告にも使われている本作で一番有名なシーンです。, すごいインパクトを持った絵。全員がカメラに向かって食事する滑稽さだけでなく、「お互いに向き合っていない」というこの家族の特性もこの絵ひとつで見せつけます。, 「何のために進学する?」という事の本質を問わないままに進行する沼田家の受験プロジェクト。, 父は頭ごなしに一流校じゃないとダメだと言うだけ、母親は「夫に叱られるから」息子の尻を叩くだけ、茂之がやる気になるのも高校に行きたいからじゃない。兄の慎一も同じだった・・・, 家庭教師は受験システムのパーツ、彼がオーダー通りに事を進めるのは当然と言えば当然ですが、でも、中の人が松田優作だけに、何か含みがありそうに見える、何かやってくれそうな気がするのに・・・, ここで、吉本が受験を終えた一家の大団円ムードをブチ壊す「ザ・ちゃぶ台返し」をやってくれます。, ただ、ブロ友のトシさんがお寄せ下さったコメントによれば、このシーンはテレビ放映の際にはカットされていたとのこと。, 他にもカットできそうなシーンはいくらでもあるのに、よりにもよって本作で一番カタルシスがあるシーンをカットするとは!!, 実は、30年以上前にこの映画を観た私が長い年月が経っても鮮明に覚えていたのは、クライマクスの食事シーンではなく、ラストシーンのヘリコプターの飛行音でした。, 昼下がり、主婦の千賀子と子供たち2人だけの沼田家の上空をヘリコプターが旋回していて、轟音が鳴り響いている。部屋を俯瞰するアングルでカメラが回る中、千賀子が「何かあったのかしらね?」と子供部屋に向かって声をかけますが、2人は眠っていて返事がなく、そのうちに千賀子も眠くなってくる・・・, ヘリの音は映画やドラマにはよく使われていて、この作品のようにラストシーンに使うケースなら、観客の意識を(ヘリのいる)俯瞰位置に引き上げ、カメラが引いていくような感覚で幕引きに持って行く・・・という使い方が一般的な気がします。, ところが、この映画のヘリ音はそういう効果を狙ったものにしてはあまりにも爆音。明らかに不穏さを掻き立てるレベルの音量なんです。, あのラストシーンの意図はなんだったのか・・・ ヘリ音が使われた映画を観るたびに思い出すくらい、長年心にひっかかっていました。, ただ、家庭教師の吉本の「ちゃぶ台返し」をテレビ放映でカットした意図を考えているうちに、このラストシーンの意味がクリアに見えてきた気がします。, つまり、ラストシーンを埋め尽くすような不穏なヘリ音は、沼田家、または沼田家によく似た日本的家族への警鐘。取り繕った表面とは裏腹に、水面下ではこの家族の腐蝕は静かに進行し続けていることを仄めかしたものだということ。, 響き渡るヘリの轟音の中で沼田家の人々を覆う睡魔は、彼らがまだ彼ら自身の問題を自覚していないことを表現しているんでしょう。, 考えてみれば、吉本が内心どう思っていたかは別として、淡々と受験システムのパーツを演じていた彼が「ちゃぶ台返し」をやったところで、それを沼田家に対する鉄槌と受け止めるにはどうもスッキリしないんです。, むしろ、「ちゃぶ台返し」をカットしてラストシーンに注意を向けるほうが、メッセージが明確になる。, 監督としては、派手な緩急よりも事なかれ主義への警鐘に重心を置きたかったのかもしれないですね。, 長年引きずっていた疑問が氷解してみると、思っていたよりもずっとごつごつした本作の全貌が見えてきた気がします。, 80年代の森田芳光ブームというのはたしかにあったけれど、ただブームだったからというだけじゃない、やっぱり芯のある作品だったんですよね、『家族ゲーム』。, 森田芳光★松田優作『家族ゲーム』 向き合わない家族の向き合わない食卓 | シネマの万華鏡, 取り繕った表面とは裏腹に、水面下ではこの家族の腐蝕は静かに進行し続けていることを仄めかしたもの.