プラチナムプロダクション所属。 小柳 ルミ子(こやなぎ ルミこ、本名:小柳 留美子、1952年7月2日 - )は、日本の歌手、女優。1970年代のアイドル。別名:rumico。現在の福岡市早良区生まれ。母親は秋田県出身[1]。血液型はA型。愛称:ルミちゃん、ルミルミ[2]。, 筑紫女学園中学校を卒業後、宝塚音楽学校に入学。以後の2年間は朝9時より夜10時過ぎまで学び、寮の門限である11時スレスレに帰宅する多忙な年月を過ごす。友人が宝塚音楽学校の先輩にあたる梓みちよの知り合いであったことから、その口利きで渡辺プロダクションに歌手になりたいと願い出る。渡辺プロダクションによる「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」との回答に応え、見事、1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を首席[3]で卒業。同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃らがいる。, 歌手デビューが約束されていたが、初舞台だけは踏みなさいと言われ、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2か月で退団した。歌手デビューを当初から念頭に置いていた小柳にとって、宝塚歌劇団は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けであった。, 退団した同年の1970年、歌手デビューの前に顔を売るためにNHK連続テレビ小説『虹』で女優としてデビュー。, 翌1971年(昭和46年)4月25日にはワーナー・ブラザース・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽部門初の歌手として契約。作曲家・平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚[4]の大ヒットとなる。同曲は1971年のオリコン年間シングル売上チャートで第1位を記録し、また第13回日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得した。, その後も翌1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」が大ヒットし、同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。ほか「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 などもヒット曲となった。天地真理・南沙織らとともに当時「三人娘」と呼ばれ(後年には「新三人娘」とも称される)、1970年代前半を代表するアイドルとなった。, アイドルのジャンルを卒業した1970年代後半から1980年代前半にかけては、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」など、数々のヒット曲を飛ばした。その一方で「折鶴 (曲)」をはじめとする数曲の売り出し方を大きく失敗しヒットを逃した名曲も多かったが、コンスタントにヒット曲をだしたという、その軌跡として、デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、『NHK紅白歌合戦』に18年連続で出場するという実績を残している。, さらに女優としても活躍し、1982年(昭和57年)には『誘拐報道』でキネマ旬報賞助演女優賞と第6回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、続く1983年(昭和58年)には『白蛇抄』での迫真の演技で第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど高い評価を受ける。ザ・ドリフターズのコント番組でも存在感を発揮し、TBS系の公開バラエティ番組『8時だョ!全員集合』ではゲストとしての最多出演記録を誇った。, こうして芸能活動は順風満帆であるように見受けられたが、ポップスやミュージカルを志向していた小柳と渡辺プロダクションの間にはもともと意見の相違があった。待遇面の不満も募ったことから独立すると、当時のナベプロに妨害されて仕事を干されるといった辛酸を舐める。独立事務所の命名は旧知の志村けんに依頼し、「テンプテーション(心を惹きつけるもの)」に決まった[5](その後解散し、2020年現在はプラチナムプロダクション所属)。, 1989年(平成元年)に13歳年下の無名のダンサーであった大澄賢也と電撃結婚するが、2000年(平成12年)には離婚に至った(詳しくは後述)。, 2002年(平成14年)、歌手名をrumicoに、女優名を小柳ルミ子として活動すると発表する[注 1]。同年にリリースされた島津亜矢のシングル「夜桜挽花」とアルバム『彩 -AYA-』のトータルプロデュースも手がけた。, 2007年(平成19年)7月22日、27歳年下の俳優・石橋正高との婚約を発表するが、入籍直前に婚約解消。, 2010年(平成22年)7月2日には芸能生活40周年記念と誕生日記念を兼ねたパーティーが盛大に開催された。各界に人脈を持ち交友関係が幅広い小柳のもとに、友人である芸能人や関係者が700人集まった。, 1994年(平成6年)、日本テレビ系連続ドラマ『家なき子』に安達祐実演じる主人公・相沢すずを執拗に苛める伯母・園田京子役で出演(ドラマでは序盤の3週のみ出演。同年12月公開の映画版にも登場)、小柳本人にとっては初の苛め役であった。インタビューでは「絶対に弱みを見せないで頑張りましたね」と安達を評価したこともある。, 2000年(平成12年)、日本テレビ系列にて松本幸四郎主演で放送されていた連続ドラマ『明日を抱きしめて』では、主要キャストとして出演していた三田佳子が息子の不祥事の心労から降板したことを受け、急遽、三田とも親しい小柳に代役として白羽の矢が立てられた。, 大澄賢也との結婚後は夫婦でのテレビ出演やステージを精力的に行い、芸能界のおしどり夫婦とも呼ばれたものの、夫婦生活は約12年で破綻。離婚する条件として大澄に対して「高額(1億円)の慰謝料を支払うこと」、そうでなければ「以前の無名のバックダンサーに戻ること」のどちらかの二者択一を迫っていたことが明らかになった。, 石橋正高とは、婚約の前年である2006年12月12日に亡くなった小柳の母の喪が明けてから籍を入れる予定であった。しかし入籍直前、石橋に対して結婚への疑問を抱き始めたことから、石橋との同居および婚約を解消する。「甘えられることに疲れた」と話しているが、実際には交際が世に知れ渡る1か月前には破局していたとのことである[6]。, 宝塚音楽学校に進学したりアイドル歌手になったりしたことは、すべて小柳の母の影響であったという。小柳の母は娘・ルミ子の人生に非常に大きな影響を及ぼした。幼少期は、娘を歌手にさせたかった母の期待を受け、日本舞踊・クラシックバレエ・ジャズダンス・タップダンス・ピアノ・三味線・習字・歌という計8つの習い事に通っていた。, 「わたしの城下町」や「瀬戸の花嫁」が大ヒットしていた頃、小柳は「清純派の歌が上手なアイドル歌手」としてもてはやされていたが、本人は自分が「清純派」として見られることには抵抗を感じていた。, 同年代のアイドルだった天地真理とは、所属事務所が同じ渡辺プロダクションだったこともあり、なにかと比較されることが多かった。当時は天地・小柳・南沙織の3人が「3人娘」として一世を風靡したが、小柳は「3人娘」の中でも特に人気が高かった天地に対して激しい嫉妬を感じていたという。シングルレコードのジャケット写真の撮影でも、天地の衣装はまるで白雪姫のような豪華な衣装であったのに対し、小柳の衣装は自分の私服だった。数十年後に放送されたテレビ特番では、これらの不満を小柳が天地に告白する場面も見受けられた。, 麻雀を得意にしており、フジテレビ系の番組『THEわれめDEポン』では、風間杜夫、阿藤快、長門裕之といった実力派を相手に小四喜を自摸和したことがある。「東」「南」「西」は小柳が副露して「北」の単騎待ち状態だったが、その前に「北」が既に2枚捨てられ、残り1枚という厳しい状況だった。, かねてよりジュエリー好きを公言している。2014年には「大人の女性が身に着けるに相応しい華やかでエレガントなハイジュエリー」をコンセプトとした本人企画・デザインのジュエリーブランド『DANCING QUEEN』をプロデュース。テレビショッピング専門チャンネルのQVCで販売している。特に新作が発表される放送日には小柳本人が生出演し、モデルを買って出て実際に商品を身に着け、デザインのこだわりを解説している[7]。又従兄弟にはドラァグクイーンとして福岡で活躍中のリリー・チャンがいる。, アルゼンチン代表・メッシに魅了されて以来、筋金入りのサッカーファンとなり、年間2000試合を超える観戦を行っている。書き留めた観戦ノートは100冊以上に上る。日本代表・槙野智章との対談では「スカウティング担当としてきて欲しい」と言わしめた[8]。サッカーのテレビ観戦のため睡眠時間は1時間半だという[9]。, わたしの城下町 - お祭りの夜 - 雪あかりの町 - 瀬戸の花嫁 - 京のにわか雨 - 漁火恋唄 - 春のおとずれ - 恋にゆれて - 十五夜の君 - 恋の雪別れ - 花のようにひそやかに - ひとり囃子 -祇園祭より- - 冬の駅 - 黄昏の街 - ひと雨くれば - 花車 - 桜前線 - 恋岬 - 夾竹桃は赤い花 - 逢いたくて北国へ - 思い出にだかれて - 星の砂 - 湖の祈り - ひとり歩き - 夢追い列車 - 泣きぬれてひとり旅 - 雨… - スペインの雨 - 恋ごころ, 来夢来人(ライムライト) - 螢火 - ジョーク - 南風 - たそがれラブコール - みだれ髪 - 通りゃんせ帰りゃんせ - お久しぶりね - 今さらジロー - 乾杯! ©Copyright 2020 Carat Woman. !」と黒木さんとの仲睦まじい2ショットも多数公開しました。, 小柳ルミ子さんは「思い出すよ、楽しかったなぁ〜」としみじみとハワイ旅行を振り返り、「ハワイの瞳ちゃんの友人で加藤さんから「一直線の、珍しい虹です。これを見て、ハワイを思い出して下さいね! - オールスター感謝祭, プラチナムプロダクション - 宝塚歌劇団 - 渡辺プロダクション - 日本クラウン - アップフロントワークス - SMS - ワーナー・パイオニア, 渡辺美佐 - 渡辺晋 - 南田洋子 - 古谷一行 - 新三人娘(小柳ルミ子・南沙織・天地真理) - 安井かずみ - 山上路夫 - なかにし礼 - 橋本淳 - 平尾昌晃 - 加瀬邦彦 - 井上大輔 - 中島みゆき - 杉本真人 - 関口宏 - 出門英 - 大澄賢也 - うつみ宮土理, 第1回から第10回までは制定なし。第32回から第34回までは演歌・歌謡曲、ポップス・ロックの2部門に分けて発表(ただし第32回に限り演歌、歌謡曲、ポップス、ロックの4部門に分けて発表した)。, 辺見マリと小柳ルミ子のジョイント編集アルバムではあるが、辺見と小柳のトークが入っている。, アルバム・タイトルはいわゆるベスト・アルバムを思わせるものがあるが、10曲中7曲はオリジナル作である。, 『ヒルナンデス』小柳ルミ子、20代モデルに最高のフォロー 「優しい…」:ニュースサイトしらべぇ, (3ページ目)〈追悼・志村けん〉小柳ルミ子「ボーヤの頃に出会って48年。同志であり、戦友だった」|芸能|婦人公論.jp, 小柳ルミ子「『2018 FIFAワールドカップ』、日本は100%決勝T進出します」と断言 - フジテレビ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小柳ルミ子&oldid=79899690, *は複数回の受賞。男性は1992年から、60代以上は97年から、10代は99年から対象, 小柳ルミ子・トップ・リクエスト(ワーナー・パイオニア L-8052R) (1975.3.10), THE BEST OF RUMIKO KOYANAGI(SMS SM25-5019)(1979.7), お久しぶりね-ベストセレクション-(SMS SM28-5404) (1983.10), 小柳ルミ子 GOLDEN☆BEST SMSイヤーズ・コンプリート・ABシングルス(CDSOL-1576~7)(2014.6.4、CD2枚組), 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。, Codename:TOMOKO (2000年、パル企画=日本スカイウェイ) - 主演・トモコ 役.