(I)配当の重要性にとらわれて、目が利かなくなること 日経平均株価は2018年1月23日に 2万4,129円と、1991年11月以来、約27年ぶりとなる高値を付け後、調整局面に入っています。この調整局面がいつまで続き、どの段階で反転上昇に向かうのか、株初心者では判断がつきづらい状況です。, しかし、足元のような状況においても、トレンドや移動平均線を活用したテクニカル分析を用いれば、重要な下値メドや戻り高値のメドをあらかじめ予測することが可能です。, 株価の値動きにはトレンドがあります。トレンドとは「傾向」「流行」という意味ですが、相場の世界においては価格推移の「傾向」や「方向性」を意味します。, 株価が上昇傾向を続けていれば「上昇トレンド」、下落傾向が続いていれば「下降トレンド」、値動きが一定の値幅で推移している場合は「横ばいトレンド」と3つに分類されます。, トレンドはローソク足でも折れ線でも構いません。紙のチャートでもパソコンでも、この3つのトレンドにそれぞれ色を付けて、大まかな流れをつかみましょう。, これを基に現状のトレンドを考えると、2018年1月24日高値以降の下降トレンドがほぼ一巡して、横ばいトレンドに移行しつつある段階と読むことができそうです。, トレンドの方向性が確認できたら、その次に移動平均線の概念を理解しておくと便利です。移動平均線は細かな値動きを排除してトレンドを抽出する方法です。時間軸を1単位ずつずらしながら平均値を計算して、それを結んで線にするので移動平均線といいます。, 25日移動平均線を例に取ると、当日を含む25営業日の終値をすべて加えた後、25日で割ることで算出されます。そして、1日ごとにずらしていくことで、そこに方向性が生まれます。, これに投資家心理を加えると、どうなるでしょうか。毎日上がり続けていれば、移動平均線は上向きに推移します。その後の終値がこの移動平均値を上回っていれば買い手が有利な状況が続き、下落して移動平均線を下回ると買い手が不利になります。つまり、移動平均線とは市場参加者の平均売買コストの方向性を表していることになります。, 移動平均線の中で、短いものは5日移動平均線、約1ヵ月程度の売買動向を知るには25日移動平均線が最もよく使われるといわれています。中期的には75日移動平均線、長期的には200日移動平均線が最も標準的といえます。, 週間では13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線が最もよく使われており、四半期、半期、1年以内の季節的変動を除去しています。月間では12ヵ月、24ヵ月、60ヵ月移動平均線が用いられることが多く、特に60カ月移動平均線は「キチンサイクル」と呼ばれる短期の景気循環の影響を除去しています。, 移動平均線を用いたテクニカル分析で有名なものに、米国の投資分析家であるジョセフ・E・グランビル氏が1960年代に考案した「グランビルの法則」があります。その中で示されているのが、以下のような8つの法則です。, (1)移動平均線が下落後、横ばいになるか上昇しつつある局面で、株価が移動平均線を上に突き抜ける 今回の記事では、株初心者の方向けに、チャートの読み方や基本的なテクニカル分析について解説をします。, チャートとは過去の株価の推移をグラフ化したもので、「現在のトレンド(流れ)状況」や「将来の値動き」を分析することができます。, チャートを構成しているのが「ローソク足」であり、日足、週足、月足や、1時間足、5分足などがあります。, 一般的に陽線を白塗り、陰線を黒塗りで表示しますが、チャートソフトによって青・赤などの色も使われます。, そして、それぞれの相場状態で投資家がするべき選択肢は明確であり、上昇トレンドは「買い」、下降トレンドは「様子見(または売り決済)」、横ばいは「様子見」です。, 株価が上昇トレンドに転じてから買いを入れることで、リスクを抑えて利益を上げることができます。, チャートを分析するテクニカル分析には、トレンドを把握・予想する「トレンド系」と、相場の過熱感を把握する「オシレーター系」の2つのカテゴリーがあります。, 現在のトレンド状態がどういう状態かを示し、いつ売買すればいいのかを示してくれます。, 例えば、5日移動平均線であれば、「過去5日間の終値を足して5で割った価格」を結んでいきます。, 移動平均線の使い方は非常にシンプルで、期間の異なる2種類の移動平均線を表示させます。そして、短期移動平均線が長期移動平均線を「下から上へクロスしたら買い(ゴールデンクロス)」「上から下へクロスしたら売り(デッドクロス)」です。, 下のチャートは日経平均株価の日足チャートで、期間が5と10の移動平均線を表示させていますが、ゴールデンクロスとデッドクロスが売買シグナルとして機能しているのが分かりますね。, 一目均衡表は日本人の記者(細田悟一氏)が開発したテクニカル指標で、その名の通り、一目見れば相場の状態や今後の方向性を予想できるものです。, 売買シグナルもシンプルで、以下3つの条件が全て揃った時が「三役好転」と言い、買いのシグナルとなります。, ちなみに、①、②、③が全て反対の向きに動いた時は「三役逆転」と言い売りのシグナルとなります。, 一度トレンドラインが引けると、そのライン上で反発する可能性があるので、2点目以降の反転ポイントで買いまたは売りを仕掛けることができます。, 今回は、人気チャートである「楽天証券」の「マーケットスピードⅡ」を使って表示させてみましょう。, なお、チャートは楽天証券で口座開設(無料)をすれば、誰でも使用することができますよ。, まず、マーケットスピードⅡを起動させて、チャートを表示させたら、「テクニカル」のタブをクリックしましょう。, すると、テクニカル指標の画面が表示されるので、「トレンド系」のタブを選択し、使用するテクニカル指標にチェックを入れれば表示されます。, また、チャートにラインを引く際には、以下のボタンをクリックし、各種ラインを選択してチャート上でクリックすれば表示されます。, 今回は、初期状態画面で解説しましたが、背景色やチャートの色は自由に変更出来ますよ。, オシレーター系のテクニカル分析は相場の過熱感を示し、買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する際に使用します。, RSIは相対力指数とも呼ばれ、0~100%の間で買われ過ぎ・売られ過ぎを示す指標です。, しかし、相場のトレンドが強い時は、例えばRSIが30%以下になった時でも、そこから更に株価が下がるケースもあるので注意が必要です。, よって、単に70%以上は売り、30%以下は買いと判断するのではなく、トレンド系指標のサブ指標として使用していくのがおすすめです。, MACDは移動平均線を発展させたオシレーター系の指標で、「MACD」「シグナル線」「ヒストグラム」の3つの要素から構成されています。, マーケットスピードⅡを起動させて、チャートを表示させたら、「テクニカル」のタブをクリックしましょう。, すると、テクニカル指標の画面が表示されるので、「オシレーター系」のタブを選択し、使用するテクニカル指標にチェックを入れれば表示されます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, IT企業で働く会社員(20代)。