歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。重要無形文化財(1965年4月20日指定)。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年にユネスコにおいて傑作宣言され、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。 「40、50代は、はな垂れ小僧」ともされる歌舞伎界にあって、20代、30代の俳優の活躍が目覚ましい。その一翼を担うのが坂東巳之助と中村児太郎だ。 歌舞伎役者の格付けを考えるならば、その屋号だけで決まるのではなく、実際の演技力や芝居の実績、人気、キャリアなどを総合的に見た上で決まるものだと言えます。 現在の主な歌舞伎役者の屋号一覧は以下のページを御覧ください。