訴訟では、加害者側は、Zさんの過失を主張するなど、損害額について強く争ってきました。, しかしサリュも、刑事記録を詳細に検討していたので、加害者の自動車の合図の位置やZさんの走行状態を具体的に指摘し、Zさんの落度はないと主張しました。, その結果、Zさん過失なしを前提とする830万円での和解が成立し、訴訟前の提示額より330万円の増額に成功しました。  しかし自賠責保険は、Sさんの右頬部知覚低下の症状について、症状は認めるものの医学的所見が乏しいとの判断から、第14級9号と認定するにとどまりました。 その結果、サリュが異議申立をしてから約4か月待たされましたが、狙い通り12級13号を獲得することができました。, また、サリュは、異議申立から後遺障害の等級が認定されるまで、ただ漫然と待っていたのではなく、もう1つの大きな争点である過失割合について、保険会社と粘り強い交渉を続けていました。その結果、等級認定がされる前に過失割合について15対85という直進二輪車と対抗右折四輪車の事故態様における基本過失割合での解決をすることについてほとんど合意ができた状態となっていました。 Tさんは、約7か月にわたり治療を続けましたが、右手の第3指(中指)、第4指(薬指)、第5指(小指)にかけて痛みや可動域制限が残った状態で症状固定と診断され、ご自身で自賠責に対して後遺障害等級の認定を求めましたが、結果は14級9号という納得のいかない認定に終わりました。 しかも、「friday」(講談社)14年12月26日号には、そもそもの発端である遺言書を作成した際のたかじんとy弁護士のやりとりを録音したテープの書き起こしが一部掲載されているのだが、そこで吉村氏は、弁護士として信じられない言葉を口にしている。 また、保険会社からは、加害者本人の意向ということもあり過失割合について、Tさんに過失が4割以上あるなどと主張されていることもあり、後遺障害の獲得にも強く、保険会社とも真剣に交渉をしてくれそうだと感じてサリュに相談に来られました。, サリュは、Tさんから、具体的に日常生活や仕事上で困っていることを聴取させていただき、相談時にはレントゲンやMRIなどもない状況でしたが、Tさんの話や診断書からすると14級よりも上位の等級、具体的には12級13号を獲得できる可能性があると判断し、その旨をアドバイスすると共に、過失割合についても折り合えなければ裁判も辞さないというTさんの思いに応えられるように適切に交渉することを約束し、受任させていただきました。, サリュは、まず、Tさんに残ってしまった後遺障害を適正に評価してもらうために、担当弁護士とリーガルスタッフが協働で診断書やレントゲン等の画像を精査し、顧問医の意見も聞いた上で、自賠責保険に対する異議申立を行いました。異議申立の中では、画像所見を適切に見れば右第4指遠位指節間関節(DIP)に関節面の不整があることを指摘し、そのことが最もよく分かる画像を選択して指摘するなどして、Tさんの後遺障害は他覚的に証明されていることを主張立証しました。 Fさんからのご依頼を受けたサリュは、すぐに自賠責保険会社に対して被害者請求を行いましたが、1度目の認定は、Fさんの右肩関節唇損傷後の右肩痛、右肩筋力低下の症状について14級9号が認定されるにとどまりました。サリュはFさんの手術動画を検討し、提出するなどして異議申立てを行いました。その結果、上記症状について12級13号が認定されました。, ところで、本件事故態様は、Fさんに4割程度の過失が認められ得るものでしたので、通常ならその4割部分については賠償金等を得られないことになります。しかし、不幸中の幸いというべきか、Fさんは人身傷害補償保険(被害者の過失部分に対しても保険金が支払われます。)を使用することができましたので、まずはこの保険から約400万円の支払いを受けてFさんの過失部分に対する補償としました。, その後、相手方保険会社との示談交渉に入りました。交渉時においてもFさんは未だ未就労の学生であったため基礎収入をいくらと算定するべきか、人身傷害補償保険からすでに支払われた約400万円を相手方保険会社との関係ではどのように扱うかなど、交渉には難しい点もありましたが、最終的には賠償金として約600万円(自賠責保険金を含む金額。)を獲得しました。これによりFさんは先に支払いを受けた約400万円と合わせると約1000万円を獲得したことになりました。これは裁判所の基準に近い金額でしたので、Fさんのご両親からはたくさんの感謝の言葉を頂戴しました。, 事例327:顧問医との連携により、右膝について適切な後遺障害等級の認定を受けられた, 事例225:異議申立ての結果、14級から12級へ等級変更。腓骨神経麻痺の立証に成功した。, 事例147:諦めずに異議申し立てを行った結果、14級が12級に。全体としては併合11級を獲得, 事例127:顧問ドクターとの連携により後遺障害が14級から12級に。裁判で適正な賠償金を獲得, 事例116:TFCC損傷異議申立で14級から12級へ。逸失利益も67歳まで認めさせた.  その後、Sさんは手術を受け、懸命に治療に励みましたが、骨折をした右頬の部分は知覚低下の症状が残存し、そのまま症状固定と診断されました。Sさんは、右頬部に触れても感覚がないことや、その状況では将来へ向け考えていた夢も延期せざるを得なくなったことをとても悔しく思い、自身で資料を集め、自賠責保険へ被害者請求を行いました。 Kさん本人の切実な思いがあったからこそ、大きなハードルに立ち向かえました。 について書きました!, Twitter のタイムラインを見てみると何やら今話題の吉村洋文大阪府知事とやしきたかじんさんに 関係があるようです。, やしきたかじんさんの裁判の弁護士の担当が当時弁護士だった吉村洋文さんだったとのこと。, 殉愛とは 『殉愛』(じゅんあい)は、百田尚樹による2014年の書籍。シンガーソングライター、タレント、司会者、ラジオパーソナリティとして関西で人気を博したやしきたかじんの最晩年を、たかじん自筆のメモや、看病に人生を捧げたと主張する未亡人、家鋪さくらの証言、看護日記などに基づいて描いた、「かつてない純愛ノンフィクション」として発売された が、「ノンフィクション」といえるのかなど、内容について議論があり、表現について複数の訴訟が提起されるに至った。, 出版の経緯 百田が2014年3月4日、リーガロイヤルホテルの「光琳の間」にて行われた、やしきたかじんを偲ぶ会「TAKAJIN MEMORIES 2014 あんたのことが ICHIZUに やっぱ好きやねん」に招待されていた。しかし、元々の予定がありキャンセルする予定が、スケジュールが空いたので、会に出席し家鋪未亡人(家鋪さくら)に初めて出会った。 その一週間後、家鋪さくらからのメールで会って話をしたい旨を受け、直接会い、生前「たかじんが百田のファンであった」こと、「僕の本を出して貰うなら百田に助けてもらう」と言うメモを見せられ、看護記録等のメモを読込み、家鋪さくらと話込み、決まっていた仕事を半年後倒しをして、メモに書かれていた出来事を関係者に裏付け取材を行ったとされる。, 長女に関する描写と販売差し止め訴訟本書の内容について、2014年11月21日、たかじんの長女が幻冬舎を相手取り、出版差し止めと1100万円の損害賠償の求める訴訟を起こした。, 本書はたかじんの長女を「横柄な態度で8歳下の父の若妻に暴言を浴びせる『中年女性』」として描き、以下のようなエピソードを掲載している。, これに対し長女側は、上記記述は虚偽であり、「1人の遺族の話を根拠に、他の親族の取材をせずに一方的に攻撃するもの」、「あまりに一方的なひどい内容」、「事実と違うことだらけ」と反論し、本書の中に「すべて事実である」という記述があることについて、「百田さんから取材の申し込みもありませんでした。こんなのノンフィクションじゃないですよね?」とコメントしている。, 本訴訟において長女側は、未亡人が「無償の愛を注ぎ、相続においても何も求めず謙虚な姿勢を示してきたという作品の基調はそもそも事実に反する」と主張している。, 本訴訟の提起後、著者の百田はツイッターにおいて、「たかじん氏の娘が出版差し止め請求の裁判を起こしてきた。裁判となれば、今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ。」と発言した。, 2016年7月29日に出された東京地方裁判所の判決では、本書の6か所の記述が事実に反し、プライバシー侵害及び名誉毀損にあたるとして長女側の主張を概ね認めた上で、330万円の損害賠償支払いを幻冬舎に命じたが、出版の差し止めについては却下した。 この判決に納得しなかった幻冬舎は控訴したが、東京高等裁判所も、東京地裁の判決を概ね支持しながらも、さらに1か所の名誉毀損的記述が存在することを認め、賠償金を365万円にまで引き上げたが、差し止めについては第一審と同様認めなかった。2017年12月21日、最高裁は幻冬舎の上告を受理しないと決定、これにより第二審の判決が確定した。 なおこれらの判決について、2018年3月時点で百田側からの明確なコメントはない。, たかじんの元マネージャーに関する描写たかじんの元マネージャーも、たかじんの妻に暴言を吐いたり、会社の帳簿を操作したりしていたなどの記述で名誉を傷つけられたとして、著者の百田と幻冬舎に1100万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。, 2018年11月28日、東京地方裁判所は14か所の記述が名誉毀損に当たると認定。マネージャーとしての能力を欠き、金に汚い人物として描かれていると指摘し、裏付けを欠く部分が少なくなく、真実と信じる相当性があるとは認められないとした。 多くの読者の目に触れ、評価の低下は大きいとして連帯して275万円の支払いを命じた。 百田と幻冬舎は、連名で「主張が認められなかった部分は誠に遺憾。判決を精査して対応を検討する」とのコメントを出した。, (大阪府知事、市長のダブル選挙後の)会見で吉村洋文氏は「明るい大阪、発展する大阪を実現したい」と力を込めて語った。その吉村洋文氏にはいわくありげな経歴もある。 昨年1月に亡くなった歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)に関連した仕事。, 橋下氏を政界の風雲児に押し上げた“関西の視聴率王”たかじんさんの個人事務所の顧問弁護士だったのだ。, 作家・百田尚樹氏が故人の闘病生活を描いた著書「殉愛」にも、たかじんさんの長女と最後の妻・さくらさんとのトラブルのキーパーソンのY弁護士として登場する。, 吉村洋文氏はかつて、たかじんさんの遺言執行者でもあった。 故人に近い人物が明かす。, 「当初は事務所から書類などを持ち出したり、さくらさんのために動いていたが、遺産の遺留分などでもめた。 ヤバイと思ったのか途中から距離を置きだした。 その結果、さくらさんから解任請求を受けて辞任した。 しかも長女側からも解任請求を受けるという、あり得ない状態だった」, 大阪市には、たかじんさんの遺産から「うめきた」の緑地化のために寄付がなされる予定だが、現在はペンディングとなっている。, 背景を知っている吉村洋文氏だが「大阪市の立場として対応していくことになる。 凍結している理由があると思うので、恐らく何らかの法的な問題が解決した段階で、そのときに市として判断する」として距離を置いた。, 出馬後にさくらさんとのやりとりがあったかについて問われると、吉村洋文氏は「弁護士業務に関することは一切、お答えすることができない」。, 弁護士時代に付き合いはなかったという橋下氏との出会いはたかじんさんがきっかけか?という質問には、「私とたかじんさんの話はいろいろありますけれども、公で言うような話ではない。 あれじゃないですか、たかじんさんの評価については、大阪のみなさんに愛されている人だという認識はありますんでね。 それ以上のことは僕はない。 個人的にやりとりしたことを、この場で言うつもりはない」と会見を理路整然とこなしていた中で突然、しどろもどろになっていた。, 柳本氏の地元・西成区でこそ13票差で負けたものの、その他の全ての区で吉村洋文氏は勝利を収めた。, 圧倒的な民意を得た一方で、いまも根強い多くのたかじんファンからは総スカンの危機に陥っている。引用元:東スポWeb 2015年11月23日, 橋下徹氏との出会いや、政治家になったきっかけについて、文藝春秋ではこのように答えています。, 僕はもともと大阪南部の河内長野市の生まれで、父親は中小企業のサラリーマン。 政治とは縁もゆかりもない家庭に育ちました。 東京で弁護士になって、05年、30歳の時に独立して大阪に戻ってきたのです。, 番組制作会社の顧問をやっていた関係で、故・やしきたかじんさんの顧問弁護士を務めたのが橋下さんと知り合うきっかけでした。 ある時、たかじんさんから「橋下君が『大阪の改革をやらないかん。 新しい政党を作る』と言うてたで。 先生なんかええんちゃうの?」と誘いを受けた。 僕としても、生まれ育った大阪の街を良くしたい気持ちがあったし、橋下徹という政治家にも惹かれていました。 様々なタイミングが重なって、政治の道へ進むことになったのです。, 引用元:文藝春秋digital ~「医療崩壊も想定内」吉村洋文・大阪府知事が「法律を超えた政治判断も必要」と語る理由~, やしきたかじんさんの遺産の処理については、ちょっと乱暴な対応をしたそうで、最終的にはやしきたかじんさんの未亡人の家敷さくらさんからも娘さんからも、顧問弁護士の解任請求をされたそうです。, 「吉村さんは、『大阪維新の会』所属の大阪市会議員を経て、2014年に維新の党から衆院選に出馬して当選。 今回の大阪市長選挙でも真っ先に指名を受けるなど、橋下市長一番のお気に入りと言われている。 ただ、あのたかじんの遺産相続問題で弁護士としてやったことを見ていると、その手腕がちょっと心配になってくるんですよ」(在阪メディア関係者), そう。 吉村氏のもともとの本業は橋下市長と同じ弁護士なのだが、実は例のやしきたかじんとさくら夫人をめぐる『殉愛』騒動で弁護士として大きな役割を演じているのだ。, 『殉愛』(百田尚樹/幻冬舎)には、たかじんが死の直前、遺言書を作成するくだりがこう記されている。, 〈(たかじん死去5日前の13年12月29日)たかじんは弁護士と遺言の打ち合わせをした。 たかじんの意向でこのときの会話はすべて録音されている。 〉 〈(翌日12月30日)午後三時半に遺言作成のために三人の弁護人がやってきた。 (略)本来ならば、正式な遺言書を作成する場合は公証人の認証を得なければならないが、今回のような『危急時遺言』の場合は、遺言執行者の弁護士のほかに、証人として二人の立会人が必要になる。 〉, 『殉愛』では実名は記されていないが、この遺言執行人弁護士こそ大阪市長選に立候補予定の吉村洋文氏なのだ。, そして、吉村氏はたかじんが亡くなった後、未亡人であるさくら夫人の意を受ける形で、遺産相続やたかじんの個人事務所の運営をめぐり、トラブルに大きく関わることになる。, 『殉愛』の数々の疑惑を暴いた『百田尚樹『殉愛』の真実』(宝島社/角岡信彦+西岡研介+家鋪渡+宝島「殉愛騒動」取材班)には『殉愛』でさくら夫人と敵対し、誹謗中傷された元マネージャーK氏のこんな証言が記されている。, 〈(たかじん死亡の)翌4日の午前中、K氏は大阪から上京した弁護士と都内で会った。 K氏が葬儀やマスコミ発表をどうするかを協議したところ、弁護士から「Kさんは何もしなくていいですよ。 さくらさんと僕でやりますから」と唐突に言われた。 「じゃあ彼女は事務所の代表になるんですか?」と訊くと「その通りです」と答えた。 (略) 年末にたかじんが自宅マンションの金庫の中を確認してくれと言ったあと、さくら氏が弁護士と病院内で話し込んでいた光景をK氏は思い出した。 あのとき、彼女は事務所の運営や遺産のことで相談していたのかもしれないとK氏は思った。 〉, 〈そんな混乱の最中の午後10時、さくらの意を受けた前述のY弁護士が突然P社(たかじんの個人事務所P.I.Sのこと)に現れたという。, YはもともとP社の顧問弁護士で、「一切の財産を、妻・家鋪さくらに相続させる」というたかじんの遺言書を作成した人物だ。 Y弁護士はKらに対し『P社の次期社長はさくらさんなので……』とP社から同社の実印や通帳、帳簿類や契約書などを持ち出し、後に実印や決算書などをさくらに手渡したという。 〉, この時点での代表はK氏とたかじんの長女H氏が就いていて、さくら夫人は株主でも取締役でもなかった。 そのためK氏は吉村氏に何度も返還を要求したが、K氏の在任中にそれが戻ってくることはなかったという。, それだけではない。 遺書には実子である長女へは一切相続させないと記されていたが、それに反発した長女は法的に補償される2億5000万円の遺留分を主張する。 その動きに対し、吉村氏は遺留分を放棄するよう迫るのだ。, 「Hが隆仁の遺言書の内容を知るのは、隆仁が荼毘に付された(1月)5日のことでした。 Y弁護士から口頭で教えてもらったそうです。 そこで遺言書に〈Hには、遺言書の財産を相続させない〉と書かれてあることを聞いて、Hは相当なショックを受けるんですが、そこでY弁護士はHに『遺留分は主張してくれるな』というような主旨のことを言ったそうです。 Hが『どうしてですか?』と尋ねると、『Hが遺留分を主張したら寄付ができなくなる』と言われたそうです」(家鋪家の親族の証言), ショックを受けた長女だが、遺留分ではないならいくらが妥当かと問うと、吉村氏は「1億円」という金額を口にしたという。, たかじんやさくら夫人に言われるままにP社の書類を没収し、長女に対して法律上の権利であるはずの遺留分放棄を迫る。 いくら遺言執行人といっても、これは強引すぎるのではないか。, 実際、長女も吉村氏の言葉に疑問を抱き、別の弁護士に相談すると「Y弁護士がいうように『寄付ができなくなる』などということがない」ことが判明する。 そのため長女は吉村氏に遺言書を確認させて欲しいと要求したが、その際も「コピーは渡せないが、書き写してもらう分には構わない」と言われ、その際も遺留分を主張しないで欲しい」「遺言書どおりに寄付が実行できるかどうかはHさんにかかっています」などと遺留分の放棄を要請したという。, しかも、「FRIDAY」(講談社)14年12月26日号には、そもそもの発端である遺言書を作成した際のたかじんとY弁護士のやりとりを録音したテープの書き起こしが一部掲載されているのだが、そこで吉村氏は、弁護士として信じられない言葉を口にしている。, 〈たかじん「もう寿命もあんまり長ないから。 意味がようわからんけど、もう2ヵ月くらい。 この際に身辺の、周りのね、最低限しとかなあかんなと。 法律である、分配率は絶対守らなあかんの?」 Y弁護士「いや、守らんでエエですよ」 たかじん「俺、娘にやりたくないんで、いいんですか?」 Y弁護士「いけますね」〉, 一方、たかじんは、生前に作成したエンディングノートで”長女へ金を渡すと明言していた”というたかじんの知人による証言もあるため、この録音記録にはいささか疑問が残る。 だが、最大の問題は、弁護士である吉村氏が遺留分を無視し、「守らんでエエですよ」などとたかじんに回答していることだ。 長女に認められた正当な権利を反故することなど、弁護士がしていいのだろうか。, その後、吉村氏とさくら夫人の”蜜月”は終焉を迎え、決裂に至っている。 さくら夫人の思惑とは異なり、その後、長女が遺留分を主張することを決意したこと、またさくら夫人が、たかじんのマンションにあった金庫内の現金の一部「1億8000万円」は自分のものだと主張したことが原因だ。, 「金庫の中の現金は私のものだったことにしてほしい」と要請された吉村氏だが、それを拒否。 そのため遺言執行人からの解任をさくら夫人に申し立てられたのだ。, しかし、決裂したとはいえ、吉村弁護士が一度はさくら夫人に言われるまま、彼女の遺産独占の動きに関わったことは間違いない。, しかも、そのやり口はかなり強引なうえずさんなもので、経緯を見ていると、こういう人が市長になって大丈夫なのか、と心配にならざるをえないのだ。 大阪市政で橋下市長に言われるまま突っ走って、混乱とトラブルを大きくし、後になってボロが続々……なんてことになったら、それこそ『殉愛』騒動どころの話ではなくなる気がするのだが。, 引用元:exciteニュース ~維新の大阪市長候補は『殉愛』騒動でたかじんの遺言執行人として動いた人物だった! さくら夫人と組み娘に相続放棄要請も~, ちょっと、このときのことは、あまり吉村知事も掘り下げられたくないのかもしれませんね。, やしきたかじんの遺言執行者となり、娘さんに遺留分の放棄を持ちかけた男。新妻が画策した遺言返還交渉にも同行するが失敗。娘さんからも新妻からも解任請求を申し立てられた強者。, 黒歴史を知っているメディアが彼を絶賛するのは何故?#百田尚樹 #維新 pic.twitter.com/0uAUMvodSg, 吉村知事って、やしきたかじんの嫁側の人間という認識でずっときたお前はあの嫁の片棒を担いだんだろうといくらそれが弁護士時代の仕事であったとしてもそこの部分は汚点, 抜きにしてもがんばってるよね、今回マスコミの使い方がうまい説もあるけどそれもやり方のひとつ, 大阪府の吉村知事ってやしきたかじんさんの顧問してた敏腕弁護士やったんやて大阪市内に合計四億相当の不動産3つも所有してるんやて儲けてますなぁ超かねもですなぁ、こちらも, 吉村知事に殉愛騒動を語っていただきたく思います。やしきたかじん氏の危急時遺言作成。四千万円の授受。疑惑かけられたままでは良くないですよ。, 維新は在日がやっている「パチンコ」もIR同様法整備して合法へと持っていきたいようですので、その件についても詳しく語って頂きたい。楽しみです。, やしきたかじんさんの遺産ネコババを企て、武富士を糾弾していたライターの口封じを企てた弁護士をそこまで擁護できるなんて信者より悪質。, 吉村知事、めちゃくちゃ切れ者やなぁと思ってたら、やしきたかじん氏の顧問弁護士&税理士やったらしい。あの人が認めたなら、本物やなと思う私は関西人です, 吉村洋文大阪府知事が、やしきたかじんさんの顧問弁護士をやっていたとは知りませんでした, 以上で吉村洋文大阪府知事とやしきたかじんの関係は?百田尚樹「殉愛」騒動と関連?

についてのまとめを終わります。. その結果、神経障害の等級を12級13号に上げることができたのです。, サリュはこの結果を前提として、すぐさま示談交渉を開始しましたが、保険会社の回答(約550万円)が、Zさんが受け取るべき適正な賠償であると判断できなかったため、訴訟を提起することになりました。 国選弁護人とは、被疑者・被告人が弁護士費用を工面できない場合に、国によって選任される弁護人のことです。無料で刑事弁護を受けられる一方、いくつかのデメリットもあります。この記事では、国選弁護人制度について解説します。 Kさんは怪我のせいで仕事に影響が出ていたことから、将来に不安を感じて、サリュの無料相談にいらっしゃり、サリュにご依頼されました。, Kさんからご依頼を受けたサリュは、Kさんの後遺障害につき自賠責に申請をしたところ、腰痛及び下肢痛については当初見込み通りそれぞれ14級9号が認定されました。しかし、TFCC損傷による右手首痛については、当初見込みの12級ではなく、画像上、骨折やTFCC損傷を裏付ける所見がないということで14級9号の認定にとどまってしまいました。, そこで、サリュはKさんの主治医と面談し、主治医に右手首を撮影したMRIのどこにTFCC損傷があるか指摘した書類を作成してもらい、異議申立を行いました。 異議申立ての結果は、12級13号。異議申立書の内容が認められ、認定を覆すことが出来ました。 後遺障害等級の認定から示談交渉まで、Tさんの怒りや悲しみなどの複雑な思いを少しでも晴らそうと、担当弁護士とリーガルスタッフがしっかりとタッグを組んで記録を精査し、議論を重ねた上での異議申立や示談交渉によって適切な結果を残すことができたものであり、正にサリュの真骨頂が発揮されたケースであったといえます。, 休日に家族と車で外出していたWさん(男性、会社員)は、車3台の玉突き事故に遭いました。事故後、腰椎捻挫と診断されたWさんは、歩行時にステッキを使用しながら生活しなければならなくなり、担当医にも腰椎椎間板ヘルニアの手術を勧められるほどの症状でした。, Wさんは、今後の保険会社との交渉に備え、交通事故を専門とする弁護士に相談するため、サリュへご相談にお越しになりました。ご相談後、Wさんからご依頼をいただいたサリュは、後遺障害の等級申請の手続きを行いましたが、その結果は、14級(局部に神経症状を残すもの)の認定でした。

今回は吉村洋文大阪府知事とやしきたかじんの関係は?百田尚樹「殉愛」騒動と関連? 一般的に、ムチウチで12級の認定を出すことは難しいと言われていますが、サリュでは、過去の認定結果を分析し、12級の認定を受けるためのノウハウを集積しています。 その結果、恥骨結合離開の痛みについて第12級13号を獲得し、併合第11級との評価を得ました。, その後の示談交渉においては、裁判基準のほぼ満額で決着することができました。 サリュの歴史リーガルスタッフシステムの原点 / 無料相談の原点 / ブラックトライアングルの原点, 今、どんなことで困っていますか治療中の方 / 後遺障害認定を受けた方 / 示談交渉をお考えの方, Sさん(40代男性)は、自動二輪車で、交差点を青信号に従い直進しようとしたところ、赤信号を無視して交差点へ進行してきた加害車両と衝突し、右頬骨骨折、鼻骨骨折等の重傷を負いました。 しかしながら、この事故による怪我の影響で、仕事が出来なくなりました。なぜなら、Aさんは、記憶することがだんだんと出来なくなっていったからです。それに加えて、感情のコントロールもうまく出来なくなり、他人とのコミュニケーションも苦手になりました。当初は「頚椎捻挫」と診断されていたAさんにとって、なぜそういう症状が出るのか、全く分かりませんでした。, 事故から約7年間、Aさんは自分の症状の原因を探すべく、通院を続けました。 サリュは、難しい目標でも簡単には諦めず、今までの経験をもとに、実現に向けて頑張ります。, Dさん(女性・主婦)は、青信号の横断歩道を渡っていたところ、自動車から衝突を受け、大怪我を負われました。Dさんは、すぐに救急車で病院へ搬送され、検査の結果、脛骨及び腓骨骨折と診断されました。, Dさんは、即時入院し、入院直後から下肢のしびれや麻痺症状を訴えられており、腓骨神経麻痺との診断を受けました。そして、治療開始から約半年後が経過しても腓骨神経麻痺症状は軽快しなかったため、主治医による腓骨神経剥離術を受けられ、その後約1年間リハビリ治療に専念されました。, Dさんは、リハビリ期間中にご自身の症状が特殊であることから、交通事故を専門にするサリュの相談にお越しになり、後遺障害認定からのサポートをご希望されました。, Dさんからご依頼を受けたサリュは、事件着手後すぐに医証の入手にとりかかり、加害者の保険会社から治療費及び休業損害の交渉をしながら、Dさんの症状固定を待ちました。, 残念ながらDさんには、症状固定時に腓骨神経麻痺による機能障害が残存してしまったため、サリュは、Dさんの医療画像やカルテ等を顧問医と検討した上で、後遺障害の申請を自賠責保険へ行いました。, ところが、自賠責保険は、Dさんの腓骨骨折を見落とし、腓骨神経麻痺症状が事故によるとの証明がないと判断したため、Dさんの後遺障害等級は14級に留まるとの認定をしました。, そこで、サリュは、自賠責保険の判断理由を精査し、Dさんの腓骨神経麻痺を立証するべく、Dさんの主治医の面談を行って、自賠責保険に対する意見書を作成すると共に、腓骨神経剥離術の術中写真を面談の際に入手し、新たな医証を添付して自賠責保険へ異議申立を行いました。, その結果、自賠責保険は、Dさんの腓骨神経麻痺による機能障害を認め、Dさんには第12級6号が認定されました。 約1年の治療期間を経ましたが、右手首の痛み、腰痛、下肢痛等の症状が残り、仕事に多大な影響が残りました。 サリュでは、交通事故の被害に遭われた方が、こういった重要なポイントが見過ごされることがないよう、また、適切な等級認定と適切な賠償額が受け取ることが出来るよう、自賠責へ積極的に働きかけています。, Xさん(男性43歳)は、バイクで交差点を直進していたところ、右折してきた対向車と衝突しました。この事故でXさんは恥骨結合離開、右手関節挫傷の怪我を負われました。 しかし、サリュでは、顧問医とともにPさんの通院資料を分析した結果、14級9号ではなく、12級13号が妥当な等級だと判断し、12級13号の認定を目指して異議申立てをすることにしました。 サリュは、適切な後遺障害の等級が認定されたことから、賠償額を算出後、示談交渉にはいりました。その交渉の結果、賠償額1124万円(自賠責保険後遺障害12級分含む)で示談することができました。, 14級と12級を区別する一つの分岐点として、他覚所見の有無が重要なポイントとなります。