どっちなんだ!? ョナル在籍時に新日本プロレスとの抗争がぼっ発した際、そこにひとり背を向けたエピソードはあまりにも有名だ。それだけに拳王は「オメーみたいにな、プロレス嫌いで……なんなんだよ!? > 台風被災の長野でオカダがボランティア 俺のプロレスにケチをつけんじゃねえよ。俺はな、命をかけて、プロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのように輝かせようとしてるんだ。オメーみたいにな、プロレス嫌いで……なんなんだよ!? 1989年5月: 概要: 1988年に第二次uwfに入門し、1989年5月デビュー。 第二次uwf解散後は、uwfインターナショナル→リングスと渡り歩き、独自の格闘美学に基づいたファイトで常にファンを魅了する存在となる。 1996年にリングスに移籍。 > 「BI砲」の歴史! 馬場没20年追善興行 > 武藤敬司vs.前田日明トークレポート > 教えてよ鈴木みのるは何故探し続けるの!? > カクトウログは開設16周年  観客もこれを歓声で支持。「今の声援でわかったぞ。てめえらUWFのテーマ、ノアの会場で聞きたいよな? > 聖火リレーに谷津 オカダ 桜庭 高田 武藤 新日本プロレス(ニュース/大会日程/新日本プロレスワールド/YouTube)/全日本プロレス(全日本プロレスTV)/NOAH(WRESTLE UNIVERSE)/大日本プロレス/DDT/ZERO1/DRAGON GATE/みちのくプロレス/大阪プロレス/2AW/DRADITION/WWE(WWE Network)/PURE-J/LLPW-X/OZアカデミー/センダイガールズ/WAVE/アイスリボン/スターダム(YouTube)/ディアナ, ■格闘技団体リンク > 2000年の田村潔司 武道館にUWFのテーマ 2020年5月27日発売!新日本プロレス“100年に一人の逸材”にして“エース”の棚橋弘至デビュー20周年DVD!プロレスを黄金時代に導いた男の軌跡に迫る!棚橋弘至の2014~2019年までのヒストリー(ゲスト:柴田勝頼)とミスター平成ライダー・高岩成二とのスペシャル対談を収録, 2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。NEVER無差別級王者など、輝かしい軌跡を誇る柴田勝頼が自ら選んだ名勝負のほか、“LA DOJO”でヘッドコーチとして手腕を振るう彼に迫ったドキュメンタリーを収録( ⇒ 収録の詳細について). > 柴田勝頼20周年DVD“隠しトラック” 2020年8月26日発売!ターザン 山本 (著)、福留 崇広 (著) 力道山、ジャイアント馬場、藤波辰爾、高山善廣、葛西純、剛竜馬の夫人たちです。妻だけが知るプロレスラーの苦悩と栄光。男女のディープ・ストーリーを描きながら、謎に包まれたプロレスの真実をすべて明かす、新しいノンフィクション, 2020年9月24日発売!マット界の黒船と騒がれた「企業プロレスの始祖・SWS」 12名が克明に語った「企業プロレス」の舞台裏. 鈴木秀樹 (著)「マット界一の面倒臭い」と呼ばれる男が、リングの上で実行し続けていること。常識という名の同調圧力と争うことで、唯一無二の自分の居場所を作り続ける考え方とはなにか。「プロレスを自分のためにやるのは難しい」と語る著者のプロレス論と人生論。面倒臭い時代を生き抜く知恵と勇気を求める人へ贈る. > TAKAYAMANIA第2弾でプロレス大同団結 > ジャイアント馬場バルに行ってきた! 2020年9月26日発売!プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ! > NJCでオカダと柴田勝頼が感動的な再会 > 『記憶の懸け橋』トークイベント観覧メモ 噛みつきたくないのか!? Copyright © プロレス・格闘技・ボクシングの情報配信|カクトウログ All Rights Reserved. Kiyoshi Tamura田村潔司【一人UWF放送室】 25,315 views 25:55 > 橋本真也、小橋建太との幻の復帰戦計画 > ライガーvs.鈴木みのる衝撃と座礼の意味  そして、この日の後楽園大会で再び田村にメッセージを送った。6人タッグ戦を必殺のP.F.S. > 台風19号で新日本プロレス道場が浸水 > 飯塚高史引退! 引退試合でもヒール貫徹 > 新日本プロレスが年商54億円 過去最高 Kiyoshi Tamura田村潔司【一人UWF放送室】 25,315 views 25:55 2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊! 新日本プロレス, > 絶叫できない熱狂とコロナ副産物 G1総括 > 「カウント2.99」8周年!金沢克彦トーク > 映画アイアン・シークで前田トーク! プロレスラーで総合格闘家の田村潔司をエグゼクティブディレクターに迎えた新団体「gleat(グレイト)」が、10月15日(木)に旗揚げ大会『gleat ver.0 後楽園ホール大会』を開催する。 団体名の「gleat」は、greatにリデットエンターテインメント株式会社の頭文字となるlを合わせたもの … 小遣い稼ぎでリデット入ったのか!? 2020年9月30日発売!本書は世界を戦場(リング)に繰り広げられた猪木氏のこれまでの死闘の記録を1冊の書籍にまとめたもので、“withコロナ”を生き抜く日本人へ向けた、アントニオ猪木流のラストメッセージである。. > オカダ戦から3年 柴田勝頼の奇跡と軌跡 > 船木誠勝が明かす! 柴田勝頼“秘話” > 平成最後に猪木・藤原・前田・船木が集結 2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論! オカダ&三森さん 文句があるんだったらな、さっさとリデットから去ってくれ。いいか…俺はな、このプロレスリング・ノアを命をかけてダイヤモンドのように輝かせていくからな。文句があるんだったら、俺のリングに上がってみろコノヤロー!」と真っ向から噛みついた。 !で所英男と対戦し、ストレートアームバーで一本勝ち。試合後のリング上で、勝利者賞のトロフィーをプレゼンターであった前田日明から投げつけられるトラブルがあった。, 2008年4月29日、DREAM.2のミドル級グランプリ1回戦で船木誠勝と対戦し、パウンドでTKO勝ち。試合後、「煽りVTRで昔を思い出した。1分弱でお互いの20年をぶつけ合った感じだった。複雑な気持ちだったけど、今はスッキリしている」と語った。後日、右手中指骨骨折の診断により2回戦を欠場した。, 2008年12月31日、Dynamite!! 【田村編】「プロレスリングNOAH」経緯【17の質問】191023 - Duration: 25:55. > 柴田勝頼ついに2017年4月9日を初激白 2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。「やれるか」じゃない、やるんだよ。鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法. > 週刊 前田日明 > 文庫版『1984年のUWF』にカクトウログ 鈴木裕之代表はノア時代に「ノアの中に強さっていうものをより強調したい」と考え、昨年9・16大阪大会に田村を招待。 「選手のトレーニングを見るとか、アドバイスするとか、そういうことをお願いできないか」と打診していた縁もあって田村をリデット社の社外取締役に迎え入れた。 > GLEATプレ旗揚げ 田村&長州のプロレス観 > 大阪カウント2.99に鈴木みのるがエール ▼稲村「はい!」. 俺はな、今の返答しかと受け止めた。必ずな、俺の力でノアの会場にUWFのテーマが流れるようにしてやるからな」と約束して、田村取締役の“外堀"を埋めにかかった。何の発展も生まない可能性すらある危険な博打。果たして“赤いパンツの頑固者"から返答はあるのか――。  拳王はノア親会社・リデットエンターテインメント社の社外取締役(エグゼクティブ・ディレクター)に就任した“孤高の天才"田村に宣戦布告。週刊誌上で田村“取締役"に批判されたことがきっかけで、「俺と真剣勝負してください」と、かつて田村が師匠・高田延彦さんに放った言葉を借りて対戦を要求し、物議を醸していた。 ▼拳王「田村潔司!  拳王が田村潔司に対戦表明への返答を要求。「ノアでUWFのテーマ聞きたいよな! > 杉浦vs.エルガンがノア両国ベストバウト プロレス大賞まとめ ップに挑戦を果たすが、残念ながら惜敗。しかし今後の活躍を期待された。WRESTLE-1活動停止のため2020å¹´3月31日付をもって選手契約終了となる。2020å¹´8月リデットエンターテインメント株式会社の新団体発表映像にて、素顔と本名の渡辺壮馬としてGLEAT初の所属選手となることを発表。, マット界の情報を完全網羅!全日本・ノアの公式モバイルサイト!. > ファン集結! 前田日明61歳バースデー テレビ&イベント情報, 2020.11.12 > ダブルドーム ベストバウト投票結果 > 鈴木みのる パイルドライバー1枚の写真 > 独占! 長州力がDスミスJr.と盃を交わす > 猪木酒場新宿店が7月閉店 かつて全国7店 > 金8以降世代のNJC4強こそ新日本の主張 「ノアでuwfのテーマ聞きたいよな! > 前田「ずっと猪木さんに教えてもらった」 ▼北宮「帰るぞ!」 > 「社会的責任」ひとつの答え 新日本再開 文句があるんだったらな、さっさとリデットから去ってくれ。いいか…俺はな、このプロレスリング・ノアを命をかけてダイヤモンドのように輝かせていくからな。文句があるんだったら、俺のリングに上がってみろコノヤロー!」 > 週刊 柴田勝頼, ■プロレス団体リンク早見 リデットとの関係がスタートした段階での構想の一つとして“いずれはUWFスタイルの試合も視野”との話もあった。そっちの話が再燃することもある!? > 三沢光晴“最後の対戦相手”に向けた手紙 > 藤波vs.前田 マルキュー感謝祭トーク > 恒例トーク!金沢克彦氏が2019年を大総括 > 柴田勝頼、生存率18%以下からの咆哮! UWF系&総合格闘技で活躍した「赤いパンツの頑固者」田村潔司が11日、プロレスラーのNOSAWA論外と顔を合わせた。ノア前親会社リデットエンターテイメントでの会議を行ったとのこと。, 今日は会社で会議…#リデットエンターテインメント pic.twitter.com/vOjBQhSfBp, LIDET ENTERTAINMENT2020.03.11?ReSTART#無風か強風か#田村潔司#NOSAWA論外#リデットエンターテインメント pic.twitter.com/VYsivb2R2s, 執行役員、お疲れ様です。一日で田村エグゼクティブディレクターと会議して、桜庭選手とYouTuberをやったのは世界中であなただけでしょう!#田村潔司#桜庭和志#NOSAWA論外 https://t.co/O87kAS2kR3. 日本プロレス殿堂会/蝶野正洋(ARISTRIST)/長州力(リキプロ)/天龍源一郎(天龍プロジェクト)/高山善廣/田村潔司/桜庭和志/鈴木みのる/鈴木みのる公式写真/佐々木健介オフィス/小橋建太 Fortune KK/ゆでたまご公式サイト, スポナビ/東スポ/日刊/デイリー/バトルニュース/週刊ファイト/Dropkick/ぼくらのプロレス/プロ格DX/週刊プロレス/BoutReview/eFight/ゴング格闘技/ニコニコプロレスチャンネル/サムライTV/CSテレ朝チャンネル/金沢克彦アメブロ/井上崇宏インスタ/宝島社/チームフルスイング/書泉グループのイベント/闘道館/大阪カウント2.99, 2020年11月5日発売! > 小久保隆さん TJシンテーマ曲秘話 > G1決勝直前! 柴田勝頼との会話 田村 潔司(たむら きよし、1969年 12月17日 - )は、日本の男性 プロレスラー、総合格闘家。 本名・旧リングネーム:田村 潔(読み同じ)。岡山県 岡山市出身。 u-file camp主宰。初代、第3代リングス無差 … ノアのクソ野郎どもはな、メチャクチャ拍手を送ってただろ? > 藤田和之トーク 半生を激語り! > マスターズ前田日明! 藤波・長州と対峙 > アウトサイダーが1年2か月ぶりに復活! > 鈴木みのる 天を指してゴッチ式の理由 【試合後の拳王&北宮&稲村】 > コロナ禍でノア無観客試合 潮崎vs.藤田 〜勇気のチカラ2008〜のメインイベントで桜庭和志と12年半ぶりに対戦し、判定勝ちを収めた。試合後、「お客さん向けの試合ができなかった。個人的には終わったかなと。」とコメントした。また、この試合中に右手を骨折した[2]。, 2019年10月25日、プロレスリング・ノアの親会社であるリデットエンターテイメントの社外取締役&エグゼクティブディレクターに就任することが発表された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=田村潔司&oldid=79115720, リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1997 GRAND-FINAL, リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1997 SEMI-FINAL, リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1997 2回戦, リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1997 1回戦, リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1996 GRAND-FINAL, リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1996 SEMI-FINAL, リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1996 2nd.Round, リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1996 1st.Round, リングへの入場時には、ゆっくりと時間をかけ四方に礼をした後、対戦相手を一瞥するパフォーマンスで有名(リングス時代から続けている)。, UWFインター時代の1993年、高田延彦との対戦では試合前の握手を拒否し、高田に平手打ちを見舞った。, 入門前、履歴書を持って上京し、いきなり新生UWF道場に行くも前田日明に「あっち行ってろ」と言われ退散した。その後、正式に応募して入団テストを受け、トップの成績で合格した。, 1995年、K-1のリングでパトリック・スミスに勝利したときには歓喜の涙を流した。「対抗戦を拒否したことでUWFインターの試合にも新日本の試合にも出られず、自分の居場所がなかった。この試合で負けたら引退を覚悟していた。思い出すと今でも泣きそうになる」とのちに振り返っている。当時、他流試合は珍しいものであり、田村は自らの進退もかけて臨んでいたことから注目度の高い一戦であった。, 黎明期の修斗やシューティング団体は当時のUWFの商売敵に値していたが、田村自身は「眼中っていうか、情報が無いというか」と2017年の座談会で話している, 自分が新日本との対抗戦を拒否した理由としては「Uインターで築き上げたものは、Uインターの中でこそ意味があるんですよ。インターの若い選手が新日本と対抗戦をすることによって、その選手個人の価値は上がるけど、インターとしては何も残らない」という考えがあった.