「相棒に複数の役で出たことのある人」、シーズン4出演分です。 第1話「閣下の城」 堀越富三郎・監察医(相棒1 第7話)・浅倉の裁判の裁判官(相棒2 第1話)・?(相棒4 第1話) 唐沢民賢・安岡喜一郎(弁護士)(相... 放送日:2005年11月2日  教会。華やかなウェディングドレスを身にまとう津島瑞希(遠野凪子)。だが、対照的なほどにその表情は暗い。新郎・海老原元章(中原裕也)が現れないのだ。周囲にも不安な空気が漂い始... 放送日:2006年2月1日 閣下の城 輿水泰弘 和泉聖治 13.3% 第2話 10月19日 殺人講義 古沢良太 長谷部安春 14.7% 第3話 10月26日 黒衣の花嫁 砂本量 12.4% 第4話 11月 0 2日 密やかな連続殺人 砂本量 瀬巻亮犬 (須藤泰司) 和泉聖治 14.8% 第5話 11月 0 9日 悪魔の囁き 13.8% 第6話 11月16日 浅沼晋平:東京地裁裁判長 寺脇康文:亀山薫 ブログを報告する. 外川貴博:篠宮彬(ゆかりの兄) 志水正義:大木長十郎 一色彩子:室園悦子(弁護士、元検事) 竹内和彦:記者? 劇場版Ⅱで殉職した官房長。シーズン9が始まるより前の2010年7月のこと。そのシーズン9の最終話に官房長が登場します。もちろんこのときはすでに亡くなっているので、回想シーンとしての登場になります。, 本多篤人死刑執行か、という衝撃的なオープニング。しかし本多を待っていたのは片山雛子。しかも、釈放を言い渡します。, 特命係の2人は、刑務所にいる瀬戸内米蔵に呼び出され、面会に行きます。そこで、本多篤人の死刑は執行されておらず、釈放されたことを瀬戸内の口から聞きます。そのようなねつ造は不可能だという右京さんに瀬戸内は、, 釈放された本多は娘の茉莉に会いに行きますが、茉莉のマンションで暴漢に襲われ、本田は暴漢を殺してしまいます。その後茉莉のマンションを訪れた特命2人は暴漢の遺体を発見。警察がかけつけ、現場を調べているところ、マンション前を何度も通る不審な車のナンバーから、片山雛子にたどり着き、彼女を訪ねます。そこで重要な話が明かされます。話は2010年6月にさかのぼります。官房長が殉職の1か月前。, 首相官邸に赤いカナリアから脅迫文が届きました。本多篤人を釈放しなければ炭疽菌テロを敢行するというもの。片山雛子は首相官邸に呼ばれ、対策チームが組織されます。その指揮を執るのに最適な人物を呼ぶとのこと。, ということで、官房長登場です。繰り返しますが、これは官房長殉職の1か月前のシーンです。表向きは本多篤人は死刑執行されたものとし、ひそかに彼を釈放し、別人として国外に逃がし、表向きは政府はテロに屈しなかったということにする、というのが官房長のシナリオでした。, 官房長は、娘の茉莉にも接触し、本多を釈放するから、会いに来たら彼の居場所を教えるよう要請します。, 再び瀬戸内米蔵との面会。本多釈放は刑務官から聞いたというのは嘘で、本当は小野田官房長だったのではないかと追及し、瀬戸内はそれを認めます。やはり2010年6月のこと。, つまり、瀬戸内の言う、「不可能を可能にできる人間」は官房長だったわけです。この瀬戸内によるこのフレーズ、シーズン4第1話にも出てくるんです。, https://partenaire.hatenablog.com/entry/2018/05/19/231906, 瀬戸内との面会の帰りの車。右京さんは、週末、官房長のお墓参りに行こうと神戸君を誘います。, PARTENAIREさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 川原和久:伊丹憲一 岸部一徳:小野田公顕, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, カープ、ラグビー、ドラマ「相棒」のことを中心に、いろいろ書いていきたいと思います。. あまりメジャーな回ではないですが、官房長とのやりとりがたまらなくおもしろい回。「ああ、それならもう手を打ちました」この官房長の名台詞の最初の回がこれでした。冤罪を掘り起こした特命がこれ以上余計な事をしないように処分しようと進言する内村刑事部長に対して。, この回は比喩の応酬。まずは野良犬。内村「そろそろ野良犬は捨てる時期ではないでしょうか?」官房長「野良犬は捨てられません。だって飼えませんから」内村「そんな禅問答をしているヒマは・・・」, 殺人事件の犯人は、篠宮ゆかりによる兄の復讐。その裏に、刑事と弁護士による殺人教唆があることを右京さんたちが突き止めるも、官房長はその「沸騰した鍋にフタ」をしようとする。シーズン3「警官殺し」の鍋のシーンが回想で出てきます。, 右京さん「今は、その鍋が沸騰しているときではないでしょうか」官房長「それならまず、火を止めるのが先かな。僕が思うに、火元は君らじゃないかしら」・・・官房長「世の中には、火を止めた後も、フタを開けてはいけない鍋があるんじゃないのかな」官房長「内村さん、火元たちをよろしく」このやりとりだけでもおもしろい。, 裁判で被告人の篠宮ゆかりが殺人教唆をばらす大どんでん返しで大騒ぎで、官房長の独り言。, PARTENAIREさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 山中たかシ(山中崇史):芹沢慶二 劇場版Ⅱで殉職した官房長。シーズン9が始まるより前の2010年7月のこと。そのシーズン9の最終話に官房長が登場します。もちろんこのときはすでに亡くなっているので、回想シーンとしての登場になります。 本多篤人死刑執行か、という衝撃的なオープニング。 平井賢治:青木由紀男(20年前の事件の真犯人) あらすじ 大谷亮介:三浦信輔 あらすじ 須永慶:東京地検刑事部部長 公式 ブログを報告する.  夜。警視庁を後にする杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)。その脇を、捜査一課を乗せたパトカーが通り過ぎて行く。続く鑑識の車には、携帯電話を掲げて見せる米沢守(六角精児)。電話... 放送日:2005年10月19日 岡けんじ:金子祐介(20年前の事件の被害者) | 高樹沙耶(益戸育江):宮部たまき  “閣下”と呼ばれた男を覚えているだろうか。名前は北条晴臣(長門裕之)。かつて、右京(水谷豊)たちの捜査により殺人犯として逮捕されながら、超法規的取引で自由の身を手に入れた傲... 相棒1 第1話「警視総監室にダイナマイト男が乱入!刑事が人質に!?犯罪の影に女あり…」, 篠宮ゆかりが内縁関係の青木由紀男を殺したと緑川警察署に自首。当直で聴取を担当した安城警部補を中心に、正当防衛の可能性も視野に入れ捜査を進めると決定。その直後、ゆかりの弁護士と名乗る室園が訪問。, 右京は弁護士の登場が早いのと管轄の違う署に自首したことを疑問に思い、室園に話を聞くと、数日前青木に貸した金のことで相談を受けたとのこと。, 右京が青木の部屋に行くと、亀山が。10年も住んでいたというが、ゆかりが言うにはヘビースモーカーとのことだが、焦げ跡などはなし。また、畳の染みが途切れており、畳を上げてみると下から札入れを発見。, 彬(ゆかりの兄)が20年前に殺人容疑で逮捕されていたことが判明。さらに、一審で有罪となり、控訴している途中で拘置所で病死したという。, 20年前の事件を調べ、自白もあったというが、右京は「その自白に信憑性はあったのか」と疑問を口にする。また、調書に安城の名前を見つけ、安城に話を聞くと「今回の事件と20年前の事件は犯人が兄と妹という以外に接点はなかった、今回は過剰防衛による傷害致死」と言われる。, 青木の部屋から出た札入れから青木と金子(20年前の被害者)の指紋が検出される。そのことから真犯人は青木で彬は冤罪であり、ゆかりの真の動機はそれかもしれないと推理。また、札入れから出た別の指紋を調べると、室園の指紋と一致。, 右京と亀山は「20年前の事件はすでに時効になっており冤罪をネタに青木は室園を脅した、室園は安城に伝え、さらにそれをゆかりに教えて青木を殺すよう仕向けた、安城は自分の署に出頭すれば傷害致死にすると言い、室園は弁護を引き受けて執行猶予にすると約束した」と推理。しかし、証拠はないため、「自白を取る」と室園に話を聞くと、「任意で提出した指紋ではない、確かに青木には会った、『20年前の事件は冤罪』と金を要求された、しかし今回の事件と20年前の事件は無関係」と強調。, 右京と亀山は担当の検事に「『20年前の事件は冤罪』を室園が認めており、室園と安城による殺人教唆」の可能性を伝える。検察で改めてゆかりを取り調べすると、「青木が20年前の事件の真犯人であり、それを青木から知らされ、復讐のため殺した」と自供。, 亀山が「安城と室園の名前を出さなかったのは青木が真犯人であることを教えてくれて恩に感じたからではないか」と言うと、右京は「兄を冤罪にした2人(安城、室園)を本当に許せたのか」と疑問に思う。そこで「殺人教唆」について安城に確認しようとするが、小野田の指図で安城は監察下に置かれていており、小野田に抗議。右京が「鍋が沸騰しているのにふたをすると吹きこぼれるかもしれない」と監察官に安城を調べさせるよう進言するが、小野田は「火を止めるのが先、火元は君たち、世の中には火を止めた後もふたを開けちゃいけない鍋がある」と拒否。, 公判で、ゆかりは「青木が20年前の犯人と知ったのは安城に教えてもらったから、青木を殺しても傷害致死で送検してやると言ってくれた、室園もその時一緒にいて必ず執行猶予をつけてくれると言った」と証言。, 右京は「ゆかりは警察も検察も裁判も信じていなかったのだろう、だからマスコミや一般人のいる法廷で話すしかなかった、青木と同じくらい警察と検察を許せなかったのだろう、しかし殺人教唆は証拠がない、安城と室園を冤罪に仕立て上げたのだとしたら……」と新たな疑問を口にする。, 「獄中で無実訴え続ける」と見出しにある記事を見たのに、「控訴ということは、量刑に不服だったのでしょうか?」って、記事を見てないのと一緒じゃん……。杉下右京がそれでいいの?, 最後に右京は「真犯人を教えたのは、本当に安城刑事と室園弁護士だったのか、そしてあの2人が、本当に青木殺しを仄(ほの)めかしたのか」って言うけど、「青木殺しを唆(そそのか)した」の間違えじゃないの?.