真澄は、水城とマネージャーと共にマンション地下のパーキングに車を止め、マヤの部屋に向かう。 真澄が合鍵でドアを開ける。 玄関の灯りは消えているが、リビングの灯りは点いたままだ。 真澄はリビングに入ってマヤの姿を探す。 しかし、リビングダイニングにもその隣の寝室にもマヤ� ‚ׂĂð’m‚Á‚Ä‚àA‚Ü‚¾‚Ü‚¾‘«‚è‚È‚¢‚ÆŽv‚¤‚قǁAˆ¤‚µ‚¢‹CŽ‚¿B, ƒ}ƒ„‚Ì•\î‚́AŒˆ‚µ‚ÄŒy•Ì‚µ‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚Í‚È‚­A‚æ‚èM—Š‚µ‚½‚悤‚É”Þ‚ðŒ©‚Â‚ßA“µ‚ð‚Ü‚¹‚Ä‚¢‚éB, ^Ÿ‚Í‚ ‚ꂱ‚ꌾ—t‚ð‘{‚µ‚½‚à‚̂́AŒ‹‹Ç‚ ‚è‚«‚½‚è‚ÈŒ¾—t‚Åš‘‚¢‚½B. 初めて書いた地下作品なので設定も考えてなくて…(汗) 快楽の罠 「マヤ× (真澄以外)」の描写がありますので、読みたくない方はご遠慮下さい・・・。 ちゃんとオチがあり、後味は悪くないハズ(笑) 「マヤ×真澄」もアリ。 うらはらなココロ 気にしているのであろうか。 A‚æ‚Ù‚Ç‹»•±‚³‚ꂽ‚Ì‚©A‚©‚Ȃ葁iˆÈ‰º—ªjB‚ȁ[‚ñ‚ĂˁcB. 真澄が唇でマヤの唇を割る素振りを見せると、マヤはおずおずと薄く口を開いて、自ら真澄の舌を迎え入れた。 あっという間に真澄の舌がマヤの小さな舌を捕らえ、絡めとり、容赦なく愛撫し続ける。 それは、マヤが初めて経験する大人の口付けだった。 一方真澄に拘束された形になったマヤは、ひたすら彼と顔を合わせないように身をすくめ るばかりだ。 じっと見詰められる真澄からの視線が痛い。 さっきまで自分を守ってくれていたシーツの鎧は、今はもうホンの少し自分の体にひっかかっているだけだ。 Œ¾‚¢‚½‚­‚Ä“`‚¦‚½‚­‚āA‚È‚Ì‚ÉŽŸX‚ƉŸ‚µŠñ‚¹‚Ä‚­‚é–¢’m‚̐¢ŠE‚ɐ¸ˆê”t‚ŁA‹‚É‚ÍŒ¾‚í ‚¸‚¶‚Ü‚¢‚É‚È‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚Á‚½‚»‚ÌŒ¾—tB ^Ÿ‚̐O‚ª—£‚êAŠz‚ðƒRƒcƒ“c‰Ÿ‚µ“–‚Ä‚È‚ª‚玊‹ß‹——£‚©‚瓵‚ð”`‚«‚±‚܂ꂽƒ}ƒ„‚́A–j ‚ðõ‚ß‚½‚܂܁A‹Éã‚̏Ίç‚ÅŒ¾‚Á‚½B. 真澄が動くたびにマヤの締め付けが強くなる。 真澄はマヤの胎内を存分に味わい、烈しく揺らす。 湿った音とぶつかり合う音。 絡まる吐息。 マヤの躰をマヤ以上に熟知している真澄は、マヤの一番感じる場所を執拗に責め、灼熱の塊を擦りつける。 真澄はマヤの気持ちを受け取るかのように、手を握り返した。 そして、その繋いでいた手をゆっくりと離すと、両手でマヤの頬をそっと覆い、愛しそうに彼女を見つめていく。 熱く、やさしい真澄の眼差し。 マヤは、すべてを任そう・・・と瞳を閉じた。 小さなマヤの抵抗は、男の力には敵わない。 真澄はマヤを力いっぱい抱きしめ、身動きすら許さなかった。 真澄の中の何かが切れてしまったように、今まで抑えていた感情がむき出しになっていく。 そして、喉まで出かかって言えずにいた言葉を思い切り吐き出す。 「・・・あいつに・・・� 真澄の指が、マヤのワンピースの背中のファスナーをゆっくりと降ろしていく。裂けるように現れる白い背中に真澄の指が触れ、これから起こり得る行為を思いマヤは身震いをする。背筋に沿ってうなじまで真澄の舌先がのぼり、耳朶を軽く食むと、マヤは堪らず躰を捩って小さな声をあげた。 ‚¢Œû‚¯‚ðŽó‚¯‚È‚ª‚çAƒ}ƒ„‚͂ӂƍð–é^Ÿ‚ÉŒ¾‚¢‚»‚Ñ‚ê‚Ä‚¢‚½Œ¾—t‚ðŽv‚¢o‚µ‚½B 真澄はマヤの首筋に唇をあてがい、そのまま耳元へと愛撫を進め、静かに囁く。 「だって…今のあたし…」 マヤは真澄の愛撫に溺れながらも弱々しい声を出す。 彼女は縮んでしまった胸元を見られるのを.