筑波大学陸上競技部OB・OG会. いざ、書いていこうとすると何から書いていくか、順番とか展開とか考えてしまって、書けずにいましたが、考えるのをやめて書きたいものから書いていくことにしました。, 早速、自分の競技のこと、陸上競技砲丸投げについて、投法の変更をしたきっかけなどを書いていこうと思います。(以下、自己解釈のため参考程度にお願いします。), 砲丸投げは、グライド投法 と 回転投法 の2種類の投法があります。グライド投法・・・砲丸が直線的な軌道で投げられる回転投法  ・・・遠心力を用いて、砲丸の軌道が回転し投げられる体の動き自体も、グライドは直線的、回転投法は回転的なものとなっています。, 中学1〜2の春       ステップ投げ   アップシューズ中学2夏〜大学1/10月  グライド投法   スローイングシューズ大学1/11月〜大学4    回転投法     スローイングシューズという感じで投げ方に合わせて、シューズも変えました。 ステップからのグライドに関しては、特に自分の意思と言うよりかは、砲丸投げをするにあたって必須条件的な感じで、11m99を投げた試合の次の日に先生に言われて変えました。グライドに変えて3ヶ月くらいでステップの記録を抜いたような気がします。 グライドからの回転は、大学の先輩から回転の話を聞いていくうちに挑戦をしてみたくなって変えました。なんで11月から?って感じですが、関東インカレ後すぐにハンドボールの授業で左膝の内側を怪我をして、日本インカレ1ヶ月前くらいから持病の椎間板ヘルニアが最悪の状況になり、体の回復とシーズンを考えて11月ということになりました(勝手に自分で決めただけです)。, ざっと、投げ方の変遷はこんな感じですが、回転投げに変えるにあたって、私にはメリットの部分が大きかったように感じます。, 私にとっての回転投法のメリット・身長が低い人が大きい人と対等に戦える武器になる・立ち投げからの記録が、グライドでは+2m、回転では+4mと夢がある・海外選手で膝を怪我した人が回転に変えたという話を聞いた・ヘルニア持ちの自分にとって、腰への負担が軽減された・日本女子では回転で活躍した人がいなかったから自分が先駆者になれる!, その他・大学生で何かに挑戦したいと思っていた・大学4年間なら不器用な自分でもどうにかなりそう, 最近では、世界選手権の女子砲丸投げで回転の選手が2、3人ほど入賞していましたが、それまでは女子は世界でもグライド、男子でやっと回転投げが流行してきたというイメージです。, 私には幸運なことに、基礎の基礎から面倒を見てくださった先輩やグライドから回転投法に変えた最強の指導者、いくらでも投げられる環境など挑戦するには最高だったため、挑戦しない理由が無かったです。, 自分の経験を踏まえたデメリットと一般的なデメリット・不器用にはめちゃくちゃ大変・指導者できる人が日本にわずかしかいない・指導教本の型が少ない(練習方法やドリルなど)・始めたばかりの時は右抜けが多く事故になりかねない・技術的要素が強い・変えることへの不安, と、ずらずらと並べましたが、解決策はあります。やりたいのにやれない環境ほどもったいないことはありませんし、顧問から回転にしないかと誘われなければ、やってはいけないということもありません。 私は大学生から始めましたが、早く始めるに越したことはないです!中学・高校から始めた回転の選手もわずかだと思うので、やってみるのも面白いと思います。海外ではすでに混成競技の選手でさえも回転投法へシフトしている選手がいるくらいです。, デメリットにも書きましたが、 回転投法に変えることへの不安 というものが実際ありました。変える前にどうしようという不安というよりかは、変えてしばらく時間が経ち、記録に繋がらないもどかしさを感じ始めたとき、回転投げに変えた自分は正解だったのか という自問自答の日々は多かったです。, 実際、現役中の時も回転を始めたはいいもののグライドの記録を越すことができず、結局回転投法では試合にならないからグライドで出る、やっぱり回転投法をやめてグライドに戻す、という人を見たり聞いたりしました。, 試合で3本ファールしようが、インカレで学校の名前背負いながらも不甲斐ない試合になろうが、結果が出ずに苦しい時期が長く続こうが、それだけは自分の中で決めていました。グライドに逃げるのは自分を裏切ることで、自分を信じきれていないこと、中途半端なことはしないという思いがありました。 なんで、そんなに回転への意思が強いものになったかは覚えてないですが、自分がまた全国の試合で活躍できるようになるための最大の賭けでした。, 私が回転投げで記録が安定し出したのは、大学4年シーズンなので2年半程かかりました。それまでは、たまたま1本引っかかった記録が年に1〜2回出たくらいです。練習でもうまくいかずイライラすることもありましたし、1人でひたすら黙々とドリルや投げをしたり、先輩や先生に見ていただいたり、基礎体力づくりを徹底したりと、記録を伸ばすにあたっていろんなアプローチをしてきました。, とりあえず、回転投げを始めるにあたって大事なのは、私自身も先生からよく言われていた『 辛抱すること 』だと思います。始める前から辛いこと覚悟でやれって感じではないですが、いいことより辛くて苦しい時期がある上で成り立つものがあり、記録につながったと思っています。私の場合、周りの先輩や同期、先生に恵まれたこともあり、なんとかやり抜くことができました。, 結果的に、私は回転投げでグライドのPB+1mを投げれたこともあり、変えてよかったと思っています。, 一個人の経験談ですが、回転投げに挑戦してみようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。質問等ありましたら、コメントしてください。, 陸上競技砲丸投げ10年 グライド14.09 回転投15.16 IH、Jr、国体入賞経験あり◎ 月1で県の練習会にて中高生に砲丸投げの指導◎. 1896年の「第1回アテネ五輪」前までの選手たちの「砲丸投」の写真や図版、技術指導・解説書を見ると、投てき場の7フィートの制限範囲内を歩いたり、小走りしたりする動作からステップを使って投てきをしていることがわかります。, 「アテネ五輪」以降は、さまざまな投法が登場しますが、1950年頃までの約半世紀間に活躍した選手たちの投法は、横向きから立位でステップして進んで投げ出す「横向き投法」でした。, この投法は、ステップを踏んで前進しながら後方の膝を深く折り曲げ、できるだけ重心を下げることによって首の横に保持した砲丸の位置を下げ、立ち上がりながら腰の回転によって一気に突き出す投法でした。, この時代は、前回写真②のように、五輪3大会で大活躍したR・ローズ(米国)や30年代に活躍したJ・トーランス(米国)など、日本の大相撲の幕内力士並みの身長195cm、体重130㎏もある巨漢の選手たち優位を占めました。, 高い発射点、重い体重を砲台とし、腕力で砲丸を投げ出して、40年代までに17m台の記録を出す水準に到達しました。, 第二次大戦以降は、C・フォンビル、J・フュークスらの米国選手たちが、巨体に加えて強い脚力を使って戦前の選手以上に深く沈み込み、砲丸の弾道の移動距離(軌道)をさらに伸ばして記録を18mに近付けていきました。, その後、P・オブライエン(米・南カリフォルニア大学生)が約100年間、誰も考え付かなかった「後ろ向き投法」を披露。, 52年ヘルシンキ、56年メルボルン両五輪で金メダルを獲得するとともに、世界記録を再三書き換えました。, 以後、3年半の間に記録を19m25にまで伸ばし、「砲丸投」に画期的な技術革新をもたらしました。, 彼の投法は、60年を経た今日でも日本の一流選手や若い選手たちが用いています。投射方向を背にし、膝を深く折り曲げた姿勢からグライドして進んで「構え」に入ります。, フュークス(米国)などの「横向き投法」と比べると、構えに入った時は上体が投てき方向に背を向けたままで、肩の内側に保持された砲丸はさらに遠く深い位置に置かれていることがわかります。, オブライエンは、巨体ながら100mを10秒台で走ることが出来る脚力があり、深く低い位置から一気に突き出すので、砲丸の軌道はより長くなりました。, フィニッシュでは肘を一杯に伸ばした長い腕の働きで、砲丸を押し出す力はさらに強くなり、当時としては考えられないほどの好記録を生むことが出来たのです。, 制限されているサークル内とはいえ、首元に砲丸を保持した状態で身体の回転の加速とともに、砲丸の軌跡は以前の「後ろ向き投法」に比べて、ほぼ2倍近くなることから、記録は大幅に向上し、今日では五輪、世界選手権、日本選手権でも多くの選手がこの投法で記録を伸ばしています。, 彼は88年ソウル五輪で2位となったあと、薬物違反で2年間の出場停止となり、8年ぶりに出場した96年アトランタ五輪では金メダルを獲得しました。, この種目は今後、限られた「サークル」から重い砲丸を投射するための筋力増強が記録向上の主眼となるため、「薬物使用」の誘惑に負けずに、どれだけ技術革新が図れるかが課題となるでしょう。, 懇親会の案内などご連絡します。 「後ろ向き投法」の先覚者のP・オブライエン<サークル内は土製でありスパイク・シューズを履いている点に注意>」『Das Grosse Buch der Olympischen Spiele』(1995)p179 Christian Zenter (Copress Verlag Gmb H. Munchen), 「初期の回転投法」『(雑誌)陸上競技マガジン』(1974年5月号)p24 (陸上競技マガジン社), 「約30年間破られていない世界記録を持つR・バーンズ選手(於;1996年アトランタ五輪時=21m62)」『アトランタ・オリンピック総集編(朝日グラフ増刊号)』(1996)p72(朝日新聞社). 砲丸投げで遠くに飛ばすコツや練習法 今回は砲丸投げのコツや練習方法について解説させていただこうと思います。 砲丸投げといえば中学、高校、大学・一般と年を重ねるごとに投げる砲丸の重さがだんだんと重くなっていきます。 また、各支部で開催された懇親会などの写真付きでの開催報告も、お待ちしています。(トークからご報告ください!), 〒305-8574 砲丸投げは、グライド投法 と 回転投法 の2種類の投法があります。 グライド投法・・・砲丸が直線的な軌道で投げられる 回転投法 ・・・遠心力を用いて、砲丸の軌道が回転し投げられる 体の動き自体も、グライドは直線的、回転投法は回転的なものとなっています。 詳しくは、指導書や論文での確認をお願いします。 The following two tabs change content below. 大学の体育学部卒業後、新卒で建築会社に施工管理として入社した結果、約半年で退社し地元に帰郷! 砲丸投げの起源はスコットランドの石投げから始まっており、力比べの方法として使用されていました。当初は石を投げ手いましたが、途中に鉄製のボールに変わっています。 また、当初は四角いサークル内から投げていましたが、現在では丸い形のサークルに変更されています。 砲丸投げの規定は性別や年齢によって重さが設定されています。丸いサークル内から扇状に伸びている線の中に落下しないとファウルになります。ちなみに線の上に落下してもファウル扱いです。 砲丸の投げ方にはグラインド投法と回転投法の2種類があり、日本人のほとんどの選手がグラインド投法を行っています。特徴としては今までご紹介した砲丸を固定した状態から助走を取り、足をまげて体全体で押し出すため安定感が非常にあり、ファールが少ないのが特徴です。 フィニッシュでは肘を一杯に伸ばした長い腕の働きで、砲丸を押し出す力はさらに強くなり、当時としては考えられないほどの好記録を生むことが出来たのです。 その後、70年代には「円盤投」の技術からヒントを得た「回転投法」が出現します。 砲丸投げはフォームが整うだけでも記録はグンと伸びます。腕で投げるのではなく、体全体を使って伸びながら押し出す感覚が重要です。屈んで、伸び上がるスピードが鍵で、そのスピードが記録に直結します。重要な筋肉は脚の筋肉で脚の中でも重要な大腿四頭筋になります。 動作開始からリリースまでの砲丸移動距離は,回転投法がグライド投法の1.41倍です。, この“砲丸が移動した距離”に関して,回転投法では準備局面(動作開始から左が接地までの局面)でこそ大きな移動を示すものの,砲丸加速の主要局面である投げ局面(左足接地からリリースまでの局面)での砲丸移動距離については,グライド投法と大差がないのです。, 砲丸移動距離に関して,投げ局面の砲丸移動距離は回転投法がグライド投法の90%です。, 回転投法では予備動作のストライド幅が大きく,投げのスタンスが小さくなる“long-short rhythm”が採用されていることが明らかとなっています。 初心者のための「砲丸投げ」回転投法が上達する練習方法について記述します。 Contents1.記録を伸ばす回転投法2.回転投法の整理1.砲丸移動距離2.空間的な利点3.砲丸速度減少4.砲丸速度減少 1.記録を伸ばす回転 … 皆さん、砲丸投げについてどんなことを知っていますか? 砲丸投げの起源は古く、原型は、重い物を遠くまで飛ばすという「力比べ」だったそうです。 スコットランドでは砲丸の代わりに石を投げていましたが、1860年に鉄製の弾丸で行われたのが現在の砲丸投げの始まりと言われています。 それでは、現在の砲丸投げの基本について、詳しくご紹介します。 Copyright © 筑波大学陸上競技部OB・OG会 All Rights Reserved. これらから,回転投法においてグライド投法よりも砲丸の移動距離が長いのは,投げ動作以前の部分であり,加速に関わる回転投法の空間的な利点は,主に「準備局面」にあるだろう。, 次に,その「準備局面」の機能的な役割という観点から,準備局面で本当に問題になるのは,“砲丸自体の加速”でしょうか。, “砲丸自体の加速”ということに関して,空中局面(左足離地から右足接地までの局面)での砲丸速度増大の必要性について,砲丸速度の損失を防ぐという観点から,空中局面を短くすることをすすめます。, しかし,準備局面前半における加速の後,移行局面(右足接地から左足接地の局面)の前後で砲丸速度が大きく落ち込みます。, したがって,このような事実を考えると,準備局面における砲丸の加速を利用するために,空中—移行局面で砲丸の速度を落とさないことを重視するは無理があるかもしれません。, 上述の移行局面における砲丸速度の落ち込みに関しては,投てき方向に全身が進行するのに対して,砲丸が逆方向の動きをすることに起因します。, すなわち,砲丸の速度は,ターンから投げの構えを整えるという,最終的に砲丸を有効に突き出すための全身の動きによって損失を受けていると考えられます。, そして,砲丸の動きのみに着目すると,ターンにおける加速は移行局面でほとんど消えてなくなっているように見えてしまうため,この速度はどこ行ってしまったのでしょうか。, そこで,加速の過程を砲丸そのものの運動という観点ではなく,砲丸を含んだ競技者全体(=砲丸—競技者系:システム)の運動として考えます。, 砲丸の減速が起こる空中・移行局面における全身の角運動量,並進運動量の変化を見ると,砲丸が減速するにも関わらず,競技者の身体は回転しながら投てき方向に動き続けており,システムは投げ局面に向けて十分な運動量を確保していると考えられます。, このことから,砲丸の速度減少という一見投げに不利な状況が生じた背景には,投げ局面に向けて全身に運動量を持たせ,投げの準備を整える過程があったと考えられます。, そして,前述の砲丸と身体の関係,身体の質量の大きさとその運動量の関与を考えれば,砲丸速度の損失は必ずしも重大な問題であるとは言えません。, システムが最終の投げ局面において運動量を投てき物に転移できる状態を確保することが重要でしょう。, 回転投法は,グライド投法よりも準備局面における砲丸移動距離は長くなるが,投げ局面における砲丸移動距離に大差はありません。, 回転投法では,移行局面に砲丸速度が減少しますが,システムの運動量は十分に確保されていることから,砲丸速度減少の背景には,投げ局面に向けて全身に運動量を持たせ,投げの準備を整える過程があります。, 回転投法における砲丸速度の減少は,必ずしも重大な問題ではなく,システムが最終の投げ局面において運動量を投てき物に転移できる状態を確保することが重要です。, 砲丸なげの回転投法をやりだすと確かに距離は伸びますが、反面基礎体力が必要になってきますので、筋肉炎症や肉離れなどの怪我には十分気をつけましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 茨城県つくば市天王台1-1-1