基本情報から選ぶ時のポイント、ITトレンドおすすめの製品情報をまとめてご紹介します。, ★ITトレンド上半期ランキング2020「給与計算システム」部門で1位獲得! 給与を支払う際には、所得税の納税分を源泉徴収するのが一般的です。源泉徴収額は当人の所得税に基づいて計算されることになるため、税額を割り出すにはある程度所得税に対する知識が必要になるでしょう。, この記事では、所得税や源泉徴収について、そしてその計算方法についてご説明します。 概念や計算の仕方を学び、間違いのない所得税の計算を行いましょう。, 給与に対する所得税を計算するには、所得税に関する理解を深める必要があります。まずは所得税について詳しく見ていきましょう。, 所得税とは、年間に得た所得に対する税金のことです。所得を求めるためには、年間に得た総収入から経費と所得控除を差し引きます。, 経費は主にその収入を得るために要した費用のことであり、一例としては事務所のオフィス代や設備機器代、そして従業員の給与が挙げられるでしょう。しかし、サラリーマンの場合は具体的な金額ではなく、ある程度一律の「給与所得控除」という形で差し引くことができます。, また、所得にはさまざまな種類があり、給与を得たことで発生する「給与所得」、事業から得られる「事業所得」、副業から得た「雑所得」などがあります。基本的には、これらの所得を合算し、決まった税率を掛け、そこから税額控除を差し引けば所得税額を求めることができます。, 所得額に対して発生する税金としては、所得税のほかに住民税も挙げられます。所得税が国に納める税金であることに対し、住民税は居住している地方自治体に納める税金です。また、所得税は累進課税制度が設けられているため、所得額が多ければ多いほど税率も高くなるのに対し、住民税は一律の税率で課税されます。そして、所得税は所得がゼロであれば税金額もゼロになるのに対し、住民税は均等割というものが設けられているため、所得額がゼロでも税金が発生するケースがあります。, では、実際に所得税額を計算してみましょう。所得税額の計算における大まかな考え方は、下記の通りです。, 総収入というのは、一年間に得た全ての収入のことです。ここには給与や事業で得た収入、何かを売却して得た収入、副業を行って得た収入、投資で得た収入などが含まれます。, そこから、収入を得るために要した経費を差し引き、さらに所得控除額を差し引きます。経費は、事業を行っているのであれば設備機器代や従業員への給料、副業や投資を行っている場合はその勉強代や手数料が該当します。, 給与に対する経費は一部認められているものの、基本的には「給与所得控除」という形で一律に設定されているため注意しましょう。差し引かれた課税所得に決まった税率を掛け、税額控除を差し引けば所得税額を求めることができます。, 「課税所得」は上述の通り、総収入から経費と所得控除を差し引いた額です。課税所得を求めなければ最終的な所得税額を算出することができないため、まずは総収入から課税所得を求める必要があります。, 計算方法は上記で解説した通りですが、所得にはさまざまな種類があることを念頭においておきましょう。所得は、給与から得た「給与所得」、事業から得た「事業所得」、株式などの譲渡から得た「譲渡所得」、銀行預金の利息による「利子所得」などに分類されます。また、所得にはそれぞれ「総合課税」と「分離課税」のものがあり、原則的には総合課税に該当するもののみを合算し、所得税額を割り出します。分離課税のものは他の所得と合算せず、それ単体で税額計算を行います。, 総収入から経費と所得控除を差し引けば課税所得を求めることができますが、所得控除にはどのようなものがあるのでしょうか。一例を挙げると、社会保険料を支払ったことによる「社会保険料控除」、医療費を一定以上支払ったことによる「医療費控除」、保険代を支払ったことによる「生命保険料控除」などがあります。, どのような所得控除を受けられるかは個々人の状況によって異なるため、ケースに応じて対応する必要があるでしょう。基本的には所得控除額が多くなればなるほど税金は安くなるため、受けられる所得控除は漏れなく申告するのが節税のコツです。, 所得税には累進課税制度が採用されているため、税率は所得によって異なります。詳しくは、下記の通りです。, 基本的には所得額が大きくなればなるほど税率も高くなります。所得が多くない人の課税は抑え、所得が多い人からは多く徴収するといったやり方です。, 所得税の求め方は分かりましたが、では源泉徴収の場合はどうでしょうか。給与から源泉徴収を行うためには、所得税に対する理解に加え、源泉徴収に対する理解も深めておく必要があるでしょう。, 所得税と源泉徴収はそもそも概念が異なります。所得税が税金の一種であるのに対し、源泉徴収は給与から予定税額を差し引き、前もって納税することです。, 源泉徴収を行うメリットとしては、間違いなく税金が納められるという点が挙げられます。通常は当人が年度中に得た所得を確定申告し、その後に決まった税額を支払う形になりますが、源泉徴収であれば前納税になるため、ほぼ確実に納税が行われます。, 源泉徴収で納めた税金はあくまでも年度中の仮計算によって行われるため、実際の税額と異なることも多いです。その場合は年末調整や確定申告を行うことで、オーバーした分の税金の返還を受けられます。, 源泉徴収額の計算は、「源泉徴収税額表」を参照して行います。まずは当人の給与から社会保険などの控除を差し引き、源泉徴収の元となる額を算出します。それに加え、源泉徴収額の計算には当人の扶養人数も必要になるため、あらかじめ確認しておきましょう。, 扶養というのは誰かが誰かの生活の面倒を見ている状態のことであり、扶養人数が多ければ多いほど控除額が大きくなるため、税額が安くなります。たとえば、世帯の構成員として会社勤めの夫、専業主婦の妻、そして子どもが2人いる場合、扶養人数は3人となります。, 源泉徴収の元になる給与額と扶養人数が分かれば、あとは源泉徴収税額表を参照するだけで源泉徴収額を割り出せます。金額によって税率が定まっており、それに対する納税額も一目で分かるようになっているため、それほど難しいことはないでしょう。, なお、源泉徴収税額表には月額・日額・賞与の3種類が設けられています。給与が月ごとに支払われている場合は月額表を、日払いや週払いの場合は日額表を用いるのが一般的です。そして、ボーナスに対する計算を行う場合は「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」を用いましょう。, 源泉徴収で先取りされた税金は年度の途中で計算されるため、必ずしも最終的な額と合致しているとは限りません。超過している場合は還付しなければなりませんし、不足している分は追加で納税する必要があります。, そのための制度として、年末調整が設けられています。年の終わりに年末調整を行えば、12月に支給する給与に超過分の税額を加えて支払うことができます。もちろん、不足している場合は追加で徴税する形になるでしょう。年末調整が正しく行われることで、正しい税額が納められます。それにより、会社に勤めているサラリーマンは確定申告義務から解放されるというわけです。, 給与計算は非常に大切な業務になるため、所得税の意味を理解し、正しい計算を行うことが大切です。税金の仕組みさえ理解することができれば、自分の給与に対する手取り額も算出することができるので、これを気にしっかりと学んでおきましょう。, IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。「給与計算で所得税はどうやって決まる?所得税の基本を徹底解説!」というテーマについて解説しています。給与計算システムの製品導入を検討をしている企業様は、ぜひ参考にしてください。. 給与を支払う際には、所得税の納税分を源泉徴収するのが一般的です。源泉徴収額は当人の所得税に基づいて計算されることになるため、税額を割り出すにはある程度所得税に対する知識が必要になるでしょう。 この記事では所得税や源泉徴収とは何か、そしてその計算 … 初めての方でも簡単にわかるよう、給与計算とはなにか、何から始めたら良いのか、給与計算のための準備から計算方法、注意したいリスクまで解説します。, 人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。, 文字通り、社員や契約社員などの毎月の給料を計算する業務です。毎月同じ額の支給にみえるかもしれませんが、給与を構成する項目ごとに毎月変動があったり、項目ごとの計算方法が複雑であったりするため、その計算は意外と大変です。, まずは、給与を構成する項目について概要を把握しましょう。給与は、下記のように「支給額」から「控除項目」を差し引くことで計算できます。, つまり給与計算では、社員への正しい給与額を計算すると同時に、国に納める正しい税額・保険料額を計算することになるのです。, 給与計算は、いくつかのリスクを含んでいます。給与計算担当者なら必ずおさえておきたい代表的なリスクを3つご紹介します。, たとえば、残業代の計算の場合、勤怠に記録漏れがあったり、残業代に計算ミスがあると、残業代の未払いにつながります。これは、労務リスクとなる可能性があります。, 給与計算の際に必要となる従業員や扶養家族の個人情報は、適正な管理を行い、社内外ともに情報漏えいを防止する必要があります。情報漏えいをした場合、個人情報保護法違反から刑事罰や従業員からの訴訟リスクが発生します。, 所得税に計算ミスがあった場合や払い漏れがあった場合は、税務リスクを引き起こしているといえます。, 就業規則とは、従業員が働く上でのルールや労働条件を定めたものです。就業規則は、従業員10人以上の企業は必ず労基署まで届け出ることが法律で義務づけられています。従業員10人未満の場合は、作成や届け出の義務はありませんが、前もって作成することで従業員と会社でスムーズにやりとりができるでしょう。, 給与は、就業規則の中で定められるのですが、給与に関する部分のみ、「給与規定」として別途定められているケースが多く見られます。この給与規定にもとづいて、毎月給与計算を行なうことになります。, 就業規則・給与規定に含めるべき事項には、必ず記載しなければいけない項目(絶対的必要記載事項)と、定められていれば記載する必要がある項目(相対的必要記載事項)、その他の項目(任意的事項)の 3 種類があります。, 必ず記載しなければならない項目は、次の通りです。(参考:厚生労働省 モデル就業規則 平成31年版), このうち、昇給に関する情報以外は、すべて書面で明示することが必要です。さらに詳しい就業規定についての情報は、厚生労働省のサイトでダウンロード可能な「モデル就業規則」 をご参照ください。, 給与計算には、従業員の情報が必要となります。勤続年数や職種、役職などによって基本給や手当が変わるためです。また家族の増減があれば家族手当や所得の控除額が変わり、勤務地の変更・転居があれば通勤手当が変わります。給与に関わる従業員情報については、毎月の給与計算前に収集・更新しておきましょう。, 保険料は給与計算にかかせない項目で、各保険は法律で定められた条件に当てはまる場合、加入する義務があります。これらの正社員・パートタイムなどの雇用形態にかかわらず、条件に当てはまれば加入することになりますので注意が必要です。, 法人では、下記のいずれかに当てはまる従業員、役員は健康保険・厚生年金保険の加入対象となります。, 原則として、40歳から64歳までのすべての従業員、役員が加入対象となります。健康保険料に上乗せする形で介護保険料を納付します。, 下記2つの項目を満たし、かつ65歳未満の従業員は雇用保険の加入対象となります。また原則は65歳未満でも役員は対象外となりますので注意しましょう。, なお、2017年1月1日から、65歳以上も雇用保険の適用対象となります。(参考:厚生労働省), すべての従業員が加入対象となりますが、保険料はすべて会社負担となります。また年1回の納付となりますので、毎月の給与計算ではそこまで意識しなくていいでしょう。こちらも雇用保険と同じく、役員は対象外となります。, 給与計算には、各従業員の労働時間の計算が必要となります。時間外労働に対する割増賃金の計算や、パートタイムやアルバイトで働く従業員の給与を計算するためです。この計算のためのデータ集めとして、出勤簿をつけたりタイムカードで出退勤を記録することが必要です。, 給与計算の準備が済んだら、いよいよ計算をしていきます。 まずは冒頭でお話した給与を構成する項目について、より詳しくお話していきます。, 給与の支給額には、基本給や職務手当のような固定的なものと、時間外・休日・深夜労働の割増賃金などの変動的なものがあります。, 給与支給額のうち固定的なものについては、雇用契約書もしくは就業規則の中で定められているため、計算は必要ありません。会社や法律で定められた金額を元に計算を進めましょう。, 一方で変動的な支給額については、毎月の勤務状況や残業時間にもとづいて計算する必要があります。, 残業代(残業手当)や深夜手当、休日手当といった給与については、下記のように計算します。, 月給は、基本給のほか役職手当や資格手当なども含める必要があります。(ただし家族手当や通勤手当、住宅手当などの手当は、ここでの月給として含めなくてもよいとされています), たとえば時間外労働かつ深夜労働の場合、割増率は 50%以上となります。また、時間外・深夜・休日の労働時間については、日々の計算では1分単位から計算に含める必要があり、15分未満は切り捨て等とするのは違法になります。(例外的に、1ヶ月の労働時間合計において30分未満は切り捨て、30分以上は切り上げとすることは認められています), 計算できた変動的な給与支給額(残業代・深夜手当・休日手当)を、固定的な支給額に足して、給与支給額のベースを計算しましょう。, 人事労務freeeでは、勤怠を入力すると毎月の給与計算を自動で行い、ワンクリックで給与明細の発行も行います。, 支給額の計算の他に、控除の計算も必要です。会社と従業員双方が負担する保険料の従業員負担分と従業員のみが負担する税金を計算していきます。, 雇用保険は、会社と従業員双方で負担します。給与に反映させる従業員負担分の雇用保険料は下記のように計算します。, 賃金額には、基本給のほか、残業手当(非課税分含む)や家族手当、住宅手当なども含みます。また保険料率は事業の種類によって異なりますので、詳細は厚生労働省のWebサイトにてご確認ください。, 健康保険料・厚生年金保険料は、会社と従業員で折半します。従業員負担分の保険料の計算は、下記のように行います。, 標準報酬月額とは、おおよその賃金額のことで、健康保険なら賃金額を50の等級にわけたもの、厚生年金保険なら31の等級に賃金をわけたものになります。なお等級に分ける前の賃金額には、基本給のほかに残業手当、家族手当、住宅手当、役職手当、通勤手当などが含まれます。社会保険料の計算について、詳しくは下記のページをご覧ください。, 介護保険料は、会社と従業員で折半します。40歳以上65歳未満の従業員負担分の保険料の計算は、下記のように行います。, 介護保険料の計算は、加入している医療保険によって料率が異なります。詳細は各健康保険組合もしくは国民健康保険のWebサイトでご確認ください。, 従業員の所得にかかる税金が所得税となります。所得税は、従業員が税務署に納付するのではなく、会社が給与から差し引いて徴収(源泉徴収)し、従業員の代わりに税務署に納付します。1年間の正確な所得税額は年末調整で計算し調整することになるので、毎月の給与計算と納付では、おおよその額を計算・納付することとなります。, 支給額を計算する際には、手当から非課税の手当額を抜く必要があります。非課税の手当額としては、通勤手当(一定額以下)や転勤・出張のための必要と認められたもの、宿直や日直手当(一定額以下)があります。, 税率については、上記で算出した社会保険料控除後の金額に応じて、税額を求めます。税額は、国税庁が一覧表を出していますのでご参照ください。, 従業員が市区町村に納付する税金が住民税となります。住民税は、所得税と同様、会社が会社が給与から差し引いて徴収し、従業員の代わりに市区町村に納付します。, 住民税は、該当する従業員の前年の給与をベースに計算され、1年間の住民税額を12回分に分けた額を毎月徴収して支払うことになります。住民税額は、基本的に毎月の給与計算で計算をする必要がありません。毎年5月に市区町村からまとめて届く6月〜5月の12ヶ月分の納付書に、毎月納付すべき住民税額が記載されているからです。よって、納付書に記載された額を、毎月従業員の給与から差し引くことになります。, 法令の改正や保険料率・税率の変更は人事労務担当者にとって、大きなイベントの1つです。最新の制度に準拠するようソフトを自動アップデート。 更新は追加料金なく、いつでも正しく計算を行えます。, 年末調整なども給与事務の一部です。年末調整のほか労働保険の年度更新・算定基礎届の作成・住民税の更新など、定期的に発生するイベントも人事労務 freeeで効率化できます。, 給与計算では、社員への正しい給与額を計算すると同時に、国に納める正しい税額・保険料額を計算することになります。上記の流れから計算した保険料や税金を支給額から差し引けば、毎月の給与計算が完了します。計算ができたら、給与明細の作成と給与振込、保険料や税金の納付を行いましょう。, 関連記事 給与計算ソフトを買うべき?エクセルや社労士に依頼など、給与計算ツール・方法を比較, ①支給額: [基本給と残業代] - ②控除項目:[ 社会保険料・雇用保険料・所得税・住民税] = ③差引後支給額, { (365日 - 年間所定休日数) × 1日の所定労働時間数 } ÷ 12(ヶ月), 賃金 × 3 / 1000(一般の事業の場合。平成31年4月1日〜令和2年3月31日までの料率), 課税給与所得 = 支給額(基本給・残業代・課税対象の手当)- (社会保険料や労働保険料), 従業員501人以上の企業においては1週間の労働時間が20時間以上の方も対象に(2016年10月から適用。参考:. Copyright (C) 2020 IT Trend All Rights Reserved. 会社のミスにより所得税が多く源泉徴収された場合・・・ 昨日、今勤めている会社から初任給を受取りました。 会社側のミスで、給料から厚生年金と健康保険料が引かれておらず、雇用保険と所得税し … 源泉所得税は、給料や税理士報酬等から徴収し、原則として翌月10日までに納付しますが金額間違いによる納税ミスは単純ミスの典型例です。 大したことはないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、税務調査でもミス … ジョブカン給与計算は、給与計算担当者の負担を減らすための豊富な機能を持ったクラウド給与計算システムです。, 給与・賞与処理の自動化、カンタンな社会保険・労働保険の手続き、正しく年末調整処理することを実現します。利用制度改正やIT環境の変化にも、追加コストなく対応することができます。, 従業員数50名以上に最適◆勤怠の可視化を実現‎「MJSLINK NX-Plus給与大将」, 中規模・中小企業向け業務パッケージ。給与計算、年末調整等の給与計算業務に関わる業務を全面的にサポートします。企業経営の変化に柔軟に対応、人事総務部門の業務効率化を支援します。, お客様の「目指す姿を実現する」「やりたい事をカタチにできる」 使用目的 給与計算の確認 バグの報告 別表第四の端数処理において1の位を切り上げていませんか?課税対象額335,094円 配偶者控除有で計算した際、正しい所得税額は8,150円かと思いますが、 8,160円と計算 … 所得税では稼いだ収入を10種類の区分に分け、それぞれの方法により利益を計算するため、 収入の種類に応じて計算の仕方を変えなければならない ためです。 本題からは離れてしまいますのでここでは深く触れませんが、計算 … 所得税に計算ミスがあった場合や払い漏れがあった場合は、税務リスクを引き起こしているといえます。 給与計算の準備 給与計算する前に、前提として準備しておくものを4つご紹介しま … ご使用のブラウザは、JAVASCRIPTの設定がOFFになっているため一部の機能が制限されてます。, [1]  2020/06/22 07:49   女 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, [2]  2020/04/07 11:43   女 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, [3]  2020/03/16 14:09   女 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, [4]  2020/01/21 18:39   男 / 40歳代 / エンジニア / 非常に役に立った /, [5]  2020/01/17 11:36   男 / 20歳代 / 会社員・公務員 / 役に立たなかった /, [6]  2019/12/24 18:17   男 / 50歳代 / その他 / 非常に役に立った /, [7]  2019/11/05 13:57   女 / 50歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, [8]  2019/07/03 15:47   女 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, [9]  2018/09/21 17:36   - / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, [10]  2018/06/07 17:15   男 / 40歳代 / 会社員・公務員 / 非常に役に立った /, 国税庁)令和2年分 月額表の甲欄を適用する給与等に対する税額の電算機計算の特例について, スタッフさんの源泉所得税の徴収と納税、今更だけど注意点は?|CASIO HANJO TOWN. 給与事務の年間スケジュール それがGLOVIA iZです。, 人事労務freeeは給与計算事務を自動化し、正しく・効率的に行えるようにするクラウドサービスです。勤怠管理や年末調整、入退社手続きなどもカバーし、人事労務管理をまとめて効率化できます。, 従業員数50名以上◆働きやすい環境をサポートGalileopt NX-Plus給与大将, PDCAをダイナミックに動かし経営目標達成へ。人事情報・給与情報を一元管理。定型業務の省力化はもちろんのこと、企業体質を強化して競争力を高めていく人事戦略をサポートします。. 会社の給料計算ミスで所得税が48000円くらいになっていました。会社も非を認め、計算しなおしになりましたが経理上確定したものについては、変更できないと言ってきて、その変わり … 源泉所得税の納付が少なかったとき 源泉所得税の納付が不足していた場合は、足りなかった分を追加で納付しないといけません。 納期限までに間違いに気づいて追加で納付をすればセー … 給与計算の大前提「賃金支払い5原則」と基本用語を解説 給与計算を間違えた時はみなさんどうされてますか?間違えられた社員はめちゃ怒ってるし、上司は怒鳴ってくるし、、、逃げ出したくなりますよね(泣)一般的には、「次の月に修正す …