1月訪客1.1%減、4カ月連続で前年割れ 春節前倒しで18市場が過去最高に(観光庁), 田端観光庁長官 雇用維持と事業継続、終息後には大規模な地域活性化策「Go To Travelキャンペーン」を計画. 日本フードサービス協会(東京・港)が25日に発表した10月の外食売上高(全店ベース)ではW杯効果が現れた。全体では前年同月比2.4%減だったが, 日本政府観光局(JNTO)が20日発表した10月の訪日外国人客数(推計値)は韓国人訪日客数の大幅減を受け、前年同月比5.5%減の249万7千人と、2カ月ぶりに前年割れとなった。ラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会での訪日客数増が、日韓関係悪化による韓国人客の大幅減から"ジャッカル"(密集からボールを奪うラグビーのプレー)された格好だ。 Nikkei Inc.No reproduction without permission. COPYRIGHT© TRAVEL JOURNAL,INC. ALL RIGHTS RESERVED. シンポの名称は「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」。4回目となる今回は東京を, 観光庁の田端浩長官は18日の記者会見で、訪日外国人客数について「日本政府観光局が独自に推計したところ、9日に(1月からの)訪日外国人客数が3000万人を超えた」と明, 熱戦が繰り広げられ、大いに盛り上がったラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会――。1カ月ほど遅れて、経済指標に「大会の熱気」が現れ始めた。市場では、W杯の経済効果は大会開催前に組織委員会が試算として発表した4300億円を上回ったとの声が出ている。 観光庁の田端浩長官は16日の記者会見で9月の韓国からの訪日客数が前年同月比58.1%減となったことについて「(日韓関係の悪化で)訪日旅行の手控えや日韓の航空路線の運休・減便などの影響があった」 … 韓国からの訪日客数は前年同月に比べ65.5%減、人, 観光庁の田端浩長官は20日の記者会見で10月の韓国からの訪日客数が大幅に減少したことについて「訪日旅行の手控えや日韓間の航空路線の運休・減便、台風19号の上陸に伴う欠航などの要因で大幅に減少した」と述べた。そのうえで「このほかにも、ウォン安・円高など様々なマ, みずほ銀行や日本政策投資銀行、JTBなどは25日、人工知能(AI)など先端技術を応用するサービスを手掛けるスタートアップを紹介するイベントを札幌市内で開いた。25~26日に北海道倶知安町で開かれる20カ国・地域(G20)観光相会合に合わせ、交通アクセスの改善をはじめ北海道の観光の課題解決を目指して観光関連企業との連携を後押しする。 ・観光庁 田端浩長官 ... 5:大変参考になった 51 4:参考になった 105 3:あまり参考にならなかった 13 2:参考にならなかった 3 1:どちらとも言えない 13 (平均) 4.0 5:大変参考になった 72 4:参考に … 2020年7月16日(木)配信蒲生篤実氏 国土交通省は7月14日(火)、田端浩観光庁長官が退任し、7代目観光庁長官に蒲生篤実国交省総合政策局長を充てるなどの幹部人事を発表した。7月21日(火)の発令。 蒲生 篤実氏(がもう・あつみ) 19 観光庁 ご意見メール [email protected] で、観光庁のサイトで確認してみた。 田端浩観光庁長官メッセージではこの様に書かれています。 『本年は、こうした取組に加え、海外修学旅行等を通じた青少年交流のより一層の拡大に向け、 公式snsはこちら 〒100-0013 . 国土交通省は14日、藤田耕三事務次官が退任し、後任に栗田卓也国交審議官が昇格するなどの幹部人事を発表した。栗田氏は旧建設省出身。田端浩観光庁長官の後任には蒲生篤実総合政策局長が就任する。発令は一部の幹部を除き21日付。 雪国に欠かせない雪かきをスポーツ競技に変え、雪の降らない国からの参加者を集めている「国際スポーツ雪かき選手権」、カヤックで農業用水路を下る「イデベンチャー」、パラグライダーで車椅子のまま空中を滑降する「世界一自由な空へ つばさに乗って行こう 南陽は空もバリアフリー 空飛ぶ車椅子体験」等が、観光庁、スポーツ庁、文化庁の3庁連携による「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の表彰を受けた。, 例えば、スポーツ庁はスポーツ振興だけではなく、「スポーツによる地域活性化」を目指し、スポーツと地域の観光資源が融合した旅を楽しむ「スポーツツーリズム」を推進している。平成30年3月には「スポーツツーリズム需要拡大戦略」を策定し、マーケティング調査結果から国内外からの需要が見込まれる「アウトドアスポーツツーリズム」と「武道ツーリズム」を重点テーマとして設定した。, 2019年1月24日に「第3回スポーツ文化ツーリズム シンポジウム」が開催され、観光庁長官、文化庁長官、観光庁長官のトークセションが行われた。複数の省庁のトップがイベントに同席して登壇することはとても珍しい。それくらい、スポーツ文化ツーリズムは重要な国家施策だといえる。, ●求められているのはアクティビティ(体験)。スポーツも見るよりも体験。地方に体験希望者を流す。(スポーツ庁長官 鈴木 大地)●雪かきと国際大会、用水路とカヤック、「とんでもない」「まさか」が新しいものを生み出す。(文化庁長官 宮田 亮平)●地方に行き長く滞在し消費する、体験型のコト消費を進めたい。(観光庁長官 田端 浩), さて、このシンポジウムに参加し、このテーマをJリーグにどのように展開できるだろうか、と私なりに考えてみた。, 特に、コンサドーレ札幌、サンフレッチェ広島、ヴィッセル神戸では、タイ代表選手がコンスタントに試合に出場し活躍したことから、タイ国内より注目が集まっている。, 訪日外国人観光客のリピート率は進み、驚異的な61.4%に。また、初回と比較し2~4割程旅行支出が増加する。そのため、近年では、ありきたりな見学コンテンツや観光地とは違った訪日外国人観光のあり方に注目が集まっている。訪日外国人観光は、都心部から地方へ、見学から体験への流れが加速している。, では、Jリーグ観戦を、どのように体験プロダクト化していける可能性があるだろうか。これをサポーター視点で考えてみた。体験プロダクト化のゴールは「試合会場への入場料に加えて体験にも課金する価値があるパッケージ商品を提供する」ことと想定する。, 中国、韓国、タイ等のサポーターの応援パフォーマンスを見れば、1990年代に先行して独自のスタイルを作り上げた日本代表やJリーグ各クラブのサポーターの応援パフォーマンスから影響を受けていることがわかる。そこで・・・。, 例えば・・・。●ゴール裏のサポーターが密集するエリアに隣接したエリアで訪日外国人観光客が応援パフォーマンスを一緒に出来る体験サービス。●母国出身の選手が所属するJリーグ・クラブのホームゲーム観戦だけではなく、サポーターのアウェイ遠征に同行体験するサービス。●試合観戦前にサポーターとフットサル等の交流体験をできるサービス。いずれも、アテンド役の帯同やユニフォームの購入、飲食等の料金を加算する。みんなが本気になれば、上記の他にも沢山のアイデアが、湧き出してくるに違いない。, インバウンド効果を上げる、持続性を高めるために、訪日外国人観光客に提供する体験プロダクトは、地域活性だけではなく、各クラブの持続可能性を高めることにも役立つはずだ。, サポーターとは誰で何をしている人たちなのか。日本固有の文化とサッカーが融合して生まれたサポーターカルチャーを文章化した。日本のサポーター論の入口を紹介する。, Jサポーター文化をコンテンツからプロダクツへ。観光庁長官、文化庁長官、観光庁長官のトークセションから考えるスポーツ文化ツーリズム。, WE Love 女子サッカーマガジン主宰。元なでしこリーグ冠スポンサー担当者。著書「横浜F・マリノスあるある」「サポーター席からスポンサー席から: 女子サッカー 僕の反省と情熱」「日本のサポーター史」等。FIFA女子W杯は2007,2011,2019を現地観戦。, 2019年のJリーグはチケットを「いかに確保するか?」から「いかに安く確保するか?」の争奪戦へ.