‚Å‚¨‘—‚è‚­‚¾‚³‚¢B. 前半の静岡学園は青森山田の激しいプレスと前への圧力を前に、ドリブルに対しての連動性を持つことができなかった。 トップ下の武田英寿が何 1年生が担当する寮の「仕事」 野球部に入れるのはスカウト組だけ; 八尾フレンド出身でよかった! 一番きつかった「仕事」は洗濯; PL学園での初練習; 1年生が担当する寮の「仕事」 まず1年生は3班に分けられる。 令和初の高校王者をかけた一戦は、劇的な試合展開となった。前年の選手権決勝や、昨年12月に行われたプレミアリーグ・ファイナルですでに埼スタで日本一を経験している青森山田に対し、「体験したことない会場の雰囲気で動きが堅かった」(DF4田邉 秀斗、2年)静岡学園は前からのボール奪取を徹底した相手に苦しみ思い通りのパス回しが披露できなかった。チームの強みであるMF10松村 優太(3年)とMF14小山 尚紀(3年)の両翼にパスが入っても、複数人に囲い込まれ、思い通りの攻撃ができなかった。前半11分には、自陣右で武田を倒して与えたFKをDF5藤原 優大(2年)に決められ、先制点を許すと、33分にも武田にPKを決められた。, 前半のうちに2点を追いかける展開となったが、MF10松村 優太(3年)が「今まで無失点で来ていたけど、試合前から点は取られるだろうと想定はしていた。なので、皆で集まって『焦らず頑張ろう』と話し合った」と振り返る通り、静岡学園の選手に動揺は見られない。45分+2分に相手エリアで奪ったFKのこぼれ球をDF5中谷 颯辰(3年)が決めて、1点差に詰め寄り前半を終えると、後半からは距離感が遠く、パス回しがスムーズではなかった中盤の動きを修正。MF8浅倉 廉(3年)の配球から、松村と小山が前向きでドリブルを仕掛ける回数が増加した。, 青森山田高校の選手が、楽しそうに目を輝かせて校歌を歌っていた姿が印象的でした。高校生らしくて可愛らしくて、ファンになりました。, 24年前と逆の展開ですね、2点差を追い付かれ同時優勝だったのを、完全に追い抜いての優勝。, 埼玉スタジアムに移ってから6年目、かつ、令和元年度の大会で、これまでにない劇的な勝利を静岡学園高校は成し遂げた。前回が鹿児島実業高校との両校優勝(74回・1995年度)を超えての悲願の単独V。約四半世紀ぶりに優勝旗を静岡に翻させたと言っても過言ではない。, お互いに持ち味を発揮した試合だった。前半は青森山田のペースだったが静岡学園前半終了間際の1点がきいたね。後半は静岡学園のペースになったかな。逆に青森山田は良い所がなかった。選手権連覇というプレッシャーかな?, 青森山田・黒田剛監督「昨年準優勝に終わった悔しさを埼玉スタジアムのピッチに取り戻しに行きたい」, 青森山田DF藤原優大主将「浦和レッズのスピリットや責任、覚悟を背負って活躍したい」. 10.野球部寮生活の決まりごと. ³Šm‚³‚à‰Á‚í‚èA‰½‚æ‚è‹Ù’£Š´‚ª‘S‘Rˆá‚¤B mail = "hiroki_izawa" + "@" + "ksj.biglobe.ne.jp"; 静岡学園 良かったぞ! 2020.08.03 キシリア少将 静岡学園 静学、最高の試合でした、 2020.01.17 クロム 青森山田高校の選手が、楽しそうに目を輝かせて校歌を歌っていた姿が印象的でした。高校生らしくて可愛らしくて、ファンになりました。 ¬Šw¶‚©‚ç’†Šw¶‚ɏオ‚é‚Æ‚«‚àŽv‚Á‚½‚±‚Æ‚¾‚ªAæ”y•û‚Ì—ûK‚ðŒ©‚é‚ƁAƒpƒ[‚ƃXƒs[ƒh‚ª‚Ü‚é‚ňႤB JRA史上初、3冠馬3頭が揃い踏み… 参戦を決めたそれぞれの理由, 他球団スカウト「あぁカープに獲られた!」「1番のビックリ指名はDeNAの…」 ドラフトウラ話【広島・DeNA編】, 巨人、大量16人「戦力外通告」の真相 原辰徳監督の戦略と台頭する“第7世代”の実態とは, 「2年連続最下位オリックスがなぜ“高校生”ばかり…」が的外れなワケ ドラフトウラ話【オリ・楽天編】, 「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは, 大山加奈が不妊治療の全てを明かした「キャリアと自分の人生、両方を手に入れられる社会になってほしい」, 自動車部品の検品をしていた遠野大弥はなぜフロンターレに? 「1年は待てません」から始まった福岡生活, 引退発表当日…オシムが語った“サッカー選手・中村憲剛”「できることなら撤回してほしい」. document.write("ƒ[ƒ‹"); —ûK‚É“ü‚ꂳ‚¹‚Ä‚à‚ç‚Á‚½‚Æ‚±‚ë‚Å‚Ç‚¤‚µ‚Ä‚¢‚¢‚©‚à‚í‚©‚ç‚È‚¢‚µA•Êƒƒjƒ…[‚ōK‚¢‚¾‚Á‚½‚ÆŠ´‚¶‚Ä‚¢‚½B, ‚±‚Ì‚v‚…‚‚ƒTƒCƒg‚ɂ‚¢‚Ä‚Ì‚²ˆÓŒ©A‚²Š´‘z‚́A ‚ª‚ ‚Á‚āA‚Æ‚Ä‚à‚¶‚á‚È‚¢‚¯‚Ljꏏ‚É‚Í‚â‚点‚Ä‚à‚炦‚È‚¢B 1995年以来、2度目の選手権優勝を飾った静岡学園。10番松村を中心に、優れたテクニックで王者・青森山田を撃破した。, 一方の青森山田は、黒田剛監督が「ゴールを隠す守備」と表現する1対1の個の強さと守備のスライドの速さ、そして素早い攻守の切り替えからの個の技術を生かしたカウンターが持ち味にしてきた。, だが、これを具現化するためにベースとなるのが、技術ある選手たちが最後までハードワークし続けられるフィジカルと精神力を持っていることだ。, 「この間も選手に言ったのですが90%くらいで『ここまで戻らなくてもいいや』とか、『自分だけならいいだろう』という気持ちの選手が11人中11人いたら、トータル110%チーム力が失われる訳で、実質1人退場した時よりもダメージが大きい。そういう時に失点する。常に『その気持ちが一番危険なんだ』ということを伝えてきましたし、決してウチは強くはない。, だからこそ、本当にやりたいことをやるためには、やりたくないことをどれだけ我慢してやり抜けるか。ボールを奪う攻防で一歩も引かないなど、一番疲れることを前面に押し出しながら戦うことで、必ず光が見えてくる。プレミアリーグでJクラブユースに勝って優勝できたのは、一番やりたくないことをやり続けたチームが我々という証なんです」(黒田監督), お互いがこだわりとプライドを持って育んできたスタイルが、5万6025人の大会史上最多の観客が見つめる中で、真っ向から激しくぶつかり合った。, 「青森山田は普通のパスワークでは崩せない。ドリブルでこじ開けられればチャンスはあると思うが、それも簡単ではないと思います。やはりただドリブルで突っ込んでいくだけでは簡単に引っ掛けられるので、もう1人、2人が絡みつつ、相手のディフェンスを倒しに行くという発想がないといけない。1人だけで突破しようとしてもできないので、そこで1人、2人、3人と『倒しに行く』発想で、意思の強い選手が連動することで倒せると思っています」, 前半の静岡学園は青森山田の激しいプレスと前への圧力を前に、ドリブルに対しての連動性を持つことができなかった。, トップ下の武田英寿が何度もスプリントでアップダウンを繰り返し、守備時は強烈なプレスバックを仕掛け、攻撃時はボールを集約してサイドや裏に供給。そこから足を止めることなくゴール前に飛び込んでいく。1年生の松木玖生もアタッキングエリアとミドルゾーンを広範囲でカバーし、守備は2年生CB藤原優大を中心に声を掛け合って、ゴールを隠す守備を体現する。前半は完全に青森山田ペースだった。, 静岡学園のドリブルを分断しながら、11分には得意のセットプレーで先制点を掴んだ。左FKからMF古宿理久が正確なボールをニアサイドに送ると、藤原が高い打点のヘッドを叩き込んだ。, さらに33分にはカウンターからFW田中翔太がドリブルで運び、ペナルティーエリア内左のスペースに飛び込んだ武田へスルーパス。飛び出してきた静岡学園GK野知滉平が武田を倒し、PKを獲得。これを武田が冷静に決めて、青森山田はあっという間にリードを2点に広げた。, いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」髙梨沙羅(女子スキージャンプ選手)×吉岡里帆(女優), 「“鹿島っぽさ”を大切に、サポーター目線のコンテンツを」 5Gマルチアングル観戦体験で見えたこと, 「SHISEIDO presents 才色健美 with Number」 最新コラム(大友愛さん)公開中!, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日, 心で叫んだ…ヤクルト3位「なぜ指名して欲しくない選手だったか」 ドラフトウラ話【ヤクルト編】, ドラフトウラ話【ソフトバンク・ロッテ編】 ホークス関係者が明かした「天才ショート探してます」その結果は?, 空前絶後のジャパンカップに!?