2007年の日本シリーズ(2007ねんのにっぽんシリーズ、2007ねんのにほんシリーズ)は、2007年10月27日から11月1日に行われたセントラル・リーグクライマックスシリーズ勝利チームの中日ドラゴンズと、パシフィック・リーグクライマックスシリーズ勝利チームの北海道日本ハムファイターズによる第58回プロ野球日本選手権シリーズである。, クライマックスシリーズの導入により、これまでのリーグ優勝チームによる対戦方式から、レギュラー・シーズン上位3球団を対象としたプレーオフを勝ち抜いたチーム同士が日本一の座をかけて争う方式となった。そのため、必ずしもリーグ優勝チームが出場するとは限らなくなった[1]。, 今回の対戦は、パ・リーグレギュラーシーズンに優勝し、かつクライマックスシリーズでも勝ち上がったトレイ・ヒルマン監督率いる北海道日本ハムファイターズと、セ・リーグレギュラーシーズンは2位に終わったがクライマックスシリーズを勝ち上がった落合博満監督率いる中日ドラゴンズとなり、前年度と同じ顔合わせになった。2年連続で同一カードで日本選手権シリーズを開催するのは1992・1993両年のヤクルトVS西武以来、14年ぶり。また、初めて北海道での開幕となった。第5戦は11月1日に行われ、1993年以来14年ぶりの11月開催となった。, 初戦は日本ハムが取ったが、その後は中日が4連勝。前年度とまったく逆のパターンでリベンジを果たし、1954年以来53年ぶり2度目の日本一を地元ナゴヤドームで達成。落合は、監督として3度目の日本シリーズ出場で初めてチームを日本一に導いた。また落合は現役時代、ロッテの生え抜き選手であったため、今シリーズの日本一達成により史上初のロッテ生え抜きの日本一監督誕生となった。(中日の生え抜きが監督として中日を日本一に導いた監督は2019年現在も誕生していない。)前年と同じ顔合わせで勝者と敗者が入れ替わった日本シリーズは2回目である。また、日本プロ野球史上初めて、リーグの優勝球団ではないチームが日本シリーズを制した[2]。, 第5戦では、中日の山井大介投手が先発投手として8回パーフェクトピッチングを行い日本シリーズの新記録(過去の最高記録は村山実(阪神)の7回1/3)。山井大介と岩瀬仁紀との継投による完全試合は、参考記録[3]ではあるが日本シリーズおよび日本プロ野球史上初である。(詳細は2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投を参照), この日本シリーズ優勝によって、中日ドラゴンズは第3回KONAMI CUP アジアシリーズ2007の日本代表チームとして出場する権利を得た。, この年から第5戦までに中止試合が発生した場合、第5戦と第6戦の間の移動日・休養日は原則として設けない事に変更された[4]。, 日本ハムが初回、セギノールの3ラン本塁打で先制。この初回の3点をダルビッシュが日本シリーズタイ記録の13奪三振(1999年第1戦の工藤公康・当時ダイエー以来)を奪う力投。完投してその3点を最後まで守り切った。中日先発・川上も初回のセギノールの本塁打と8回の単打のわずか2安打以外は1回2死から8回1死まで21人の打者を連続で無安打に抑えて追加点を許さなかった。しかし、中日打線はダルビッシュの前に4安打するも、森野の犠牲フライによる1得点のみに終わった。また、8回表に代打で出場した中日・堂上剛(結果は三ゴロ)は、父親・照(当時・中日)もシリーズ出場(1982年・対西武、投手として4試合登板)を果たしており、史上初めての親子での日本シリーズ出場となった。, 中日が初回、盗塁をはさんだ2安打と森野の犠飛で1点を先制。4回表に日本ハム先発・ライアン・グリンが3連続四球。中村紀のタイムリー二塁打などで3点を追加。その裏、セギノールのソロ本塁打で一点を返されたが、その後も6回に李炳圭の2ラン、7回に森野の2ランで点差を広げた。先発・中田賢一は8回まで日本ハム打線をわずか3安打、失点はセギノールの本塁打による1点に抑えた。グリンは3連続四球を与えたところから崩れ、後続の投手も勢いを止められなかった。4回表に日本ハムのグリン・吉川の二人が与えた5四球は、1イニング与四球のシリーズ新記録。, 中日が初回、ウッズのタイムリー安打を皮切りに6本のタイムリー安打を集中させて7点を奪い、2回にも谷繁のタイムリー二塁打で2点を追加、序盤で試合の大勢を決めた。先発・朝倉健太は大量リードにも守られ、走者を出しながらも粘りの投球で7回を1失点にまとめた。日本ハムは先発・武田勝が先頭打者に初球を死球にして完全に浮き足立ってしまい打者6人・1/3回でKO、2番手に先発要員のスウィーニーを登板させるものの、中日打線の勢いは止められなかった。また打線も決定打が出ず、9安打を放ちながらも僅か1点に終わる拙攻だった。, 中日が1回裏に記録した1イニングでの7打数連続安打はシリーズ新記録。また、ウッズがシリーズ4つ目の併殺打を喫し、1988年の宇野勝(中日)に並ぶシリーズタイ記録。, 中日が初回、小谷野のタイムリー失策などで2点を先制するが、日本ハムは4回表に金子誠のタイムリー二塁打で1点を返すと、続く5回表には押し出し四球で同点に追いついた。しかしその裏、中日は一死満塁とし、ウッズの打席で吉川の暴投により勝ち越しに成功。7回裏には3番手の武田久から中村紀がタイムリー安打を放ってダメ押しの得点を奪った。日本ハム先発・吉川は立ち上がりこそ不安定だったが、2回以降は立ち直った。しかし自らの暴投で決勝点を与えてしまい、粘りきれなかった。また打線も、中日を上回る7安打をマークしながらも、主砲・セギノールとの勝負を避けられ、5番・小谷野が3度の得点圏で2度凡退するなど、打線の繋がりを欠いた。, 中日は2回、平田の犠牲フライで1点を先制し、結果的にこの1点が決勝点となり53年ぶりの日本一を達成。レギュラーシーズン1位以外の球団が日本一を達成したのは2004年の西武、2005年のロッテ(いずれも2位)に次いで3回目であり、セ・リーグのチームでは初の事例となった。, だがこの試合、中日の先発・山井大介が8回を一人の走者も許さないパーフェクトペースであったが、9回は落合監督が守護神・岩瀬に交代させる。先発投手が被安打0のまま交代するのは、1999年第3戦の永井智浩(ダイエー)に次いで2人目であり、四死球などの走者も1人も許さずに交代したのは山井が史上初。結果的に岩瀬は3人で締めて、継投による完全試合(NPBでは参考記録扱い)を達成したものの、山井から岩瀬への継投を行った落合監督の采配については、スポーツマスコミや野球評論家などを中心に、野球ファンの間でも賛否両論が巻き起った。, ※日本シリーズでは最優秀賞に選ばれた選手に対し、1954年から長らく自動車(原則トヨタ自動車協賛。広島カープの優勝時は資本関係上マツダ協賛)が贈られてきたが、この大会からそれがなくなり、賞金と自動車以外の各商品となった。, ※NHKラジオ第1については海外向け国際放送のNHKワールド・ラジオ日本でも同時放送された。, ぎふチャン、三重テレビ、びわ湖放送、京都放送、サンテレビ、奈良テレビ、テレビ和歌山, ただし出場2チームの本拠地が離れていて、当日移動が難しいと判断された場合は移動日を設ける場合がある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2007年の日本シリーズ&oldid=80346195, 審判 球審=秋村(パ) 塁審=杉永(セ)、東(パ)、橘高(セ) 外審=中村(パ)、佐々木(セ), 審判 球審=佐々木(セ) 塁審=中村(パ)、杉永(セ)、東(パ) 外審=渡田(セ)、柳田(パ), 審判 球審=柳田(パ) 塁審=渡田(セ)、中村(パ)、杉永(セ) 外審=秋村(パ)、橘高(セ), チーム最多連続イニング無安打(連続試合) 日本ハム:10(第4戦9回、第5戦1~9回), テレビ東京系列のテレビ愛知は初めて中日ホームの日本シリーズを中継したが、放送対象地域が, 東海ラジオ(独自) 実況:村上和宏 解説:鈴木孝政 日本ハムリポーター:岡崎和久(STV)、中日リポーター:北山靖. 2004年10月19日(火) 西武ドーム (2004日本シリーズ 第3戦) 開始 18時22分 試合時間 4時間 入場者 23,910人 2004年の日本シリーズ(2004ねんのにっぽんシリーズ、2004 ... に日本一に王手をかけたものの、山本昌の乱調や西武の石井貴の前に得点を奪えないなど第6戦と第7戦で打線が機能しなかったことが響いて50年ぶりの日本一を逃した。 2004年の日本シリーズ(2004ねんのにっぽんシリーズ、2004ねんのにほんシリーズ)は、2004年10月16日から10月25日まで行われたセ・リーグ優勝チームの中日ドラゴンズと、パ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによる第55回プロ野球日本選手権シリーズである。, この年の日本シリーズは、セントラル・リーグの中日ドラゴンズと、パシフィック・リーグはレギュラーシーズン2位ながら、この年より導入されたプレーオフを制し、リーグ優勝チームとなった西武ライオンズ。中日と西武の対戦は西鉄時代を含めて過去3度の[1]対戦で西武が2勝1敗。中日の落合博満、西武の伊東勤の共に新人監督同士の対決となり、西武が4勝3敗で12年ぶりの日本一達成。レギュラーシーズンの勝率1位チーム以外が日本一となるのは、1982年パシフィック・リーグ前期優勝ながら年間勝率2位でプレーオフ勝利の後同年の日本シリーズで同じく中日を破った西武以来22年ぶり4回目であった。伊東が史上7人目の監督初年度での日本一達成。レギュラーシーズンではわずか1勝に終わった石井貴が今シリーズで2勝をあげ、MVPを受賞した。日本シリーズでの勝利数がレギュラーシーズンの勝利数を上回ったのは史上初のことであった。, 西武と中日の対戦は前身の西鉄時代を含め4度目の対戦で、これは巨人以外では最多の対戦である。, 西武監督の伊東はライオンズ生え抜き選手としては初の日本一監督となった(その後渡辺久信、秋山幸二、工藤公康が記録している)。, なお、この日本シリーズ開催途中の10月23日に新潟県中越地震が発生したが、翌10月24日の第6戦では試合前の黙祷などは行われず、試合前にナゴヤドームのオーロラビジョンに日本野球機構(NPB)・中日ドラゴンズ・西武ライオンズ名義で「新潟県中越地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます」と掲示されたに留められた[2]。また、日本シリーズ勝者の西武はビールかけを自粛せず予定通り実施した。なお、中日の選手会は24日、被災地に寄付金100万円を贈ると発表した。井端弘和選手会長(当時)は「できる限りのことはしたかった。新潟にも中日ファンはいると思うので、あとはいいゲームを見せたい」と話した[3]。, 先発投手は中日はシーズン最多勝の川上憲伸、西武はシーズン1勝の石井貴。4回、中日は和田一浩に左翼に本塁打を浴び先制されると、5回には2死までは簡単に打ち取るものの、佐藤、赤田に連打を浴びて1塁・3塁のピンチでフェルナンデスの当たりは平凡なライトへの飛球。これで3アウトチェンジと思われた飛球をライトの英智が落球。セ・リーグ最少の45エラーと堅守を誇る守備陣にミスが出て2-0とされる。5回裏、中日の攻撃で谷繁のキャッチャーゴロからの併殺プレーについて、中日の監督の落合が「打者走者に対するタッチによってアウトがコールされたため、二塁はタッチプレーになり、アウトではない」と主張し、判定が覆った。しかし西武の監督の伊東がこれに対して異議を唱え、49分の中断となった。再開後も流れが変わる事はなかった。その後は西武が石井貴、小野寺力、豊田清の継投で中日に完封勝利。西武は1998の第5戦から続いていた日本シリーズの連敗も6でストップした。中日はエースの川上の好投を初回に英智が初回にもクッション処理を誤ったり、9回に中島のショートゴロをシーズンで4止まりだった井端がエラーを犯したり[4]といった守備のミスやヒットが2本しか打てなかった打線の沈黙で見殺しにし、この年のペナントレースでは全試合で得点を挙げていたナゴヤドームで零封負けを喫した。, 1回、西武フェルナンデスが中日先発の山本昌から2ラン本塁打を放ち先制点を挙げるが、3回、西武の先発の松坂大輔が制球難から調子を乱し、中日はアレックスの適時打と谷繁の満塁からの押し出し四球で逆転し3-2。5回、西武が佐藤友亮、赤田将吾、和田の3選手の適時打で再び3-5と逆転。7回の和田の2試合連続本塁打で3点差とする。7回裏、中日は先頭打者の大西崇之が一塁内野安打で出塁すると、立浪和義の3ラン本塁打や谷繁の二塁打などで5点を取り逆転。8回、英智と谷繁の2本の適時打で11-6とし、最後はストッパーの岩瀬仁紀が抑えて、中日が勝利。対戦成績を1勝1敗とした。中日は1999年の日本シリーズ第3戦から続いていた連敗を4で止め、日本シリーズでナゴヤドーム初勝利を挙げた。西武は松坂が7回に崩れたのが誤算だった。, 西武の本拠地での初戦となる第3戦は、4回に西武が中日の先発のドミンゴからフェルナンデスの適時打とカブレラの2ラン本塁打で3点を先制、5回に中島裕之の本塁打で4-0。6回、中日は西武の先発の帆足和幸がアレックスの適時打などで降板、代わった長田秀一郎から谷繁が満塁本塁打などで4-5と逆転し、7回までに4-6とするがその7回、中日は岡本が佐藤の2点適時二塁打で同点とされる。ここで一度はコーチ陣が集まったものの、中日は岡本の続投を決断、しかしこれが仇となり二死満塁からカブレラの場外への満塁本塁打返しで10-6とされる。8回、西武はリナレスの本塁打などで2点差とされるが、最後は豊田が抑えて、10-8で西武が勝利し対戦成績を2勝1敗とした。中日は2番手の岡本が踏ん張れなかった。, 当初第4戦は10月20日に実施されることとなっていたが、台風23号が列島縦断をしていることなどを考慮してドーム球場を舞台にした日本シリーズとしては初の中止・順延となった。, 中日は2回表に西武の先発の張誌家からリナレスの本塁打で先制、4回にはアレックスのソロ本塁打、井上の3ラン本塁打、5回の谷繁の適時打などで8-0とする。西武は7回裏、フェルナンデスの適時打と、8回裏に中島の本塁打で2点を返すものの、中日が8対2で勝利し、対戦成績を2勝2敗とした。一方西武は先発の張が誤算だった。, 先発は西武がシーズン10勝ながら、プレーオフは怪我の影響で登板機会がなかった西口文也。対する中日は川上。中日は3回表にアライバコンビが活躍し、1番荒木雅博の三塁打、続く2番井端弘和の内野選択の間に1点を先制。4回表には井上の2点適時打、更に9回表に立浪の2ラン本塁打、アレックスのソロ本塁打と2者連続本塁打でリードを広げた。一方の西武打線は5回まで川上に無安打に抑えられ、6回裏の小関竜也の適時打で1点を返すが。最後は岩瀬が締め、中日が6対1で勝利し3勝2敗とした。西武は打線に元気がなく崖っぷちに追い込まれた。, 先発投手は両チームとも第2戦と同じ山本昌と松坂大輔。1回表、後のない西武は佐藤がセンター前ヒットで出塁し、赤田がバントで送るとフェルナンデスは三振に倒れるもカブレラの適時打で1点を先制。中日は2回に1死でリナレスがフォアボールで出塁し谷繁がヒットで繋ぎスタートを切ったリナレスが3塁に進塁し1塁・3塁とすると井上が高いバウンドでサードへの内野安打で同点にすると、4回にまたもリナレスと谷繁が出塁し2回同様1塁・3塁とすると同じく井上がセンター前への適時打を放って2-1と逆転。一気呵成に山本昌が送りバントで井上を2塁に進めるが荒木がセカンドフライ、中日の1点リードにとどまった。そして中日は4回裏に追加点を奪えなかったツケがまだ日本シリーズで勝利投手になった事のない山本昌が6回表にカブレラがライトへのツーベースヒットの後に、10球粘られた末和田に2ラン本塁打を浴びて3-2と逆転される形で回った。続いて8回表にも落合が和田にソロ本塁打を浴び4対2と試合を決定づけられた。西武は松坂から豊田のリレーで逃げ切り4-2で勝利し、シリーズ成績を3勝3敗のタイにした。松坂はこれまで「大舞台に弱い」と言われ続けていたがプロ6年目で遂に日本シリーズ初勝利を挙げ第2戦でKOされたリベンジを果たした。中日は山本昌が第2戦に続いて粘る事が出来ずに先に降板、またしても白星を挙げられず西武に逆王手をかけられ前年に続き第7戦まで縺れる事となった。, 西武は3回2死3塁から佐藤のセカンド内野安打(ドミンゴのグラブに当たり打球が変化)で先制得点を挙げ、フェルナンデスが中前適時打を放ち2点目。フェルナンデスが1.2塁間に挟まれるも井端の送球がフェルナンデスに当たり、この間に赤田が生還して3点目。ドミンゴから代わった山井からもカブレラが2ラン本塁打を放ち5対0とする。西武は6.7回にフェルナンデスの適時打、平尾博嗣の右翼への本塁打で7-0とし、8回には前日先発の松坂が連投で登板し無失点に抑えた。中日は9回に豊田から2点を取るが最後は渡邉博幸が一飛で西武が7-2で勝利し、西武は1992年以来12年ぶりの日本一を達成した。一方中日はケガの福留孝介を欠いた打線で先に日本一に王手をかけたものの、山本昌の乱調や西武の石井貴の前に得点を奪えないなど第6戦と第7戦で打線が機能しなかったことが響いて50年ぶりの日本一を逃した。, ※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(TBS系)は17.1%。 第2戦(フジテレビ系)は16.3%。第3戦(テレビ朝日系)は14.2%。第4戦(テレビ朝日系)は13.0%。第5戦(TBS系)は14.2%。第6戦(フジテレビ系)は20.0%。第7戦(TBS系)は16.9%だった。, ※前年12月に地上デジタル放送が三大都市圏で開始されたことで、この年より地上デジタル放送での中継も開始された。, 系列への裏送り…RAB・RFC・YBS・SBS・MRO・ABC・RSK・BSS・JRT・RNB・RKB・OBS・MBC・RBCの14局ネット, …STV・TBC・SBC・KNB・FBC・MBS・KRY・RNC・RKC・KBC・NBC・MRTの13局ネット, 体調不良により久野へ交代したことは、『12球団全選手カラー百科名鑑2005』(『ホームラン』2005年3月号増刊。日本スポーツ出版社発行)P242でも記述されている(第1戦テレビ中継であることについては明記せず)。, TBSテレビ公式サイト内『2004プロ野球日本シリーズ 第5戦「西武×中日」』番組情報ページ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2004年の日本シリーズ&oldid=79628744, 中:山本昌(4回1/3)- 落合(0回2/3)- 平井(1回)- ○バルデス(1回)- 岡本(1回)- 岩瀬(1回), 審判 球審=佐々木(セ) 塁審=東(パ)、友寄(セ)、中村稔(パ) 外審=橘高(セ)、栄村(パ), 審判 球審=栄村(パ) 塁審=橘高(セ)、東(パ)、友寄(セ) 外審=山本(パ)、松永(セ), 審判 球審=杉永(セ) 塁審=山本(パ)、橘高(セ)、東(パ) 外審=佐々木(セ)、中村稔(パ), 審判 球審=中村稔(パ) 塁審=佐々木(セ)、山本隆(パ)、橘高(セ) 外審=栄村(パ)、友寄(セ), 中:●山本昌(5回)- 岡本(1回)- バルデス(1回)- 落合(1回)- 朝倉(1回), 審判 球審=友寄(セ) 塁審=栄村(パ)、佐々木(セ)、山本隆(パ) 外審=杉永(セ)、東(パ), 中:●ドミンゴ(2回2/3)- 山井(0回1/3)- 岡本(2回)- 平井(1回2/3)- 高橋聡(1回1/3)- 岩瀬(1回). 2004年10月21日(木) 西武ドーム (2004日本シリーズ 第4戦) 開始 18時21分 試合時間 4時間6分 入場者 29,073人 [本]カブレラ3号(3回・山井)、平尾1号(7回・平井) [盗]赤田(6回) [失]井端(3回)、谷繁(6回) [ボ]ドミンゴ(3回) [牽制死]リナレス(2回) ナゴヤドーム:38050人; 打撃成績 ※第6戦以降は、第6戦・第7戦ともにhtb・テレビ朝日系列の予定だった。 テレビ東京系列のテレビ愛知は初めて中日ホームの日本シリーズを中継したが、放送対象地域が 愛知県 のみであるため第2戦同様 ぎふチャン と 三重テレビ放送 でも中継された。 2004年10月22日(金) 西武ドーム (2004日本シリーズ 第5戦) 開始 18時21分 試合時間 3時間29分 入場者 31,526人 中日ドラゴンズ 2004年10月25日(月) ナゴヤドーム (2004日本シリーズ 第7戦) 開始 18時22分 試合時間 3時間37分 入場者 38,050人