57-11改正 上野口特急列車編成表(高崎・信越編) 57-11改正以降の上野駅に入線する特急列車の編成表です。 1983(昭和58)年4月現在でまとめています。 新前橋区185系については’83 新前橋電車区165系・185系編成表をご覧下さい。 485系は2002年春にjr西日本の担当分が681系に置き換わったあとはjr東日本受け持ちの1往復だけになっていましたが、これも2005年3月のダイヤ改正で683系北越急行車と置き換えられることになり、485系は「はくたか」から”撤退”することになりました。 B, @@@@@@@@@•Ò@@@¬@@@“à@@@—e, ƒNƒn481-1008@ƒ‚ƒn484-1020@ƒ‚ƒn485-1012@ƒ‚ƒn484-1020@ƒ‚ƒn485-1020@ƒTƒ481-1005@ƒTƒV481-63@ƒ‚ƒn484-1007@ƒ‚ƒn85-1007@ƒ‚ƒn484-1004 ƒ‚ƒn485-1004@ƒNƒn481-1003, ƒNƒ481-122@ƒTƒ481-96@ƒ‚ƒn484-53@ƒ‚ƒn485-53@ƒ‚ƒn482-11@ƒ‚ƒn483-11@ƒTƒV481-15@ƒTƒn481-13@ƒ‚ƒn481-604@ƒ‚ƒn485-225@ƒ‚ƒn484-11@ƒ‚ƒn485-11@ƒNƒn481-26, ƒNƒn481-340@ƒTƒ481-65@ƒ‚ƒn482-2@ƒ‚ƒn483-2@ƒ‚ƒn482-13@ƒ‚ƒn483-13@ƒTƒV481-17@ƒ‚ƒn481-40@ƒ‚ƒn484-56i‰æ‘œ‚Í8—¼–ڂ܂Łj, ƒNƒn481-237@ƒTƒ481-58@ƒ‚ƒn484-212@ƒ‚ƒn485-108@ƒ‚ƒn484-208@ƒ‚ƒnv484-104@ƒTƒV481-29@ƒ‚ƒn484-92@ƒ‚ƒn485-92@ƒ‚ƒn484-611@ƒ‚ƒn485-252@ƒNƒn481-229, ƒNƒn481-329@ƒTƒ481-326@ƒ‚ƒn482-12@ƒ‚ƒn483-12@ƒ‚ƒn484-53@ƒ‚ƒn485-53@ƒTƒV81-76@ƒ‚ƒn484-43@ƒ‚ƒn483-43@ƒ‚ƒn482-13@ƒ‚ƒn483-13@ƒNƒn481-30, ƒNƒ481-102@ƒTƒ481-95@ƒ‚ƒn484-49@ƒ‚ƒn485-49@ƒ‚ƒn482-8@ƒ‚ƒn483-8@ƒTƒV481-22@ƒ‚ƒn484-19@ƒ‚ƒn485-19@ƒNƒn481-102, ƒNƒn481-1016@ƒ‚ƒn484-1077@ƒ‚ƒn485-1077@ƒ‚ƒn484-1032@ƒ‚ƒn485-1032@ƒNƒn481-1015, ƒNƒnƒl583-19@ƒTƒnƒl581-52@ƒ‚ƒnƒl583-96@ƒ‚ƒnƒl582-96@ƒ‚ƒnƒl583-27@ƒ‚ƒnƒl582-27@ƒTƒV581-33@ƒ‚ƒnƒl583-28@ƒ‚ƒnƒl582-28@ƒ‚ƒnƒl583-5@ƒ‚ƒnƒl582-5@ƒTƒ581-3@H, ƒNƒn481-314@ƒTƒ481-126@ƒ‚ƒn484-2@ƒ‚ƒn485-2@ƒ‚ƒn481-1@ƒ‚ƒn485-1 ƒTƒV481-28@ƒ‚ƒn484-20@ƒ‚ƒn485-20@ƒ‚ƒn484-50@ƒ‚ƒn485-50@ƒNƒn481-102, ƒNƒn481-341@ƒTƒ481-96@ƒ‚ƒn484-56@ƒ‚ƒn485-56@ƒ‚ƒn481-51@ƒ‚ƒn485-51 ƒTƒV481-13@ƒ‚ƒn484-9@ƒ‚ƒn485-9@ƒ‚ƒn484-609@ƒ‚ƒn485-250@ƒNƒn481-309, ƒNƒn481-345@ƒTƒ481-130@ƒ‚ƒn484-307@ƒ‚ƒn485-205@ƒ‚ƒn484-306@ƒ‚ƒn485-204@ƒTƒV481-54@ƒ‚ƒn484-79@ƒ‚ƒn485-79@ƒ‚ƒn484-222@ƒ‚ƒn485-118@ƒNƒn481-342, ƒNƒn481-262@ƒTƒ481-64@ƒ‚ƒn4841-210@ƒ‚ƒn485-106@ƒ‚ƒn484-230@ƒ‚ƒn485-126@ƒTƒV481-36@ƒ‚ƒn484-59@ƒ‚ƒn485-59@ƒ‚ƒn484-94@ƒ‚ƒn485-94@ƒNƒn481-256, ƒNƒn481-347@ƒTƒ481-101@ƒ‚ƒn484-304@ƒ‚ƒn485-202@ƒ‚ƒn484-233@ƒ‚ƒn485-129@ƒTƒV481-70@ƒ‚ƒn484-76@ƒ‚ƒn485-76@ƒ‚ƒn484-296@ƒ‚ƒn485-194@ƒNƒn481-221, ƒNƒnƒl583-9@ƒTƒ581-22@ƒ‚ƒnƒl582-96@ƒ‚ƒnƒl583-96@ƒ‚ƒnƒl582-93@ƒ‚ƒnƒl583-93@ƒTƒV581-9@ƒ‚ƒnƒl582-57@ƒ‚ƒnƒl583-57@ƒ‚ƒnƒl582-95@ƒ‚ƒnƒl583-95@ƒTƒnƒl581-57@ƒNƒnƒl583-20, ƒNƒ481-101@ƒ‚ƒn484-34@ƒ‚ƒn485-34@ƒ‚ƒn484-41@ƒ‚ƒn485-41@ƒTƒV481-19@ƒ‚ƒn484-54@ƒ‚ƒn485-54@ƒNƒn484-28, ƒNƒn481-334@ƒ‚ƒn484-1055@ƒ‚ƒn485-1055@ƒ‚ƒn484-1058@ƒ‚ƒn485-1058@ƒNƒn481-1017, ƒNƒn481-1016@ƒ‚ƒn484-1077@ƒ‚ƒn485-1077@ƒ‚ƒn484-1032@ƒ‚ƒn485-1032@ƒNƒn481-1015@, ƒNƒn183-103@ƒ‚ƒn183-1009@ƒ‚ƒn182-1009@ƒ‚ƒn183-1036@ƒ‚ƒn182-1036@ƒNƒn182-102, ƒNƒn189-510@ƒ‚ƒn188-40@ƒ‚ƒn189-40@ƒTƒ189-9@ƒ‚ƒn188-32@ƒ‚ƒn189-32@ƒ‚ƒn188-34@ƒ‚ƒn189-34@ƒNƒn189-9@, ƒNƒn189-512@ƒ‚ƒn188-16@ƒ‚ƒn189-16@ƒ‚ƒn188-501@ƒ‚ƒn189-501@ƒTƒ189-111@ƒ‚ƒn188-47@ƒ‚ƒn189-47@ƒ‚ƒn188-18@ƒ‚ƒn189-18@ƒNƒn189-13, ƒNƒn489-503@ƒ‚ƒn488-207@ƒ‚ƒn489-22@ƒTƒ489-27@ƒ‚ƒn488-206@ƒ‚ƒn489-21@ƒ‚ƒn488-2@ƒ‚ƒn489-2@ƒNƒn489-3. http://b767-281.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/197534-36-4-1-b.html に書きましたが、大変な数でしたから、幕の内容も充実していたのでしょうね。, 東海道の151系時代はHMの交換は全て田町で行うように同じ名称の列車で折り返すようにしていたという記事を最近読みましたが、大ムコの1975年3月まではどうだったのか興味があります。, 投稿: トップページ (ウェブ上には掲載しません). 485系電車(485けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交流直流両用 特急形 電車である。. 本項では、交流60 Hz対応の481系・交流50 Hz対応の483系ならびに交流50/60 Hz対応の485系を基本に信越線の協調運転にも対応した489系についても解説を行う。 一度この幕を全部広げた姿を見てみたいものです。 @¼”Cd‹à‘ò9151206‘åã13121559‹à‘ò17152003‘åãdŒü“ú’¬/‘åã19122156‹à‘ò @‹à‘ò8151107‘åã16121859‹à‘òd¼”C 何がおさまったいたのでしょうか。, 例のクハ481ですが、写真をよく見てみると少し奥まって見えるので一見、ロール式マークかと思えるのですが、原画を拡大してみるとどうやらHM板を固定しているように見えます。, かつてのロールマーク時代は最大で11両編成 37本が32運用についており、列車の数も