・変形性股関節症の主症状は痛みですが、特徴としては腰椎の側弯と脚長差が現れる人が多い。 � /Im2 12 0 R 人工股関節置換術(tha)・人工骨頭置換術(bha)の脱臼肢位とリハビリについて。禁忌姿勢や動作をチェックしよう。 2017/10/06 2017/11/09. endobj >> 8 0 obj /Width 438 文献によると、その頻度は 40%であり、腰椎側弯は患側に凸している割合が 26%、健側に凸している割合が 14%のようで、患側に凸している割合が多いそうです(参考文献)。, それに伴い脚長差 が 多くの変形性股関節症の人にみられます。 No.2 (第39回日本理学療法学術大会 抄録集) >> 3 0 obj (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); その違いは、手術侵襲によって決まります。要するに、手術で“どこから切ったか”、“何を切ったか”によって、脱臼の傾向が変わります。, 脱臼肢位を覚えることも重要ですが、それがなぜ起きるかということを理解しておく必要があります。, いきなり3つの動作を合わせて動かすと頭が混乱するので、まずは伸展・内転の2方向の複合動作です。, 青の丸印で囲んだ部分を見て下さい。骨頭の前面があらわになっているのが分かります。その際に、大腿骨頸部は臼蓋後方の縁とぶつかっています。, すると、見事に脱臼するのが分かります。上の写真において、臼蓋と骨頭は離れているのが確認できます。, これは、後方において臼蓋後縁と大腿骨頸部がぶつかって、そこが支点となりテコの原理が働くからです。, ここまで見てきた通り、伸展・内転・外旋の3つの動きが複合した時に、特に脱臼方向へ力が加わります。, 屈曲・内転・内旋においても、いきなり3つの動作を合わせて動かすと分かりにくいので、まずは屈曲・内転の2方向の複合動作です。, 青の丸印で囲んだ部分を見て下さい。今度は、大腿骨頸部は臼蓋前方の縁とぶつかっています。, すると、これも脱臼方向へ力が加わるのが分かります。上の写真において、臼蓋と骨頭は離れているのが確認できます。, これは、前方において臼蓋前縁と大腿骨頸部がぶつかって、そこが支点となりテコの原理が働くからです。, 臼蓋前縁を支点とするか、臼蓋後縁を支点とするかの違いはありますが、どちらもテコが働くことで、脱臼方向へ力が働くことがご理解いただけたかと思います。, しかし、これらは健常の股関節であれば実際に脱臼することはありません。それでは、なぜ手術により脱臼リスクが高まるのでしょうか?, 前方アプローチの例大体筋膜を切開し、縫工筋と大腿筋膜張筋の間や、中殿筋と大腿筋膜張筋の間から侵入する。その後に関節包を切開する。, 後方アプローチの例大腿筋膜を切開し、股関節外旋筋群を切離する。その後に関節包を切開する。, 肩ほどではありませんが、股関節も可動性が高いために、関節運動軸がブレないためには、骨頭を臼蓋に押し付ける力(求心力)が必要になります。, よって、手術により侵襲が加われば、求心力は低下します。それにより、信州の加わった軟部組織が回復するまでは、関節運動軸はブレやすくなるわけです。, 関節運動軸のブレは、先ほどみたような臼蓋と頸部の衝突をさらに容易にする可能性があります。, 要するに、健常の股関節では、周囲の軟部組織(関節包・関節唇・靭帯・筋肉など)がしっかりと関節を保護していますが、手術によりそれら軟部組織による支持が得られにくくなるということが脱臼リスクの大きな要因と言えます。, 一般的には、術後 3 カ月経過して、関節周囲の軟部組織が安定してこれば、脱臼リスクは減少してくると言われています。, 関節周囲の軟部組織の安定性が不十分な時期に、伸展・内転・外旋で骨頭が前方へ押し出されれば、前方に侵襲が加わったであろう前方アプローチでは脱臼リスクは高まります。, また、屈曲・内転・内旋で骨頭が後方へ押し出されれば、後方に侵襲が加わったであろう後方アプローチでは脱臼リスクは高まります。, このようなメカニズムもあって、これらの複合動作はそれぞれ注意が必要であるということです。, 人工股関節置換術(THA)の術式による脱臼率は、後方アプローチによる脱臼はおよそ3%、前方アプローチによる脱臼ではおよそ1%と言われているようです。 endobj /Im9 19 0 R /Im4 14 0 R ���� JFIF �� C /Ordering (Identity) /Pages 3 0 R No.2 (第46回日本理学療法学術大会 抄録集) よって、足指、足部が変形している場合もあります。, ・足部を見る理由② ・リハビリテーションは、有酸素運動、ストレッチ、筋トレが主である。 /Descent -140 << 股関節は本来、下の写真のように骨盤と斜めに位置しており、骨盤と大腿骨の凹凸がはまることで安定しています。, 骨の変形などでこの凹凸がぴったりはまらないと荷重がうまく行えず、痛みや歩行困難の症状につながります。, 日本での有病率は1.0~4.3%と案外多いです(ガイドライン2016より) /Length 16804 2006年のガイドラインでは5~15%の割合で脱臼すると言われていましたが、最近ではかなり脱臼リスクは低くなっており、船橋整形病院のホームページでは脱臼率は0.2%と報告しています。 手術前の状態が良い方が手術後にリハビリがスムースに行きます。, 人工関節置換術後ですが、手術した側の股関節周囲の筋力が低下します。 >> << /DW 1000 >> https://www.fff.or.jp/seikei/artificialjoint_center/faq.html, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 本ホームページに立ち寄って頂きありがとうございます!在宅で勤務している理学療法士が管理人です。当サイトではセラピストと一般の方向けに、リハビリテーション・セラピー関連の情報や介護・労働の事などの情報発信を行っています。 9 0 obj /Im7 17 0 R /Im6 16 0 R /CapHeight 859 大腿骨頚部骨折術後患者の歩行能力の予後予測 森本 佳代 , 吉川 琢磨 , 山崎 真帆 , 上村 洋充 , 望月 佐記子 , 朴 智 理学療法学Supplement 2011(0), Cb0756-Cb0756, 2012 << >> 股関節での荷重が不十分な場合、立位での足部への負担が大きくなります。 /Type /Font /FontBBox [ 0 -137 996 863 ] 術後の対応で、私たちが最も注意しなければならないのが「脱臼」です。2017年2月に実施された第52回作業療法士国家試験では、人工股関節置換術後に関し以下のような事例問題が出題されています。 >> /Im3 13 0 R まず、大事なことは、手術後だけでなく手術前のリハビリも大事だということです。 (�����&��7�h�S�S��~ty�?�: }�!�E��j��z��@QU_Q�A���v��t�8[�r}�r��g��rȄ�ӌ�:��ƀEE��� =S���"7GS�4 �))h ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��( ��J Z)+_�,Zh0�U�A�Z ��u��Y&�`'h ��p:��[� 6������g\�s�ɺ�B�ݏjKo �}.�@�O�. >> /Registry (Adobe) /Im10 20 0 R /ToUnicode 25 0 R それに加えて、前述した体幹と足部も行っていくと良いと思います。, 最後に、脱臼リスクについて述べておきます。 6 0 obj どちらにしてもリハビリは必要になります。, 手術しない場合は、有酸素運動、ストレッチ(徒手療法)、筋トレが有効だと言われています(ガイドラインより)。, 有酸素運動は痛みが強くない範囲で行うのが良いです。 リハビリは終日お休み です 状態に応じて杖や歩行器の練習を 行っていきます 絶食となります 10~14日後頃 15日後頃~ 退院に向けて、生活を想定した練 習を行っていきます。屋外の歩 行・階段の昇り降り・床への立ち すわりなどの動作練習も行ってい きます /Parent 3 0 R /XObject << /CIDSystemInfo << >> 1 0 obj >> endobj /Subtype /Type0 手術の方法は大きくは下の3つが挙げられます(参考サイト)。, この中で人工関節置換術を行う人が多いので、それに関するリハビリについて説明します。 /Descent -140 << /Producer (Xelo PDF Library) /BaseFont /GDONPO+HGSGothicM 股関節を安定化させる筋肉は、腸腰筋と内閉鎖筋と言われています。 医療の進歩はすごいですね。, 今回は、変形性股関節症の症状とリハビリに関する内容を書きましたが、リハビリ内容は一人一人のオーダーメイドなので、あくまで参考程度に考えて頂けると助かります。, 【参考文献】 << /BaseFont /GDONPO+MS-PGothic ・船橋整形外科病院 人工関節置換術に関するQ&A ホームページ /Filter /DCTDecode 11 0 obj /Font << JZJ Z(�� 内閉鎖筋は股関節の深部筋ですが、腸腰筋は腰椎~大腿骨に付着している筋肉のため、脊柱も見る必要があります。, ・足部を見る理由① /F2 5 0 R /ToUnicode 23 0 R /Im1 11 0 R 大腿骨頸部骨折術後患者の27%にDVTが生じる 2) と言われているため、術後リスク管理でも重要である。 血液検査所見ではD-dimerが重要な情報となる。 また徒手検査としては. 術後のリハビリはどんなことをするのですか? 筋力をつけるリハビリについて教えてください。 手術の後に熱が出たり、元気がないのですがリハビリはしないといけませんか? ご飯が食べられていないようですが、リハビリはできるのでしょうか? << /Subtype /Type0 /Type /Font ・手術を行う場合もあり、行った場合は手術前後のリハビリが重要になる。, 文献によると、その頻度は 40%であり、腰椎側弯は患側に凸している割合が 26%、健側に凸している割合が 14%のようで、患側に凸している割合が多いそうです(, 文献によると、脚長差が3㎝ 以上で腰椎側弯が患側凸の頻度が63%と有意に高率となるそうです(, 内閉鎖筋は股関節の深部筋ですが、腸腰筋は腰椎~大腿骨に付着している筋肉のため、脊柱も見る必要があります。, 変形性股関節症に対して保存療法を行ったにも関わらず、生活に支障が出るほどの痛みが出ている場合は手術も選択肢に入ります。, この中で人工関節置換術を行う人が多いので、それに関するリハビリについて説明します。, しかし、股関節外転筋、股関節伸展筋、膝関節屈曲筋は術後の回復は良い傾向にありますが、, ※ 股関節伸展制限があると下の写真のように脚が後方に行かないため歩幅が減少します。, このことから、手術前から股関節周囲筋と膝周囲筋の筋トレやストレッチは行った方が良いです。, 手術後は特に股関節伸展方向へのストレッチ、股関節外転筋と膝関節伸展筋の筋トレは必要になります。, ・森本,曾田ら:変形性股関節症の脚長差と腰椎側弯の関係.整形外科と災害外科59(3).2010, ・塚越 累ら:人工股関節置換術後における股・膝関節周囲筋の筋力推移.Vol.31 Suppl. /Flags 4 /Type /FontDescriptor /Height 306 術式によりますが、多くは股関節屈曲、内転、内旋位が脱臼しやすいのでよくないと言われています。 /FontName /GDONPO+MS-PGothic >> ・術後1週から2週にかけて骨折部の痛みや股関節周囲の軟部組織損傷による痛みは徐々に軽減してくるが,リハビリの進行に伴い,大腿四頭筋,大腿筋膜張筋などの過負荷による炎症や筋スパズムが生じ疼痛が持続することが多い. 10 0 obj �� � } !1AQa"q2���#B��R��$3br� 変形性股関節症をご存知でしょうか? /Creator /StemV 87 /Subtype /CIDFontType2 お見苦しいブログかもしれませんが、よろしくお願いします。, 理学療法士/介護支援専門員です。見苦しいブログかもしれませんが、よろしくお願いします。. /Subtype /Image 千葉県在住です。 /Im8 18 0 R >> それに比較すると人工骨頭置換術(BHA)では脱臼リスクは少ない傾向にあります。, 前方アプローチでの脱臼肢位である、伸展・内転・外旋動作は、実際にはあまり日常生活でありません。, この場合、左下肢が患側だと考えて下さい。急に健側に振り返って方向転換するような際には、患側股関節は伸展・内転・外旋位となりやすいことがあります。, 前方アプローチでの脱臼肢位である、屈曲・内転・内旋動作は、日常生活にかなり多く存在します。, 側臥位において、患側股関節がこのように屈曲・内転・内旋位をとっていないかを注意する必要があります。, このような姿勢防止のためには、両股関節を屈曲させたり、膝の間にクッションを入れるなどの工夫が必要です。, 坐位においては、このような横座り(お姉さん座り)も脱臼肢位に当たるので注意が必要です。上の図の場合では、右股関節が屈曲・内転・内旋位となってしまっています。, 靴下を履いたり、爪を切ったり、または立ち上がる際にこのような肢位になっていないかを注意する必要があります。, 特に、後方アプローチにおいて、屈曲・内転・内旋の他には、股関節の深屈曲も脱臼に関して注意が必要な動きです。, 脱臼に限らず、リハビリにおいては「知らなかった」では済まない場合も多々ありますので、リハビリにおけるリスクについてよく理解しておく必要があります。, 理学療法士 / 介護支援専門員