He sees the stars come out tonight


Oh, the passenger

ピーター・デイヴィスは元々ウィリアムソンのプロデュース能力に懐疑的で[注 47]、ベン・エドモンズもデモテープを無視した人物の1人だったが、2人ともイギー同様にこの高評価を見て考えを変え、ウィリアムソンを招くことに同意した[9]。 La la la la la la la la Tweet. Sergio Mendes / Mas Que Nada (TOYOTA シエンタ CM), 坂本龍一 / Energy Flow (第一三共ヘルスケア リゲインEB錠 CM曲), Leroy Anderson / The Typewriter(ルロイ・アンダーソン / ザ・タイプライター).
ツアー中、イギーは優れたソングライターでもあったマトロック[注 53]を新たな作曲パートナーに据えることを構想し、作曲に参加させることにした[58]。この動きを見たそれまでの作曲パートナー兼バンドマスターのスコット・サーストンは自身の解雇を予想していたが、実際に次作のレコーディングには参加させないということをイギーから告げられると、ツアー終了後にジャッキー・クラークを連れてバックバンドから離脱してしまった[9]。 Iggy looks great in a suit. [CDATA[ IGGY POP & UNDERWORLD. This process is automatic. "The Passenger" is a song by Iggy Pop and Ricky Gardiner, recorded and released by Iggy Pop on the Lust for Life album in 1977. 「Iggy Pop お誕生日おめでとう!」ってことで、今日はIggy Popの曲を和訳しましょう。, 色々とIggy の曲を和訳して来たけれど、毎回「Iggyの声はかっこいい!」と、改めて新鮮に思えるのだから、不思議な人よね。73歳に思える?, 落ち込んでいる夜は、心が癒され、気持ちがザワザワして定まらない時に聴いたら、肩を抱いてくれるような優しさに包まれる。, 今日Lyraが和訳&解説する曲は、アメリカ合衆国ミシガン州マスキーゴン出身のロックミュージシャン、作詞作曲家、シンガー、音楽プロデューサー、俳優のIggy Pop イギーポップ。, 本名 James Newell Osterberg Jr. ジェームズ・ニューエル・オスターバーグ・ジュニア(1947年4月21日 – )。, “God Father of Punk”とも呼ばれるほど、彼の作るサウンドから、ファッション、ステージング、言動までが、全てPunkの魂を表現している男であり、音楽史に残る素晴らしいミュージシャンである。, 1963年から音楽活動を始め、過激なステージジングで有名な知られたThe Stooges ザ・ストゥージズのメンバーであり、解散後は、ソロミュージシャンとしても現在も精力的に活動している。, 今日Lyraが和訳する曲は、Iggy Pop のソロワークのアルバム1977年リリースの『Lust For Life』から【The Passenger】。, (click to amazon↓ ↓) “Lust For Life”  [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓, (click to amazon↓ ↓) “Bowie Years” [CD] Sale on July5th 2020. Desejo receber notificações de destaques e novidades. この騒動を見て、アリスタからA&R部門の統括者ターキン・ゴッチと財務担当者のビーター・レヴィンソンが事態収拾のために駆けつけた[注 60]。結果、ロックフィールド・スタジオのハウスエンジニア、パット・モラン[注 61]をプロデューサーに据え、アイヴァン・クラール指揮の下で足りない部分を取り急ぎレコーディングし、マスターテープを完成させた。完成したマスターテープはニューヨークのレコード・プラント・スタジオに送られてパティ・スミスやトム・ペティなどとの仕事で知られるエンジニア、トム・パヌンツィオ(英語版)の手に最終ミックスが委ねられることになった[9]。, アリスタは『ソルジャー (イギー・ポップのアルバム) (英語版)』のレコーディング完了時の1979年10月に、アメリカで前作『ニュー・ヴァリューズ』をリリースすることを決めた[8]。これにより、イギーは『ソルジャー』のレコーディング完了後、すぐに前作のプロモーションのために北米ツアーに出るという奇妙な状況に置かれることになった[9]。 行方をくらませたスティーヴ・ニューはツアーのリハーサルにも顔を出さなかったため[58]にギタリストが足りず、イギーは元ダムドで、当時は新バンド、タンズ・ダー・ユースでキャリアを模索していたブライアン・ジェームズ(英語版)に参加を打診した。ザ・ストゥージズの大ファンだったジェームズは受け入れ[60]、結果的に有名なブリティッシュ・パンクバンドの元メンバーが2人参加したツアーが実現する[8][注 62][注 63]。 The Passenger Iggy Pop.

Compartilhar no Facebook Compartilhar no Twitter. Follow @genius ボウイは「プレイ・イット・セーフ」のコーラス参加という名目で一晩だけの参加に合意した[注 58]が、雰囲気を改善するために呼ばれたという自身の役割を分かっており、卑猥な冗談とマーガレット王妃に関する不敬な冗談をそれぞれ語って場を盛り上げた。その雰囲気に乗ったイギーはその冗談を応用した歌詞を即興で作り上げて「プレイ・イット・セーフ」のレコーディングを行った。その内容ではとてもラジオでオンエアできず、発売も難しくなると考えたウィリアムソンが注意したところ、イギーは反発し「お前はこの場所に相応しくない」と糾弾してスタジオは混乱した。更に、ボウイが自身の恋人に手を出そうとしたと勘違いしたスティーヴ・ニューがボウイを殴ってしまうという事件も起き[58]、その日のレコーディングは混乱のまま終了した[注 59]。 予約受付中、クリックしてアマゾンへ↓↓, B-52や、The Cultなどなど、大好きな曲が目白押し、、、それもDavidとの楽しくて、でも裏切りも経験したあの時期のおかげか?, Iggyは才能だけでなく、気さくな性格もあり、後輩のミュージシャンたちに慕われているし、彼自身も皆とコラボレーションするのを楽しんでいる。, その活動は、ガレージロック、パンク・ロックだけでなく、ハードロック、アート・ロック、ニュー・ウェイヴ、ジャズ、ブルースなど、ジャンルの壁を乗り越えて多岐に渡る、、、この姿勢もLyraが好きな理由の1つだ。, Iggyの曲は、様々なミュージシャン達に良くカヴァーされていて、比較的The Stooges 時代の楽曲の方がソロより多くカヴァーされているが、この【The Passenger】は、かなりカヴァーされている曲だ。, 2010年The Stooges 名義で『ロックの殿堂』入りしたIggy Pop。, 他にも、2017年フランス芸術文化勲章の最高位『コマンドゥール』を受章、 He looks through his window ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のシンガー」第75位[4]。 What does he see? He rides and he rides