なので対処法としてはまずはiPhoneとPCのWiFiの設定を確認しましょう。確認して、もし異なっていればiPhoneかPCのネットワーク設定を変更してあげることで、対処法になります。 AirPlayとは、iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能です。比較的新しいiPhoneの機能になります。, iPhoneでPCにミラーリングする際に、アプリのダウンロードをせず利用できるAirPlayという機能ですが、実はAirPlayなら設定も不要で、すぐにiPhoneからPCにミラーリングで接続することができてしまいます。 iPhone、iPad で撮影した写真などのをデータを、パソコンにバックアップする方法をご案内いたします。 事前にご確認ください ご利用のパソコン環境により、操作完了までに20分以上の時間がかかる場合が … このアプリ特徴は、他のアプリよりミラーリングする機能がたくさんあるところです。なので色々iPhoneとPCでミラーリングした後にやりたい人にはおすすめなアプリです。, 次に紹介するiPhoneとPCでミラーリングするアプリは、「Reflector」というゲーム画面を録画/配信ができるアプリです。 ApowerManagerとは、WindowsとMacパソコンで使えるAndroid・iOS端末管理ソフトです。Android・iOS端末をWi-FiまたはUSBケーブルでPCに接続するだけで、管理作業ができます。 スタイリッシュかつおしゃれな見た目で人気のiPhone。しかし、USBやSDカードに対応していないため、外部メモリへのデータ転送はやや不便です。, そこでおすすめなのが、Lightningコネクタ対応型の「USBメモリ」。簡単にiPhoneやiPadからPCにデータ転送が行えるうえ、ストレージに入りきらないデータも保存可能です。今回は、iPhoneやiPadに接続できるUSBメモリをご紹介します。, iPhoneやiPadには「Lightningコネクタ」と呼ばれる、充電の際に使用するコネクタが搭載されています。Lightningコネクタ対応型のUSBメモリなら、iPhoneやiPadと接続可能です。, 注意しておきたいのが、Lightningコネクタに対応しているiPhoneはiPhone 5以降、iPadは第4世代以降という点。なお、iPad miniとiPad Airはすべての世代で搭載されています。持っているiPhoneやiPadのコネクタがLightningコネクタかどうかわからない方は、自分の機種の世代を確認してみてください。, 通常のUSBメモリ同様、Lightningコネクタ対応型のUSBメモリの多くは、32・64・128GBの容量で展開されています。データ容量が大きくなるほどUSBメモリの価格も上がるので、用途にあった容量を選ぶようにしましょう。データ容量の目安としては、32GBで一眼レフの写真約5400枚、iPhoneのHD動画約4時間分に対応しています。, 扱うデータがおもにWordやExcelなどのテキストファイルであれば32GBで十分ですが、画像や音楽を扱う場合は64GBのUSBメモリだと余裕を持って使えます。動画を扱うなら大きい容量が望ましいため、128GB以上のモノがおすすめです。, USBメモリは、USBコネクタの規格によってデータ転送の速度が異なります。それぞれの規格の最大転送速度は「USB2.0」で60MB/s、「USB3.0」で625MB/s、「USB3.1」では1.25GB/sです。, 同じUSBメモリであっても、規格によって転送速度が10倍以上も異なるので要注意。大容量のデータを扱う場合は、USB3.0かUSB3.1がおすすめです。なお、規格が新しいほど価格も上がるため、購入前にしっかりと確認しておきましょう。, USBメモリのデザインは利便性に大きく関わります。たとえば、自宅よりも外出時にUSBメモリを使用する機会が多い場合は、キーホルダーとして持ち歩けるUSBメモリがおすすめです。USBメモリそのものがキーホルダーになっているタイプや、キーホルダーを取り付けるための穴があるタイプなどがあります。, また、コネクタ部分を保護するキャップ付きのUSBメモリもおすすめ。カバンの中にそのまま入れておいても、コネクタ部分が破損したり埃が入ったりしにくいので安心です。, さらに、USBメモリをよく持ち歩く方には、キャップの紛失を防ぐ工夫がされているタイプの製品もチェックしておきたいところ。キャップがキーホルダーになっているモノや、USBメモリ本体から離れないようになっているモノもラインナップされています。, Apple製品向けのアクセサリには、Apple独自の認証システムである「MFi認証」を受けたモノがあります。「MFi」とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」の略。iPhone・iPad・iPod用に作られた製品で、Appleに認定されていることを意味しています。, iPhoneやiPadに接続可能なUSBメモリには、MFi認証を受けた製品とそうではない製品が混在。MFi認証取得済みの製品であれば、品質に一定の信頼を置けるため安心です。, iPhoneやiPad向けのUSBメモリのなかには、データ転送のための専用アプリが用意されているモノもあります。USB本体の使い勝手はもちろん重要ですが、この専用アプリが操作しやすいかどうかもポイントです。, 専用アプリのなかには、「Touch ID」を利用した指紋認証やパスワードによるロック機能など、セキュリティ面で役立つサービスを提供するモノがラインナップされているのもポイント。USBメモリをビジネスに使用する方はとくにチェックしておきたい項目です。, さまざまな種類のデバイスと接続して使いたい方におすすめのモデルです。Lightning・USB・microUSBの3種類の端子を搭載した3in1タイプ。パソコンやAndroid OS搭載のスマホ・タブレット端末に接続して使えます。, USB Type-C変換アダプターが付属しているのもポイント。変換アダプターを使用することで、同タイプのポートを採用している機器と接続できます。また、パスワードの設定ができるのも魅力。セキュリティ面にも配慮されたおすすめの製品です。, ケースをつけたままのiPhoneでも接続しやすいように設計されたUSBメモリ。LightningとUSB3.0コネクタを備えており、端末間のデータ移動やバックアップをスムーズに行えます。, 容量は32GBで、画像や音楽なども充分に保存可能。専用アプリの「iXpand Drive」を使えば、写真や動画ファイルなどの管理が簡単にできるのに加えて、ドライブから直接視聴もできます。, また、ファイルをパスワードで保護できるのもポイント。重要なファイルをデバイスから安全に移動および保存できるおすすめのアイテムです。, Lightning・micro-B・USB-Aの3つの接続コネクタを持つハイブリッド型USBメモリ。iOS端末だけでなく、Android端末やパソコンとも接続でき、機種変更時のバックアップツールとしても使えます。, 直感的に操作できる「JS バックアップ for I-O DATA」を使用してデータを管理。バックアップ機能や復元機能を備え、簡単な操作で端末のデータを移動できます。個別でのデータ移行も行えるため、オフライン環境で他端末とデータのやり取りを行いたい場合にも便利です。, また、ファイル暗号化ソフト「QuickSecureAES256」に対応しているのもポイント。ドラッグ&ドロップの簡単操作でファイルの暗号化・復元・完全削除が行えるため、安全にデータを持ち歩けます。複数端末で使用したい方におすすめです。, MFi認証を取得しているLightningコネクタ搭載のUSBメモリ。Lightningコネクタが、90°回転する仕様になっているため、手帳型ケースやシリコンケースなどをつけている端末に接続しても邪魔になりにくいのが嬉しいポイントです。, 本製品の専用アプリ「i Field Box」は、アプリ内のカメラを使えば、そのままUSBメモリに保存可能。容量は64GBで、端末のデータ容量がないときでも、大切な思い出をアプリ内に保存できて便利です。PDFやEXCEL、DOCといった、iOSがサポートしている形式であれば対応可能。写真や音楽データなどだけでなく、重要な資料やファイルも閲覧・保存できます。, ファイルの高速転送が可能なICを搭載したUSBメモリ。iOS端末とパソコンに接続でき、容量の大きなファイルも楽に転送できます。また、幅広いファイル形式に対応しているため、データのバックアップ用や仕事用におすすめです。, データは専用アプリで管理。わかりやすいインターフェースと操作性を念頭にデザインされています。公式から操作方法の動画も公開されているため、不慣れな方でも簡単に使えるのが魅力です。, 専用のケースが付属しているのもポイント。メモリを収納して安全に持ち運べるので、持ち運びの用途にも適しています。, Lightning端子・USB端子の2つを搭載しているUSBメモリです。iPhoneやiPadはもちろん、パソコンへのデータ転送も可能。また、写真や動画ファイルに加え、デバイスに保存されている連絡先情報なども一括でバックアップできます。, おしゃれな専用ケースが付属しているのも魅力。端子が汚れたり破損したりしにくく、持ち運ぶ際にも重宝します。容量は128GBと大きく、動画ファイルも保存できるおすすめアイテムです。, 128GBと大容量のため、音楽や動画ファイルの保存に最適なUSBメモリ。専用アプリをインストールしておくだけで、手持ちデバイスの容量不足を手軽に解消できます。, ケースにキーホルダーなどが取り付けられるスリットを設けているのもポイント。カバンのキーチェーンにぶら下げておけば、使うときにあわてて探すこともありません。また、Lightning端子部はケースを回転させることで保護できる構造を採用しているのもポイント。ほかの小物と一緒にカバンに放り込んでおいても安心して持ち運べます。, Jの字にカーブしたユニークな形状が特徴のUSBメモリです。デバイスに接続している状態でも、本体が邪魔になりにくい仕様なので便利。おしゃれなデザインの製品を探している方にもおすすめのモデルです。, 付属の専用ケースには、キーホルダーなどを取り付けられる穴が設けられています。カバンやリュックにぶら下げて気軽に持ち運ぶことが可能です。容量は128GBのほか、16・32・64GBと豊富にラインナップされているため、使用目的に応じて選んでみてください。, Lightning端子を搭載しており、iPhoneやiPadのストレージ容量を手軽に拡張できるUSBメモリ。メタリックカラーを採用したシンプルなデザインにより、Apple製品とも違和感なく馴染みます。, ケースを装着したiOS機器にも接続できるようライトニングコネクタユニットを長めに設計されているのもポイント。国内市場に出回るMFi認証フラッシュドライブの中でも最小クラスの大きさで、ラクラク持ち運べます。, 専用アプリを導入すれば、ワンタッチでデータをバックアップできるのも魅力。機能はもちろん、デザインにもこだわって選びたいという方にもおすすめです。, Lightning端子を搭載したシンプルな構造のUSBメモリ。アルミ素材を採用したスタイリッシュなデザインで、iOSデバイスとの相性も良好です。保存したデータは、専用アプリ「iPlugmate」経由で簡単にアクセスできます。, Lightningコネクタを保護するキャップが付属するのもポイント。キャップは本体とリングで繋がれており、紛失する心配は不要です。, 128GBの大容量メモリながら、比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力。Apple社によるMFi認証を取得しており、安心して使用できるおすすめモデルです。, Lightningコネクタ対応型のUSBメモリには、さまざまな製品がラインナップされています。よく扱うデータの種類にあわせて、USBメモリの容量やアプリの機能から候補を絞っていくのがおすすめ。ビジネスでもUSBメモリを使う方は、パスワードや指紋認証によるロック機能もチェックしてみてください。, USBメモリiPhoneiPodmicroUSBオーディオスマートフォンパソコン周辺機器ポータブルプレイヤー, エアリア(AREA)サンディスク(SanDisk)サンワサプライ(SANWA SUPPLY)トランセンド(Transcend)リーフ(Leef)ロジテック(Logitec), オール家電キャンプを実現! 「Jackery ポータブル電源 1000」を実機レビュー, 【2020年版】iPadにおすすめのキーボード13選。Bluetooth対応モデルもご紹介, 【2020年版】ゲーミングモニターのおすすめ23選。PC用からゲーム機用までご紹介, 【2020年版】スマートウォッチのおすすめ13選。ビジネス向けからスポーツ向けまで. データ移行や容量を増やすという点でも、iPhone対応USBメモリが一つあるととても便利です。最近は、アプリを使った転送速度の早いものからApple認証のチップを搭載したUSBメモリが人気を呼んでいます。是非この記事を参考に購入を考えていただければと思います。

スマホ画面をミラーリングできるAirmoreというアプリをご存知ですか。Airmoreを使う... AirPlay 2なら、音楽、ビデオ、写真、Podcast、ゲームを、あらゆるApple製デバイスからテレビや複数の部屋にあるスピーカーへ簡単にストリーミングできます。, ApowerMirrorはAndroidとiOS端末の画面をWindows又はMacパソコンに出力し、 パソコンからAndroidスマホを操作することができるソフトウェアです。. なのでLonelyScreenは、iPhoneの操作性に合っています。iPhoneとの相性がいいので、iPhoneユーザはLonelyScreenを利用すると比較的スムーズにミラーリングができるのが、LonelyScreenの特徴です。 この裏技のメリットは動画を分割されるけど、動画編集でまとめた動画にできるという裏技です。なので一時的には10分間隔で録画を停止させる必要がありますが、その後動画編集ソフトでくっつければまとめて動画配信できます。, このように有料版を利用しなくても裏技を利用すれば、ゲーム画面を録画/配信することができます。しかしこの裏技にもデメリットがあります。 サイズをわずか2~3cmほどにした「ミニUSBメモリ」。PCに挿しこんだままでも気にならないサイズ感で、携帯しやすく使い勝手も高いアイテムです。以前は16GBや32GBのものが主流でしたが、現在は64GBや128GBはもはや当たり前。中には256GB以上のものも登場しています。転送速度も高速化... ネットサーフィンやリモートワークのためにも、Wi-Fi環境はしっかりと整備したいもの。そんなWi-Fi環境を作るために必要な無線LANルーターですが、NECやバッファローなどさまざまなメーカーから販売されていて、選び方も難しいため購入の際に迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。. またLonelyScreenは、iPhoneとPCでミラーリングした画面を録画することもできます。なのでLonelyScreenを利用すれば、他の人にiPhoneの操作を紹介することもできます。 近年、爆発的に普及したスマートフォンの中でも頭一つ抜きん出ている存在であるiPhone。そんなiPhoneとパソコンとの間で写真画像などのデータをやりとりしたり、データ容量を増やしてメモリ不足などを解消したりする場合にも便利なのが、iPhone対応のUSBメモリ(USBフラッシュドライブ)です。, 一方のiPhoneに接続する端子はLightning端子と言い、こちらは明確なデータ転送速度を公開していないため、ユーザーは速度を知ることや選択をすることができません(機器によっては速度を公開しているものもあります)。そういった意味でも、USBコネクタの選び方が重要になってくるのです。ちなみにLightningコネクタはiPhone5以降、iPod touch第5世代以降、iPod nano第7世代以降、iPad第4世代以降、iPad mini第1世代以降でないと使用ができませんのでご注意を。, iPhone用はもちろん、パソコン用のUSB Aコネクタ、さらにはAndroid用のmicro-Bも搭載したトリプルユースのUSBメモリ。仕事からプライベートまで幅広く活躍してくれそうです。容量は16・32・64・128GBの4種類。ダークシルバーのアルミボディも質感たっぷりです。, 専用アプリのJSバックアップ for I-O DATAは、画像や動画、アドレス帳などが3タップでバックアップ&復元が行える簡単操作。機種変更時のデータ移行にも対応しています。キャップ紛失防止のバンドは2種類の長さのタイプが付いています。, 自動でカメラロールをバックアップして、空き容量を簡単に確保。USB3.0を搭載しているので、PCへのファイル転送も高速で行うことができます。また、ビデオフォーマットはMP4・MOVに対応。USBメモリ本体に保存している動画を直接再生できるのも便利です。, コネクタは柔軟に曲がる仕様になっており、ケースを付けたまま接続できるほか、ファイルのパスワード保護機能も搭載。ユーザー目線の設計ももうれしい限りです。, LightningコネクタとUSB Aコネクタを簡単に切り替えできるコンパクトタイプ。Mac・Windowsの両OSに加え、USB3.1 Gen1にも対応している優れものです。容量も32・64・128GBと充実しており、自分の使うスタイルに合わせて選べるのがうれしいですね。, 専用アプリはiStickPro 3.0。ネット環境がない場所でのデータ共有をはじめ、iPhone・iPad内の画像や動画、連絡先などのデータを簡単にバックアップできるので手軽に容量不足が解消できます。また、iPhone・iPadに接続すると、USBメモリ内にカテゴリー別にフォルダを自動生成してくれる機能も便利です。, iPhone用に設計されたUSBメモリ。USB規格は3.0を搭載しており、最大90MB/sのファイル転送が可能です。自動データバックアップ機能を備え、撮影した画像や動画の直接保存も可能。WMV・AVI・MKV・MP4・MOV・rmvbといった一般的なビデオフォーマットにも対応しています。また、専用アプリには、データのパスワード保護機能も搭載されています。主に流通しているのは32・64・128GBの海外リテール品。比較的リーズナブルな価格である一方、対応機種も限定されます。購入の際にはECサイトの商品説明や口コミに記載されている情報をしっかりと確認しておくのがベストです。, シルバーのメタルハウジングで、高さ36.5×幅14.3×奥行き9.01mmのコンパクトサイズ。Lightningコネクタに加え、USB 3.1 Gen1コネクタも搭載し、WindowsやMac、Linuxとも接続できるオールラウンダーです。最大データ転送速度は、Lightningが20MB/s、USB 3.1 Gen1が130MB/s。USB 3.1 Gen1使用時なら4GBのHD動画を30秒で転送できるスピードが魅力です。, また、写真、動画、録音データを自動でUSBメモリ側に移動できるほか、専用アプリはわずかな操作でバックアップが可能。Microsoft Office、Apple iWork、Adobe PDFファイルなど、さまざまな形式のデータに対応しています。パスワード設定やTouch IDでのセキュリティ機能も搭載されているのが心強いですね。, スタイリッシュなデザインが印象的なキャップレスの360度回転式。WMV・AVI・MKV・MP4・MOVなど、主なビデオ形式に対応しており、iDiskk Pro アプリを入れればiTunesを使うことなく音楽や動画をPCから移動することが可能です。撮影した写真や動画をUSBメモリ本体に直接取り込むこともできるので、iPhoneの容量を気にすることなく撮影できるのがうれしいですね。, 専用アプリはワンタッチでデータを簡単にバックアップできるほか、データの種類を分類して保存。また、Touch IDの連動機能も搭載されており、指紋認証でのデータロック・解除ができるなど、使い勝手にも配慮されています。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, iPhone対応USBメモリを選ぶ基準はいくつかありますが、容量や速度などがよくわからないという方のために、選び方をまとめてみました。パソコン用のUSBメモリとは少し違う点もありますので、よくご確認くださいね。, USBメモリを選ぶ上で最初に気になるのが、データの入る容量ですよね。iPhone対応のUSBメモリの容量は、16GBくらいから100GBを超えるものまでさまざまです。使用しているiPhoneの容量が少ないのであれば、容量が多めのUSBメモリを選んだ方が良いかもしれませんね。, 次に、データの転送速度についてご説明します。 iPhone対応USBメモリにはパソコンに接続するときの ためにUSBコネクタが付いていますが、この USBコネクタが転送速度に関係があります。 USBコネクタは年々進化しており、最新の規格は USB3.2で、データを転送する際の速度が非常に早いのが特徴です。, iPhone対応USBメモリは、ただiPhoneに差せば使用できるというものではなく、, アップル製品のアクセサリには、アップル独自の認証システムがあります。これを「MFi認証」と言います。「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略で、アップル製品のために開発されたアクセサリであることをアップルが公式に認めている証拠なのです。, それでは、iPhone対応USBメモリのおすすめ人気ランキング7選をご紹介したいと思います。容量も使い勝手もさまざまなUSBメモリたちですが、どのようなランキングになっているのでしょうか?, 高級感のある美しいカラーリングが特徴のUSBメモリです。色は5色から選ぶことができますし、USB規格は3.0、容量も32Gから128Gまで選ぶことが可能です。価格も手に入れやすいため、, iPhoneからのデータ移行は、同じApple製品同士であればAirDropなどで通信することができますが、すべての人がAppleのパソコンを持っているわけではありませんし、やはりデータ移行や容量を増やすという意味でもiPhone対応USBメモリがあると便利だと思います。.

またiPhoneとPCでミラーリング出来ないときの対処法は、少し専門知識が必要になる対処法もあります。もしあまりITに詳しくない場合は、対処法を確認して専門の人に確認してみるといいかもしれません。, まずiPhoneとPCでミラーリング出来ないときの注意点としては、接続しているWiFiが異なっているとミラーリングが出来ないです。これはiPhoneとPCでネットワークが異なるため、ミラーリングが出来ないようになっています。 スマホのミラーリングアプリは知っていますか。スマホの画面をパソコンの画面にミラーリングするこ... iPhoneの画面をもっと大きな画面で見れたらいいのにと思った事はありませんか?ミラーリング... Androidで動画配信アプリを見ると、画面が小さくて観づらいことがありますよね?そういう場... AirPlayといえばAppleTVや対応機器にストリーミング再生する機能のことですが、実は... 皆さんVysorアプリを使っていますか?または使い方を知っていますか?VysorとはAndr... WiFiのように自由に移動しながらiPhoneをPCにミラーリングすることができません。, マホのゲームアプリを起動しながら、PCの画面に表示させて画面を共有することもできます。, iTunesやiPhone、iPod touch、iPadで再生している音楽や動画、画像を、家庭内のネットワークを経由して他の機器でストリーミング再生する機能, WiFiでも利用するし、USBケーブルでもiPhoneとPCでミラーリングしたい場合, ネットワーク環境があまり良くないとミラーリングが出来ないで、途切れ途切れになってしまいます。, 画面を録画したり、動画を配信する場合はミラーリングアプリが必要になることがあります。, Reflector 3 | Screen mirror Android, iOS & Chrome OS to a bigger screen.

ホームページ等に埋め込まれているYouTubeの動画などをよく見かけることが多い昨今、埋め込み動画をダウンロードしたいと考えた人も多いでしょう。埋め込み動画のダウンロード方法... アニメを無料で見ることができた海賊版サイトAnitubeX(アニチューブX/あにつべX)が閉鎖しました。利用していた人はAnitubeX(アニチューブX/あにつべX)の代わり... Windows10にデフォルトで入っているアプリに「3Dビューアー」があります。この「3Dビューアー」とは3Dのモデリングデータを閲覧することが可能なアプリです。「3Dビュー... 圧縮しているフォルダを解凍する際、既存の解凍方法ではファイル解凍ができないことがあります。そんな場合に便利なおすすめの無料解凍ソフト9選を紹介していきます。9選したおすすめの... スマートフォンやテレビのディスプレイの画質などで2K/4K/フルHDなどという言葉をよく聞くと思いますが、その違いは解像度にあります。2K/4Kの解像度は一体どのくらいなのか... Windows10でマウスカーソルでクリックを自動でできる連打ツールはたくさんあります。この記事では、自動でクリック連打ができる連打ツール5選を紹介していきます。それぞれのツ... Windowsのバックグラウンドプロセスの中に「Acrotray.exe」というものがあります。これが一体何なのか分からず、ウイルスかと不安に思っている人向けに「Acrotr... WindowsやMacなど、所持しているPCのパーツ交換時確認の必要があるマザーボード。そもそもマザーボードとは何なのか、という話も含め、PCのマザーボードを確認する方法とは... オンラインゲームなどで指定した場所を連打したい場合に便利なダウンロード不要のソフトウェアとして「連打くん」があります。この「連打くん」はどのようなソフトなのかや、使い方、自動... Windows10 PCでWi-Fi接続時に、トラブルシューティングツール実行後などに「有効なIP構成がありません」と表示されることがあります。「有効なIP構成がありません」... USBの初期化時などに見かける「アロケーションユニットサイズ」。アロケーションユニットサイズとは何なのか全くわからない人もいるでしょう。不適切なものに設定されている場合のデメ... Windows10を利用している際、パソコンの動きが著しく遅くなる、メモリ不足のエラーが表示されるなどメモリ不足によってイライラすることも多くあります。Windows10のメ... WindowsでUSBメモリを入れた際「USBデバイスが認識されません」と表示されて認識しないときがあります。「USBデバイスが認識されません」と表示されてUSBメモリを認識... YouTubeで「何秒のところに注目」などという再生時間付きのコメントを見かけたことがある人も多いでしょう。しかし、このコメントの仕方が分からないという人も多いと思います。こ... Apple製品を複数所持している人の中には、「Apple ID」を複数持てるなら作成したいと考えている人もいるかと思います。Apple IDを複数作成する方法のほか、そのメリ... Windows10を利用していて動きが遅いと言うことになった時、メモリの解放を行うことで動作が軽くなることがあります。Windows10でメモリを解放する方法とはどのようにお... Google Chrome利用時に「ERR_CONNECTION_REFUSED」のエラーが表示されることがあります。この「ERR_CONNECTION_REFUSED」が表... Google Chromeでタブをたくさん開いているとメモリを食います。そんな時、メモリ削減ができる便利な拡張機能に「OneTab」があります。メモリの削減だけでなくChro... Windowsパソコンでアプリケーションを立ち上げた際、「MSVCP140.dllがない」という文面のエラーが表示されることがあります。この場合に「MSVCP140.dll」... LINEのプロフィール画像を変更したいと思っていても、LINEを始めたばかりの人は変更方法を知らない人が多いでしょう。この記事ではそんな人のために、LINEのプロフィール画像... iPhoneをPCにミラーリングする方法!設定・裏技も紹介!のページです。AppliWorld[アプリワールド]はLINE/Instagram/Facebook/Twitter/動画配信サービスを始めとするスマホアプリやiPhone/Androidスマホなどの各種デバイスの使い方・最新情報を紹介するメディアです。. それは動画編集する手間が掛かってしまうことです。裏技を利用すれば課金は必要なくなりますが、動画編集という手間が掛かってしまう点です。なので裏技としてはちょっと微妙に感じる人もいるかと思います。 スマホの画面は一人用の為ほかの人と共有したり見せ合ったりするとき少し不便に思ったことはありませんか。実は最近スマホの画面をPC画面に共有できるアプリや機能が流行っています。 iPhoneを利用してPCにミラーリングできる方法を知っていますか。iPhoneの画面をPCの画面にミラーリングする際に設定方法や注意点があります。ここではiPhoneをPCにミラーリングする設定方法や注意点、裏技について紹介します。, まずiPhone等のスマートフォンをミラーリングという機能を利用して、PCやテレビ画面にミラーリングする技術のことを知っていますか。