2020 j1順位表ページです。各チームの順位や勝点、得失点差など、最新のjリーグ順位情報を随時更新してお届けします。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)のjリーグページです。 (4)本資料のJリーグHP上での開示 ファン・サポーターをはじめとする多くのステークホルダーへも可能な範囲で情報提供を 拡充するため、本資料はJリーグ.jpでも開示する。 ※2019年5月発表時と同様の情報については、「再掲」と表示しています。 4位にはjリーグ2連覇中の川崎フロンターレが入った。 一方、下位に目を転じると、15~18位の4クラブはすべて降格し、今はJ2所属。 チームの成績とビジネスマネジメント力ランキングを見比べると、密接な関連性も浮き彫りになる。 Jリーグが盛り上がっている。強豪クラブはなぜ“強い”のか、本連載ではビジネス面から徹底解剖。集客力や売上高など8つのポイントからJ1、J2、J3、全55クラブのビジネスマネジメント力をランキング化した。浦和、鹿島、横浜FM……ビッグクラブが“強い”ワケを、各クラブの最新戦略からひもとく。, 今、見ずしていつ見るか──。Jリーグがとにかく熱くなってきた。昨年からイニエスタにビジャ、トーレスと世界屈指のスーパースターが続々来日。17歳で日本代表に選出された、久保建英という日本人選手の超新星も登場した。多くのレジェンドが彩った黎明期の華々しさが、ピッチに戻ってきた。, 発足当初よりも、Jリーグは格段に近い存在になった。クラブ数は10から、39都道府県55クラブに増加。2016年には英パフォーム・グループが運営するスポーツ映像配信サービスのDAZNと放映権契約を締結。スマホにPCと、スタジアム以外での観戦スタイルも自由になった。10年間で約2100億円もの契約金もJリーグを活性化。九州産業大学の福田拓哉准教授は、「発足当時は欧州主要リーグのクラブと同じか、それ以上に資金力があったので、海外の大物が呼べた。当時ほどではないが、DAZNとの放映権契約による資金流入で、選手獲得の競争力が戻りつつある」と分析する。, 7月19日にはJリーグ連覇中の川崎フロンターレと、英国の強豪チェルシーの試合が日産スタジアムで開催されるなど、Jクラブが海外のビッグクラブと対戦する機会も増えている。, 強いクラブには必ず“ワケ”がある。それを探るべく、ビジネス面からJリーグ各クラブを徹底解剖した。, 各クラブの公開情報を基に、「平均入場者数」や「新規観戦者割合」「SNSフォロワー数」など全13指標をポイント化して、デロイト トーマツ グループが全クラブをランキングした「Jリーグマネジメントカップ」という資料がある。このうち8指標に絞って再計算し、独自の「ビジネスマネジメント力ランキング」を作った。17年度の情報に基づくため、今J1に所属していても、このランキングに載っていないクラブもある(J2、J3所属クラブの順位はクラブ名鑑内に記載)。, 1位に輝いたのは、Jリーグのクラブ初のアジア王者で、昨年の天皇杯を制した浦和レッズ。2位はJ1最多優勝の鹿島アントラーズで、3位は03、04年に連覇した横浜F・マリノス。この2クラブは、発足以来一度も降格経験のない名門だ。4位にはJリーグ2連覇中の川崎フロンターレが入った。一方、下位に目を転じると、15~18位の4クラブはすべて降格し、今はJ2所属。チームの成績とビジネスマネジメント力ランキングを見比べると、密接な関連性も浮き彫りになる。, このコンテンツはセミナー・プラス会員限定です。お申し込みをされますと続きをご覧いただけます。, 日経クロストレンドのコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。, イニエスタにビジャ、トーレスと世界的スター選手が相次いで来日。ピッチの華やかさが一気に増した、いま必見のJリーグをビジネス面から徹底解剖。浦和、鹿島、横浜FMら強豪クラブが仕掛ける最新戦略に迫る。また、集客力や売上高など8つのポイントからJ1、J2、J3、全55クラブをランキング化。ビッグクラブの”強いワケ”から、新たな強豪クラブ候補も探った。Jリーグが各クラブ共通で仕掛ける戦略も紹介する。. Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. タイトル獲得回数ランキング 各種タイトル獲得回数のランキング表を作ってみました。(回数は2019年終了時点) 現役選手はオレンジ色で表示しています。 本塁打 打点 打率 盗塁 安打 出塁 ベストナイン ゴールデングラブ 2位ランキング

世界・欧州W杯コンフェデ五輪U-20W杯U-17W杯クラブW杯EUROU-21欧州欧州CL, 他大陸アジア杯U-23アジアU-19アジアACLコパアメリカU-20南米リベルタドーレスゴールド杯, 日本・J1札幌仙台鹿島浦和柏FC東京川崎横浜FM横浜FC湘南清水名古屋G大阪C大阪神戸広島鳥栖大分, 日本・J2山形水戸栃木群馬大宮千葉東京V町田甲府松本新潟金沢磐田京都岡山山口徳島愛媛福岡北九州長崎琉球, 日本・J3八戸岩手秋田福島YSCC相模原長野富山沼津藤枝岐阜鳥取讃岐今治熊本鹿児島日本のクラブ一覧, 欧州バルセロナレアルマドリーマンチェスターCリバプールチェルシーユベントスバイエルンドルトムントリヨンパリアヤックスポルト欧州チーム一覧, アジアアルヒラルアルイテハドセパハンアルサッドアルガラファブニョドコル全北浦項ソウル広州恒大北京国安ブリーラムアジアチーム一覧, 主な高校青森山田前橋育英市立船橋流経大柏富山第一星稜静岡学園京都橘履正社滝川第二作陽立正大淞南東福岡大津鹿児島城西全高校一覧, 主なユース札幌鹿島浦和大宮柏FC東京東京V三菱養和清水名古屋京都G大阪C大阪神戸広島福岡大分全ユース一覧, 日本・東日本北海道青森秋田岩手宮城山形福島新潟群馬栃木茨城埼玉千葉東京神奈川山梨長野静岡愛知三重岐阜富山石川福井, 日本・西日本京都滋賀和歌山大阪兵庫岡山広島鳥取島根山口香川徳島愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄, 欧州スペインイングランドドイツイタリアフランスポルトガルオランダロシアウクライナトルコ, 大会のページでは各シーズンの試合結果、得点・警告・出場時間などの選手ランキング、担当した審判のランキングなどを見ることができます。Soccer D.B.で取り扱っている大会は、「このサイトについて」のページに一覧を掲載しています。, チームのページではシーズン毎の出場選手の一覧とスタッツ、試合結果、対戦成績、担当審判別の成績、背番号の移り変わりなどを見ることができます。, 選手のページではシーズン毎の出場・ベンチ入り試合の一覧、大会毎のスタッツ、対戦成績を見ることができます。出場データの多い選手は、過去に同じチームで出場した選手、対戦数が多い選手なども掲載されます。, 主審のページではシーズン毎の担当試合の一覧、平均警告・退場数、時間帯別警告数、担当試合のチーム成績を見ることができます。. クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています