2018/03/31 GEM(解散) 2018/07/21 KAGUYA(解散) 2018/11/30 X21(解散)

2019/02/17 オタクネーション(活動終了) 2018/03/27 Diamond Tokyo.ltd(活動休止) 2018/12/07 Navy Back Ground(解散) 2018/05/05 Kit Cat(活動終了)

2018/12/31 mia∝Bianca(活動休止)

2018/01/12 GAMEOVER(解散) 2018/04/07 OH! 2018/12/29 CHOCO★MILQ(解散)

2018/12/29 e☆MONSTER(解散) 2018/06/24 KNU(無期限活動休止)

2019/03/24 S★スパイシー(解散) 2018/01/21 減々色シアター(解散) 2018/05/06 Sky's The Limit(解散) 2018/11/06 he(解散)

2018/09/24 AIS -All Idol Songs-(解散) 2018/11/29 バズマザーズ(活動休止) 2018/08/17 鏡花乱舞(解散)

2018/04/01 新生おやゆびプリンセス(解散)

2019/04/30 i.Rias(活動終了)

2018/10/02 フィッシュライフ(解散)

2018/09/26 WiLL(活動休止)

2018/12/28 さきどり発進局(解散)

2018/01/20 游彩(解散) 2019/06/02 マイナス人生オーケストラ(解散) 2019/02/03 AXELL(活動終了) 2018/02/25 atME(解散)

2018/12/30 LoveFlower(活動休止) 2018/07/07 HERe:NE(解散) 2018/01/28 GLORY HILL(無期限活動休止)

2019/03/29 Sioux(解散)

2019/04/13 Dear L mana(解散)

2018/10/16 黒猫チェルシー(活動休止)

2018/02/25 Mix Speaker's,Inc.(解散)

2018/03/25 ラミエル(解散) 2018/02/27 Carpe diem(解散)

2018/12/12 BABOO(活動終了) 2018/08/04 黒百合と影(解散) 2019/07/20 ねごと(解散), まだしつこくやってるあの人やこの人の、できるだけ新しい情報を紹介するコーナー。(更新停止), '80年代から現在までのカヴァーソングを「カヴァーされた」方からのみ検索可能な嫌がらせデータベース(更新停止)。, いたような気がする、知ってるけどどうでもいい、そんなバンド・アーティストのディスコグラフィとその後を無駄に調査。(更新停止). 2018/02/09 Dawn of the「C」(解散) !マイキーズ(解散) 2018/12/31 ゴシップ(解散) 2018/10/18 BLESS THIS MESS(解散)

2018/12/25 Hi-5(解散)

2018/08/17 BRATBAX(活動休止) 2019/02/24 たんこぶちん(活動休止)

2018/12/29 Anger Jully The Sun(解散) 2018/02/02 神奈川TEDDY(解散)

2018/08/08 WenDee(新宿BLAZE) 解散した日本のバンド・グループの一覧(かいさんしたにほんのバンド・グループのいちらん)は、解散した(もしくは解散が予定されている)日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを、解散・活動停止・無期限活動休止した年代順にまとめた一覧。

2019/02/16 LIBERATE(解散) 2018年12月14日、香港で開かれた2018 MAMA(Mnet Asian Music Awards)。そこでBTSが解散を悩んでいたことを激白し、ファンの間で大きな話題になっています。BTSが語ったことや解散を悩んでいた時 … 2018/03/15 バラライカ(解散) 2018/08/27 sith.(解散) 2018/01/27 Charisma.com(無期限活動休止)

2018/09/25 ダイヤモンドルフィー(活動停止) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); K-Popファンの間では毎年、恒例となっているMAMA(Mnet Asian Music Awards)。, 2018年12月14日の2018 MAMA@香港には、多くのK-Popアーティストと一緒にBTSも参加。, BTSは、今年もっとも注目されたアルバムに贈られる「Album of the year」と、今年もっとも活躍したアーティストに贈られる「Artist of the year」をダブル受賞しました。, BTSが「Album of the year」に次いで「Artist of the year」の受賞のためにステージに上がった時です。, 二つの賞を取れるとは思わなかったのか、J-Hopeをはじめ一部のメンバーが涙を見せ始めました。, 해체를 고민할 정도로 무서웠구나 너희의 인기가 너희 노력의 보상이. 2018/02/25 PrincessGarden-姫庭-(解散) 2018/11/18 Aqua Timez(解散)

2018/02/03 花言葉はイノセンス(解散) 2019/03/24 つりビット(解散) 2018/11/25 HEARTFUL FAITH(解散)

2018/06/02 Animal Beast(解散)

2018/03/31 マボロシ可憐GeNE(活動休止)

2019.05.28 SPECIAL TALKS / Vol.3 Vo Vo Tau解散の真相 元銀座No.1ホステスで、現在は実業家として様々な事業を展開している鈴木セリーナと、音楽プロデューサーの須賀満。対談第三弾では、華々しいデビューを飾ったVo Vo Tauが、わずか2年で活動に幕を下ろした理由に迫ります。 2018/12/05 Dear My Enemy(解散)

2018/12/07 LIM(解散) 2018/02/02 リベリオ(解散) 2018/12/24 セプテンバーミー(活動休止) 2018/02/09 MunizO(活動終了)

2018/10/02 LOOP H☆R(解散) 2018/09/10 タッキー&翼(解散) 概要. Juliet ユミ 病気 ほしのあきの魅力! 2018/12/20 かぷりす(解散) 2018/10/28 はにかみライバー(解散) 2019/01/14 ねごと!TOYDOLL(解散) 2018/12/29 Mercury(解散) 2018/10/28 RHEDORIC(無期限活動休止) 2018/03/17 ALvino(活動停止) 2018/05/27 Alloy(活動終了)

2018/03/10 Embrace(活動休止) 2018/07/31 カラーボトル(無期限活動休止)

2018/04/22 YANAKIKU(活動休止)

2018/12/30 IsTaR(解散) 元銀座No.1ホステスで、現在は実業家として様々な事業を展開している鈴木セリーナと、音楽プロデューサーの須賀満。対談第三弾では、華々しいデビューを飾ったVo Vo Tauが、わずか2年で活動に幕を下ろした理由に迫ります。アーティストから音楽プロデューサーへと転身を遂げた須賀さんが、新たに目指すものとは? 文=島野美穂(清談社) 写真=関大介(世紀工房), メンバー間で何かあったんですか? 芸能界で売れて、周囲の環境がガラッと変わったとき、まず変化が見られるのは、大抵女の子ですよね。びっくりするくらい性格が変わります, おっしゃる通り、きっかけはそうでしたね(笑)。デビューしてすぐに売れたことで、メンバーの関係性は、少しずつ変わっていきました。, リーダーといっても、そんな偉い感じではなかったです。まぁ、調整役ではありましたけど。, 須賀さんとお仕事させていただいて思うのが、トラブル対応にとても慣れていらっしゃるなということです。アーティストとして活動していた当時から、ビジネスマンとしてのスキルも一緒に磨いていらっしゃったんじゃないかなと思うのですが、いかがですか?, たしかに、デビュー前のマネージャーがいない頃は、ライブのブッキングなどは僕がしていたので、交渉スキルや、コミュニケーションスキルは自然と磨かれていたかもしれません。, 正直言うと、最後のほうは、かなり溝ができていたので、修正する余地もなかったんです。もちろん、表面上は普通に活動していましたけど。, 実際の仲はガタガタだけど、仕事はちゃんとするというその空気、すごくわかります。私と重本ことりも、長いこと仕事を一緒にしていますが、衝突したことが何度かありました。新大阪駅で取っ組み合いの喧嘩をしたこともあります。 そのとき、タイミング悪く、知り合いのヘアメイクさんが通りかかって、声を掛けられたわけです。するとその瞬間、摑み合ってた手を、お互いパっと離して「どうも、こんにちはー!」みたいな(笑)。何事もなかったかのように振る舞いましたね。, そうですね。今後どうしていくか話し合ったとき、僕はビジネスとしてなら、割り切って活動できると伝えました。残る3人のうち、2人は続けたい、だけど、もう1人は続けられないということでしたので、解散に至りました。, 1人でも続けられないと思った以上、もう解散しかなかったんです。しかも、そう言ったのが作曲の担当だったので、なおさら続けるという選択肢はありませんでした。, はい。それともう一つ、すごくお世話になっていたレコード会社の方が、亡くなってしまったのも、大きな出来事でした。メンバー同士で揉めたときに、「まぁまぁ」と言って、とりなしてくれる方だったんですよ。いってみれば、Vo Vo Tauの恩人です。その方を失ってしまったことも、活動を終える原因の一つだったかもしれません。, もちろん、解散後もドラマーとして活動する選択肢もありました。ただ、ドラム演奏だけを生業にしてきた、いわゆるプロのドラマーって、当たり前ですけど、桁違いに上手いんですよ。それを目の当たりにしたとき、自分がドラムで食べていくのは、相当難しいのかな、と。, そうですね。それで、じゃあ何をしようかと考えたとき、思い浮かんだのが裏方の仕事でした。Vo Vo Tauでリーダーをしていた頃、裏方の仕事も楽しそうだなと思っていたんです。そんなとき、Vo Vo TauでギターをやっていたRyo-thingと僕とで、アルバムを作ってみないかというお話をレコード会社からいただきました。それが音楽プロデューサーとしての初めての仕事ですね。2005年くらいにはじまり、今に至ります。, 須賀さんがデビューしてお忙しかったとき、私は出産と離婚をして、その後、須賀さんが音楽プロデューサーとして再スタートしたとき、私も再婚して新生活がスタートしていたという感じですね, そうですよね(笑)。 ところで、須賀さんは、アーティストからプロデューサーに転向したときに、何か目標はあったんですか?, さきほど少し話しましたが、亡くなられた恩人が僕らにしてくれたような仕事をしたいんです。若かった僕らに、とても親身になって支えてくれたあの方のように、今度は僕が、若い子たちのサポートをできればと考えています。, 前回は、Vo Vo Tau(ボボタウ)としてデビューするまでのお話をお聞きしました。約2年の活動期間の後、バンドは解散しますが、その原因は何だったのでしょうか?, メンバー間で揉め事が起きると、リーダーの須賀さんに、しわ寄せがいってしまいそうですが……。, 4人中、3人は続けると言ったのにもかかわらず、解散することになってしまったんですね。. 2018/05/19 ねがいごと(解散) 2018/05/05 Droog(無期限活動休止)

2018/08/24 AYABIE(完結) 2018/01/31 素晴らしき日々。(解散) 2018/04/30 スマイル海賊団(解散) Juliet(ジュリエット)は、女性2人組からなる音楽ユニット。ユークリッド・エージェンシー所属。レーベルはBLOSSOM。, カリスマモデル6人によるプロデュース・チームRomeo(ロミオ)が手がけるギャル系3人組ユニットとして2009年にシングル「ナツラブ」でデビュー[1]。当初は顔を明かさない「覆面ユニット」として活動していたが2ndシングル「フユラブ」発売にともない、素顔が公開された[2]。, 2015年12月にハミがグループを脱退、デビュー7周年となる2016年からはマイコとユミの2人によるツインボーカルユニットとして新たなスタートを切る[3]。, 2009年7月21日、Shibuya O-EASTにて初ライブを行い、『ナツラブ』を披露。当日は白幕越しの「シルエットライヴ」となり観客を驚かせた[6]。同年8月5日、シングル『ナツラブ』でデビュー。着うたがレコチョクのウィークリーチャートで1位を獲得[7]。配信60万ダウンロードを記録[8]。, 9月30日に渋谷109前にてRomeoと共に初お披露目イベントを行う。当日は雨天だったが、1000人以上の観客が集まった[9]。, 10月7日に2枚目のシングル『フユラブ』を発売する。着うたがレコチョクのウィークリーチャートで1位を獲得、『ナツラブ』に続き2作連続の1位獲得[9]。配信45万ダウンロードを記録、デビューから4ヶ月でシングルの累計ダウンロード数は100万を突破した[8]。, 11月4日に1枚目のスタジオアルバム『ラブ』を発売。オリコン週間チャートで10位に入る[8]。, 2010年1月27日に3枚目のシングル『ハルラブ』を発売。卒業がテーマとなった楽曲でこれまでプロデュースを担当したRomeoだけでなく、関東近郊60校から選ばれた現役女子高生120人からなる卒業シーズン限定の「ハイスクールRomeo」がプロデュースを担当した。また、同チームが卒業パーティも同時にプロデュースを行い、そのパーティの企画で「3月29日に渋谷DUOに集まった高校3年生の卒業生2000人が4枚目のシングルとなる『ハルラブ2』をフルコーラスで合唱する」というギネス記録に挑戦する[10]。, 3月19日から4月7日まで初のワンマンライブ『ビビってますけど…?ジュリパツアー』を開催。, 6月4日、ラジオ番組の公開録音で、12月末日をもってハミがメンバーを脱退し、芸能界も引退することが発表された[5]。, 9月22日、公式サイトにて、2018年12月31日に活動終了することが発表された[11][12]。, 12月23日、ラストライブ『Juliet Oneman Live「Last Present」』を渋谷チェルシーホテルにて開催[13]。, ナツラブ - フユラブ - ハルラブ - ハルラブ2 - 23:45 - もっと もっと キミを教えてよ - アキラブ - ユキラブ - サクラブ - モトカレ - モトカノ, https://www.oricon.co.jp/news/2120266/full/, J『【ワンマン】12/23(日) Juliet Oneman Live「Last Present」』, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Juliet_(音楽ユニット)&oldid=79106275.

2018/10/30 RIP SLYME(活動休止) 2018/09/18 loop(活動休止) 2018/12/29 rice(無期限活動休止)

2018/07/21 SHiNY SHiNY(解散)