2020年10月に仲間に加わったnote proアカウントを紹介します うれしいことに今月も全国のさまざまな法人が、noteの仲間に加わりました。このnoteは、2020年10月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書いてくださっていた… note proは企業の情報発信を簡単に続けやすくするためのサービスです。オウンドメディアをより届きやすく、作りやすくするためのさまざまな機能を用意。自社開発よりも、圧倒的に使いやすくて低コスト。しかも申込み月無料で今すぐ使えます。 よくある質問. よくある質問、申し込み方法、操作方法などはこちら. これまでは参加者に…, 株式会社フィードフォースは 2006年設立のIT企業。「働く」を豊かにするーーをミッションに、企業やBtoBのデジタルマーケティングを業務とし、データフ…, このたび、SmartHRの取り組みが『広報会議』2020年10月号で紹介されました。企業ブランディングの観点からnote上で社内報を外部へ公開した「SmartHRオー…, noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。, note proに関するニュースをまとめたマガジンです。カイゼン報告や、法人アカウントのメディア掲載情報をまとめています。, note をお使いいただいている法人へのインタビューをまとめています。お手本集として参考になさってください。, note proをご検討いただいているご担当者さま向けの記事やイベントの告知をここでまとめています。, 「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら →. 統合後のline公式アカウントの運用で押さえておくべき最新情報をまとめました。新プランに対応したline公式アカウントでは何ができるのか(機能)、通数課金によるコスト(費用)、移行のスケジュール等(移行期間)など気になるポイントをまとめています。 わからないので、質問させてください。 学校で使用している児童用タブレット(windows8.1)に、Windowsストアからアプリをインストールしようとしたら、Microsoftアカウントのサインインが求められインストールできませんでした。 タブレットも100台以上あるため、法人のアカウントを登録して、 … アカウント登録や、設定の変更、操作方法など、困ったときはこちらをご覧ください . 引用・参考文献・参考URLの正しい書き方:プレゼン資料の「参考文献リスト」作成時の注意点とは?, 誠意が伝わる「謝罪文・お詫びメール」の書き方と例文8選|件名・締め、社内・お客様など事例別, 【社会人必見】ビジネスの基本である名刺交換のポイントと名刺関連のマナーをチェック!. 企業公式アカウント〜本気でWeibo ... 申請はWeibo Japanなどの企業・業者を通して行い、申請費用がUSD 1,080必要となります。(2019年2月時点、申請を代行する業者によって異なる) 3. かつてさまざまな企業で情報共有基盤の中心となっていた「Notes」が、このところは「Notesからの移行」というキーワードで注目されている。 こんにちは。note pro運営事務局です。 noteの各機能について紹介します. こんにちは。note pro運営事務局です。このnoteは、企業やチームがnote proを最大限活用するための参考情報を発信するメディアです。, 私たちは、みなさんがnote proを活用し、ビジネス上の課題を解決するためのヒントを提供したいと考えています。noteがはじまって5年以上が経ち、数百にもわたる法人が、さまざまな目的で書き続けてくださっています。, 定期的に開催している法人向け勉強会で、noteを上手に使っているこれらの法人事例をご紹介したところ、参加者の方から数多くの反響をいただきました。, そこで、これまでに投稿された企業事例はもちろん、これから投稿されるであろう法人コンテンツの中から、参考になる良い例をまとめていければと思います。, 『自分たちはnoteの機能を使いこなせているだろうか?』『どんな種類の記事がひろく読まれているのだろう?』『他社はどんな運用の仕方をしているのだろう?』, などなど、みなさんのさまざまな「知りたい」にこたえるような情報を継続的に届けていく予定です。, このnoteで掲載する内容を紹介します。「マガジン」の形式で情報を分類しますので、関心のあるマガジンをぜひ、フォローしてみてください。, noteを活用している法人・チームの、サクセスストーリーを取材したコンテンツをまとめています。note開設までの過程や意図、具体的な運用方法をお伺いしています。, このマガジンでは、note proの新機能アップデートのお知らせを伝えていきます。みなさんに便利に使っていただくために、今後も様々な機能追加や改修を続けていく予定です。関連情報を知るためにも、定期的にご覧ください。, 個人・法人を問わずnoteを書くうえで、編集方針を示すための「自己紹介記事」はとても重要です。開設の前に、さまざまな法人による自己紹介をまとめたこちらのマガジンをご参考ください。, note proの利用者に向けたイベント情報や実施レポートなどは、このマガジンで集約しています。, ほかにも、「既存機能を使いこなすためのマニュアル」や、「業種ごとのnoteを紹介するマガジン」も計画中です。加えて、note pro利用者限定のイベントとして、オフラインでの交流会やレベルアップの勉強会などを企画しています。準備ができ次第ご案内しますので、ご期待ください。, 2019年3月のnote proのサービス提供開始から半年の間で、数百を超えるご担当者とやりとりを重ねてきました。そこで、「プロダクトのお知らせや新機能導入の背景などを伝えるのに、noteはおすすめですよ」と、担当者からの率直なアドバイスとして、勉強会や商談を通じて、お伝えしてきました。, 一方で、私たちもまたnote proというプロダクトについて情報発信する場所を必要していました。それならば、まずは自ら実践しよう、と考えこのアカウントをつくることにしました。, この場所では、noteの世界観の中で法人クリエイターはどのようにnote proを運営すればよいのか、できる限りわかりやすく伝えていきます。書き続ける法人クリエイターに寄り添い、みなさんの励みとなるようなことを発信できればと考えていますので、よろしくお願いします。, 法人のみなさんと一緒に、note proもより良いサービスに成長させていければと考えていますので、ぜひ、ご要望もお寄せください。, note proの導入について、くわしく知りたい方は専用ページもどうぞ。資料請求や個別相談、法人向け勉強会へのご参加は、以下ページよりお申し込みいただけます。, noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。, 「note pro」の契約者に向けて、note proカスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、noteで「もっと伝えたい」を叶えるための学びをお届けします。利用ご検討の方はこちら →. noteに関する素材データとガイドラインはこちら. 法人向け「note pro」について. フェイスブックを利用して、自社の製品・サービスをPRしたいと考える企業は増えています。しかし、ページ開設や広告など、フェイスブックを利用する際には何を使ったときにどの程度の費用が掛かるのかはご存知でしょうか?企業がフェイスブックを使用したときにかかる費用について紹介します。, 基本的にFacebookでアカウントを入手して、登録すること自体は無料です。有料コンテンツを使用しない限り初期費用はかかりません。通常のページでの投稿や、ファンを集めることについても何ら費用が掛かりませんので、通常の広告を提供するよりも安く済むことになります。, ただし、ゲーム、アプリ、ギフトなど関連商品の購入には料金がかかりますので、Facebook内での使用は考えて使いましょう。, Facebook内でスポンサー記事や広告の掲載は有料コンテンツです。広告やスポンサー記事の掲載時は、その費用は広告主が決定することができ、一日単位の予算にするか通算予算で決めるかや、インプレッション単価の入札(CPM)かクリック単価の入札(CPC)かなども選択できます。掲載する広告などの値段は1ドルからの入札で、広告主が好きな料金を選べますので予算や目的に応じて入札額を決定しましょう。, そして、掲載された広告や記事は、獲得したインプレッション数(表示回数)またはクリック数によって課金されていきます(日本の場合におけるフェイスブック広告の相場は、1クリックあたりだいたい100円ほど)。支払い金額が1日の予算や通算予算より多くなることはありませんので、追加で料金が発生することもありません。, これらが企業がフェイスブックを利用する際にかかる費用です。使える予算をしっかり考慮しながら、フェイスブックの有効な使い方を実践できるようにしましょう。. この度、トレンダーズ株式会社 から 新たなサービス が誕生します!その名も、" Famee(ファミー)", ● PR TIMES :  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000056551.html, ここで「Famee(ファミー)」について、少しご説明させてください☝このサービスは、現役で活躍されている人気インフルエンサーを公式SNSの監修者として迎え、トレンダーズとともに、SNSのアカウント運用に悩みを抱える企業様に最適なコンサルをご提供する というものです!, 今回の記事では、そんな「Famee」が生み出す価値に加え、・そもそも、なぜSNS運用をするべきなのか・インフルエンサーが監修するメリットって?といった疑問にも、お答えしながら "今必要とされる企業のSNS運用" について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。, SNSの影響で、自分の意見を簡単に発信できるようになったことにより、様々な「口コミ」が 情報 として飛び交う世の中になっていますよね。, このような背景から「リアルな本音」の価値が高まり、現代「バズる」と呼ばれている 自動的な拡散 が 頻繁に起こるようになりました。, このように、商品・ブランドの良さが人々の声によって自動的に広がる世の中では、「ファン」の存在が「ファン」を生み出します。, つまり「ファン」を増やすことで 5倍・10倍・100倍……と、ユーザー層が広がり、さらにその熱量を高めることで、自然と質を高めることもできる。, つまりファンを増やし、高めることで ブランドを「広める」→ 新規ユーザーを「生み出す」→ ロイヤリティを「高める」という一連の流れをすべて行ってくれることになるのです!これこそが、ファンマーケティングですね。, インフルエンサーとは、フォロワー(ファン)からの信頼があってこそ成り立つ特別な存在。そんなインフルエンサーの強みは 大きく2つ あると、トレンダーズは考えています。, ① 独自の経験● 自身の "ファン" を増やすためにやってきたこと└ フォロワーとの繋がりを感じられるハッシュタグ設計┗ 他インフルエンサーと差別化をするための文字入れ加工, ② フォロワーとの関係性● 数万人フォロワーを抱える実績┗ 継続的にファンでいてもらうための知見┗ 直接フォロワーからの意見をもらうことができる自身の知恵と行動で、多くのファンを生み出してきたインフルエンサー だからこそ分かる "感覚的な知見" を活かすことで、より実現可能性の高い、効果的な運用を行うことができます。, このように、ファン形成に特化したSNS運用を行うことで、ブランドの認知・ファンの熱量が、自然と高まる仕組みを生み出すことができるのです。, SNS運用をやるべき理由、そして何故そこにインフルエンサーの知見を活かすことで新たな価値が生まれるのか、お分かりいただけましたでしょうか?, このサービス名には、SNSを通して企業様が 熱量の高い応援者(Fan)と 出会う(Meet)きっかけを生むという、私たちの意思が込められています。, 〈インフルエンサー独自の経験・知見〉と〈トレンダーズの長年の分析力〉で、企業・商品・ブランドの "熱量の高いファン" を生み出す。そして、そこから何か1つでも多くの "笑顔" や "幸せ" に繋げていきたいと、心から思っています。, 最後に「監修プラン」って具体的にどういう内容なの…?と、気になってくださった方に向けて、簡単に監修の流れを ご紹介させてください!, 目に留まるクリエイティブを作るコツが知りたい…SNS運用を行っているけど、なかなかフォロワーが伸びない…そんな悩み抱えている企業様に、実際に多くの「ファン」を生み出してきたインフルエンサーさんの知見を活かしたコンサルをさせていただきます。「インフルエンサー」×「ソーシャルメディア」の力を最大限に活かして、熱量の高い "ブランドファン" を、生み出していきませんか?お問い合わせ・ご質問等に関しましては、以下のURLからお送りください!, ------------------------------------------------------------▼ お問い合わせ・ご質問はコチラ。https://www.trenders.co.jp/contact/coverage/, ▼ Twitterでも、ご質問・ご相談を受け付けております。 お気軽にお問合せください ˆˆhttps://twitter.com/aokiemu, ■ トレンダーズ株式会社https://www.trenders.co.jp/------------------------------------------------------------, アカウント運用事業 : Instagramを中心とした企業アカウントの運用・コンサルを行っています。, #5 企業の商品・ブランド認知度を高めたい方必見!~今さら聞けない "4大SNS" の正しい活用方法~, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000056551.html, https://www.trenders.co.jp/contact/coverage/. このnoteは、note proをすでに運営している、あるいは検討中の企業やチームがnote proを最大限活用できるように…, うれしいことに今月も全国のさまざまな法人が、noteの仲間に加わりました。このnoteは、2020年10月にnoteデビューしたアカウントから、自己紹介記事を書…, 東京都にある稲城市立図書館は、2020年5月からnoteを開始しました。きっかけはコロナ禍の影響で休館を余儀なくされたためです。公立図書館の役割として…, note pro限定で、サークル機能の無料プランを作成できるようになりました。読者と気軽につながれるコミュニティをつくりませんか? こんにちは。note pro運営事務局です。このnoteは、企業やチームがnote proを最大限活用するための参考情報を発信するメディアです。 このnoteの目的 私たちは、みなさんがnote proを活用し、ビジネス上の課題を解決するためのヒントを提供したいと考えています。 アカウント運用事業 : Instagramを中心とした企業アカウントの運用・コンサルを行っています。 コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。 こちらもおすすめ 企業のTwitter運用について 10. 企業がフェイスブックを使用したときにかかる費用について紹介します。 アカウント入手などの初期費用は無料 基本的にFacebookでアカウントを入手して、登録すること自体は無料です。 Weiboで自社のPR用アカウントを作るにあたって、まず問題となるのが「どのアカウントタイプを選ぶか」ということ。, Weiboには、Twitterと同じように複数のアカウントタイプがあります。ただし、Twitterと違ってアカウントの申請には明確な手順・条件があります。, あなたがWeiboを使って何をしたいのかによって、アカウントの種類は慎重に選ぶ必要があります。それでは、3種類のWeiboアカウントについて、それぞれ特徴を見ていきましょう。, 「Weibo(微博)」を利用する際の一般的なアカウントです。テキスト140文字、画像、動画を投稿することが可能で、ユーザー同士での投稿・共有などのSNS機能を利用できます。, 一方で、誰でも作れることからアカウントとしての信頼度は低く、広告運用などは行うことができません。, 一般アカウントから企業・個人公式アカウントへの移行は可能なので、まずはこちらで運用に慣れてみるのもよいでしょう。, Weibo公式サイトから申し込める企業専用公式アカウントです。企業専用といいつつ、自治体やその他法人でもアカウントは開設可能。, 取得することにより、「Weibo(微博)」アカウント名の横に青色の「V」マークが表示されます。, この青色「V」マークが表示されているアカウントからの情報発信は、ユーザーにとって大きな信頼と安心を意味しています。, 申請はWeibo Japanなどの企業・業者を通して行い、申請費用がUSD 1,080必要となります。(2019年2月時点、申請を代行する業者によって異なる), 有名人/著名人が取得可能な個人アカウントです。取得することにより、「Weibo(微博)」アカウント名の横に黄色の「V」マークが表示されます。, 認証には、所属証明や名刺、在職証明などいくつかの書類を提出する必要があり、また、獲得フォロワー数、フォロー数、投稿数など、認証するにあたっての最低基準を設けられています。, こちらもPRや情報拡散のための様々な施策を行うことができます。申請は企業公式アカウントと同様にWeibo Japanなどの企業を通して行い、申請費用は必要ありません。, MATCHAでも当初はそのように考え、「個人認証公式アカウント」を使用していました。しかし現在は企業公式アカウントに移行しています。, かつては、個人の身分証とアカウントの名称(企業名など)が違っていても申請が通ることがありましたが、最近では両者が一致していなければ申請が却下されることが多いようです。, 機能によっては、改めてアカウントの身分を証明する資料の提出が必要になる可能性があります。, もしもアカウント認証が通ったとしても、ここでは申請が却下されるかもしれないのです。, 一度個人公式アカウントを取得すると、そこから企業公式アカウントへ移行ができず、1からアカウントを作り直す必要があります。, つまり、「2.」の理由などで途中で企業公式アカウントへ移行しようと思っても、集めたユーザーを引き継ぐことができないということです。, ひんぱんに機能や仕様の変更が起こるWeiboの運用では、最初から企業公式アカウントを取得しておくのが無難でしょう。, ただし、情報発信を日々行っていくだけであれば、一般アカウント、個人認証アカウントでも問題ありません。, 企業公式アカウントに必要な書類や手続を、簡単にまとめました。詳しくはWeibo Japan、FindJapanなどの申請代行業者へお問い合わせください。, 費用USD 1,080 + そのほか費用その他、代行業者の事務手数料などが必要となる場合があり、額は業者によって異なります。日本円に換算すると、為替の影響なども考慮し、おおむね15〜20万円前後の費用となると思われます。, 注意点1 申請は直接行うのではなく代行業者公式アカウントの申請は、業者を挟まず直接「Weibo」に対し行うことも不可能ではありません(※)。, しかしその場合、中国元を直接中国へ送金するなどの作業が必要となります。日中間の送金は非常に煩雑であるため、多少コストがかかっても中間業者に依頼するほうが、現状ではコスト削減につながります。, Weiboでのファン獲得を促進する「Weibo広告」は、公式アカウントに加えて、広告運用用「広告アカウント」のアカウント(開設費は無料〜 代行業者によって異なる)が必要となります。, 公式アカウントにするメリットはいくつかありますが、やはり「オフィシャル感」が一番のメリットでしょう。, MATCHAは有益な観光情報を読者に届けるメディアです。読者にコンテンツを楽しんでもらうためには、まずメディアとしての信頼を得る必要があります。, そのため、現在は企業公式アカウントを取得し、安心して楽しめるメディアを作っているわけです。, その他、企業公式アカウントを開設することのメリットは以下のとおりです。みなさまのご参考になれば幸いです。, 外国人向け日本観光メディア「MATCHA」の公式アカウントです。「すべての人の期待を超える、日本での体験をつくる」をミッションに、インバウンド情報、プロダクトアップデート、オフィスの様子などをお届けしていきます。. Copyright © PR TIMES Inc. All Rights Reserved. ブランドリソース.