pubg liteが12月13日から配信されてます。昨日初めて『pubg lite』を知ったのですが、どうやら基本無料で出来るらしいので早速やってみました。基本的に、ゲームはパッド(コントローラー)でしかやらないので、pubg liteでパ
pubgで撃ち負ける人が見直すの4つのポイントをしっかり確認して練習すれば私ぐらいの成績ならすぐに超えられると思います。 pubg初心者の人達を見ると意外とキルレ1超えてる人は少なく0.2~0.8ぐらいが多いですね。 「pubg lite」のアタッチメントの効果を解説。マズルやグリップは複数の種類があり、それぞれの効果も違います。各アタッチメントの効果を理解しておくことで武器のカスタマイズが捗り、試合を有利に進めることができるため、初心者の方はしっかりと把握しておきましょう。 新スキンで装いも新たに初心者サバイバル!【初心者サバイバルTAKE2】 - Duration: 11:23. 初心者の方向けに書いている記事ですもし一丁のみで最後まで戦うと決めた場合に多くの人がARを選びます・様々な距離で戦う事が可能で特に中距離での戦いで安定感を発揮します・豊富なアタッチントがあり選択肢が多い・スコープも6倍率まで付ける事が可能ですまとめると万能武器, ワンポイントARにはフルオートとバーストが存在します バースト機能が付いた武器:M16A4やMk47/ Beryl M762を指しています反動が強く抑えるのは非常に大変でフルオートとは感覚が違いますその為武器のバーストモードに関しては私はオススメしません。, このページで言うバーストモード/バースト撃ちバースト撃ち:フルオート武器で2~5発程で手を放し手動でコントロールすることを指しますバーストモード:主に武器に付いている機能を指しています, 武器を選ぶことにおいて非常に重要なのが、あなたが使用した時に扱いやすいかおすすめされているからと言って誰しもがうまく使いこなせるわけではありません・近・中・遠距離で射撃を行い扱いやすいと思うものを使用しましょう・様々なアタッチメントが存在するので、気に入った武器に付けて撃ってみる・アタッチメントを一切付けていない状態でも扱ってみるパブリックマッチでは着地直後から戦闘が始まっています。アタッチメントがない状態で戦わなくてはいけない状況もあります注意すべきは横ブレ・フルオートで撃った時にやたら横ブレが気になった武器は候補から外しましょう, フルオートが可能な武器はやはりフルオートで使う事がメリットですそのためフルオート時の扱いやすさが極めて重要なポイントとなりますトレーニングで試し打ちを行おう, フルオートでの練習:マウスを押した状態でブレを抑えつつターゲットを全て倒すアタッチメント/スコープは様々な物を選んでみましょう一切スコープの切り替えをしたくない方は3/4倍率のスコープをオススメしますマガジンは付けずに30発のまま行ってみてください, バースト撃ちでも打ち込んでみる6つのターゲットを撃ち切るまでに倒すのが理想です。狙う/撃つ/抑える(ブレ)の三つの動作をなるべく早く繰り返し行います。, 練習法を踏まえて伝えたい事 離れた敵に対してはより精度の高い射撃法が重要だと感じられるはずです 状況に応じてフルオートとバースト撃ちが分けられるようになると非常に良いですフルオートで倒しきれるのが一番良いですが倒し損ねたら逆転不利に転じますバトルロワイアルの良い所は上級者に対しても初心者が勝てるチャンスがある事銃の使い込んで自分のミスを抑える事が実に重要です, ここからは私が主に使っているカスタマイズ一押し武器はM416豊富なアタッチメントを取り付けられますフルカスタム状態での集弾は他の武器よりも優れていると私は感じます, グリップの選択は個人差が出ると思っています。かならず比較して自分の中で優先順位をつけてみましょう。因みにバーティカルがない場合は軽量グリップを使いフルオートをしませんフラッシュハイダー/コンペンセイターで組み合わせを変えるのも素敵だと思います。, レッドドットサイトが大好きでなるべくこれで戦いたいです併せて持っている武器によってスコープを変えていますDMRを所有している場合はレッドドットサイトだけ使いSMG/SGを所有する場合は4倍スコープを装備させ持ち歩いていますSRを所有する場合は、開けた場所では4倍/入り組んだ場所ではレッドドットを使用します, こういった状況に応じて切り替えるのも人それぞれなので、やり込んでいくと自分の中でのルールが生まれてくると思います。, ・自分にあったアサルトライフルを見つけ出す・気に入った武器が使いやすくなるスコープ/アタッチメントを見つける・紹介した練習をして見て比較すると結果として判断が出来る ※1・初動での戦いはアタッチメントがない状態での扱いが勝率をあげます※1もちろん自分なりの判断方法で様々な武器を比較してみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, "サイト説明" 当サイトは様々なゲームに関する記事を書いているサイトです。 主にSteamのゲームを中心に無料ゲームや発売されたゲームの情報を実際にプレイし日本語で紹介していきます。開始日:2019年10月1日個人情報の利…. 13日の金曜日、pc向けの軽量版pubgである、pubg liteがリリースされました。 私も、メインブログの方でpubg liteの記事を書きました。 pubgといえば、現在は後発のバトロワに押されてしまいましたが、元は世界一と言っても過言でないほど流行っていたゲーム。 ・pubg liteはfps初心者には非常に優秀なゲーム ・botが居る事で実践の中で練習が出来る ・botを判断するのは難しい事が多い、あまり気にしない事 ・足音を聞く癖をつけましょう突然現れてびっくりしても慌てず頭を狙う! Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. pubg liteは、pubgと比較して動作が軽量化されています。 また、無料でプレイできるのも魅力ですね。 それでは、pubg liteのダウンロード方法を解説していきます。 pubg lite 日本語版無料ダウンロード&インストール. 【pubg lite】#23 単スナの練習~ドン勝食べたいおじさんが今日も逝く! ... #161【pubg lite《ライブ》pc版】今夜も九十九さんと遊んで参ります! どうも、IGです。今回は「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS LITE(PUBG LITE/プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ ライト)」のアタッチメントの効果を解説します。マズルやグリップは複数の種類があり、それぞれの効果も違います。各アタッチメントの効果を理解しておくことで武器のカスタマイズが捗り、試合を有利に進めることができるため、初心者の方は必読です。, 反動を大幅に抑制してくれるので、どの武器にも装着しやすいアタッチメントと言えます。, コンペンセイターに比べて反動は抑制できませんが、それでも十分な効果を発揮します。さらにマズルフラッシュを低減してくれるので、発砲した時に敵から見つかりにくくなります。, 反動を抑制することはできませんが、銃声を小さくしてくれるため、敵に見つかりにくくなります。見つけたら優先的に拾っておきたいですね。, SGは序盤でしかほとんど使わないため、SGを装備している場合に限り、拾っておくと良いでしょう。, ADS(武器のサイトを覗き込んで狙う)スピードがかなり上がるので、出会い頭の戦闘を有利にすることができます。, 垂直方向の反動を抑制することに加え、水平方向の反動も抑制することができる優秀なアタッチメントです。どの武器にも比較的合うため、見つけたら優先的に拾っておきましょう。, ADSスピードが上がり、垂直方向の反動を抑制することができますが、器用貧乏感が否めないアタッチメントです。, 安定性は増しますが、反動を抑制することができないので、他のアタッチメントの方が優秀です。, SMGのVectorとARのM416やM16A4、Mk47 Mutantに装着することができます。, 強力な武器であるM416に装着できるアタッチメントです。M416があれば優先して装備したいため、たとえ持っていなくてもとりあえず拾っておきたいですね。, 序盤以降、Micro UZIを使うことがほとんど無いため、Micro UZIを持っている時のみ拾うと良いでしょう。, チークパッドがあるのと無いのとでは扱いやすさに大きく違いがあるので、見つけたら優先的に拾っておきましょう。, SGのS1897とS686、SRのWin94、Kar98kにのみ装着することができます。, リロード速度はそこまで重要ではないので、装備できる武器を所持している場合のみ拾うと良いでしょう。, リロード速度が上がるだけではあまり効果が無いため、できれば拡張マガジンを装着したいですね。, 拡張マガジンとクイックドローマガジン両方の効果を得られるアタッチメントです。見つけたら必ず拾っておくようにしましょう。, アタッチメントを装着できる武器は細かく分けられているため、覚えるのは大変だと思いますが、ドン勝するには必要最低限の知識です。まずは使用率の高いARやDMRのアタッチメントを把握するようにしましょう。, ライター歴1年のIGです。個人でもFPSサイトを運営しており、特に攻略系の記事が得意で、初心者が少しでも上手くなれるよう意識して執筆していきます。. ゲームプレイの練習ができるトレーニングモードを追加しました。 ・トレーニングモードは2×2のマップで、pubgをプレイするのに必要なほぼすべての要素を自由に体験し練習することが出来ます。 現状テストサーバーのみとなっていますが、すぐにライブサーバーにも適用されることで …

全世界で人気を博したバトルロイヤルシューター「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」、通称「PUBG」のライト版「PUBG LITE」が、12月13日についに日本でもサービス開始となりました。, 「PUBG LITE」では、STEAM版の「PUBG」とは違い、基本無料でプレイでき、外部グラフィックカードを搭載していないような、スペックの低いPCでも動作する“軽量版”となっており、ライトに遊ぶことができる「PUBG」となっています。, この記事では、グラフィック性能が低めのノートPCで、「PUBG LITE」をどこまでプレイできるか確認しました。具体的には、CPU内蔵もしくはローエンドグラフィックス搭載のノートPCで、フレームレートを計測しました。, STEAM版のPUBGやバトルロワイヤル系のPCゲームは、殺伐としていてガチ勢が多く、初心者お断りの印象ですが、「PUBG LITE」はモバイル版に寄せられており、PCゲーム初心者でも取っつきやすくなっています。, モバイル版同様、「日本語ボイスカード」や「ドン勝メダル」があり、クレート(衣装スキンなどが獲得できるガチャ)もゲーム内マネー(無償はBP、有償はL-COIN)から購入できるようになっています。, また、「PUBG LITE」では、始めた当初はBotと当たることが多く、比較的倒しやすくなっているので、初心者でもドン勝しやすいと思います。, 何より軽量版というだけあって、動作も非常に軽く、起動も速いので、空き時間でもササッと気軽にプレイできちゃいます。もちろんフレンドとスクアッドを組んで、ガッツリ遊ぶこともできます。, 操作方法も公式でわかりやすく説明されているので、現役モバイル版プレイヤーや、PCゲームに触れたことのない方も、「PUBG LITE」でPCゲームデビューしてみてはいかがでしょうか。, 公式サイトにて公開されているPC動作環境は以下の通りです。必要動作環境ではCPUはCore i3以上、GPUでは内蔵グラフィックスである「Intel HD Graphics 4000」以上とかなり低いです。推奨動作環境でもGPUはGeforce GTX 660以上となっています。, 容量はゲームランチャーを含めても3.8GB以内に収まっているので、空き容量を4GB確保していれば大丈夫そうです。, 内蔵グラフィックスでゲームが起動しないという方は、ダウンロードページの下の方にある、「Microsoft Visual C++」、「DirectX 11 」のランタイム、最新のインテル HD グラフィックスのドライバーをインストールしてみてください。, 本来3Dゲームをする際は、CPUとは別にグラフィックカードなどの描画処理を行うGPUが必要となるのですが、CPUに内蔵された、統合型GPUのことを「内蔵グラフィックス」または「オンボード グラフィックス」と言います。, この内蔵グラフィックスは、CPUの世代によって性能がどんどん上がっており、最近では軽い3Dゲームなら、グラフィックカードが無くてもプレイできてしまいます。, ディスプレイモードはフルスクリーンが一番フレームレートが出やすいです。最大FPSは高リフレッシュレートモニターを使用している以外は、デフォルトの60 FPSで大丈夫です。, 動的解像度(Dynamic Resolution)はシーンによって自動で解像度を調整する機能ですが、これもフレームレートが安定しないので"無効"がおすすめです。, レンダリングスケールもデフォルトの100でいいですが、フレームレートが低い場合は70~99で調整するとフレームレートが向上します。ただし、低いほど画質も荒くなります。, 全体的なグラフィックの品質では、最新世代のGeForce GTXシリーズの外部グラフィックスを搭載している場合は“ウルトラ”、内蔵グラフィックスの場合は“非常に低い”がおすすめです。, 垂直同期は、ティアリング(画面の同期ズレ)は発生しますが、表示遅延が少なくなるので、"無効"がおすすめです。, 「PUBG LITE」のゲーム中にフレームレートを表示するには、設定画面から“ゲームプレイ”の“FPS情報”という項目を有効にします。, これでゲーム中画面の左に現在のフレームレートと、最小フレームレートが表示されます。ただ文字がかなり小さいのでちょっと見づらいです。, NVIDIAのグラフィックカードを搭載している方は、GeForce Experienceからフレームレートを表示した方が、見やすいと思います。, 「PUBG LITE」の全体的なグラフィックの品質、“非常に低い”と“ウルトラ”の画質比較です。テクスチャと影の品質に差がありますが、グラフィックの品質が高いほど有利というわけでもないので、こだわりがないのなら“非常に低い”でも十分です。, 今回、フレームレートの計測に使用したPCは、下表の通り、主に外部グラフィックスを搭載していない(ゲーム目的でない)、内蔵グラフィックスで動作するノートPCです。, 計測は、トレーニングモードの射撃練習場で一周走って計測した際の平均フレームレート、実際に各マップのパブリックマッチをプレイしてみての平均フレームレートと、最小/最大フレームレートになります。, まずは、トレーニングモードでの平均フレームレートです。目安として、平均フレームレートが60 fps以上出ていれば、快適に動作すると思ってください。, GeForce MX250は、性能があまり高くはない外部グラフィックスですが、それでも平均フレームレートは高めです。グラフィック設定“中”でも楽に60 fpsを超えてきます。, グラフィック設定“非常に低い”において、CPU内蔵グラフィックスで60 fpsを超えてきたのは、Intel Iris Plus Graphics、AMD Radeon Vega 8 Graphicsでした。爆発シーンや車両での移動でもカクつくことなく、かなり快適にプレイができました。, Intel UHD Graphics 620でもプレイすることは可能ですが、シーンによってカクつくことがあります。そういう場合は、画質は荒くなりますが、レンダリングスケールを下げることで、60 fpsを超え、カクツキを抑えることができます。, パブリックマッチで計測結果も、平均フレームレートはトレーニングモードとほぼ同じです。, ここでは、平均フレームレートの他、最小/最大のフレームレートも計測しています。残念ながら、最小フレームレートまで60fpsを超えたグラフィックスはありませんでした。最小フレームレートまで60fpsを超えさせたい場合は、ある程度新しい世代のGeForce GTXシリーズの外部グラフィックスを搭載している必要があると思います。, 「PUBG LITE」のMAPは、初期からある通常マップの「ERANGEL」に、砂漠マップの「MIRMAR」、小型マップの「SANHOK」の3マップのみです。雪山マップの「VIKENDI」は今のところ実装されていません。また、キルカメラやリプレイ機能もありません。, マッチングは時間帯にもよりますが、100人集まるのも早く、参加者待ちによるストレスもありません。これはサービス開始当初ということもありますが、Botも含まれるからかも知れません。, 何度かパブリックマッチで遊んでみましたが、接近戦でも棒立ちのプレイヤーがいれば、おそらくBotっぽいです。Botの特徴として、無意味な威嚇射撃、動作や反応が遅い、単発撃ち、棒立ちなどの挙動が見られます。, グラフィック品質の違いはもちろんですが、銃のリコイル(射撃時の反動)はSTEAM版に比べて左右にあまりブレない印象です。公式ツイッターにて、MOBILE版、LITE版、Steam版の比較動画がありますので、そちらをご覧ください。, 【PUBG LITE紹介】MOBILE版/LITE版/Steam版の比較動画です。皆さまが気にされている銃のリコイルや、ビジュアルについて差異が分かりやすいので、是非ご覧ください。リリースまであともう少し!#PUBGライト pic.twitter.com/R4wzQtvy2P, ゲーミングPCの比較ページ。各社のゲーミングデスクトップパソコンについて、カテゴリ、グラフィックス別におすすめの製品を紹介。, ゲーミングノートパソコンの比較ページ。ALIENWAREやGALLERIA、NEXTGEAR-NOTE、OMENといったゲームブランドノートPCの比較。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。.